工事完了後、竣工検査のチェックポイント!どこを見ればいい?

リフォーム工事が完了すると、リフォーム会社の担当と共に完成現場で工事内容を確認します。これを「竣工検査(工事完了検査)」と言います。これは計画通りにリフォームが完了したかどうか、不具合がないかどうかをチェックする大切な検査です。完成した住居を目にして嬉しくなってしまいますが、ここは浮かれずしっかりとチェックしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
検討中の方必読コンテンツ
見積もりの前に、まずは相場を知りたい方へ。リフォーム費用相場
【必見】リフォームで人気のメーカーをご紹介!
【無料】リフォームの一括見積もり・相談

竣工検査はとても重要です

リフォーム完了後に何か不具合や問題が起こっても、いつでも担当に言えば直してもらえると思っていませんか?
実はそうではなく、竣工検査の段階できちんとチェックをしておかないと、後々不具合が見つかってもスムーズに修理してもらえない可能性もあります。

特に傷や汚れなどはいつ付いたものかの判断が難しく、工事の段階ではなかったと言われてしまえばそれまでです。
このようなトラブルを避けるためにも、竣工検査の際に細かくチェックしましょう。

竣工検査とは

竣工(しゅんこう)検査は、リフォーム工事がほぼ終了したときに、施工状態をチェックする検査です。

リフォーム会社の工事責任者がまずは行い、その後にリフォーム依頼者である施主が立ち会って、一緒にチェックするのが一般的です。
施主が立ち会う場合の検査のことを「施主検査」と呼ぶこともあります。
立ち会いの際には、一つ一つ実際に手で触って確認するようにしてくださいね。

最終的な仕上がり状態の確認が主となるため、事実上は表面に見えている部分しかチェックすることはできません。
基礎・土台や壁の内側については、工事中に見ておくようにしましょう。

竣工検査の時点で不具合が発見されたら手直しをして、再度確認、清掃まで完了してから、住宅を引き渡すのが基本です。

竣工検査で不具合が見つかったら

もし竣工検査で不具合が見つかったら、修理の計画について担当と話し合います。
修理の規模によって引き渡しまでに修理をしてもらうか、入居後に改めて修理をしてもらうことになります。

この際、修理の場所や方法、いつまでに対応するかなどについては、書面で取り交わすようにしましょう。
修理個所が発生した場合、工事完了確認書にはまだ署名捺印しないでください。

工事に関する不安
\リショップナビで解消!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

竣工検査ではどこを見ればいいの?

竣工検査では、出来るだけ家族みんなで立ち会って、冷静にしっかりチェックをしましょう。
ここで勘違いをしてはいけないのは、竣工検査は細かい汚れや傷を見つけるのが目的ではないと言うことです。

図面や仕様書に照らし合わせながら、予定通りの工事がきちんと行われたかについて確認していきます。
以下に工事内容によってチェックすべき項目をまとめましたので、参考にしてください。

内装のチェックポイント

内装のチェックポイントは壁のクロスや床、天井などです

・指定した素材が使われているか、色や柄に間違いはないか?
・クロス類にシワやたるみ、はがれはないか?(四隅に注意!)
・床にきしみや床鳴りがしないか、浮きがないか?
・床や壁などに目立つ汚れがないか

床のきしみや床鳴りは、隅々まで歩いてみるとよりわかりやすいでしょう。

建具のチェックポイント

建具は、収納やドアなどです。

・建具のサイズやデザイン、材料などが指定した通りになっているか?
・クローゼットなどの収納は指定通りの内部になっているか
・ドアの開閉方向に間違いはないか?
・ぱっと見て分かる大きな傷や汚れはないか?
・取り付けはしっかりしているか?
・開閉はスムーズか?

開閉して音がならないかどうかも確認します。
また、建具は実際に使っていくものなので、目で見るだけではなく、実際に触ってみるといいでしょう。

スイッチ・コンセント・端子のチェックポイント

見逃しがちなのが電気のスイッチやコンセント、端子などです。

・スイッチやコンセントの数や位置に間違いはないか?
・きちんと電気が通っているか?
・オンオフはできるかどうか?

テレビ・電話などの端子の数や位置に間違いはないかも見落としそうなところですが、重要です。
また、エアコンや換気扇が問題なく動くかどうかも忘れずに確認しておきましょう。

工事に関する不安
\リショップナビで解消!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

設備のチェックポイント

設備とは、システムキッチンや洗面台、ユニットバスのことです。

・給水や排水はきちんとされているか?
・ぱっと見て分かる大きな傷や汚れはないか?
・取り付けはしっかりとされているか?
・電源を入れると問題なく動作するか?
・水漏れはないか?
・洗面台、システムキッチン、ユニットバス、トイレなどの機種が指定通りのものか

水回りは一度水を流したり溜めるなどして確認しましょう。

外装のチェックポイント

外壁や屋根などの外装まわりは確認しにくいですが、しっかり見ておきましょう。

・屋根材や外壁材にはがれ、ひび割れ、反り、浮きがないか?
・コーキング(隙間を埋めること)はしっかりとされているか?
・塗装材の色むらや塗り残し、液垂れがないか?

