中庭のある家のメリット・デメリット・間取りのポイントとは?

中庭のある家は、憧れはあるもののデメリットがたくさんありそうで心配、という方は多いようです。しかし昨今、都市部において中庭のある新築は増えており、狭小住宅に中庭が向くという考え方が広まりつつあります。中庭を作る際には、想定できるデメリットを充分に把握し、ポイントをしっかり抑えることで不安を解決できます!

中庭 (パティオ)とは

「中庭 (パティオ)」とは、一つの建築物の内部に設けられた、壁などで囲われている庭のことです。
コの字型、ロの字型が主流ですが、L字型の中庭もあります。

通風や採光の手段として使われることが多いですが、最近ではインテリア性の高さからも人気があり、新築住宅やリフォームで中庭のある家の需要が増えてきています。

また、都心部や市街地にある住宅において、プライバシーを保てるという観点から、都市住宅・コートハウスで支持を集めています。

中庭のメリット

家が明るくなる

中庭は、特に都市部の住宅に向いています。
太陽の日が中庭を伝って長く入るため、複数の部屋に光を取り入れることができます。

分譲地では、後から建った建物のせいで日が入らなくなることが多いため、採光のために中庭のある家にリフォームする家庭も増えています。

>> 日当たりの悪い部屋・家を明るくする9つの工夫

プライバシー性が高い庭になる

一般的な庭とは違い、建物の内部にある中庭は外からの目線が気になりません。
洗濯物や夏場の子供たちのプールも、家の外にいる人達から見えることがないため、安心です。

防犯面を気にせず通気できる

さらに道路に面した窓に比べて、防犯面を気にせず通気できるという点も、中庭のメリットと言えます。
就寝中でも、中庭側の窓ならセキュリティ面を気にすることなく開放できるでしょう。

安全に子供を遊ばせることができる

一般的な庭では、目を話したすきにこどもが道路に出てしまうなど、車の危険もありますが、ロの字型などで部屋に囲まれた中庭なら、どこかに行ってしまう心配もないので、家事をしながらでも安心ですよね。

家の中でもアウトドアやDIYが楽しめる

バーベキューやお茶、日曜大工、ガーデニングなど、家の中で趣味を楽しめるスペースが増えます。
ウッドデッキを敷いて第二のリビングとして活用したり、壁に囲まれた中庭をライトアップして光と影のコラボレーションを堪能しても素敵ですね。

中庭の施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

中庭のデメリット

リフォーム費用・建築費用がかかる

一般的に、外壁や家の角が多いと、建築費が高くなる傾向があります。
必要になる建材(壁材など)が増加する上に、角を処理する手間もかかってしまうためです。
中庭を作りたいときには必ず複数社に見積もり依頼をし、費用や工事プランを比較してみるようにしましょう。

居住スペースが減る

中庭は都市部の住宅に向いているものの、居住空間が当然少なくなってしまうため、敷地が狭い家では不便になることもあります。

リフォームで中庭を設置したい場合、現在の部屋数が減少しても問題がないか、事前によく考慮しなくてはいけません。
また中庭ができることによって、家の中の移動に支障が出ないかどうかもイメージしておきましょう。

断熱性能が落ちやすい

中庭のデメリットとしては、窓ガラスの数が多くなるため断熱性能が落ちやすいという点が挙げられます。

ただし、エコ・節電効果がある断熱に対して世間の関心が高まっている今、新築でも断熱性を工夫して中庭をプランニングしているところが多いです。
リフォームで中庭を作る場合も、まずは施工会社と相談して、解決策をアドバイスしてもらうと良いでしょう。

熱・湿気が溜まりやすいので注意

寒さ対策よりも意識しておきたいのが、熱や湿気が滞留しないようにするということです。
設計や室外機の置き場によっては、中庭に熱や湿気がこもってしまうことがあります。

ことに四面で囲まれるタイプのロの字型の中庭は、知識や経験が乏しくデザインミスをしていたという失敗例が少なくありません。
家に中庭を設ける際には、換気対策に詳しい会社に設計・施工してもらうことが大切です。

中庭のある家にするときのポイント・注意点

生活動線を考慮した間取りにする

中庭のある家の間取りを決めるときには、生活動線、家事をするときの動きを考えることが肝心です。
部屋のレイアウトによっては、中庭を中心に家の中を一周するのが大変に思うかもしれません。

リビングからキッチンに料理を運ぶ通路や、寝室からトイレまでの移動距離などを、きちんと配慮しておきましょう。

排水場所を確保しておく

排水場所をキープしておかないと、ゲリラ豪雨など雨が集中的に降ったとき、中庭に水が溜まってしまう危険性があります。
とりわけ四方を囲むロの字型の中庭は、慎重に設計組みを行う必要があります。

中庭自体にはなるべく水はけの良い床材を使用し、家の外へ排水管を必ず設置しましょう。
なお、排水管が詰まらないようにこまめに掃除することも大切です。

窓の大きさにも配慮を

中庭に面する窓のサイズや配置も、施工プランを決定する際に重要になります。
窓の大きさや位置が適切でなければ、採光や通風条件を良好にすることはできません。

また、デメリットの部分でも述べましたが、多くの窓を大きく取ろうとすると、構造的に耐震補強が必要になることもあるので注意しましょう。
なお補強の必要はなくても、大きい窓が多いと熱がガラスを伝って逃げていくため、断熱対策を行わないとエアコンを多用するようになってしまい、光熱費が高額になるケースもあります。

窓の大きさや数、取り付け位置などは、バランスを見ながら選ぶようにしてください。窓の種類で断熱性能を高めることもできるので、あわせて検討してみましょう。

>> 窓・サッシリフォームの費用とポイント

中庭のある家の失敗談

デメリットもよく理解した上で、庭いじりをしようと中庭をつくりましたが、共働き・子育てなど、いざできてみたらとても忙しい生活の中で、そんな時間はなかった。ということもあります。

一度つくった中庭を、また部屋につくりかえるのは同様に高額な費用がかかります。
万一「中庭のある家にして失敗した」と感じてしまったときのために、利便性が上がるウッドデッキへリフォームするなど、少し手軽な方法でできる解決策も事前に考えておくと安心です。

中庭は設計者の腕次第

中庭のリフォームは、経験豊富な職人が工事を行わないと成功しません。
いざ住んでみたら光が全然入らない、熱や湿気の逃げ場がなくて全然中庭で過ごせない、というパターンは多いのです。
万一まったく日が入らない中庭になると、カビや蚊が発生・繁殖してしまい、生活環境悪化の原因になってしまいます。

まずは施工業者に、採光や通風、断熱や排水に関してじっくり質問をしてみましょう。
中庭の設計に慣れているリフォーム会社であれば、最適な内容を提案・実行してくれるはずです。

今回ご紹介したデメリットを読んでみると、中庭のある家のリスクは高いかも、と感じる方は多いかもしれませんね。
ですが、中庭の工事に精通しているスタッフなら、中庭にありがちな不具合を説明しながら、解決手段も導き出してくれるでしょう。

豊かな光と風を取り込む、おしゃれな中庭のある家を実現できたら良いですね。

中庭の施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 庭・ガーデニングのリフォーム費用相場

更新日:2019年3月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles リフォームのおすすめ記事

  • 46846723_s

    子供や犬が遊べる庭づくりのコツと注意点!ウッドデッキ・砂場などの実例やリフォーム費用も公開

    お子さんやペットのワンちゃんを、庭で思い切り遊ばせてあげたい。そんな願いを叶えるには、庭をどんな風につくり変えればいいのでしょうか。砂場やドッグランなどの遊び場を設けたり、ガーデニングスペースをつくったりと、いろんな要素を詰め込めたら理想的ですよね。今回は、人気のウッドデッキや、プライバシーを守るための目隠しなど、子供も犬も一緒に楽しく過ごせる素敵な庭づくりの方法・ポイントについて解説します。当サービス『リショップナビ』の加盟店によるリフォーム事例・費用もご紹介するので、チェックしてみてくださいね。

  • ______

    【狭小住宅にはおすすめ】知っておきたい"スキップフロア"のメリット・デメリット

    最近話題のスキップフロアは、空間を壁で仕切らないため、家族が会える時間が自然に増えると評判です。また、収納空間と部屋数が増えることから、狭い土地や都市部で検討している方が多いのだとか。家で過ごす時間を、より快適にしたい。そんな方は、きっと夢がふくらみますよ!

  • ______

    日当たりの悪い部屋・家を明るくする9つの工夫

    日当たりの悪い部屋・家に住んでいると、作業の効率が低下したり気分が優れなかったりと、不便なことが多いものです。とはいえ、簡単に引っ越しできるものでもありませんよね。あまり日が当たらない部屋・家を明るくするには、リフォームやインテリアの交換を行うことで解決していきましょう!

  • ________2___1_

    窓の断熱リフォームで、夏の暑さ&冬の寒さ対策!費用・おすすめ品をご紹介

    窓周囲の防寒・冷気対策として、あるいは暑さ対策として、窓の断熱リフォームを検討されている方は多いでしょう。実際、住まいの断熱対策として最も有効な方法は、窓をリフォームすることです。窓の断熱リフォームの具体的な種類・費用相場や施工例、最適な商品の選び方とおすすめメーカー品について、詳しくご紹介します。

  • ______

    【要確認】間取りの失敗例5つ!リフォームで気をつけたいこと

    リフォーム時に一番気をつけたいのが、理想のイメージと実際のできあがりに差が生まれてしまうことです。良いイメージばかりが先行してしまい、実際に暮らしてみたら不便で仕方がないなんていうことも。もしそうなったら後悔してしまいますよね。今回は、大小問わずリフォーム時の間取りの失敗例をいくつか挙げてみたいと思います。リフォームを検討されている方は、チェックしてみてください。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop