おしゃれすぎる♪輸入キッチンメーカーまとめ10選

おしゃれすぎる♪輸入キッチンメーカーまとめ10選

システムキッチンを選ぶ時は、機能性だけでなくデザインも気になるものですよね。デザインを重視したい人には、海外ブランドのキッチンもオススメです。海外で愛用されている、代表的なキッチンメーカーをまとめてみました。

Euromobil(ユーロモビル)【イタリア】

画像引用:ユーロモビルホームページより
URL : http://www.gruppoeuromobil.com/eng/euromobil/kitchens/inspirations-lain.php

キッチンを住まいの中心にあるべきものとして捉えている「Euromobil(ユーロモビル)」。
食が人をつなぐようにという思いを込めたデザインは、暮らしに馴染む機能性もあわせ持っています。

イタリア国内でも売上・品質がトップレベルですが、日本での販売件数が非常に多く、部品も日本国内にたくさんストックされています。

またEuromobil(ユーロモビル)のキッチンには、国産メーカーのコンロやシンク、食洗機も組み込むことが可能です。
本体の保証期間が10年間無料なのも嬉しいところ。
アフターサービスも5年間無料保証と、輸入キッチンの中でも特に信頼できる輸入キッチンメーカーです。

Dada(ダダ)【イタリア】

画像引用:ダダホームページより
URL : http://www.dada-kitchens.com/ap/

イタリアで最上クラスの家具メーカー「Molteni(モルテーニ)」のキッチンブランドとして注目されている「Dada(ダダ)」。
インテリアを得意とする企業ならではの高いクオリティーと、独特の存在感が魅力です。

クローゼットのように収納できる扉が付いたタイプや、シャッターで開閉する吊り戸棚など、独自のデザイン性と機能性が融合しています。

日本人にも使いやすいシンプルな仕様のため、「輸入キッチンには興味があるけど、使いこなせるかどうか不安」という方は、まずはDada(ダダ)のキッチン商品を調べてみると良いかもしれませんね。

Tecnocucina(テクノクッチーナ)【イタリア】

30年以上続く老舗ブランドでありながら、モダンなデザインを追求し続ける「Tecnocucina(テクノクッチーナ)」。
細部の素材にもこだわった作りは、キッチンを特別な空間に変える力を持っています。

Tecnocucina(テクノクッチーナ)社は、本来はキッチンキャビネットメーカー。
華やかな色合いと抜群の収納力が、世界中にファンが多い理由の一つです。

おしゃれで快適な
輸入キッチンにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

DeWils(デウィルズ)【アメリカ】

画像引用:デウィルズホームページより
URL : http://dewils.com/your-style/

「DeWils(デウィルズ)」はアメリカの職人集団から始まったキッチンメーカーで、伝統的なアメリカンスタイルのデザインが特徴です。
素材はオーク、チェリー、メープル、ヒッコリー材など、無垢材の中でも良質な物ばかり。

カスタムメイド専門業が起源のDeWils(デウィルズ)。
受注してから製作するのも、 匠人が集まるメーカーならでは。
技工士達の手によって作られるキャビネットは、細かいカスタムに対応できるのが魅力です。
もちろん、国内メーカーの調理機器やレンジフードと組み合わせることもできますよ。

PACIFIC RIM(パシフィック・リム)【カナダ】

画像引用:パシフィック・リムホームページより
URL : http://www.pacificrimdesigns.ca/photopic

伝統的な北米スタイルから、モダン、ヨーロピアンまで、幅広いデザインのキッチンが揃う「PACIFIC RIM(パシフィック・リム)」。
木材から加工の仕方まで細かく選択できるので、よりオリジナリティーの高いキッチンに仕上がります。

高級キャビネットメーカーとして有名なPACIFIC RIM(パシフィック・リム)社は、カナダ西海岸の伝統的なキャビネット創りの知識に長けており、無駄がない高性能な収納力を誇ります。

日本でも人気が高く、現在では同社の生産高の内、約3分の1が国内で流通しています。
親しみやすい温かみのあるデザインが愛され続けています。

MERIT(メリット)【カナダ】

画像引用:メリットホームページより
URL : https://www.merit-kitchens.com/get-inspired-gallery/kitchens/

「MERIT(メリット)」のキッチンは、人が集う場所として華やかにデザインされたものが多く揃っています。
北米という土地柄、使用する木材の種類や色も非常に豊富。
サイズも自由に決められるので、日本の住宅にも柔軟に対応できます。

キッチンは、欧米では家族のコミュニケーションの場であり、友人とのパーティーの場でもある、家の空間の中心部。
そのためMERIT(メリット)のキッチンでも、使いやすさとデザイン性の高さが大切にされています。

おしゃれで快適な
輸入キッチンにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

SieMatic(ジーマティック)【ドイツ】

画像引用:ジーマティックホームページより
URL : http://www.siematic.com/

クラシカルとモダンという2つのタイプから選べるのが「SieMatic(ジーマティック)」のキッチン。
国内メーカーにはあまりない、ヨーロピアンスタイルを求めている方にぴったりのメーカーです。

素材や作り、収納など、機能的な部分にも細かなこだわりが散りばめられています。
使い手の立場を尊重して考え抜かれた、妥協のない完璧さが美しいキッチンばかりです。

Zeyko(ツァイコ)【ドイツ】

画像引用:ツァイコホームページより
URL : http://www.zeyko.com/en/examples.html

「Zeyko(ツァイコ)」は16世紀に家具メーカーとして始まった歴史を持つ、老舗中の老舗と言えるブランドです。
デザインはトラディショナルなものからモダンなものまで幅広く、いろいろなライフスタイルに合うのが魅力。
品質の高さでも定評があります。

どこか懐かしい雰囲気のあるZeyko(ツァイコ)のキッチンは、ビーチかウォールナット材の引き出しが標準装備。
マイスター制度を継承し、キッチンの顔とも呼べる扉材の9割を社内で生産しています。

国土交通省のフォースターを取得するほど、管理面にも尽力。
ハイクラスよりもオンリーワンを目指す姿勢が、様々な部位から感じられます。

ALNO(アルノ)【ドイツ】

画像引用:アルノホームページより
URL : http://www.alnocontracts.co.uk/alno/planning/checklist/

ドイツ国内では40年間もシェアNO.1をキープしているキッチンメーカー「ALNO(アルノ)」。
これまでに数々の賞を受賞している実績があり、木材の消費を抑えるために安全で独自性の高い素材を活用しています。

ヨーロッパ最大のシステムキッチンメーカーでもあり、66ヶ国に輸出・販売の業績を保有。
純正ドイツ製であることも、ALNO(アルノ)のキッチンの特質です。

伝統的なモデルと現代技術をシックに調和させた「カントリー」。
エレガントさとシンプルさを兼ね備えた「ライフスタイル」。
2タイプのラインナップが用意されています。

Poggenpohl(ポーゲンポール)【ドイツ】

画像引用:ポーゲンポールホームページより
URL : https://www.poggenpohl.com/

120年という長い歴史を持つ「Poggenpohl(ポーゲンポール)」。
モダンなデザインのキッチンが多く、その品質の高さは他メーカーがお手本としているほどです。
キッチンを進歩させるとう強い理念をもとに、技術の向上に余念がありません。

ドイツでは、キッチンは祖母から母へ、母から娘へと、親子3代で100年に渡って受け継がれるのが基本です。
そのため、Poggenpohl(ポーゲンポール)のキッチンは、引越し時にも運び出せるように設計されています。

日本ではインテリアショップの「アクタス」が代理店を務めており、施工管理やメンテナンスもお任せできます。
国産メーカーの各種設備も組み入れることが可能です。

輸入キッチンを選ぶときのデメリットと注意点

おしゃれすぎる♪輸入キッチンメーカーまとめ10選

それでは最後に、輸入キッチンを選ぶときに気をつけておきたいこ とについてご説明します。
おしゃれで機能的な輸入キッチンですが、導入するとなると本体価格+施工費で200万円以上と、かなり高額です。
毎日の食事を作る大切な場所ですから、購入前後に失敗しないよう、以下の点に注意しましょう。

国内で販売、施工などをしているか

欲しい商品が見つかっても、輸入品はそもそも取り扱っている店舗や業者があるかどうかが心配です。
また、きちんと施工してくれる会社も探さなくてはいけません。
販売だけではなく、施工の担当者を手配してもらえるかどうかも確認するようにしましょう。

実物を見られるかどうか

輸入キッチンに限った話ではありませんが、キッチンは使い勝手も重要です。
できればショールームや展示場で、実際に見たり触ったりしながら、使用感やデザインを把握しましょう。

納期の長さ

輸入キッチンで最も用心したいのが、納品までにかかる期間の長さです。
せっかくプランや機種を決めても、発注してから3ヶ月~半年はかかると考えておかなくてはいけません。
また海外の場合、国内メーカーと比べて夏季休暇や冬季休暇による製産休業日も長くなるケースがあります。
新築や、急ぎでリフォームをしたい場合は特に注意してくださいね。

国内メーカーの食洗機との相性

ビルトインタイプの食器洗い乾燥機をつけたい場合も要注意です。
海外メーカーと国内メーカーの食洗機は規格が異なるため、輸入キッチンに国内の食洗機を取り付けたい場合、対応しないことが多いです。
後付けする場合はさらに大変になるので、輸入キッチンも食洗機も検討しているという方は、早い段階で業者と相談しておきましょう。

>> 食洗機の口コミ!【便利 or 不便】本当はどっち?

アフターメンテナンスの充実度

忘れてはいけないのが、アフターメンテナンスのサービスがあるかどうかです。
販売・施工してくれる業者が見つかったからといって、アフターサービスまでサポートしてくれるとは限りません。
とりわけ海外の商品の場合、部品の交換が必要な時に、調達が難しくなる可能性が高いです。
国内にメンテナンスの代理店があればベストです。

敷居が高そうに見える海外のキッチンメーカーですが、カスタマイズ性が高いものが多く、日本の住宅にも十分合う魅力を持っています。
国内メーカーに限らず、幅広い視点でキッチンを選んでみてはいかがでしょうか?

【この記事のまとめ&ポイント!】

海外で愛用されている、代表的なキッチンメーカーを教えてください。
Euromobil(ユーロモビル)Dada(ダダ)Tecnocucina(テクノクッチーナ)DeWils(デウィルズ)PACIFIC RIM(パシフィック・リム)MERIT(メリット)SieMatic(ジーマティック)Zeyko(ツァイコ)ALNO(アルノ)Poggenpohl(ポーゲンポール)が挙げられます。
海外で愛用されている、代表的なキッチンメーカーのキッチンは、どんなデザインとなっていますか?
Euromobil(ユーロモビル)は食が人をつなぐようにという思いを込めたデザイン、PACIFIC RIM(パシフィック・リム)は伝統的な北米スタイルから、モダン、ヨーロピアンまで、幅広いデザイン、MERIT(メリット)は人が集う場所としての華やかなデザイン、Poggenpohl(ポーゲンポール)はモダンなデザインとなっています。他のキッチンについては、こちらをご確認ください。
輸入キッチンを選ぶときの注意点を教えてください。
国内で販売、施工などをしているか、納期の長さなどに気をつけましょう。

おしゃれで快適な
輸入キッチンにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 国内システムキッチンメーカーの比較
>> キッチンリフォームの費用相場

更新日:2017年7月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンのおすすめ記事

  • オーダーメイド(造作)キッチンの価格・業者の探し方!実例・おすすめメーカーもご紹介

    オーダーメイド・特注のキッチンは、理想的なサイズやデザインを実現しやすいことから、憧れる方は多いはず。一方で、「値段が高くなりそう」「よい業者に出会えるもの?」など、不安な点もありますよね。そこで、当サービス『リショップナビ』の加盟業者がオーダーキッチン・造作キッチンを施工した事例も参考にしながら、オリジナルキッチンリフォームの価格や注意点を解説します。また、おすすめのオーダーキッチンメーカーや、オーダーメイド感覚で頼めるシステムキッチンのメーカーについても、あわせてご紹介します。

  • リフォーム前に知っておきたい!失敗しないキッチン収納をつくる5ポイント

    毎日長い時間を過ごすキッチン、なるべく使いやすい空間にしたいですよね。そこで、ここでは新築やリフォームでキッチンを考える前に知っておきたい便利なキッチン収納をご紹介します!

  • 【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

  • おしゃれなキッチン実例(カフェ風・北欧風など)&真似したいリフォームアイデア・インテリアのコツ

    家のキッチンをリフォームする時には、せっかくの機会ですからコーディネートにもこだわり、おしゃれにしたいですよね。けれども、具体的にどんな風にリフォームしたらよいのか、イメージしにくいものです。そこで今回は、リフォームの時にチェックしておきたい収納や照明などのポイント・アイデア、プラスで工夫しておきたいインテリアのコツ、人気のシステムキッチン・造作キッチンの施工事例をご紹介します。一戸建て・マンション・団地を問わず真似できる内容ばかりなので、参考にしてみてくださいね。

  • 【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.