DIYで庭にウッドフェンスは作れる?リフォーム業者に頼む?費用の比較・作り方・注意点とは

ウッドフェンスや門扉などのエクステリアのDIYはハードルが高い印象がありますが、意外にも自分でも作ってしまう方は多いです。お家の周りの環境の変化などで、人の目が気になり始めてフェンスを新設したくなることもありますよね。そんな時は木製のフェンスをDIYで作ってしまいたいところ。そこで、ウッドフェンスの作り方や注意点についてご紹介します。また、ウッドフェンスをDIYをする場合と、プロのリフォーム業者に施工を依頼する場合との費用の違いや、真似したくなる施工例についても、あわせて確認しておきましょう。

▶ 今だけ!リフォームノウハウ集がもらえる!
>> 無料ダウンロードはこちら

ウッドフェンス(木製フェンス)のDIYって簡単?

ウッドフェンスは、家の周りを囲う木製のフェンスですが、簡単なものなら自作することができます。
道路に面した一戸建ての庭などでは、外からの視線をさえぎる目隠しが欲しいですよね。
家全面を囲うのは大変ですが、リビングなどの部屋の前にのみ設置するだけでも、印象が全然違います。

ウッドフェンス作りは、道具と材料さえ揃えれば大体3つの工程で済むので、短いタイプのフェンスなら1日で完成するでしょう。

ウッドフェンスDIYで必要な道具と材料

まずはウッドフェンス作りに必要な道具と材料を揃えましょう。
いずれもインターネット通販や、近くのホームセンターで購入することができます。

道具・工具

作成に必要な道具、あると便利な工具がこちらです。

・インパクトドライバー
・のこぎり
・キリ
・スコップ
・バケツ
・水平器

バケツは、土台づくりの際に使うモルタルを混ぜるための用具なので、なければ他の大きめの丈夫な容器でもOKです。

材料

・フェンス用板材
・支柱材
・笠木材(必要であれば)
・ステンレスビス
・足場用ブロック【沓石(くついし)・束石(つかいし)】
・セメント
・砂(モルタル用)
・塗料(塗装する場合/素材によっては防腐塗料も)

木材は事前に設計図を作り、ホームセンターでカットしてもらうと作業が楽になります。

ウッドフェンスに向いている木材選びの基準

ウッドフェンスは外で雨ざらしになるので、耐候性があって腐りにくく、メンテナンスが楽な素材を選びましょう。

あまり頻繁に手入れが出来ない場合は、ハードウッドや、塗装が簡単なもの、もしくは塗装が不要な人工木を選ぶのも一つの方法です。

工事のプロであればウリンなどの硬い木材をおすすめしますが、DIYで使用するには少々硬すぎ・重すぎで加工しにくいのが難点です。

そのため、程良い耐久性と加工のしやすさから、シダーあたりを選ぶのがおすすめです。

なお、耐久性がないタイプの木材をどうしても使いたい場合には、事前にしっかりと防腐塗料を塗っておきましょう。
特に天然木は、ささくれが目立ってくるほか、積雪地帯では劣化しやすいためウッドフェンスには不向きですので、ご注意ください。

※参考記事
>> 樹脂・人工木のウッドデッキの魅力って?天然木との違いを比較!

正直DIYは難しそう……
\という方はこちら!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ウッドフェンスの作り方

ウッドフェンスのDIYの手順は、以下の通りです。

1.まずは基礎作り

簡単な設計図を作り、使用する木材をのこぎりでカットして塗装を施し、束石ブロックなども揃えたら、まずは基礎作りです。
この時に、フェンスの強度を保つため、柱と柱の間隔は最大でも1.5m程度にしておきましょう。

また、地中に埋める深さは柱全体の3分の1が目安です。
柱を設置する場所にスコップで穴を掘り、重い石などで突き固め、中に砂利を入れていきます。
沓石(くついし)や束石(つかいし)などを土台として活用すると良いでしょう。

2.支柱を立てる

穴を作ったら、柱を立て、仮置きします。
笠木(最上部に置く横架材のこと)をつけたい場合はこのタイミングで置き、水平な状態で固定します。

笠木をつけない場合でも、不要な板で仮止めすると作業がスムーズに進みます。
水平器で図りながら、柱や笠木を水平な状態にできたら、モルタルを穴に流し込みます。

【モルタルの作り方】

エクステリア・外構のDIYにおいて避けては通れないモルタル。
どうやって作るのか念のためご説明しておきます。

<必要な材料>
・セメント
・砂

まず、セメントと砂を1:3の比率で混ぜ合わせます。
とにかく混ぜ続けて、砂の色がなくなり全体がセメントの色(コンクリートのような色)になったら、水を入れていきます。
暑い時は水多め、雨の日は少なめなど、水の量は天気に合わせて調整しましょう。

3.フェンス板を貼る

最後に、モルタルが固まったら、インパクトドライバーとステンレスビスを用いて、柱と柱の間にフェンス板を貼ります。
ビスを埋め込む位置に、あらかじめキリで穴を開けておくと楽ですよ。

目地(隣り合う板の間の継ぎ目)を開けずに貼ると風をもろに受けてしまうので、隙間を空けてフェンスの空気抵抗を少なくするようにしましょう。

これで完成です!
DIYは難しい印象のフェンスでしたが、「基礎を作って、柱を固定、間に板を貼る」というたったの3ステップなので、意外と簡単かもしれません。
お休みなどを活かして、作ってみてはいかがでしょうか?

プロの業者に相談したい……
\という方はこちら!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ウッドフェンスDIYの4つの注意点

フェンスを設置する際には、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

1.目隠し用のウッドフェンスは目地の間隔が重要

目隠し効果を期待するなら、ウッドフェンスの目地の間隔を10mm以内にするのが最適です。

人間の目のサイズは10mm前後であるため、目地の隙間が広いと、フェンスの外から中の様子がはっきりと見えてしまいます。
より外部からの目線が気になるという方は、目地の間隔を5mm以内にすると良いでしょう。

※関連記事
>> 目隠しフェンスの価格・施工例・ポイントとは?

2.最適な高さ・サイズにする

ウッドフェンスの最適な高さも気になるところですよね。
一般的に日本の家庭のフェンスは、1,800mm前後です。

日本人の平均身長は約1,700mm(170cm)なので、フェンスは1,800mm前後あれば充分です。
高く設置しすぎても圧迫感が出てしまうので注意しましょう。

目隠しフェンスを作りたい場合には、できればどの角度からの視線が気になるのかも確認しておきましょう。

例えば坂下にある道路から見えてしまうのが不安な場合には、1,800mmより低いウッドフェンスでも充分にカバーできるでしょう。

3.カラーバランスも考える

また建物全体のテイストとバランスの良いカラーにすることも重要です。
特に、ウッドフェンスを塗装する場合には、より慎重にカラーバランスを考えたいですね。

外壁が明るい色であれば、ブラウンやホワイト・グレーなどのナチュラルカラーが合わせやすく、また黒に近い外壁なら、フェンスも黒で統一すると失敗がありません。

あえてメリハリのあるコーディネートにするなら、白い外壁に対して黒のフェンスを設置してみるのもいいですね。

4.土台となる基礎・支柱の強度が肝心

なお、DIY初心者の方には最も難しいところではありますが、ウッドフェンス作りにおいて一番大事なことが、土台になる基礎・支柱の強度の確保です。

柱を水平かつ垂直に立てなくては、見栄えが悪くなるだけでなく、場合によっては危険です。
しかし、モルタルが早く固まってしまったために、土台作りの段階で断念してしまったという失敗例も多いので、注意が必要です。

ウッドフェンスをDIY or リフォームする費用の比較

上述した注意点を踏まえて、自作でウッドフェンスを設置するのが不安な方は、一度プロの業者に任せてみることも検討してみてはいかがでしょうか。

参考までに、ウッドフェンスをDIYする場合にかかる費用と、リフォーム業者に依頼した場合の価格とを比較してみましょう。

DIYする場合 約5千~1万5千円/m
リフォーム業者に依頼する場合 約1万5千~4万円/m

ウッドフェンスをDIYする場合は、ご家庭に工具・道具がすでに揃っていれば、基本的に材料費のみで済みますね。
ウッドフェンスを手作りする際の材料費は、1mあたり約5千~1万5千円。
全長10m位のものを設置するのであれば、トータルで約5~15万円位です。

一方、リフォーム業者にウッドフェンスを新設してもらう場合の費用は、本体代+施工費がかかります。
リフォーム全体で必要な費用は、1mあたり約1万5千~4万円。
全長10m程度のウッドフェンスを設置するなら、合計約15~40万円位が相場です。

ただし地面の状態によっては、基礎工事にかかる費用が高額になる可能性があるため注意してください。
また、DIY・リフォームいずれの場合でも、フェンスの材質やグレードの違いで価格帯が大きく変動します。

費用面だけで考えればDIYの方がお得ではありますが、それなりにしっかりとした目隠しフェンスを設置したい時などは、専門業者に頼んでみても良いかもしれませんね。

ウッドフェンスの設置工事は、エクステリアリフォームが得意なリフォーム会社に相談すると、提案力も技術もあるので確実です。

フェンスの施工が得意な
リフォーム会社に相談したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ウッドフェンスのおしゃれな施工例

最後に、参考にしてみたいおしゃれなウッドフェンスの実例を見てみましょう。
理想の完成イメージを描いてから、じっくり設置計画を立ててみてくださいね。

濃いブラウンで落ち着いた雰囲気に

こちらは、濃い目のブラウンで落ち着いた雰囲気になっています。
汚れも目立たなそうですね。

ガーデニングにも

完成したフェンスは目隠しの役割だけでなく、ルーバー(横貼り)タイプであれば、プランターを吊るしたり、ガーデニングを楽しんだりすることもできます。

白なら可愛く

白いウッドフェンスなら、可愛らしい雰囲気になります。
お家の外観に合わせて外構もアレンジしたいですね♪

コーディネートはアイデア次第

オリジナルのフレームを飾ってコーディネートを楽しむのも◎

おしゃれで最適なサイズのウッドフェンスがお庭にあれば、外からの視線も気にせず、より楽しく生活できそうですね。

もしDIYで作るのが不安でしたら、フェンスの施工が得意なプロに一度相談してみましょう。
見積もりは無料で作成してもらえるので、ご自宅に合ったウッドフェンスについて詳しく提案してもらうと良いですよ♪

フェンスの施工が得意な
リフォーム会社に相談したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 外構・エクステリアリフォームの費用相場
>> 庭・ガーデニングリフォームの費用相場

更新日:2018年1月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles フェンスリフォームの記事

  • ________10_

    外構工事・エクステリアリフォームの費用相場

    外構工事・エクステリアリフォームの費用相場をご紹介しています。住宅のまわりの、門扉やフェンス、ウッドデッキ、テラスなどの外構部分のリフォーム料金の相場がわかります。スタイルや、どこまでエクステリアにこだわるかで費用が変わりますので、事前に確認して適正価格でエクステリアリフォームをしましょう。

  • ______

    庭の目隠しフェンスの価格と施工例【選ぶときのポイントとは?】

    目隠しフェンスは、ご自宅の庭をプライベートな空間に変えたり、隣接する家や道路から家族のプライバシーを守ってくれたりと、住宅には欠かせない存在です。価格相場や施工例も参考にしながら、目隠しフェンスの選び方や、おすすめのメーカー品についてご紹介します。

  • ________3_

    外構の失敗例12選とその対策!

    外構は、新築住宅において非常に失敗例が多いです。家の外観が良く見えるかどうかは、外構の仕上がり次第と言えます。見た目がしっかりした家は、防犯性が向上します。家の顔とも呼べる、外構・エクステリア。よくある失敗とその対策について、今回はご紹介します。

  • ________1_

    門扉リフォームの価格・施工例・注意点

    門扉のリフォームは、家の防犯性能や外観を良くするために非常に重要です。門扉の交換や新設リフォームをする際の注意点や、素材の選び方をよく理解しておきましょう。気になるリフォーム価格についても、リショップナビで実際に施工した例を参考にしながらご紹介します。

  • __________1_

    ウッドデッキのリフォームの価格とおしゃれな施工例

    ウッドデッキのリフォームを行い、ご家族がリラックスする場所や洗濯物を干しやすいスペースを確保したいというご家庭が増えています。ウッドデッキのリフォームの際に考えたいポイントや、参考にしたくなるおしゃれな施工例、費用相場についてチェックしておきましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop