トーヨーキッチンのイノ/コア/ベイなどの価格・特徴!美しすぎるデザイン!

トーヨーキッチンのイノ/コア/ベイなどの価格・特徴!美しすぎるデザイン!

トーヨーキッチンスタイル(東洋キッチン)は、キッチンを中心に家具や床材などインテリア全体を提案しているメーカーです。特徴は何と言っても近代的でおしゃれなデザインと計算しつくされた機能性にあります。画期的なシンクのパラレロや、豊富なデザインのステンレスワークトップはトーヨーならではの意匠です。トーヨーキッチンの、イノ(iNO)/コア(CORE)/ベイ(BAY)などの魅力とこだわり、価格や事例についてご紹介します。

(※記事内情報引用元:トーヨーキッチンスタイルホームページより)

トーヨーキッチンの特徴

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/case/

トーヨーキッチンは、その荘厳なデザインや佇まいから、洋風の家でも日本家屋でも高級感のあるキッチン空間を演出してくれます。
まずはトーヨーキッチンが誇る素材や機能を見ていきましょう。

トーヨーキッチンのワークトップ

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : http://www.toyokitchen.co.jp/ja/collection/kitchen/function/worktop.html

ワークトップとはキッチン設備の上面の調理スペースのこと。
トーヨーキッチンのワークトップは、6種のステンレスと3種の人工大理石から選べます。

ステンレスは熱や油、洗剤に強く、適度な弾力もあるため、お皿を落としても割れにくいという特徴がある。
ステンレスワークトップの「アイス」は荒々しい凹凸が独自の質感と高級感を醸し出しています。
この凹凸は「面」による接触を「点」による接触に変えるため、キズが付きにくくなるという機能的にも優れた仕様になっています。

トーヨーキッチンのパネル

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/case/

トーヨーキッチンのキッチンはアイランド型と呼ばれる独立したオープンタイプが基本です。
キッチンを家の中心に置くインテリアのように考えて設計しているため、サイド・フロント面やドアのパネルのデザインは重要になります。

そこで、好みや雰囲気に合わせてコーディネートできるよう豊富なバリエーションが用意されています。
大まかに分けると、以下の5種から選択可能です。
・高性能化粧扉 HPL(ハイプレッシャーラミネート)
・ステンレス
・天然石
・塗装
・ラミネート

特筆すべきは、樹脂素材を高熱で硬化させた「高性能化粧扉 HPL」。
キズ、油、熱、水、その他汚れに強いため機能面が非常に優れています。
デザインの幅は広く、金属、石、木のような柄だけでなく、他社にはない特殊な柄までそろえています。

トーヨーキッチン
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

エアフロー

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : http://www.toyokitchen.co.jp/ja/collection/kitchen/function/airflow.html

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : http://www.toyokitchen.co.jp/ja/collection/kitchen/function/airflow.html

トーヨーキッチンの他にはない大きな特徴の一つがこのエアフローと呼ばれる脚。
実はこのポイントだけでかなりのメリットがあります。

例えば、足元の通気性をよくすることでお部屋全体の空調管理が可能になったり、従来のものよりも1歩奥まで踏み込めることで作業負荷を軽減させたり。
下もしっかりお掃除ができるので衛生的にも有効です。
あるようでなかった、新しい使いやすさを実現しています。

パラレロ・3Dシンク

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/collection/kitchen/function/sink.html

パラレロは、シンクを調理スペースにすることができる画期的な機能です。
シンクまるごとワークトップになるため、他のキッチンの倍近いスペースを確保できます。

76cm×76cmの正方形のシンクに、スライド式のまな板プレートと水切りができるマルチプレートがついています。
この横幅ならネギやフランスパンなど、長物の食材の加工もスムーズに行えます

また、手の届く範囲で調理が完結する「ゼロ動線キッチン」を可能にしています。
対面キッチンなら2人で向かい合った状態でも調理可能です。

3Dシンクは上中下段にスライド式のプレートがついており、使いわけることでシンクのスペースを無駄なく利用できます。
パラレロと同じくシンク内で調理が完結する便利な機能です
一度触れてみればわかる、その使い心地が人気です。

【パラレロ対応キッチン:イノ】
【3Dシンク対応キッチン:コア、ベイ、キューブ】

トーヨーキッチン
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

トーヨーキッチンの製品ラインナップと価格

画像引用:トーヨーキッチンホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/case/

先ほどご説明した機能を兼ね備えたキッチンの中から「イノ(iNO)」、「コア(CORE)」、「ベイ(BAY)」、「アイキッチン キューブ(i kitchen CUBE)」の4タイプをご紹介します。

まずは、そられのキッチンの価格と特徴を簡潔に表にしました。
各製品の詳細は後ほどご説明します。
製品名
価格
特徴
イノ
73.7万円~
・パラレロが搭載可能
・サイズ、型、オプションの自由度が高い
コア
67.4万円~
・コンパクトでも作業スペースが広い
・特殊な柄のパネルがある
ベイ
37.5万円~
・標準タイプ
・シンプルな柄のパネル揃っている
キューブ
47.3万円~
・キューブ型のデザイン
・コンパクトでも作業スペースが広い

イノ(iNO)

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/product/ino/

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/case/

トーヨーキッチンの最上級キッチンである「イノ(iNO)」。
キッチンを部屋の中心に置き、空間全体をキッチンにするというコンセプトを掲げており、上質で美しいデザインです。

6つの基本スタイルはありますが、シンクや加熱機器、サイズやカラーは自由にセレクトできます。
職人が丁寧にハンドメイドで仕上げてくれるので、世界に一つだけのキッチンにすることも可能です。

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/collection/kitchen/function/handle.html

中でも人気が高いのは、ベネツィアンモザイクのフロントパネル。
室内全面をコーディネートできる、インテリア性の高いキッチンです。

イノ(iNO)は、I型・L型・V型・II型・アイランド型・ペニンシュラ型と、あらゆるオープンキッチンの形に対応します。

レイアウトの形や、シンクなどのグレードによって変わるので、予算に合わせて組み合わせてみると良いでしょう。
【価格:73.7万~275.3万円+ビルトイン機器代】

トーヨーキッチン
イノにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

コア(CORE)

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/product/core/

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/case/

「コア(CORE)」も、熟練した職人が1台1台ハンドメイドで作り上げるキッチンです。
洗練されたスタイリッシュさとシンプルさを兼備したデザインは、四季の変化を楽しめる景色がある家との相性も抜群です。

コア(CORE)は、I型・アイランド型・ペニンシュラ型のキッチンにリフォームできます。

一般的なキッチンと比べると奥行きが10cmほど深く、3Dシンクでワークトップが多く確保されるため、間口をコンパクトにしても十分な調理スペースが確保できます。
【価格:67.4万~86万円+ビルトイン機器代】

ベイ(BAY)

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/product/bay/

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/product/bay/

「ベイ(BAY)」は、トーヨーキッチンの機能を集約させたスタンダードなキッチンです。
キッチンの使いやすさを徹底的に追究し、3Dシンクなどのトーヨーキッチンらしいデザインを維持しつつ、誰もが使いやすい形状の製品を作り上げました。

ベイ(BAY)もコアと同様、I型・アイランド型・ペニンシュラ型のキッチンに対応できます。
グレードにこだわらなければ求めやすい価格で購入できます。
【価格:37.5万~77.6万円+ビルトイン機器代】

アイキッチンキューブ(i kitchen CUBE)

画像引用:トーヨーキッチンスタイルホームページより
URL : https://www.toyokitchen.co.jp/ja/product/

「キューブ(CUBE)」は、その名の通りキューブ状のキッチンです。
アイランドキッチンとして利用に特化した形状で、他に類を見ない意匠を感じますね。
省スペースでも活躍できるサイズなので、都心のマンションや長屋にもピッタリです。

イノと同じく向かい合うよう調理できるようになっているため、夫婦や友人と一緒に料理を楽しむこともできます。
また、インテリアに合わせてパネルを変更できる点も遊び心やデザイン性を感じます。
【価格:47.3万~91.5万円+ビルトイン機器代】

トーヨーキッチン
ベイ・キューブにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

トーヨーキッチンの施工事例

施工例1:奥行のある上質キッチン

物件種類 マンション・アパート
製品名 イノ
リフォーム費用 580万円
「生活感を出さないで欲しい」という要望をもとにリフォームした事例。人が集まることが多いため、広々とした部屋と大きいキッチンで快適に過ごすことができそうですね。おしゃれな収納もキッチンと色合いを合わせており、統一感が生まれています。

施工例2:キッチン囲む団らん空間

物件種類 マンション・アパート
製品名 イノ
リフォーム費用 683万円
キッチンを囲むように配置された椅子。広めのワークトップはダイニングテーブルにもなりますので、キッチンが団らんの空間に変化します。まるでホテルのようなデザインも魅力的です。

施工例3:トーヨーならではのスッキリ足元

物件種類 マンション・アパート
製品名 ベイ
リフォーム費用 730万円(総額)
トーヨーキッチンならでエアフローがキッチンの印象をグッと引き締めるとともに掃除のしやすさなどの機能面も高めてくれています。扉のさりげない模様もおしゃれでオブジェとしての美しさも感じることでしょう。 キッチン以外にもリビング、浴室、トイレなどのリフォームを行ってこの価格ですので、コストを抑えたリフォームになりました。

機能も外観も洗練されているトーヨーキッチン。
トーヨーキッチンの商品なら、キッチンが家の中の主役になることでしょう。
毎日、長い時間を過ごすキッチンにこだわりたいという方は、一度トーヨーキッチン製品のリフォームに詳しい業者に、相談してみてはいかがでしょうか。

トーヨーキッチン
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

【この記事のまとめ&ポイント!】

トーヨーキッチンの製品には、どのような特徴がある?
「ステンレス製のワークトップ(天板)「や「効率よく使えるシンク」など、インテリア性や快適さにこだわった工夫がされています。
ほとんどの製品は、熟練した職人の手により、1台ずつハンドメイドで製作されます(詳細は、こちら)。
トーヨーキッチンの「INO(イノ)」や「CORE(コア)」の魅力は?
トーヨーキッチンの最上級製品である「イノ(iNO)」は、オープンキッチンのあらゆるレイアウトに対応する、上質なキッチンです。

CORE(コア)」は、スタイリッシュさとシンプルさを兼ね備えています。
トーヨーキッチンの「BAY(ベイ)」の魅力は?
BAY(ベイ)」は、トーヨーキッチンの機能を集約した、スタンダードタイプのキッチンです。
デザイン性を維持しつつ、誰もが使いやすいように作られています。
グレードにこだわらなければ低価格で購入しやすい点も魅力です。

トーヨーキッチン
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> キッチンリフォームの費用相場

更新日:2021年3月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンのおすすめ記事

  • 【2021年版】人気のおすすめシステムキッチンメーカー10社比較!ランキング・リフォーム価格・事例

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・清掃性などの違いや評判をチェックしておきたいもの。そこで、口コミなどで好評の国内メーカー(リクシル・クリナップ・パナソニック・トクラス・TOTO・タカラ・サンワ・ウッドワン・トーヨーキッチン・ハウステック)の、特徴を比較してみましょう。当サービス『リショップナビ』で契約された方が選んだキッチンの人気ランキング(2018/2019/2020年/総合版)や、おしゃれなおすすめシステムキッチンのリフォーム価格(取り付け費用)の目安・施工事例もご紹介します!

  • もう隠しません!見せてもおしゃれなキッチンのつくりかた♪

    生活をしていると、どうしてもキッチンは散らかりがち。せっかく部屋をおしゃれにしても、雑然と調理道具や調味料が置かれたキッチンが家の真ん中にあったのでは生活のおしゃれ度は一気にダウンしてしまいます。おしゃれな生活にぴったりのおしゃれなキッチンはどうしたら作れるのでしょうか。

  • リクシル(LIXIL)システムキッチン比較・リフォーム価格/事例!アレスタ・シエラなどの特徴も紹介

    リクシル(LIXIL)のシステムキッチンは、使い心地の良さはもちろんのこと、デザインにも非常にこだわってつくられています。口コミを見ても「掃除が簡単でとても快適」「デザインに一目惚れした」「収納力が抜群!」「調理器具が取り出しやすい」「料理が楽しくなった」など、高く評価されています。今回は、リクシルのシステムキッチンの主な特徴、商品ごと(シエラ・アレスタ・リシェルなど)のリフォーム価格などの比較、施工事例まで、幅広くご紹介します。

  • 【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

  • 【価格別】タカラスタンダードのシステムキッチンの魅力・オススメ商品を紹介!

    タカラスタンダードのキッチンの最大の魅力は、金属の強度とガラスの光沢の美しさを最大限に生かしたホーロー素材です。そして、耐久性に優れたホーローだけでなく、タカラスタンダードの利便性にこだわった流し台やガスコンロなどの設備も魅力的です。レミューやオフェリアなど、各商品の気になる本体価格や対応間口もご紹介します!

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。