本当に使いやすいキッチンのサイズ・寸法は?システムキッチンの規格サイズって?

キッチンのサイズが最適だと、体の負担軽減や家事の効率アップに繋がります。だからこそ、キッチンをリフォームする際には、この機会に使いやすいサイズ・寸法のものを設置したいですよね。キッチンのサイズ選びでは、一般的なキッチン本体の幅・高さ・奥行きをチェックするだけではなく、作業動線や通路幅の確保、吊り戸棚の設置位置なども検討することが大切です。まずは、一般的なシステムキッチンの標準・規格サイズも確認した上で、ご自宅に合ったキッチンのサイズの決め方について、一緒に考えてみましょう。

(※記事内情報引用元:LIXILクリナップノーリツ各ホームページより)

キッチンサイズ選びのポイント

キッチンのサイズを決める際には、台所に立つ人の身長に合うかどうか、作業動線を確保できるか、吊り戸棚の奥行きや高さがちょうど良いかなど、確認すべき点が実はたくさんあります。
合わないサイズのキッチンでは、家事をするたびに体に負担がかかってしまいますよね。

「せっかくキッチンを新しくしたのに、使いづらい……」などということがないよう、キッチンの適したサイズについて、しっかりチェックしていきましょう!

キッチンの通路幅・立つ人数も忘れずに

キッチン本体のサイズだけではなく、通路幅や、普段キッチンを何人で使うかを考えることも重要です。

特に対面型のキッチンは、通路幅で失敗しやすいので注意しましょう。
通路の幅が広すぎたり狭すぎたりすると、使い勝手が悪くなってしまいます。

歩くための通路だけではなく、冷蔵庫や、引き出し・吊り戸棚を開ける時のスペースも、きちんと考慮しておく必要があります。
背面収納も新しくするなら、扉は開き戸ではなく引き戸にしておくと良いですよ。

ちなみに、キッチンに立つ人が1人だけの場合は、最低でも75~80cmは通路幅をキープしておくことが望ましいです。

一方、複数人でキッチンを使う場合、通路幅は少なくとも100cm前後はあると良いでしょう。
作業している人の後ろを通ることができ、また調理中の人が振り向いた時に、背面カウンターへ自然に手が届きます。

なお火の使用時に人がぶつかってしまうと危険なので、コンロ周辺の通路には余裕を持たせておきましょう。

>> キッチン通路幅は何cmが理想?失敗しないためのコツ

それでは以下より、キッチンや吊り戸棚のサイズを決める上で大切なポイントについて、具体的に解説していきます。

システムキッチンの間口幅

まずは、標準的なシステムキッチンの間口幅について、簡単に確認してみましょう。

レイアウトが、壁付けか対面式か、I型かL型かなどによって違いがありますが、165〜300cm幅のものが主流で、15cm刻みでサイズ展開されています。
「1650」「2250」「2700」などと、mm単位で表記されることも多いです。

メーカー品によっては、もっと広いサイズのキッチンを選ぶこともできますが、幅の広いキッチンはそれだけ横の移動距離が長くなります。
必要以上の幅があると、かえってムダな動きが増えてしまうため、注意しましょう。

作業スペース・シンク・コンロの幅の理想は?

キッチンの間口を決める時には、家事をしやすいスペースを作れるかどうかを基準にすると良いですよ。

まな板などを置く作業スペースや、シンク(流し台)、コンロなどの各箇所の幅を以下のようにできると、動きやすいキッチンになるでしょう。

真ん中の作業スペースの幅 60〜90cm
シンクの幅 60〜120cm
コンロの幅 60cm
準備スペースの幅
(シンクやコンロの脇の端のスペース)
30~70cm

ちなみに、ビルトインコンロの一般的な幅は60cmか75cmなので、使い勝手が良いと思うほうを設置しましょう。
また、シンクは狭く浅いものだと水が跳ねやすくなるため、大きな鍋なども余裕で置けるサイズを選ぶと楽ですよ。

画像引用:LIXILホームページより
URL : https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/layout/

なお、人によっては「両端のスペースを減らして、真ん中の作業スペースを増やすほうが使いやすい」ということもあるでしょう。
調味料の置き場なども事前にイメージしておき、より使いやすいレイアウトを実現できるキッチンを選択すると良いですね。

リクシル社などは、中央スペースと両脇の幅を調整できるキッチン商品も用意しているので、興味のある方はぜひリフォーム業者に確認してみましょう。

作業動線は"ワークトライアングル"を参考に

キッチンの最適な作業動線を確保するためには、理想的な「ワークトライアングル」を実現できるように、シンクやコンロの位置を決めると効果的です。

ワークトライアングルとは、シンク・コンロ・冷蔵庫のそれぞれの距離を結ぶとできる三角形のことです。
この3点の距離が以下のようになるよう配置し、かつ3辺の合計が3.6~6.0mになるように設計すると、ムダな動きがない、調理しやすい動線を確保できると言われています。

「シンク・コンロ」間の距離 120〜180cm
「シンク・冷蔵庫」間の距離 120〜210cm
「コンロ・冷蔵庫」間の距離 120〜270cm

とりわけ冷蔵庫の置き場所は、キッチンリフォームの際に盲点になりがちで、通路幅にも影響が出ます。
家族が使いやすい配置を決めておき、忙しい朝なども冷蔵庫の周りが渋滞しないよう、きちんとプランニングしておきましょう。

>> 使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?

使いやすいキッチン
リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

システムキッチンの高さ

システムキッチンのカウンターの標準的な高さは、JIS規格で定められている、80cm・85cm・90cm・95cmです。

メーカーによっては上記の他のサイズを選べる場合もあり、リクシルの『リシェルSI』などは、82.5cmや87.5cmを選択することも可能です。

身長に合うキッチンの高さとは?

キッチンの高さは、キッチンの使い勝手を左右する最も重要なポイントです。
低すぎると前かがみで作業をすることになり、腰痛などの原因になってしまいます。
逆に身長に比べて高すぎると、肩がこる・収納が使いにくいなどの問題が出てきます。

一般的なキッチンの適性高さは「身長÷2+5」と言われています。
目安としては、次の通りです。

身長 適したキッチンの高さ
155cm 80cm
160cm位 85cm
160cm以上 90cm

ただ、ご高齢で体が前かがみになっている方などは、上記よりも低いキッチンのほうが適している場合もあるでしょう。
できればリフォーム前に、ショールームで実物を確認すると良いですね。

なお、後々物件売却などを考えている場合には、平均的な85cmにしておくのも一つの方法です。

コンロのみの高さを選ぶことも可能

最近では、コンロの上に置いた鍋やフライパンの中を楽な姿勢で見られるよう、加熱調理機器の部分のみを5~10cm程度下げられるシステムキッチンもあります。
ご家族の身長差がある場合などは、あえてコンロを低めに設定してみるのも良いですね。

また、ガスコンロには五徳がある分、IHクッキングヒーターとは高さがやや異なるため、ガスからIHに変更する際には一応考慮しておきましょう。

>> IHとガスコンロ、どちらが便利?

システムキッチンの奥行き

キッチンの奥行きは、最も主流な壁付けI型のレイアウトであれば、60cmや65cmが標準的です。
台所が狭い場合には、奥行き55cmタイプのキッチンを選ぶこともできます。

画像引用:クリナップホームページより
URL : https://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/choice.shtml

一方、アイランド型など対面式の場合は、奥行きが80cm以上あるほうが、反対側からも使いやすくなります。

背面収納の奥行き

キッチン背面収納の奥行きは、平均45cm程度ですが、60cmや65cmタイプのものも選べます。
キープすべき通路幅を配慮しつつ、適したサイズの収納を設けましょう。

このように、キッチン全体の配置・レイアウトによって、最適な奥行きサイズも変わってくるので、完成後の家事動線をしっかりイメージしておくことが肝心です。

特に、台所の位置やレイアウト変更などをする際には、キッチンリフォームの経験豊富な業者からアドバイスしてもらうと安心でしょう。

キッチンのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

吊り戸棚(ウォールキャビネット)の高さ・奥行き

設置位置によっては非常に使いづらくなってしまうのが、吊り戸棚のデメリット。
実は、キャビネットの収容量が豊富なキッチンへの交換や、背面収納の追加により、リフォーム時に吊り戸棚を撤去してしまうご家庭も多く見られます。

施工前に、吊り戸棚を付けるかどうかをまず検討し、設置する予定であれば、ちょうど良い高さ・奥行きについて把握しておきましょう。

吊り戸棚の高さ

吊り戸棚の設置場所としては、「棚の下端」が、使う人の目線の高さより10~15cmほど下の位置に来るようにすると使いやすくなりますよ。
身長が165cmの方なら、吊り戸棚の下端が床から145cm位の高さにあるのが理想です。

ただシンクの上に戸棚を設置する場合は、かえって邪魔になる可能性が高いので、天井の高さとのバランスや収容量を考えながら位置を決めましょう。

また窓があるキッチンでは、窓のサイズとのバランスも考慮しなければいけませんよね。
窓が大きい場合、吊り戸棚もおのずと高い位置になり、かつ本体の高さも限られてしまいます。

画像引用:LIXILホームページより
URL : https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/system/

ちなみに、リクシルのキッチンは、55cm・75cm・85cm・95cmの窓があるキッチンに対応できるように設計されています。
窓の高さが55cmなら戸棚本体の高さは90cmまで、窓の高さが95cmであれば、戸棚本体の高さは50cmを推奨しています。

「吊り戸棚は欲しいけど、使わない時に邪魔かも」と不安な方は、昇降式タイプを設置してみてはいかがでしょうか。
電動タイプと手動タイプ、いずれかを選べますよ。

最終的な高さや位置などは、施工業者の助言も参考にしながら決めると良いでしょう。

>> キッチンの吊り戸棚を有効活用するためのポイント

吊り戸棚の奥行き

吊り戸棚の奥行きサイズは、すぐ下にあるカウンターより30~35cmほど奥になるよう設置できると望ましいです。

例えばキッチンの奥行きが60cmなら、その上に付ける吊り戸棚は、扉の前面までの奥行きが30cm以下になるようにしましょう。

キッチンメーカーによっては、mm単位やcm単位でオーダー可能

どうにも規格サイズが合わない時や、今のキッチンの脇にデッドスペースがある場合などには、間口などを細かく調整できるメーカー品を利用するのも得策です。

TOTO・パナソニック・タカラスタンダード・ノーリツなどには、キッチンの間口を1cm刻みで調整可能な商品があります。

画像引用:ノーリツホームページより
URL : https://www.noritz.co.jp/product/kitchen/jtm/justreform.html

中でもノーリツは、+1、2万円(税抜)の価格で対応してもらえるので、低予算でジャストサイズのキッチンリフォームをしたい方にもピッタリです。
またTOTOのキッチンなら、カウンターやキャビネットの高さ・幅を1mm単位で調整できます。

狭小住宅などでのリフォームにも、おすすめですよ。

オーダーメイド・造作という方法も

ここまでご覧になって「システムキッチンではイマイチかも」「引き出しの段ごとの高さとかも、こだわりたい」といった悩みが出てくる方もいらっしゃるかもしれませんね。
このような場合は、オリジナルデザインのキッチンを製作してもらうことも視野に入れてみると良いでしょう。

施工業者やメーカーにもよりますが、システムキッチンとほぼ変わらない値段でできることもありますよ。

>> オーダーメイドキッチンの価格・実例・業者の探し方

人によって体のサイズが違うからこそ、使いやすいキッチンのサイズ・寸法も、利用する方によって変わってきます。
キッチンのサイズやレイアウトに迷ったら、台所のリフォームに詳しい業者や、普段から家事もしている女性プランナーなどに相談してみることをおすすめします。
プロとして、あるいは主婦の経験も交えて、わかりやすく提案してくれるはずですよ。

ぜひ「このプランにして良かった!」と思えるような、理想的なキッチンを完成させてくださいね。

キッチンのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 壁付けキッチンのメリット・デメリット
>> 対面式キッチンのメリット・デメリット
>> キッチンの高さを変更する方法・費用は?

更新日:2019年4月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles キッチンリフォームの記事

  • Suiji

    【2019年版】口コミで人気の国内システムキッチンメーカー11社を比較!ランキングトップ3は?

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・掃除のしやすさ・耐久性などの違いや評判をチェックしておきたいですよね。そこで、リクシル・パナソニック・タカラ・クリナップ・トクラス・TOTO・ウッドワン・サンワ・ハウステック・ノーリツ・トーヨーキッチン各メーカーの、おしゃれなおすすめシステムキッチンを、比較したいと思います。リショップナビでキッチンリフォームの契約をした方が選んだ、人気ランキングもご紹介しています!

  • __________

    【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

  • ______

    L型キッチンの特徴とコーナー活用アイデア7選!リフォーム費用・実例もご紹介

    L型キッチンは、収納場所を広く取りやすく、料理や片付けなどの家事動線を確保でき、非常に人気があります。しかし、デッドスペースになりがちなコーナー部分を、どのように使ったら良いか悩む方も多いはず。そこで、L型キッチンのメリット・デメリット、コーナー部分の便利な使い方、そして真似したくなるL型キッチンのリフォーム事例と設置費用をご紹介します。

  • Pixta_3676730_s

    【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

  • D

    狭いキッチンの悩みはリフォームで解決できる?事例・おすすめの対策や工夫の仕方をご紹介!

    「マイホームを購入したものの、実際に住んでみるとキッチンが狭くて使いにくい」「子どもがお手伝いしてくれるようになってから、キッチンが狭く感じるようになった」など、毎日キッチンを使う方にとっては、このようなお悩みが、実は大きなストレスになりますよね。ただ、思い切ってリフォームをしたくても、気になるのは費用の問題。キッチンを広くするための最適なリフォームとしては、システムキッチンの交換、収納スペースの工夫などの対策がありますが、ご家族にも納得してもらえる方法を一緒に考えてみましょう。参考にしたい施工事例も、ご紹介します。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop