庭の目隠しフェンスの価格と施工例【選ぶときのポイントとは?】

加盟希望はこちら▶

庭の目隠しフェンスの価格と施工例【選ぶときのポイントとは?】

更新日:2022年03月22日

アルミ・スチール製フェンス

目隠しフェンスは、ご自宅の庭をプライベートな空間に変えたり、隣接する家や道路から家族のプライバシーを守ってくれたりと、住宅には欠かせない存在です。この記事では、価格相場や施工例、目隠しフェンスの選び方を解説します。また、おすすめのメーカー品についてもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

庭によくある「目隠しフェンス」とは

目隠しフェンス

目隠しフェンスとは、外からの視線をさえぎる目的で使う、背の高いフェンスのことです。

道路沿いの住宅はもちろんのこと、隣接する家との間や、玄関前、庭や浴室の周りなどに取り付けられることが多いです。

施工方法としては、フェンスを独立させたり、ブロック塀の上に設置したりするパターンがあります。

以下にて、目隠しフェンスを設置する際に失敗しないためのポイントを、詳しくご紹介します。

目隠しフェンスを利用するメリットとデメリット

目隠しフェンス メリット デメリット

まずは、目隠しフェンスを設置するメリットとデメリットを解説します。

目隠しフェンスを設置するメリットは知られていますが、デメリットまで気にしている方は少ないのではないでしょうか。

メリットだけではなく、以下でご紹介するデメリットも把握して、目隠しフェンスを使うかどうかを考えてみてください。

メリット

目隠しフェンス

目隠しフェンスを利用するメリットは、外部からの視線をシャットアウトできることです。
特に、女性の場合は目隠しがない状態で下着を外に干すことに抵抗があるでしょう。

家のすぐそばに道路があったとしても、目隠しフェンスがあれば通行人の視線を気にすることな必要がありません。
そのため、プライベートな空間を満喫できるようになります。

デメリット

デメリット

目隠しフェンスのデメリットは、日当たりや風通しが悪くなることです。
人によっては、圧迫感を感じる人もいるでしょう。

また、目隠しフェンスによって住宅の日当たりや風通しが悪くなれば、カビやコケが繁殖しやすくなります。
そのため、外壁や住宅全体の寿命が短くなる恐れもあります。

目隠しフェンスの選び方

目隠しフェンス 選び方

目隠しフェンスをリフォームする際は、以下のポイントを抑えて製品を選びましょう。

● 最適な高さを選ぶ
● 圧迫感が出ないように注意する
● 採光や風通しにも配慮する
● 違和感のないデザインを選ぶ

目隠しフェンスはご自宅の外観の見た目を決める大切な場所なので、機能性とデザイン面、どちらも重視しながら選びましょう。
以下にて、それぞれのポイントの具体的な内容を解説します。

最適な高さを選ぶ

目隠しフェンス 高さ

外部から完全に目隠ししたい場合は、フェンスの高さを180~200cm前後にして設置しましょう。

ブロック塀の上に設置するときは、フェンスを合わせた高さが180cm以上になるようにします。

目隠しフェンス 高さ

ただし、隣接する家のフェンスやブロック塀との高さに合わせて見た目のバランスをよくすることも大切です。
そのため、必ずしも180~200cm前後がベストな高さとは限りません。

また、防犯目的であれば、140〜180cmほどの高さのフェンスを設置するとよいです。
外からは覗かれにくく、かつ内部が完全に隠れない方が、防犯対策になります。

さらに、フェンスは外からだけではなく、内側からの眺めにも大きく影響します。
家族の身長によって感じ方も異なるため、フェンスの設置に詳しいリフォーム会社に適切な高さについて相談してみるようにしましょう。

圧迫感が出ないように注意する

目隠しフェンス 圧迫感

目隠しフェンスは、外から家の中がみえないようにするために設置しますが、素材や高さによっては圧迫感が出るので注意が必要です。

暗いカラーや重厚感のあるデザインでは、敷地内が狭くみえてしまい、息苦しく感じる場合もあります。

目隠しフェンス 白

おすすめは白や淡いベージュといった、明るい色のフェンスです。
また、近所に圧迫感を感じさせない目隠しフェンスがあれば、参考にしてみるのもひとつの手です。

採光・風通しにも配慮する

竹垣 目隠しフェンス

目隠しフェンスを施工する際は、採光や風通しは十分か確認しましょう。

背が高い目隠しフェンスは、取り付ける位置や方角によっては家の中の採光や風通しを妨害してしまいます。
通気性がよく、太陽の光をあまり遮らない形状を選びましょう。

中でも竹垣タイプは通気性がよく、夏は涼しげな印象になります。

目隠しフェンス ガーデニング

また、ガーデニングがお好きなら、あえて網目が粗いフェンスにつる性植物を絡ませて緑のカーテンにする方法もあります。
ガーデンフェンスでボリュームのある花を育ててみるのもよいでしょう。

違和感のないデザインを選ぶ

目隠しフェンスのある庭

外から眺めたり、家の庭やリビングからみたりしたときも、違和感のないデザインのフェンスを選択しましょう。

フェンスは家の外観に影響を及ぼすため、個性的なカラーを選ぶと、かえって悪目立ちしてしまう可能性があります。
家の外壁と同系色のものを選べば、失敗しにくいです。

最適な目隠しフェンス
\付けたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

目隠しフェンスの主な素材・種類

目隠しフェンス 素材

目隠しフェンスは、主に以下のような素材でつくられています。

● アルミ・スチール製
● 竹製
● 木製

目隠しフェンスを設置する際は、素材の特徴も確認して、ご自宅に合ったタイプを選びましょう。
以下にて、それぞれの素材の特徴を解説していきます。

アルミ・スチール製フェンス

アルミ・スチール製フェンス

アルミやスチール製のフェンスは、比較的に安価ながらも耐久性が高いタイプです。

シンプルな見た目でどのようなデザインの家にもマッチするので、素材選びに迷ったらアルミやスチール製を選ぶとよいでしょう。
アルミやスチール製のフェンスには、以下のようなデザインがあります。

● 横向きライン
● 縦向きライン
● 格子タイプ
● ルーバータイプ

可能であれば設置した際のシミュレーションを行ってもらい、お好みのタイプを選びましょう。

和風・竹垣デザインフェンス

和風の家 フェンス

和風の家であれば、板垣や竹垣タイプを検討してみてもよいでしょう。
板垣や竹垣タイプのフェンスは落ち着いた雰囲気に仕上がります。
洋風の家であれば、板垣もマッチしやすいでしょう。

自然素材や樹脂製の製品があるので、耐久性や値段を考えてライフスタイルに合ったものを選択しましょう。

木製フェンス

ナチュラル風やカントリー調にしたい場合には、木製フェンスがおすすめです。
素材は木製のほかに、人工木材(主に木粉と合成樹脂を合わせたもの)があります。

メンテナンスの頻度や値段を踏まえて、リフォーム会社と相談しながらどちらの素材にするかを選びましょう。

自宅にぴったり
目隠しフェンスを設置したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

目隠しフェンスの価格・設置費用

目隠しフェンス 費用

目隠しフェンスの施工価格は、アルミ製の場合で1メートルあたり1万2,500円〜2万7,000円ほどとなります。
横に10メートルのフェンスを設置する場合は、おおよそ13〜27万円かかる計算になります。
一般的に、アルミやスチール製のフェンスは安く入手できます。

また、木製の目隠しフェンスだと、本体価格はアルミやスチール製よりも高額になりやすいです。

施工費は、工事を依頼する業者や設置スペースの広さ・複雑さなどによって異なります。

フェンス

素材やデザインにこだわりたい方は、要望や予算を業者に伝えて、施工可能なフェンスを提案してもらいましょう。

ブロック塀 フェンス

また、ブロック塀の上にフェンスを建てる場合は、コア抜き作業が必要です。

コア抜き作業とは、ブロックの鉄筋を避けながら、フェンスの柱を入れるために穴をくり抜く工程のことです。
この費用が、1箇所あたり4,000円ほどかかります。

自宅にぴったり
目隠しフェンスを設置したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

目隠しフェンスの設置費用を安くするコツ

目隠しフェンス 設置費用を安くする

目隠しフェンスの設置費用を安くするおすすめの方法は、以下の4つです。

● DIYする
● 安いフェンスを自分で購入する
● グレードが低いタイプを選ぶ
● 自社施工の業者に依頼する

費用を抑えたい方は、ぜひ上記の方法を検討してみてください。
以下にて、それぞれの詳しい内容を解説します。

DIYする

フェンス DIY

フェンスの購入から設置工事まですべて自分で行えば、業者に依頼するよりも安く目隠しフェンスを取り付けられます。
ただし、DIYで設置する場合は多大な労力と長い工事期間がかかり、失敗したときの責任をすべて負担しなくてはなりません。

特に、失敗したときの金銭的負担は大きいです。
不良品のフェンスを取り外して作り直すくらいなら、最初から業者に依頼していたほうが安かったというケースもあります。

DIYは高いリスクがあることを覚悟したうえで、工事を行いましょう。

フェンスだけ購入して工事は業者に任せる

フェンス

工事は業者に任せて、フェンスの購入だけ自分で行うケースです。
工事で失敗するリスクを軽減できるため、安いフェンスを購入できるのであればおすすめの方法です。

ただし、フェンスの工事と商品購入をセットで依頼しなければ対応してくれない業者もあります。
対応してくれる業者でも、施工後のアフターケアをしてくれない恐れがあるため、リスクはあります。

グレードが低いタイプの目隠しフェンスを選ぶ

フェンス グレードを下げる

設置する目隠しフェンスのグレードを下げることで、工事費用が安くなります。
グレードが低ければ低いほど、フェンスの本体価格は安くなるのです。

目隠しフェンスの本体価格を下げることで、設置費用を安く抑えられます。
グレードの低い目隠しフェンスとは、簡易的であったり、耐久性があまり高くなかったりする製品を指します。

製品のグレードを下げれば、そのぶんデメリットもあるため、予算と求める機能性をすり合わせながら設置するタイプを選びましょう。

自社で施工する業者に依頼する

リフォーム業者 依頼

自社施工を行う業者に依頼することで、中間マージンが抑えられます。

住宅リフォーム業界では、請け負った工事を下請け業者に任せてしまう会社が意外と多いです。
大手のリフォーム会社に依頼すると、自社では直接工事をしていない場合がほとんどです。

そこで、中間マージンを払って下請けに工事を依頼します。
この中間マージンにかかる費用を抑えるために、工事を自社で行っている業者に依頼することをおすすめします。

家に目隠しフェンス
\付けるときの費用はどの位?/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

目隠しフェンス・柵の施工例

目隠しフェンス・柵の施工例

それでは、実際に目隠しフェンスや策を設置した施工例をご紹介していきます
以下は、「リショップナビ」でご紹介しているリフォーム会社が手がけた、目隠しフェンスの設置工事の一部です。
どのようなスタイルや色のフェンスがご自宅に合うか、ぜひイメージしながらご確認ください。

安全性の高いフェンスを設置

施工費用 20~50万円
施工期間
住宅の外周のフェンス設置工事を行いました。
防犯対策も兼ねて、安全性の高い丈夫なタイプを選びました。

>> この事例の詳細を見る

ブロック塀を積み直して耐久性の高いフェンスにリフォーム

施工費用 約125万円
施工期間 5日間
既存のブロック塀が経年劣化していたため、新しく施工し直しました。
以前よりも高さを低くして、上にフェンスを取り付けています。
ブロック塀を一から積み直したことで、安全性の高いフェンスとなりました。

>> この事例の詳細を見る

木から風通しのよいフェンスにリフォーム

施工費用 25~50万円
施工期間 6日間
住宅を隠すように木が乱雑に植えられている状態だったところ、風通しのよいフェンスを設置して見た目がよくなりました。
住宅の壁や既存のブロック塀に合うように、茶系のフェンスを選びました。

>> この事例の詳細を見る
家に最適な目隠しフェンス
\付けたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

目隠しフェンスのおすすめメーカーと商品例

フェンス設置 事例

最後に、以下の人気メーカー2社の目隠しフェンスのラインナップをご紹介します。

● LIXIL(リクシル)
● 三協アルミ

いずれの会社も、魅力的なフェンス商品を多数展開しています。
以下にて、それぞれのメーカーの商品の特徴を解説していきましょう。

LIXIL(リクシル)の目隠しフェンス

まずは、LIXIL(リクシル)社の目隠しフェンスです。
シンプルで使い勝手のよいデザインの商品をご紹介します。

ハイミレーヌR フェンス

LIXIL(リクシル)の「ハイミレーヌR フェンス」は、ベーシックなデザインでコストパフォーマンスが高い商品です。

目隠しの幅を異なる6つの間隔から選べられる優れものです。
カラーバリエーションには、ブラックやホワイト、グレーなどがあります。

ラフィーネフェンス

ラフィーネフェンスは、アルミ鋳物だからこそ実現できる、美しい曲線が特徴のひとつです。
フェンスのデザインと同じ門扉やフラワーボックスなどがあり、住宅をおしゃれにコーディネートできるのも嬉しいポイントです。
カラーは全部で5色から選べます。

LIXIL(リクシル)
目隠しフェンスを設置したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

三協アルミの目隠しフェンス

アルミ製の目隠しフェンスをお探しなら、やはり三協アルミの製品が一押しです。
以下にて、デザイン性にも優れているアルミ製のフェンスをご紹介します。

シャトレナ

「シャトレナ」は、木調タイプと形材タイプとがあります。
特に注目すべきは、アルミの横格子部分が木目調になっている製品です。
アルミ製でありながら、木のぬくもりが感じられるおしゃれなデザインとなっています。

エルファード

「エルファード」は、外観・内観ともに気品ある空間を演出できるフェンスです。
耐風圧性能は、風速34メートル/秒です。
シャトレナ同様に、木調タイプと形材タイプから選択できます。
木調タイプの「チョコメイプル」カラーなら、温かく柔らかいイメージに。

三協アルミ
目隠しフェンスを設置したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

目隠しフェンス・壁を施工する業者の選び方

施工業者

目隠しフェンスや壁の工事を依頼する業者を選ぶ際には、以下の2つのポイントを押さえておきましょう

● 地域の専門業者に依頼する
● 相見積もりで選ぶ

それぞれのポイントをチェックして、工事を安心して依頼できる業者を選ぶようにしましょう。
以下にて、各ポイントの内容を解説します。

地域の専門業者に依頼する

施工業者

目隠しフェンスの施工は、地元密着型のリフォーム専門業者に依頼すると失敗が少ないです。

地域の特性を熟知した業者は、住宅に適したフェンスを選んで設置してくれます。
工事の失敗や後悔を防ぎやすくなるため、施工のやり直しが不要で、無駄な出費を抑えられるでしょう。

相見積もりで選ぶ

相見積もり

目隠しフェンスや壁の工事業者を選ぶ際は、必ず相見積もりをしましょう。
複数の会社に、同じ工事内容・条件で見積もりを依頼することを相見積もりといいます。

相見積もりをすると、複数の見積書を確認できるため、工事内容や価格を比較して自宅に最適な業者を見抜きやすくなります。

自宅にぴったり
目隠しフェンスを設置したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
【この記事の要点まとめ◎】
目隠しフェンスを選ぶときのポイントは?
「圧迫感が出ないように注意する」「採光・風通しも考慮する」ことなどです(詳細は、こちらをご確認ください)。
目隠しフェンスには、どのような素材・種類がある?
「アルミ」や「スチール」などがあります。
目隠しフェンスの価格や、設置にかかる費用は、いくらくらい?
フェンス単体の価格は、アルミ製で1メートルあたり、1万2,500円〜2万7,000円程度です。
横に10メートルのアルミ製のフェンスを設置する場合は、12万5,000円〜27万円ほどがかかります。
詳しくは、こちらをご確認ください。

目隠しフェンスは、防犯性や安全性も重要ですが、デザインにも配慮して、庭を快適な空間にしましょう。
和風やモダン、シンプルテイストなど、どのような家にしたいかイメージしながら、ご自宅に合ったフェンスを選んでくださいね。

自宅にぴったり
目隠しフェンスを設置したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

フェンスのおすすめ記事

  • 外構工事・エクステリアリフォームの費用相場!安くおしゃれにする方法もご紹介!

    外構工事やエクステリアリフォームの費用相場をご紹介しています。住宅周辺の門扉やフェンス、ウッドデッキなどの外構部分のリフォーム料金の相場がわかります。希望するスタイルや、こだわるポイントによって費用が変わりますので、事前に確認して適正価格でエクステリアリフォームをしましょう。

  • ブロック塀の解体撤去・補強・補修リフォームの費用!地震対策は大丈夫?

    ブロック塀は、外からの視線をシャットアウトしたり、敷地の境界線をはっきりさせたりと、何かと役に立つエクステリアの一つです。しかし、地震の際に倒壊の恐れがあるとして、建築基準法を満たさない、または劣化したブロック塀や万年塀が問題になっています。自宅や身の回りのブロック塀が基準を満たしていない場合は、業者に依頼をして、撤去・解体や基準に合うような補修・補強をする必要があります。補修だけで済むのか、交換した方が良いのか、最適なリフォームプランを考えてみましょう。

  • 外構の失敗例12選とその対策!

    外構の施工は、新築住宅において非常に失敗例が多いです。家の外観がよく見えるかどうかは、外構の仕上がり次第ともいえます。家の顔とも呼べる、外構・エクステリアのよくある失敗と、その対策について今回はご紹介します。ぜひリフォームの際の参考になさってみてください。

  • DIYで庭にウッドフェンスは作れる?リフォーム業者に頼む?費用の比較・作り方・注意点とは

    ウッドフェンスとは家の周りを囲う木製のフェンスのことです。 ウッドフェンスは他のフェンスと比べて暖かみがあるデザインをしているため、落ち着いた印象を与えるメリットがあります。 植物とも合いやすい色をしているため緑が多い場所に適しているでしょう。 ウッドフェンスのデメリットは耐久性が低いことです。 樹脂や金属製のフェンスと比べると腐食しやすいほか、ささくれだってトゲが指にささるおそれもあります。

  • 子供や犬が遊べる庭づくりのコツと注意点!ウッドデッキ・砂場などの実例やリフォーム費用も公開

    お子さんやペットのワンちゃんを、庭で思い切り遊ばせてあげたい。そんな願いを叶えるには、庭をどんな風につくり変えればいいのでしょうか。砂場やドッグランなどの遊び場を設けたり、ガーデニングスペースをつくったりと、いろんな要素を詰め込めたら理想的ですよね。今回は、人気のウッドデッキや、プライバシーを守るための目隠しなど、子供も犬も一緒に楽しく過ごせる素敵な庭づくりの方法・ポイントについて解説します。当サービス『リショップナビ』の加盟店によるリフォーム事例・費用もご紹介するので、チェックしてみてくださいね。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。