外装の不備は家が傷む原因になるので、細かくチェックしましょう。

その他のチェックポイント

その他の部分で確認すべきこととしては、リフォーム箇所以外で、壁や床などに、搬入時についたような傷や汚れがないか?足場を組んでいた場所に傷や汚れがないか?
また、細かいですが、ゴミの処理や掃除がきちんとされているか?設備の保証書や取扱説明書を受け取ったか?も忘れないようにしましょう。

工事に関する不安
\リショップナビで解消!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!

竣工検査から引渡しまで

竣工検査で修理するべき箇所が見つかった場合は、すぐに手直しをしてもらいましょう。
状況によっては先に引き渡しをしてから修理するということもあるかもしれません。

その場合、先に工事完了確認書に署名捺印を求められる場合がありますが、修理が完了まではしない方が賢明です。
修理が終わったら、不具合が完全に解消されたかどうか、改めて確認をします。そ
れが終わって初めて、工事完了確認書を取り交わすようにしましょう。

この書類に押印や署名をすると、契約通りに工事が完了したと確認したということになりますので、きちんと確認してからサインするようにしましょう。

また竣工検査では分からなかった不具合が、引き渡し後に見つかることもあります。
引き渡しを受けたらそれで終了ではなく、その後の担当者の連絡先、工事の保証書、設備などの保証書や取扱説明書をきちんと確認しましょう。

これらの書類はメンテナンスやアフターサービスに必要となるので、契約時に受け取った書類と一緒にまとめて保管しておいてください。

不安があるなら瑕疵保険制度(リフォーム瑕疵保険)加入も

自分で確認できるか不安という方は、保険料がかかりますが、リフォーム瑕疵保険に加入するという方法もあります。
この保険に加入すると、リフォームの工事中や工事完了後に建築士の資格を持った第三者が検査を行ってくれるので安心できますね。

竣工検査完了後に瑕疵が判明し補修などが必要になった場合には、一定の負担で工事会社が修復を行うことになります。
ただし、保険に加入するのはリフォーム工事を実施する会社側になります。
そのため、リフォーム瑕疵保険の利用を検討しているなら、工事会社に相談をしてみましょう。

>> リフォームの瑕疵(かし)保険とは?より安心してリフォームするために重要です

工事に関する不安
\リショップナビで解消!/
完全無料!
まずはリフォーム会社に相談!
更新日:2016年8月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加
Guide_book_donwload_banner

Ico_articlesあわせて読みたい

  • 75__

    【リフォーム工事中のFAQ】こんなときどうする?

    やっと待ちに待ったリフォーム工事が始まりますね。イメージ通りに仕上がるのか、不安になることもあるのではないでしょうか?工事中に予期せぬトラブルが発生し、どう対応したらいいか判断に迷うこともあるかもしれません。ここでは、ご近所へのあいさつ、鍵の扱い、職人さんへのお茶出しなどリフォーム工事中によくある質問をまとめました。

  • Pixta_8239511_s

    リフォーム相見積もりのマナー・注意点

    リフォームのイメージを具体化し、おおよその費用相場を確認したら、次は実際に依頼するリフォーム会社探しです。リフォームの依頼先を決める際には、必ず複数社から見積もりをとりましょう。複数の業者に見積もりをとって比較することで、費用の相場がよくわかり、損をしないリフォームができます。ここではリフォーム会社の大まかなタイプと、相見積もりをする際のポイントとマナーについてご紹介します。

  • Fotolia_54203140_xs

    リフォーム会社の選び方!失敗しないためのポイント7つと注意点

    リフォームの成功・失敗は、依頼するリフォーム会社によって決まると言っても過言ではありません。信頼できる業者に依頼をするためには、どのようなことを基準に決めると良いのでしょうか?リフォーム会社の選び方の大切なポイントと注意点について、ご紹介します。

  • Pixta_19355572_s

    リフォームの瑕疵(かし)保険とは?より安心してリフォームするために重要です

    リフォームをする前に、「瑕疵(かし)保険に加入した方が良い」と言われる機会は少なくないと思います。そもそも、瑕疵(かし)保険って何?入る必要あるの?手続きはどうするの?いろいろな疑問が湧いてくると思います。家族を守るためにも失敗したくないリフォームだからこそ、瑕疵(かし)保険がどのようなものなのか、きちんと知っておきましょう。

  • Pixta_8114746_s

    失敗しないリフォーム計画の立て方

    リフォームを成功させて心地の良い生活を送るには、事前準備・計画が非常に大切になります。リフォーム完了後に、「もっとこうすればよかった」、「本当はこうしたかった」などの不満や後悔がでないようにするためには、どのように計画を立てればいいのか、ご紹介します。

Shop_index_w

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop