LIXIL(リクシル)がつくる、老舗メーカーならではのシステムキッチン

住宅設備機器の最大手メーカーLIXIL(リクシル)。バス・トイレメーカーの「INAX(イナックス)」、窓・玄関メーカーの「TOSTEM(トステム)」、そしてキッチンメーカーの「sunwave(サンウェーブ)」などが合併・統合されてできた会社で、キッチンについては「機能性の高さ」が特徴です。今回はリクシルのキッチンの人気モデルをご紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

(※記事内情報引用元:LIXILホームページより)

リクシル(LIXIL)のキッチンの特徴

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/

数々の製品を生み出し、デザイン・使用感ともに女性から支持されている、リクシル(LIXIL)のキッチン。
まずはリクシルのキッチンの便利な機能をご説明しましょう。

ハンズフリー水栓

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/shiera/feature/feature03.htm

手をかざすだけで、吐水・止水の操作ができる「ハンズフリー水栓」は、手に付着した汚れが水栓まわりに付くことを防ぎます。
2種のセンサーが、手や物の位置を正確に捉えて水の出しすぎを抑止するので、省エネ効果も期待できます。

くるりん排水口

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/shiera/feature/feature02.htm

くるりん排水口も、リクシルがグッドデザイン賞を受賞した優秀な機能です。
水を流すごとに、水流の渦がつくられ、排水口の内部にある汚れを洗浄していきます。
いつものようにシンクを使っていれば、排水口が清掃されていくという驚きの発明です!

よごれんフード

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/feature/feature02.htm

「よごれんフード」は、汚れの元である油分をレンジフードの入り口にある回転ディスクがブロックし、フード内部への油の浸入を入り口部分で防いでくれます。
日頃のお掃除が必要なのは、ワンタッチで着脱できるオイルトレー部分と、整流板だけ。
一番面倒だったファンのお手入れが大幅に軽減されます。

なお上記で紹介した3点は、「サンヴァリエ〈リシェルSI〉」「アレスタ」「シエラ」に対応しています。

リクシル
システムキッチンにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

サンヴァリエ〈リシェルSI〉

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/parts/parts12.htm

リクシルの主力システムキッチン「サンヴァリエ〈リシェル〉」に傷がつきにくいワークトップ「セラミックトップ」や、手を差し出しただけで水が出る「ハンズフリー水栓」などを追加した最新のシステムキッチン「サンヴァリエ〈リシェルSI〉」。
「くるりん排水口」なども搭載し、使い心地にこだわった機能性の高いモデルです。

セラミックトップのカウンター

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/concept/

リシェルSIのカウンターは、焼き物ならではの味わい深さを堪能できるセラミックトップ。
硬質で耐久性があり、いつまでもその美しさを保ちます。
表面硬度も高いため、金属などでこすってもキズがつきにくいのが特長です。

調味料や薬品が染み込みにくく、軽く拭くだけでお手入れできて汚れにくさも◎。
さらに高温のフライパンや鍋を直接置いても変形・変色しないため、料理の効率がグンとアップします!

こだわりのステンレスパーツ

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/feature/feature01.htm

リシェルSIのワークトップは、セラミックのほかステンレスも選ぶことができます。
丁寧に一つ一つ仕上げたステンレスパーツも、リシェルSIのこだわりです。
ワークトップのみならず、キャビネットや引き出しの底板にまで、高品位ステンレスであるSUS304(18-8)を使用しています。
丈夫なだけでなく、臭いや汚れも染みにくいので、清潔さもキープします。

らくパッと収納

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/feature/

前シリーズから人気の「らくパッと収納」。
テコの原理の応用で設計されたため、軽い力で引き出しが容易に開きます。
取り出しやすい立体構造のおかげで、奥にある物もスムーズに出し入れ可能です。

収納できる底面積は、リクシルの従来品と比較して約1.5倍!
シンク・調理スペース・ガスコンロの下を、それぞれ水まわりのエリア・調理のエリア・加熱調理のエリアと分けており、さらにそれぞれに上段引出し・パッとシェルフ・パッとポケット・パッとストッカー・下段引出しと、細かく分かれているので、自然と収納の達人に♪

アイレベル&ハンディゾーン

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/feature/feature02.htm

自然に手が届く位置に、小物の整理場所や仮置きスペースを作れる 「アイレベル」。
使いたい時にサッと下ろすだけのクイックポケットなので、作業が終わったらそのまま上にしまうだけで片付け完了◎

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/feature/feature02.htm

出しっぱなしにしてしまいやすい調味料なども、調理スペース前に設置された「ハンディゾーン」にパパっと収納OK。
調理家電もすぐにセットできるよう、コンセントも付いています。

一体になるキッチンクローゼット

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/parts/parts12.htm

どこから見ても美しいデザインも、リシェルSIの特徴です。
好みのパーツや色をカスタマイズできるクローゼットは、キッチンとも壁面とも一体感のあるレイアウト。
電子レンジなどもきれいに隠せる「家電タワー」や、L字型のコーナーを活用したウォークイン感覚の「コーナークローゼット」など、用途に合った収納ユニットをチョイスできます。
どんな部屋にも合う、シンプルながらも高級感のあるキッチンです。

【サンヴァリエ〈リシェルSI〉 本体価格】

68~200万円前後

【サンヴァリエ〈リシェルSI〉 対応間口】

210cm・225cm・240cm・255cm・270cm・285cm

リクシル
リシェルSIにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

サンヴァリエ〈アレスタ〉

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/case/

同じくサンヴァリエシリーズの「アレスタ」。
こちらもリシェル同様、使い心地や美しさにこだわったモデルです。
機能面では比較的シンプルに設計されていますが、キッチンとしての実力は折り紙つき。
ワークトップやキャビネットのサイズは、5mm単位で微調整が可能なので、リフォーム対応力が抜群。
まさに最新のスタンダードキッチンです。

ひろびろシンク

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/variation/sink/

誰もが憧れる、「ひろびろシンク」。
まな板や鍋などの大きい物が洗いやすいだけではなく、調理中の水切りや仮り置きなども余裕でこなせるゆとりがあります。
秀逸な使いやすさを誇るアレスタのシンク&ワークトップは、人造大理石とステンレスの2種類から選べます。

お手入れしやすいキッチンパネル

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/variation/panel/

特別なコーティングを表面に施したキッチンパネルは、カラーや質感のバリエーションが多く、フラットなものからお手入れしやすい樹脂目地まで、多様なラインナップ。
撥油・撥水性に優れており、油はねによる汚れも簡単に拭き取れます。

圧倒的な収納力

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/feature/feature01.htm

アレスタには「らくパッと収納」はありませんが、空間を大いに有効利用した大容量キャビネットを装備しています。
菜箸やおたまなどを立ててしまえるポケットや、背が低いものと高いものを分けてしまえる2階建て構造。
奥行きもたっぷり、ありますよ♪

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/feature/feature01.htm

大人気の「ドアポケット」付きキャビネットを選択すれば、ワンプッシュでちょっと手前に傾けるだけで、使用頻度の高い包丁やアルミホイルなどをサッと取り出すことができます。

ひろまるコンロ

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/feature/feature01.htm

2013年度のグッドデザイン賞を受賞した「ひろまるコンロ」は、従来のガスコンロになかった軽やかな曲線美が魅力的。
コンロの奥側の左右には、鍋などを仮置きできる空間もご用意。

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/reform/kitchen/

それぞれのバーナーの間隔も広いため、3つのコンロを同時にゆったりと使うことが可能です。
フライパンを振っても、隣のコンロに置いた鍋にぶつける心配がありません。

【サンヴァリエ〈アレスタ〉 本体価格】

55~100万円前後

【サンヴァリエ〈アレスタ〉 対応間口】

165cm・180cm・195cm・210cm・225cm・240cm・255cm・260cm・270cm・285cm・300cm

リクシル
アレスタにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

シエラ

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/shiera/case/

むだなくスマートに、シンプルかつ使いやすく設計されたのが「シエラ」。
必要な機能性は兼ね備えつつ、主張しすぎない落ち着いた印象を感じさせるモデルで、デザインのバリエーションが豊富なのも魅力の一つです。
また、収納のタイプに合わせて4つのプランから選ぶというのもわかりやすくて好評です。

2種の美しいワークトップ

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/shiera/variation/worktop/

シエラのワークトップは、どちらも美しい2タイプから選択可能です。
既存のインテリアとカラーコーディネートしやすい人造大理石トップは、独自の撥油・撥水コーティング「バリアコート」でお掃除も簡単。
このバリアコートは、何とリクシルだけの人造大理石コーティング。
油や水をしっかりはじくので、大理石の美しさが続きます。

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/shiera/variation/worktop/

一方、ステンレストップは「ステンレス協会賞優秀賞」の受賞歴を持つ、スムーズドットエンボス加工。
表面にさりげなく、高さと大きさの異なる2種のドットを浮き上がらせておくことにより、キズが入る面積が大きく減少します。
万一汚れてしまっても、どの方向からでも拭き取りやすい形状です。
このため、新品のようなキレイを持続することができるのです。

汚れやキズに強いシンク

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/shiera/feature/feature02.htm

頑丈で衛生的なのは、ワークトップだけではありません。
リクシルが得意なステンレスの技術は、シンクにも採用。
キズを目立たせないエンボス加工のほか、耐摩性を向上させるためのコーティングもされています。

シェルフ・ポケット付きのキャビネット

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/shiera/feature/feature01.htm

シエラのキャビネットは、引き出しの中にもシェルフを設置した2階建て構造です。
収納量のグレードが格段に高くなり、手前には包丁やラップを立ててストックしておけるポケットが付いているので、すぐに取り出せます。

【シエラ 本体価格】

50~70万円前後

【シエラ 対応間口】

165cm・180cm・195cm・210cm・225cm・240cm・255cm・260cm・270cm・285cm・300cm

リクシル
シエラにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

リシェルPLAT

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/case/case05.htm

「リシェルPLAT」は、2016年4月に発売されたばかりの最新キッチンで、同年に「グッドデザイン賞」を受賞しています。
これまでのキッチン販売経験を培い、どのような個性のインテリアにも調和する「生活を楽しむキッチン」をコンセプトとして生み出されました。

リビングのように居心地の良いキッチン

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/case/case04.htm

リシェルPLATは家具のような素材を使用し、まるでリビングにいるかのようなリラックスできる空間を演出します。
キッチン収納はもちろんのこと、サイズや質感を合わせたリビング収納も用意しているので、リビングやダイニングに統一感を出したい方にも最適です。

自由にパーツを組み合わせ、思い通りの形に

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/concept/

キャビネットや機器など、様々な部位を自由にカスタマイズできるので、オリジナル感覚で欲しかったキッチンにすることが可能です。
間取りやライフスタイルに合わせて、ぜひ組み合わせ方を工夫してみてください。

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/feature/feature01.htm

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/parts/parts01.htm#anchor09

例えば収納部分は、コーディネートを楽しみやすいオープン棚や、使うときだけ目線の高さまで下げられるオートダウン(昇降式)タイプなど、好きな形を付けられます。

家電タワー

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/feature/feature01.htm

見た目をフラットに仕上げるなら、「家電タワー」にすっきり収納しましょう。
収納と同じ扉面材で電子レンジを隠せます。
下段には、電気ポットや炊飯器も入れられるよう、蒸気の排出口を設置してあります。

コーナーストッカー

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/feature/feature01.htm

デッドスペースになりがちな壁の角も活用したいなら、「コーナーストッカー」の収納にしてもOK。
無駄のないキッチン収納プランにも対応できます。

つなぎ目をなくしたシンク

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/feature/feature01.htm

シンプルで継ぎ目がないシンクは、日々のお手入れが簡単になります。
人造大理石とステンレス、2種類から選べるのも嬉しいですね。

キッチンテーブル(キッチンカウンター)も可能

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/parts/parts01.htm#anchor09

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelleplat/feature/feature01.htm

憧れのキッチンテーブル(キッチンカウンター)付きにしてみるのもオススメです。
バーカウンターのような形もおしゃれですが、リシェルPLATは4、5人サイズの食卓が一つになったキッチンテーブルタイプもあるので、ホームパーティーが好きな方にも向いています。

【リシェルPLAT 本体価格】

110~170万円前後

【リシェルPLAT 対応間口】

120cm・150cm・180cm・240cm・270cm・300cm(※収納などの組み合わせによって変動)

リクシル
リシェルPLATにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

ウエルライフ

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/products/kitchen/welllife/index.html

「ウエルライフ」はリクシルこだわりのバリアフリーキッチンです。
車椅子やイスに座ったまま調理できるのはもちろん、それぞれの寸法やサイズも実際の場面を想定して設計されており、トップの高さは変更することもできます。
収納しやすさにこだわって設計されており、高齢者の方でも自由に楽しく料理ができます。

座ったままでお料理スムーズ

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil-reform.net/encyclopedia/kitchen/basic/01/

キッチンのバリアフリーを、大切なテーマとして掲げてきたリクシルが開発したウエルライフ。
車椅子の方や、立ち仕事が疲れやすくなってきた高齢者の方も、安心して使える優しいデザインです。
座ったままでも届く水栓や、収納棚。
また、必要な時だけ引き出せば良いキッチン下の収納ワゴンには、炊飯器も置けるので、キッチン周りを開放的に使うことができます。

トップの高さは1cm刻みで対応

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/products/kitchen/welllife/index.html

トップの高さは全13種類。
73~85cmの間で、1cm刻みでセレクトできます。
手すりで左右への移動も快調になるでしょう。
より良いキッチンを追究した、リクシルの代表作とも呼べるキッチンです。

【ウエルライフ 本体価格】

70~100万円前後

【ウエルライフ 対応間口】

180cm・210cm・240cm・270cm

リクシル
ウエルライフにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

ティオ

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/tio/case

コンパクトキッチン「ティオ」は、ライフスタイルや予算、広さに合わせて選べるモデルです。
マンション住まいや二世帯住宅にもおすすめ。
デザインも場所に合わせて、数多くのパターンの中から選ぶことができます。
最大の特徴はフロアキャビネットとウォールキャビネットの上下で別々の色を選べる「ツートン」が可能なこと。
お部屋に合わせて自由に組み合わせられますよ♪

豊富なコーディネートプラン

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/tio/case/plan05.htm

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/tio/case/

ティオは、カラーはもちろんのこと、扉デザインや床材も選べるので、ソフトでシンプルなデザインにも、モダンテイストやガーリーテイストのデザインにもカスタマイズできます。
女性からの支持率が高いリクシルのキッチンは、些細な部分にも遊び心を持たせてくれるのです。

清潔感あるホワイト人造大理石

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/tio/feature/

ホワイト系人造大理石のワークトップは、清潔感のある見た目からして素敵。
エンボス加工のステンレストップをチョイスすることもできますよ。
スタイリッシュなカウンターは、キッチンに立つたびにきっと楽しい気持ちにさせてくれることでしょう。

住宅設備メーカーとして長年培われてきたノウハウと価格の安さが、リクシルの強みです。
ライフスタイルや条件に合わせたキッチン選びに、ぜひ参考にしてください。

【ティオ 本体価格】

25~30万円前後

【ティオ 対応間口】

90cm・120cm・150cm・165cm・180cm・195cm・210cm

リクシル
ティオにしたい!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!
お電話でもご相談を承ります!

【受付時間】朝10時~夜21時

こちらの記事もおすすめ♪
>> キッチンリフォームの費用相場
>> 国内のシステムキッチンメーカー10社比較

更新日:2016年11月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles キッチンリフォームの記事

  • Spinner

    【2017年版】人気国内システムキッチンメーカーおすすめ10社を徹底比較!

    システムキッチンを設置したいとき、おすすめのメーカーや機種にはどのようなものがあるか、まずチェックしておきたいものですよね。実際、最近人気のシステムキッチンには、どのようなタイプがあるのでしょうか。皆さんがリフォームや新築でシステムキッチンを選ぶ時、どんなことを基準にしていますか?デザイン性や機能性の高いシステムキッチンが次々と誕生している現在は、一つ一つの製品を比べるだけでもかなり大変ですよね。そこでまずは、大手メーカーが手がけるシステムキッチンの大まかな特徴をつかんでみましょう。あなた好みのキッチンが見つかるかもしれません。

  • Spinner

    トーヨーキッチンはデザイン性の高さNo.1!!最新デザインと画期的な新機能とは?

    トーヨーキッチンは、キッチンを中心に家具や床材などインテリア全体を提案しているメーカーです。特徴は何と言っても近代的でおしゃれなデザインと計算しつくされた機能性にあります。ここではこのトーヨーキッチンの魅力とこだわりについてご紹介します。

  • Spinner

    もう隠しません!見せてもおしゃれなキッチンのつくりかた♪

    生活をしていると、どうしてもキッチンは散らかりがち。せっかく部屋をおしゃれにしても、雑然と調理道具や調味料が置かれたキッチンが家の真ん中にあったのでは生活のおしゃれ度は一気にダウンしてしまいます。おしゃれな生活にぴったりのおしゃれなキッチンはどうしたら作れるのでしょうか。

  • Spinner

    LIXIL(リクシル)の洗面台の特徴とは?エレガントからコンパクトまで幅広いラインナップが魅力♪

    INAX(イナックス)のブランドとしてもよく知られる「LIXIL(リクシル)」の洗面台は、おしゃれさと快適さを兼ね備えており、リフォームでも人気のある商品がたくさんあります。今回は、リクシルの洗面台の各商品の魅力を、対応間口・本体価格も交えて詳しくご紹介します。

  • Spinner

    LIXIL(リクシル)のお風呂の特徴をご紹介!キレイへのこだわりが満載です

    総合住宅設備メーカー・LIXIL(リクシル)のお風呂は、リフォームの際に最適な商品です。掃除のしやすさにこだわっているのが特徴で、清掃性と使いやすさに優れています。そんなLIXIL(リクシル)の浴室を、商品ごとにご紹介していきます。

Spinnerリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Spinner

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Spinner

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Spinner

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Spinner
Shop_index_w

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop