雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

自宅の雨戸や窓用シャッターがうまく動かない。こんな時はどうすれば良いのでしょうか?ご自身でメンテナンスをして解決すれば一安心ですが、直らない場合は修理や交換を依頼しなければなりません。そこで今回は、雨戸やシャッターに起きやすい不具合やトラブルや、修理するために必要な方法、修理・交換を業者に依頼する場合の価格相場を、具体的にご紹介します。そのままにしておくと急な風雨でさらに故障することがあり、外出時や就寝時の戸締りにも困りますので、早めに対策しましょう。

よくある雨戸・窓シャッターのトラブル・故障!修理方法は?

まずは、雨戸や窓用シャッターによくあるトラブルの例を見ていきましょう。
故障部分や原因によって、対処法・修理方法も異なります。

1.開け閉めができない・スムーズでない・異音がする

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

雨戸が開かない・動かない・開けにくい・閉めにくい、といったトラブルが起こる場合は、「ゴミやホコリが溜まっている」「戸車の不具合や磨耗」「雨戸本体の劣化」「鴨居や枠の劣化・歪み」などが原因になっている可能性があります。

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

まずは、ゴミやホコリを取り除き、シリコンタイプの潤滑スプレーを塗布してみましょう。
これらのメンテナンスを行っても解決しないようであれば、無理に動かさず、早めに業者に連絡することが肝心です。

戸車の磨耗が原因の場合は、部材の交換によって不具合が解消します。

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

なお雨戸を長く使用している場合は、雨戸本体が老朽化しているだけではなく、鴨居や枠の劣化・歪みが原因になっているかもしれません。
このようなケースでは、雨戸の交換だけでなく、レールの交換や外壁補修が伴う場合や、サッシ付きの雨戸に交換する必要が生じることもあります。
既存の物よりも小さい雨戸を取り付けて解決する方法もありますが、施工費が高額になりやすいという点がデメリットとなります。

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

一方、シャッターの開閉に不具合がある場合も、まずはガイドレールにゴミや異物が詰まっていないか確認し、掃除をしてみましょう。
それ以外では、シャッターケース内のスプリングや巻取りシャフトの劣化、スラットやガイドレールの歪み・サビなどが原因かもしれません。
いずれの場合も、部品の交換が必要となる可能性が高いと言えるでしょう。

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

また、電動シャッターのトラブルの原因としては、リモコンの電池切れや電気系統の異常などが挙げられます。
電池を交換しても直らない場合は、そのままの状態で業者を呼んで確認してもらいましょう。

2.鍵が閉まりにくい、閉まらない

雨戸の鍵が閉まりにくい時は、錠受け(鍵穴)の位置がずれている、または破損している可能性があります。

錠受けは取り付けネジをゆるめると左右に動かすことができますので、まずは鍵の位置を確認しながら微調整してみましょう。
位置調整を行っても解決しない場合は、鍵本体や錠受けが破損している可能性が高いため、部品の交換が必要となります。

3.戸板(スラット)が傷んでいる・塗装のはがれ

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

アルミなど金属製の戸板やスラットは、サビの発生、チョーキング、塗装のはがれなどによって表面が傷みます。
特に沿岸地域や排気ガスの多い道路沿いなどは、腐食が進みやすいため注意が必要です。

軽度のサビは、サンドペーパーなどで削ってサビ止めを塗布するとある程度直りますが、サビがひどい場合や塗装を傷つける心配がある時は、プロに依頼したほうが良いでしょう。

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

一方、木製雨戸の戸板はDIYで修理できそうなイメージがあるかもしれませんが、一度分解すると元に戻せなくなる可能性があります。
業者に依頼して、部品の交換で済むか、全面交換が必要か判断してもらいましょう。

雨戸・シャッターのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

雨戸・シャッターの交換が必要な場合

劣化状態が以下のような場合には、部品の交換だけでは済まない可能性があるため、雨戸やシャッター本体の交換を検討しましょう。

複数の修理箇所が出てきた

複数の箇所で部品の交換や修理の必要が出てきた場合は、一つ一つを施工するよりも、本体そのものを交換したほうが安全かもしれません。
修理箇所を業者に確認してもらうと同時に、交換したほうが良いかどうか聞いてみると良いでしょう。

耐用年数を超えている

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

メーカーによって違いはありますが、一日1、2回の開閉で、雨戸の耐用年数はおよそ10~15年、シャッターの場合は約10年とされています。

お使いの雨戸やシャッターが耐用年数を超えているのであれば、交換も検討してみましょう。
頻繁に開閉する場合や、潮風が当たりやすいなど設置環境によっては、もっと早く劣化することもあります。

スラットが大きく破損しているなど、補修範囲が大きい場合

事故や自然災害などでスラットや戸板が大きく凹んでしまった時は、補修箇所も広範囲に及びます。
凹んだ部分を叩き出して修理する方法もありますが、損傷が激しい場合は全体を交換する必要があるでしょう。

雨戸・窓用シャッターの修理・交換の費用相場

雨戸や窓用シャッターの塗装・修理・交換リフォームにかかる費用は、おおよそ以下の通りです。

雨戸の塗装 2~5千円/枚
シャッターの塗装 1~3千円/㎡
部分修理・部品交換
(不具合の調整/戸板の交換/レールや部品の一部交換)
2~8万円/箇所
雨戸本体の修理・交換 2~10万円/箇所
雨戸からシャッターへの交換 10~17万円/箇所
手動シャッターの修理・交換 8~16万円/箇所
電動シャッターの修理・交換 10~35万円/箇所
サッシ一体型雨戸への交換 8~40万円/箇所

雨戸・シャッターの塗装・交換を依頼する際の注意点

塗装や交換といったメンテナンスをする際、これまで使用していた物よりも機能性の高い製品に交換する場合は、本体価格も施工費も上がります。

例えば、単板の雨戸からルーバー式雨戸へ、手動シャッターから電動シャッターへ交換する場合などは、予算を多めに考えておきましょう。

シンプルな単板タイプの雨戸を、広い範囲でグレードの高い電動式シャッターに交換すると、70~100万円近くかかった事例もあります。
また、同じ機能を持つ雨戸・シャッターでも、サイズによって本体価格に差が生じます。

>> 単板やルーバーの違いって?雨戸・窓用シャッターの種類と設置時の注意点

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

また、一戸建てやアパートなどで2階以上の高さにある雨戸を塗装・修繕・交換する際には、基本的に足場が必要となります。
雨戸単体の施工をすると、そのためだけに足場代がかかってしまうため、なるべく外壁や屋根のリフォームも一緒に行うのがおすすめです。
全体のリフォームが同時に済めば、雨戸だけ生まれ変わって外壁は古いまま、といった見た目のバランスの問題も解消されます。

>> 足場の費用・単価はどれくらい?

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

なお、雨戸のサビ落としをして塗装する場合には、サンドペーパーや電動工具などを使用する「ケレン」という作業を行います。
表面に凹凸がある分、手間や技術が必要とされますので、施工に慣れている職人さんに依頼するのが一番です。

良心的な業者を選ぶためにも、まずは複数の業者に見積もりを依頼して、内容を比較すると良いでしょう。

雨戸・シャッターのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

雨戸・シャッター修理で火災保険が使えることも

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

火災保険には基本的に、台風などの強風で住宅の一部が損傷した場合に補償を受けられる「風災補償」というものが含まれています。
風災補償は主に、住宅の壁や、建物の外側にある窓・建具部分が対象となっており、雨戸やシャッターも含まれるケースがあります。

ただし修理が必要となった場合は、保険会社に直接連絡するのではなく、まず火災保険に詳しいリフォーム業者に現地調査を依頼することをおすすめします。
損傷の状態によって、保険を活用しやすい修理・交換のプランを提案してもらえるでしょう。

>> 火災保険リフォームの対象・注意点・トラブル対策

雨戸・窓用シャッターの修理方法と費用相場!交換は必要?

雨戸やシャッターに不具合があるまま使い続けると、さらに大きな故障やトラブルにつながってしまいます。
リフォームにかかる手間や費用を最小限に抑えるためにも、異常を感じたらなるべく早く、業者に連絡するようにしましょう。

雨戸・シャッターのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

【この記事のまとめ&ポイント!】

雨戸や窓用のシャッターの、よくあるトラブルや故障の対処方法は?
「開け閉めができない」「鍵が閉まりにくい」など、よくある症状別の対処法について、こちらで解説しています。
雨戸・窓用シャッターを交換する必要があるのは、どのような場合?
「修理すべき箇所が複数ある」「使用年数が約10年を超えている」場合などは、修理ではなく交換を検討するほうが良い可能性があります(詳しくは、こちら)。
雨戸・窓用シャッターを修理・交換する際の費用相場は?
塗装・部分修理・全体交換・雨戸からシャッターへの変更など、施工内容ごとの価格帯については、こちらでご紹介しています。

雨戸・シャッターのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

更新日:2018年7月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加

窓・サッシのおすすめ記事

  • 窓・サッシリフォームの費用とポイント

    窓・サッシリフォームは、結露防止や部屋の断熱性を高めるなどの効果があります。窓の使いやすさを改善したいときだけではなく、風通しの改善や防音・防犯、家の耐震性の強化についても、窓リフォームで解決できることがあります。目的によって、適切な工事やかかる費用・工期が変わるため、悩み別の窓リフォームの内容を知っておきましょう。窓・サッシリフォームの種類と価格・工事期間の目安、そしてよくある窓リフォームの失敗例と対策をご紹介します。

  • 【原因別】雨漏りの修理・補修の費用相場!業者の選び方や台風前後にチェックしたい対策法は?

    家の雨漏りを発見した際には、「修理費用は?」「火災保険は使える?」「どこの業者に頼めば良いの?」と、早く補修したくても色々と不安になってしまいますよね。DIYで直したいと考える方もいらっしゃると思いますが、雨漏りの原因は、屋根・外壁・窓や屋上など、さまざまな箇所が考えられるため、しっかり診断できる業者に依頼することが大切です。そこで、最適な業者の探し方や、雨漏り修理・調査にかかる費用、今後の予防対策まで、わかりやすく解説します。

  • "窓の防音リフォーム" で静かで快適な家づくりを

    家でくつろぎたいときに、外から騒音が聞こえてきたら落ち着けないですよね。外からの音はほとんどが窓から入ってきているものなので、静かに暮らしたいなら窓に防音対策をするのが重要です。逆に、ピアノなど楽器の音やペットの鳴き声など自宅からの音漏れが気になる方も検討してみてはいかがでしょうか?

  • 家族の安全を守る!窓の防犯対策ポイント

    ご家庭の防犯対策を十分に行っていますか?実は空き巣の被害は、窓からの侵入が非常に多いんです。つまり、被害を最小限に留めるには、窓の防犯対策が重要だということ。さっそく有効な対策方法についてチェックしてみましょう!

  • 窓の断熱リフォームで、夏の暑さ&冬の寒さ対策!費用・おすすめ品をご紹介

    窓周囲の防寒・冷気対策として、あるいは暑さ対策として、窓の断熱リフォームを検討されている方は多いでしょう。実際、住まいの断熱対策として最も有効な方法は、窓をリフォームすることです。窓の断熱リフォームの具体的な種類・費用相場や施工例、最適な商品の選び方とおすすめメーカー品について、詳しくご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.