窓の断熱リフォームで、夏の暑さ&冬の寒さ対策!費用・おすすめ品をご紹介

窓周囲の防寒・冷気対策として、あるいは暑さ対策として、窓の断熱リフォームを検討されている方は多いでしょう。実際、住まいの断熱対策として最も有効な方法は、窓をリフォームすることです。窓の断熱リフォームの具体的な種類・費用相場や施工例、最適な商品の選び方とおすすめメーカー品について、詳しくご紹介します。

(※記事内情報引用元:YKK APホームページより)

窓の断熱リフォームは効果絶大!その理由とは?

窓は、建物を覆う建材の中でも、一番薄い部分です。
屋根や壁などに比べて、熱が出入りしやすいという事は、何となく想像がつきますよね。

実際、建物の中で熱気や冷気が出入りするのは、屋根からは5%、換気扇や外壁からは15%、床からは7%程度なのですが、窓からはなんと、夏は70%、冬は50~60%近くもの空気が出入りしています。
外気の出入りのほとんどが窓からということがわかりますね。

また、室内に温度の高い部分と低い部分があると、高い温度は低い温度のほうへ移動して、同じ温度になろうとする性質を持っています。
つまり、室内の暖かい空気は、冷たい窓のほうへどんどん流れていってしまうわけです。
このようなことが、窓から暖気が逃げていく大きな原因になっています。

暖かい空気の逃げ道をふさぐためには、内窓やペアガラスのリフォームは非常に効果的です。
冬に室内の保温性を高めるだけではなく、夏場に暑い空気が室内へ侵入することも防ぎます。

窓の断熱リフォームのメリット・デメリット・注意点

窓の断熱性を確保することで、快適な室温を保てるようになり、冷暖房の使い過ぎを防ぎ、結果的に省エネ・光熱費削減にも繋がります。

また、泥棒・空き巣の6割以上は窓から侵入しており、その内のほとんどがガラスを割って入ってきていることが警察庁の調査でわかっています。
断熱性の高い二重窓や、厚みのある窓ガラスにリフォームすることで、防犯性の高い窓を実現できます。

なお、同時に結露対策や防音性の高い窓にしたい場合には、最適な工法や窓ガラスが異なります。
リフォームで解決したい悩みや、お住まいの現状に合わせて、しっかり提案・施工できる業者に依頼することが大切です。

>> 窓の防犯対策のポイント
>> 結露の原因・対策とは?窓サッシ・壁紙の結露を防止する方法
>> 窓の防音リフォームのコツ・注意点

リフォーム
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

窓の断熱リフォームの方法と費用相場

窓を断熱化するリフォームには、複数の方法があります。
ここでは、その代表的なものをご紹介しましょう。

1ヶ所の窓をリフォームする際にかかる費用目安は、以下の通りです。

内窓(二重窓)の後付け費用 約8~15万円
樹脂サッシへの交換費用 サッシ枠のみの交換=約5万円前後
窓周囲の壁も施工する場合=約25~60万円
ペアガラスへの交換費用 約5~15万円
窓全体の交換費用 約10~50万円

各リフォームの具体的な内容やポイントについて、もう少し具体的に解説します。

1.内窓(二重窓・二重サッシ)の設置

「内窓(二重窓・二重サッシ)」を設置するリフォームは、窓の断熱リフォームの中でも、断トツでおすすめです。

既存の窓の内側に、新たに窓を設置する方法で、施工が簡単に済むというメリットもあるものです。
内窓は、断熱効果はもちろん、防音や防犯対策にも適しています。

内窓(二重窓)を設置するリフォームは、商品代+施工費込みで約8~15万円とリーズナブルな価格で実施できます。
腰高窓などのように小さい窓であれば、4~6万円でリフォームできるので、非常にお手軽です。

>> 内窓リフォームの価格・効果・施工例・おすすめ品

【マンションの場合は内窓リフォームがおすすめ◎】

内窓の設置は、管理規約があるマンションでも許可が下りやすいので、非常におすすめです。
窓自体の交換となると「共用部」扱いになってしまうためリフォームできないパターンがほとんどですが、内窓の増設は「内装」扱いとなるケースが多く、施工事例が多数あります。

2.樹脂サッシへの交換

昨今、アルミサッシに変わって注目を集めている樹脂サッシ。
外国ではすでにサッシの標準素材として多用されており、日本でも特に北海道で普及率が上昇しています。
(※日本で最も多く普及しているアルミサッシは、断熱性の低さから、実は外国ではあまり一般的ではありません。)

熱を伝えにくい素材である樹脂を採用したサッシは、気密性が良いため、高い断熱効果・防音効果を持っている建材です。

樹脂製の内窓でリフォームするのも良いですし、既存のサッシごと樹脂製のものに交換しても十分な断熱効果が得られます。

樹脂製の内窓を後付けする際には、上述の通り4~15万円程度の費用で済む場合が多いです。

サッシごと交換する場合の予算は、5~60万円位です。
サッシ枠のみの交換で済む場合は10万円未満で施工できますが、老朽化により窓周囲の外壁も一度壊す必要がある際には25万円以上の費用がかかります。

>> 樹脂サッシ(樹脂窓)のメリット・デメリットとは?

内窓・樹脂サッシのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

3.ペアガラス(複層ガラス)・エコガラスに交換

たいていの窓には、「単板ガラス(フロート板ガラス)」と呼ばれる一枚板のガラスが使われています。

一方、断熱用の窓ガラスとしてよく採用されるのは、「ペアガラス」と呼ばれる、2枚1組になった複層型のガラスです。

複数枚のガラスの間に「中空層」という細い隙間があり、外からの冷気はこの中空層に閉じ込められるため、断熱効果が高まる仕組みになっているのです。

ペアガラス(複層ガラス)には、さらにグレードの高い「Low-E複層ガラス(エコガラス)」という種類があり、こちらは複層ガラスの中に、特殊な金属膜(Low-E金属膜)をコーティングすることにより、断熱性能を向上させています。
「断熱タイプ」と、断熱性・遮熱性を兼ね備えた「遮熱タイプ」があります。

既存の窓ガラスを、ペアガラス・Low-E複層ガラス(エコガラス)に交換する費用は、おおよそ5~15万円です。

ただし、単板ガラスを複層ガラスに交換するだけでは、断熱効果は期待しにくい傾向があるため注意が必要です。
サッシ周りに隙間がある場合は、そこから隙間風が入ってきてしまうためです。
できれば内窓設置やサッシ交換で気密性を高めるリフォームとあわせて、ペアガラスの導入を実施すると良いでしょう。

なお防音対策を一緒に行いたい場合には、一般的なペアガラスは不向きです。
防音専用の窓ガラス商品があるので、リフォーム会社に必ず確認しておきましょう。

【「遮熱ガラス」と「断熱ガラス」の使い分け】

ちなみに、断熱用の窓ガラスを採用する際に、「遮熱ガラス」と「断熱ガラス」のどちらにすべきか迷う方が多いようです。
勘違いしそうになりますが、いずれも断熱性能は優れています。

メーカーによって性能は異なりますが、「遮熱ガラス」は「断熱ガラス」と比べると、その名の通り太陽熱を通しにくい性質を持っています。
冬場にも、外から注ぎ込む日の光を遮ってしまうため、南側や北側の窓には、遮熱タイプではないガラスを使用すると無難です。

一方、東側・西側にある窓から、夏場に強い日差しが入って悩んでいるようであれば「遮熱ガラス」が有効でしょう。
ただし、日差しが強いときにだけブラインドや遮熱カーテンで調節すれば済む可能性もあるので、リフォーム会社と相談して決めることをおすすめします。

4.窓自体を交換

窓ガラス・サッシ・外枠もまとめて交換したい場合には、樹脂サッシや断熱ガラスを採用してリフォームすると効率的です。
窓全体を交換するリフォーム費用は10~50万円位で、窓のサイズが大きいほど高額になりやすいです。

予算を抑えたい場合には、既存の窓・サッシの上から新しいサッシをかぶせる「カバー工法」を選択すると、約10~20万円でリフォーム可能です。

ただし、既存のサッシが劣化している場合や、窓のサイズ自体を変更する際には、窓周囲の外壁を工事する費用もかかってしまうので、リフォーム会社に詳細を確認しておきましょう。

断熱リフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

窓の断熱リフォーム事例・価格

以下に、リショップナビで実際に行った、窓の断熱リフォームの一例をご紹介します。

事例1
和室になじむ樹脂製の内窓

住宅の種類 一戸建て
リフォーム費用 10万円
シンプルに、樹脂内窓を増設した事例です。和室に似合う障子風のデザインの内窓なので、元の空間の雰囲気を活用してリフォームできました。

事例2
ペアガラスへの交換で冬も暖かい家に

住宅の種類 一戸建て
リフォーム費用 13.5万円
掃き出し窓から冷たい空気が入り、結露の多さにも悩んでいるとの事だったため、単板ガラスをペアガラスへ交換しました。施主様からは「冬場、室内がとても暖かくなり、結露もほとんど気にならなくなりました」と喜びの声をいただけました。

事例3
マンションで4箇所の窓を二重サッシに

住宅の種類 マンション
リフォーム費用 25万円
ダイニング・リビング・洋室の4ヶ所の窓に、LIXIL社の内窓を設置しました。冬になるとお困りだった北側の部屋の結露問題が解消され、夏場も冷房の効きが良くなり、また防音性も確保できました。

事例4
ペアガラスの内窓で、冬場の結露解消

住宅の種類 一戸建て
リフォーム費用 35万円
冬場の結露で悩んでいたというお客様より、「ペアガラスで解消できると聞いた」とご依頼をいただきました。高気密・高断熱仕様の建物でしたが換気性能が低かったため、温度差があり湿気も滞留しやすい窓周りに結露が発生していたようです。リクシル社の内窓『インプラス』とペアガラスを採用し、非常に断熱性の高い二重窓にリフォームしました。

事例5
全部の窓に複層ガラスの内窓設置&雨戸も一部交換

住宅の種類 一戸建て
リフォーム費用 112万円
16箇所あるすべての窓に複層ガラス付きの内窓を設置し、内7ヶ所は雨戸も交換しました。内窓にはLIXILの『インプラス』、雨戸はYKK APの『通風雨戸XRA』を採用しています。窓のリフォームの際には、雨戸・シャッターの交換もまとめて行っておくと、断熱性がより向上し、資材の仕入れ価格が安くなる可能性も高いので効率的です。

断熱リフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

窓断熱の商品選びは「熱貫流率(U値)」「等級記号」を参考に

窓・サッシやガラスを選ぶ際には、「熱貫流率(U値)」や「等級記号」を参考にして、ご自宅に適した製品を探すと良いでしょう。

「熱貫流率(U値)」とは、室外側と室内側の温度差を1℃とした時に、1㎡あたりの窓ガラスに対し、1時間の間に通り抜ける熱量がいくらであるか、を表す数値です。
熱貫流率(U値)の単位は、「W/㎡・K (ワット・パー・ヘイベイ・ケルビン)」です。
「熱貫流率(U値)」の数字が小さいほど、熱が伝わりにくい=断熱性能が高いということがわかります。

空気は、暖かいほうから冷たいほうへ移動する性質があり、寒い日は暖房で暖められた室内の空気が外へ、また暑いに日は外の空気が冷房の効いた室内へと流れていきます。
そのため、「熱貫流率(U値)」が低い建材を窓周りに採用することにより、部屋の断熱性を確保できるというわけですね。

画像引用:YKK APホームページより
URL : https://www.ykkap.co.jp/apw/apw310/

続いては「等級記号」についてご説明します。
2018年5月現在、窓・サッシ・ガラス商品の断熱性能の表示の仕方は、経済産業省が策定した住宅の「窓等の断熱性能に係る情報提供に関するガイドライン」に基づき、一本化されています。

「窓ラベル」を用いて、省エネ建材等級区分を★4つで表示します。これが「等級記号」です。
★の数が多いほど、断熱性に優れていることがわかります。

【窓】の場合
熱貫流率(U値) 等級記号
2.33以下 ★★★★
2.33超え~3.49以下 ★★★☆
3.49超え~4.65以下 ★★☆☆
4.65を超える ★☆☆☆
【ガラス】の場合
熱貫流率(U値) 等級記号
2.33以下 ★★★★
2.33超え~2.70以下 ★★★☆
2.70超え~4.00以下 ★★☆☆
4.00を超える ★☆☆☆

なお同じ商品であっても、単板ガラスか複層ガラスか、建具が一重か二重か、窓の面積がどの程度かによっても、熱貫流率は変動します。
現在の断熱性や予算を考慮しながら、提案上手なリフォーム会社と一緒に選定しましょう。

断熱リフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

断熱窓・サッシ・ガラスのおすすめメーカー品3選

最後に、窓の断熱リフォームでおすすめの製品3つをご紹介します!

1.LIXIL(リクシル)「インプラス/インプラスウッド」

LIXIL(リクシル)社の「インプラス」、および木粉の活用により木の風合いを楽しめる「インプラスウッド」は、内窓リフォームの定番商品の一つです。

業界初の特殊な樹脂を使用し、静電気の帯電を防止!ホコリの付着を防ぎ、掃除も簡単です。

窓ガラスの組み合わせのバリエーションが豊かなので、予算や家の環境に合わせて、熱貫流率やデザイン性を配慮しながらリフォームできるのも魅力です。

【インプラス/インプラスウッド メーカー参考価格】

34,000円(税別)
※幅1500×高さ1000mmの引き違い窓(2枚建)/単板ガラス(3mm)の場合

2.YKK AP「APW 330」

画像引用:YKK APホームページより
URL : http://www.ykkap.co.jp/info/lowenergy/products/pop_002.html?TB_iframe=true

YKK AP社から販売されている「APW 330」が、等級記号が★4つ!
国内最高水準の断熱性能を誇る、樹脂窓です。

Low-E複層ガラスと樹脂サッシの組み合わせによって、高い断熱性を実現。
エアコンの使い過ぎを抑制し、光熱費を大幅にカットします。

【APW 330 メーカー参考価格】

70,200円(税別)
※複層ガラス(樹脂スペーサー仕様)/幅1690×高さ1170mm(2枚建)の場合

3.日本板硝子「真空ガラス スペーシア」

日本板硝子「真空ガラス スペーシア」は、世界初の真空ガラス製品。
魔法瓶と同じ原理で、ガラス内の真空層によって高い断熱性を発揮。
窓の中でも特に結露しにくく、人気のある商品です。

厚さが6.2mmと薄いので、既存の単板ガラスを外して交換できます。
ガラスに特化してきた会社ならではの技術で、熱貫流率は通常の1枚ガラスと比べて断熱性は約4倍、一般的な複層ガラスと比較しても何と約2倍です!

すべてオーダーメイドで提供しているため規格サイズがなく、様々な寸法の窓に対応します。
「できれば既存の窓サッシをそのままに、ガラスだけ断熱タイプに交換したい」という方は、同製品を検討すると良いでしょう。

【真空ガラス スペーシア メーカー参考価格】

39,000円/㎡(税別・材料費)
※透明6.2mm品の場合

窓の断熱方法やメーカー品は、実に様々です。
まずは、窓の断熱リフォームの経験豊富な施工業者に相談し、ご自宅に最も合ったプランについてアドバイスしてもらうことをおすすめします。

現地調査や見積もり作成は無料なので、ぜひ一度、気軽に質問してみましょう。

断熱リフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 断熱リフォームの種類を解説!費用と工期の目安はどれ位?
>> 窓の断熱改修でも活用できる!リフォーム補助金のポイント
>> 次世代住宅ポイント制度はどんなリフォームが対象?条件や期間は?

更新日:2019年11月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

窓・サッシのおすすめ記事

  • 窓・サッシリフォームの費用とポイント

    窓・サッシリフォームは、結露防止や部屋の断熱性を高めるなどの効果があります。窓の使いやすさを改善したいときだけではなく、風通しの改善や防音・防犯、家の耐震性の強化についても、窓リフォームで解決できることがあります。目的によって、適切な工事やかかる費用・工期が変わるため、悩み別の窓リフォームの内容を知っておきましょう。窓・サッシリフォームの種類と価格・工事期間の目安、そしてよくある窓リフォームの失敗例と対策をご紹介します。

  • ステンドグラスの窓・ドアのメリット・デメリット・施工費用

    ステンドグラスの窓やドアは、光と影のコラボレーションが幻想的で、美しさに見入ってしまいますよね。ご自宅にステンドグラスの窓やドアがあったら、よりいっそう素敵な部屋になると思いませんか?今回は、ステンドグラスの窓・ドアの特徴と、ステンドグラスが向く場所、施工する際の期間・費用についてご紹介したいと思います。

  • 床暖房設置リフォームの費用とポイント!おすすめメーカー品9選比較

    床暖房のリフォームを検討するとき、最も気になるのは設置費用、そしてご自宅に最適な商品の選び方だと思います。そこで今回は、「床暖房の電気ヒーター式・温水式の違いって?」「リフォームする場合の価格相場はどの位?」といった床暖房に関するいろいろな疑問にお答えします!おすすめのメーカー品もご紹介するので、ぜひ比較してみましょう。

  • 「薪ストーブ」と「ペレットストーブ」を比較!設置費用とメリット・デメリット

    薪ストーブやペレットストーブは、実は環境に良いということをご存じでしょうか?近年は、設置時に申請できる補助金制度が多くあるほど、見直されてきている暖房器具です。薪ストーブとペレットストーブ、それぞれの設置費用や価格、リフォームする前に確認しておきたいメリット・デメリットについて、比較してみましょう。

  • 主な断熱材9種類を比較!メリットやデメリット・おすすめのメーカー品は?

    築年数の長い住宅は断熱性能に劣ることが多く、冬の寒さが厳しいと感じることもしばしば。断熱リフォームをすれば快適さが大幅にアップしますが「内部結露が発生しやすくなる」「断熱材によっては効果がいまいち」といった口コミを目にしたことがあり、不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし一番重要なのは、断熱材の特徴を理解し、確かな技術を持つリフォーム業者に依頼することです。そこで今回は、主な断熱材9種類のメリット・デメリットや、おすすめのメーカー品について、詳しくご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.