要チェック!使いやすいキッチンのサイズ・寸法とは?

キッチンを最適なサイズのものに交換することで、体の負担軽減や家事の効率アップに繋がります。具体的には、キッチン本体と吊り戸棚の高さ・奥行き・幅、そして作業動線と通路幅のバランスが重要です。使いやすいキッチンを選ぶためには、一般的なキッチンの寸法・規格サイズをきちんと確認した上で、自分の身長に合ったタイプを選択することが何よりも大切です。では、実際どれ位のサイズのキッチンが最も使いやすいと言えるのでしょうか?詳しく学んでみましょう。

キッチンのサイズ選びで考えたい4つのこと

安全で効率的に使えるキッチンをつくるためには、最も自分に適したサイズを知っておくことが必要不可欠です。

キッチンのサイズで考えるべきことは、

①システムキッチン自体の高さ・幅・奥行き
②吊り戸棚の高さ・奥行き
③理想的な作業動線「ワークトライアングル」
④通路幅

の4点です。

キッチンや吊り戸棚の高さは、キッチンを使う人の身長に合っていないと体に負担がかかります。
また作業効率を上げるためには、キッチンの幅や奥行き、冷蔵庫などの置き場所、通路幅についてもしっかり考えなくてはいけません。

特に、壁付けだったキッチンを対面型キッチンにリフォームする場合、通路幅を確保することが難しいケースがあるので注意しましょう。

それでは以下に、各ポイントの具体的な数字と決め方について、ご説明します。

規格サイズから考えるキッチンの高さについて

キッチンカウンターの高さは、JIS規格で80cm・85cm・90cm・95cmと定められていますが、一般的なキッチンの適性高さは「身長÷2+5」と言われています。

身長に合うキッチンの高さの目安は、具体的には次の通りです。

身長155cm位の人 高さ80cm
身長160cm位の人 高さ85cm
身長160cm以上の人 高さ90cm

キッチンの高さは、キッチンの使い勝手を左右する最も重要なポイントです。
低すぎると前かがみで作業をすることになり、腰痛などの原因になってしまいます。
逆に身長に比べて高すぎると、肩がこる・収納が使いにくいなどの問題が出てきます。

ショールームでキッチンを確認する時には、まずカウンターの前に立って高さを確かめてみましょう。
その人の身長によって、高く感じたり低く感じたりするはずです。
ご高齢で体が前かがみになっている方などは、80cm以下の高さのキッチンが適している場合もあるでしょう。

また最近では、コンロの上に置いた鍋やフライパンの中を楽な姿勢で見られるよう、加熱調理機器の部分のみを5~10cm程度下げられるシステムキッチンもあります。
普段からコンロを使う人が複数いる場合には、身長差がある家族でも使いやすいように、コンロを低めに設定できるキッチンを検討してみても良いでしょう。

なお、後々物件売却などを考えている場合には、平均的な85cmにしておくことをおすすめします。

使いやすいサイズ
キッチンにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

キッチンの奥行きについて

画像引用:クリナップホームページより
URL : https://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/choice.shtml

キッチンの奥行きは60cmや65cmが主流とされています。
もちろん、これよりも深い奥行きのものを選ぶこともできますが、壁際に設置する吊り戸棚に手が届きにくくなるなどのデメリットがあるので注意が必要です。

一方、対面式やアイランド式のキッチンの場合は、奥行きを20〜30cmほどプラスすると反対側からも使いやすくなります。
奥行きのサイズはキッチンのタイプによって大きく異なるため、タイプ別による見極めが肝心です。

キッチンの幅について

キッチンの幅についても考えてみましょう。
キッチンは幅が広いほど使い勝手が良いと思う方もいるかもしれませんが、幅の広いキッチンはそれだけ横の動きが多くなります。
必要以上の幅があると無駄な動きが増えてしまうため、やはり適したサイズを把握することが大切です。

一般的には、各箇所の幅を以下のように実現できると、動きやすいキッチンになると言われています。

真ん中の作業スペース 60〜90cm
シンク 60〜120cm
コンロ 60cm
準備スペース
(シンクもしくはコンロの脇の端のスペース)
30~70cm

できれば、両端にもう少し幅の狭い作業スペースがあると理想的ですが、人によっては両端のスペースを減らして、真ん中の作業スペースを増やす方が使いやすいということもあるでしょう。

使いやすいサイズ
キッチンにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

吊り戸棚(ウォールキャビネット)の高さについて

スペースが限られるキッチンで、無駄なく収納場所を確保できる吊り戸棚。
しかし、設置する位置によっては非常に使いづらくなってしまうのが、吊り戸棚のデメリットでもあります。

ロングサイズの吊り戸棚は、手が届きやすいという長所がありますが、シンクなどのように前かがみになって作業をする場所では、かえって邪魔になる可能性が高いでしょう。

身長が165cmの方なら、吊り戸棚の下端が床から145cmの高さにあるのが理想です。
使う人の目線の高さより、10~15cmほど下の位置に吊り戸棚の下端が来るように設置すると、使いやすくなります。

また、吊り戸棚の下に窓があるキッチンでは、窓のサイズとのバランスも考慮しなければなりません。
窓を大きくとる場合は、吊り戸棚もおのずと高い位置になるため、どちらを優先させるかが課題になります。

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil-reform.net/encyclopedia/kitchen/storage/02/

例えば、リクシルのキッチンの昇降式吊り戸棚「オートダウンウォール」は、55cm・75cm・95cmの窓もキッチンに付けるプランでリフォームできます。

窓のサイズを55cmにすれば、吊り戸棚本体は90cmの高さを確保することができますが、窓を大きめの95cmにすると、吊り戸棚本体の高さは50cmになります。

>> キッチンの吊り戸棚を有効活用するためのポイントはコチラ

吊り戸棚(ウォールキャビネット)の奥行きについて

吊り戸棚の奥行きについても確認しておきましょう。
基本的に吊り戸棚の奥行きサイズは、ワークトップから30~35cm引いた数で設置できると望ましいです。

例えばワークトップの奥行きが60cmの場合、吊り戸棚は扉の前面までの奥行きを30cm以下にしましょう。
同様に、奥行きが65cmのワークトップの場合だと、吊り戸棚の奥行きは35cm以下。
奥行き75cmのワークトップなら、吊り戸棚の奥行きは40cmあっても問題なく使えます。

>> スルーな吊り戸棚ならキッチンの圧迫感を解消できる♪

使いやすいサイズ
吊り戸棚にしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

作業動線の距離

キッチン本体と吊り戸棚、それぞれのサイズの目安を把握したら、次に考えたいのが作業動線です。
キッチン周りの作業動線には、「ワークトライアングル」という理想的なレイアウトがあります。

具体的には、

「シンク・コンロ」間の距離 120〜180cm
「シンク・冷蔵庫」間の距離 120〜210cm
「コンロ・冷蔵庫」間の距離 120〜270cm

になるよう、シンク・コンロ・冷蔵庫のそれぞれの位置を決めることによって、調理しやすい動線を確保することができます。

>> 使いやすい理想的なキッチンレイアウト「ワークトライアングル」とは

キッチンの通路幅・立つ人数も忘れずに

キッチンのサイズと奥行きを考えるときには、通路幅が狭くならないようにも注意してください。
使いやすいキッチンや吊り戸棚のサイズを実現したところで、通路幅がなくなってしまったら残念ですよね。
引き出しや冷蔵庫を開けるときのスペースも、きちんと取っておく必要があります。

キッチンに立つ人が1人だけの場合、最低でも75~80cmは通路幅をキープしておきましょう。
吊り戸棚が開き扉の場合には、扉を開けるときのスペースも忘れないように注意してください。

なおキッチンに立つ人数が複数になるようでしたら、作業している人の後ろを行き来するための通路幅も配慮する必要があります。
最も気を付けたいのがコンロ周辺の通路幅です。
コンロを使用している最中に、人がぶつかってしまっては危険ですよね。

複数人でキッチンを使う場合の通路幅は、少なくとも100cm前後あると望ましいです。
作業している人の後ろを通ることができ、また調理中の人が、振り向いたときに背面カウンターへ自然に手が届きます。

可能であれば、120cm位の通路幅を確保しておくと、キッチン内ですれ違うときもゆとりがありますよ。

>> キッチン通路幅は何cmが理想?失敗しないためのコツ

体のサイズがそれぞれ違うように、使いやすいキッチンのサイズも人によってそれぞれ異なります。
まずは、今使っているキッチンと比較してみるのもいいですね。細かいサイズまで考慮して、理想的なキッチンを完成させましょう。

キッチンのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
更新日:2017年10月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles キッチンリフォームの記事

  • __________2017-12-22_13.49.50

    使いやすい理想的なキッチンレイアウト「ワークトライアングル」とは?

    キッチンのレイアウトの理想とされる「ワークトライアングル」という言葉をご存じですか?使いやすいキッチンにするために、アメリカで開発された理論で、何にでもすぐに手が届くようになると考えられている最適な作業動線があるんです。さっそくチェックしてみましょう♪

  • Pixta_13204503_s

    リフォーム前に知っておきたい!失敗しないキッチン収納をつくる5ポイント

    毎日長い時間を過ごすキッチン、なるべく使いやすい空間にしたいですよね。そこで、ここでは新築やリフォームでキッチンを考える前に知っておきたい便利なキッチン収納をご紹介します!

  • Pixta_3676730_s

    【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

  • __________

    【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

  • Suiji

    【2019年版】口コミで人気の国内システムキッチンメーカー11社を比較!ランキングトップ3は?

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・掃除のしやすさ・耐久性などの違いや評判をチェックしておきたいですよね。そこで、リクシル・パナソニック・タカラ・クリナップ・トクラス・TOTO・ウッドワン・サンワ・ハウステック・ノーリツ・トーヨーキッチン各メーカーの、おしゃれなおすすめシステムキッチンを、比較したいと思います。リショップナビでキッチンリフォームの契約をした方が選んだ、人気ランキングもご紹介しています!

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop