外壁・屋根塗装で必要な足場の費用・単価はどれくらい?

外壁塗装を行うとき、足場の費用のことを忘れてはいけません。外壁・屋根塗装のリフォームを行う際、足場を組むことはほぼ必須と考えておきましょう。外壁・屋根塗装のリフォーム工事費の2割は、足場を組むための費用に充てられますが、この分のコストを節約しようとするのは危険行為と言えます。足場が外壁工事においてなぜ必要なのか、また、気になる足場の単価・価格帯はどの位かかるものなのか、詳しくご紹介します。

外壁塗装の足場の必要性3つ

最初に、外壁塗装においてなぜ足場が必要であるのか、理解しておきましょう。
主な理由としては、以下の3つが挙げられます。

1.塗装スタッフの安全確保

まず、足場は施工スタッフにとっては、車のシートベルトやエアバッグのような役割を果たします。
当然高い位置まで作業しなくてはいけないわけですから、安全第一で仕事をしなくてはなりません。
結果的にはなくても良かったと思うこともあるかもしれませんが、やはり無事に工事を終えることが最良のはずです。

2.丁寧な作業ができる

また、足場がないと施工スタッフの姿勢が安定しないため、きれいに塗装をすることが難しくなります。
疲れる姿勢で外壁塗装を行ってしまうと、位置によって作業が雑になり、ムラができてしまいます。
例えば、断熱や遮熱機能付きの塗料を使用したところで、丁寧に塗装されていなければ、効果を発揮することができません。

時々、足場を組まずに「工事代を安く済ませます」と言ってくる業者がいますが、ほんの一部の補修を依頼するわけでない限り、そのような業者には施工を任せない方が良いでしょう。

3.近所への配慮にもなる

さらに足場を組むと、その上に飛散防止ネットを設置することができます。
飛散防止ネットがあれば、近隣に塗料が飛び散ってしまうことを防げます。
万一、近くの建物や通りかかった人に塗料がかかってしまっては一大事です。

足場を組むということは、さまざまな安心・安全を確保するために重要なのです。

安心・丁寧
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

外壁塗装における足場の単価・価格

足場の組み立て・解体・運搬にかかる価格は、1㎡あたり600~1,500円位が相場です。
数年前は、足場代の㎡単価は1,200円/㎡以上かかるのが一般的でしたが、今では1㎡につき1,000円以下で済むことが多いです。

足場にかかるだいたいの費用は、建物の外周が分かれば計算できます。
まずは、以下の計算式で「足場架面積」を 求めます。

・足場架面積 = (建物の外周(m) + 8m) × 家の高さ(m)

家の高さの目安としては、
1階建て=3.5m、2階建て=6m、3階建て=8.5m
です。

さらに求めた足場架面積から、足場設置にかかる費用を導き出せます。

・足場にかかる費用 = 足場架面積 × 平米単価 (600~1,500円)

例えば、外周20メートルの2階建ての家に、平米単価1,000円で足場を組む場合の費用は、
・(外周20m + 8m) × 家の高さ6m ×平米単価1,000円 = 168,000円
と計算することができます。

つまり、一般的な30坪程度の家の外壁を全面施工する場合、足場にかかる費用だけでも15万円前後は必要になるでしょう。

なお、足場組みは、技術習得が早い職人でも半年~1年かかります。
自社で足場を組める事業者もいますが、たいていのリフォーム会社は専門の足場屋に依頼しています。
要するに、足場組みを外注している分の費用も、工事費に計上されることがほとんどです。

ただし、傾斜地や車両が入れないような狭い路地奥にある建物でリフォームをするときや、隣接している建物が接近している場合、ガードマンを依頼するときなどには、さらにコストがかかることがあります。

>> 外壁塗装リフォームの費用相場
>> 屋根塗装・屋根リフォームの費用相場
>> 瓦屋根の種類・価格・特徴・葺き替えリフォーム費用相場

足場は無料にはなりません

足場の費用は、外壁塗装工事費のだいたい20%を占めます。
足場組みには相当のお金がかかるので、外壁塗装のついでに屋根リフォームも依頼するご家庭は多いです。

工事の範囲にもよりますが、上述した価格の通り、外壁を全面的にリフォームする際に、足場を無料にすることはほぼあり得ません。

「足場代は無料」と語ってくる業者は、別の費用に足場代をこっそり上乗せしているだけです。
本当に足場組み用の料金を受け取っていなかったら、その企業は赤字になってしまいますよね。
足場のために経費が必要になるのは当然であることをきちんと受け入れて、悪質な業者にだまされないように気を付けてください。

足場の種類

足場の種類は、大きく分けると3タイプあります。

1.クサビ(ビケ)足場

現在主流になっているのが、「クサビ(ビケ)足場」です。
足をのせるための板が幅広いので、安全かつ楽な姿勢で塗装作業を行うことができます。
組み立て・解体も簡単で効率的なタイプの足場ですが、揺れにくいようにハンマーでしっかり固定していくため、組み立て時にはハンマーを叩く音が気になるかもしれません。

2.パイプ(単管)足場

「パイプ(単管)足場」は、たった2本のパイプの上に足を乗せることになるため、常に職人たちが意識していないと、足をすべらせてしまう可能性が高いです。
危険であるため最近はほとんど見かけなくなってきましたが、クサビ(ビケ)足場を組むことができないほどの狭いスペースでは使われることがあります。

3.単管ブラケット足場

「単管ブラケット足場」は、パイプ(単管)足場に「ブラケット」と呼ばれる金物を使用して板を取り付けた形状のものです。
クサビ(ビケ)足場がハンマーを使って頑丈に固定されているのに対し、単管ブラケット足場はボルトを締めて組み立てます。
このため、パイプ(単管)足場に比べるとバランスは取りやすいですが、上手に組まないと揺れやすくなってしまうという欠点があります。

安心・丁寧
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

よくある足場のトラブルと注意点4つ

最後に、足場を組むリフォームを実施する際に起こりやすいトラブルと、その対策や注意点について解説しておきましょう。

1.瑕疵保険の加入・対象範囲をチェック

足場組みや解体の際に、外壁の一部や窓、車を傷つけてしまうというトラブルは多くあります。
ひどいときは、近隣の家が損傷してしまったという例もあるほどです。

本来ならば補償してもらえるように思うところですが、足場業者は塗装会社の下請けであることが多いため、責任の所在がわからず、泣き寝入りしたというパターンは数多いのです。

工事を頼む前に、足場業者が「瑕疵保険」に加入しているかどうかを確認しておきましょう。
また瑕疵保険に加入している場合、保険の対象範囲がリフォーム箇所以外、工事関係者以外の人も含まれているかも調べておくと確実です。

2.外壁の側にある車は移動しておく

また、外壁の側に駐車していると、足場の組み立て作業や工事中に傷がついたり汚れたりすることがあります。
できればリフォーム期間中に自家用車を駐車するスペースをレンタルしておくと良いでしょう。

3.庭の植え替えが必要か確認する

さらに庭に植物があるときにも、足場組みの際に問題にならないかチェックしておかなくてはいけません。
プランターや鉢なら移動するだけで解決しますが、木や花壇があると、足場を組む場所によっては植え替えが必要になるケースもあります。

4.隣家の敷地を借りる場合がある

足場のトラブルで一番大変とも言えるのが、ご家庭の敷地だけでは足場を作れないときでしょう。

もしご自身の敷地内だけで足場を組むスペースが確保できないということになった場合、隣の敷地も借りなくてはならないのです。
必ず隣家に丁重に挨拶し、協力をお願いしてください。
親切な業者であれば、同行して専門的な視点で説明・相談してくれるはずです。

「隣の人が留守にしている間に、勝手に組んでしまえば良い」と提案する、ずさんな業者も稀にいますが、このような無責任な会社とは絶対に契約してはいけません。
裁判沙汰になったら、不利になるのは施工を依頼した自分自身です。

多少は時間をかけてでも、他人になるべく迷惑をかけず、的確な塗装リフォームを成功させるための方法を一緒に考えてくれる会社・スタッフに依頼しましょう。

外壁や屋根の工事で足場がどれほど重要か、またどのようなトラブルが起こり得るか、事前に知っておくだけでも失敗のないリフォームを実現しやすくなります。
安全性も非常に大切にしたい外壁や屋根のリフォームは、経験豊富で信頼できる業者に任せることが大切です。

安心・丁寧
リフォーム業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> リノベーション・スケルトンリフォームの費用相場

更新日:2017年12月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 外壁塗装・外壁リフォームの記事

  • ______

    【一級建築士 監修】屋根塗装・屋根リフォームの費用相場

    屋根塗装・屋根リフォームの費用相場をご紹介しています。実際の屋根リフォーム事例から、瓦の補修にかかる費用や、屋根の塗り直しや重ね葺き・葺き替えをする場合の施工費用の相場がわかります。屋根塗装・屋根リフォームは、使用する塗料や屋根材によって費用が異なります。屋根リフォームで押さえておきたいポイントを事前に確認して、適正価格でリフォームしましょう。

  • ________1_

    【一級建築士 監修】外壁塗装・外壁リフォームの費用相場

    外壁塗装・外壁リフォームの費用相場や、リフォームで失敗しないためのポイント、外壁塗装のメンテナンス周期について解説しています。外壁と窓枠の間や外壁継ぎ目部分(シーリング)の打ち替え・クラック(ひび割れ)補修などの小規模な工事から、外壁の塗り替え、サイディングの重ね張りや張り替えといった大規模な工事まで、実際の外壁リフォーム事例とリフォーム料金の相場をご紹介します。事前に確認して、適正価格で外壁リフォームを実施しましょう。

  • Pixta_18780745_s

    戸建ての外壁を補修・修理したい!費用・方法・業者の探し方は?

    住宅の外壁は、サイディング・ALC・モルタル・タイル、いずれの素材であっても、10年前後で劣化症状が見られます。目地(コーキング)の老朽化、鉄部のサビ、ひび割れ、カビやコケ、穴や傷、はがれ、チョーキング現象などを発見したら、悪化してしまう前に早めに修繕しましょう。外壁でよくある劣化症状の補修方法や、一般的な一戸建て住宅の外壁を修理する場合の費用相場、最適な業者の探し方について、ご紹介します。

  • A

    初めて外壁塗装をする方にもわかる【塗料9種類の特徴・価格の比較まとめ】

    住宅の外壁塗装のリフォームの際に、最も気になることの一つが、主な塗料の種類や、耐久性(メンテナンス周期)・価格の違いではないでしょうか。「シリコン塗料やフッ素塗料って何?」「ハイブリッド塗料とは?」など、外壁の塗料を選ぶ際に理解しておくと良いポイントや、各塗料の特徴について、解説します。塗料ごとのおすすめメーカー品についてもご紹介するので、参考にしてくださいね。

  • B

    外壁塗装業者の選び方・注意点・トラブル対策まとめ!悪質業者にだまされないために

    外壁塗装業界には、実は悪質な業者がたくさん存在しており、特に最近は、高齢者がいる家庭での被害が毎年多いことが問題となっています。大切な住宅のリフォームだからこそ、ずさんな工事や高額請求といったトラブルは避けたいものです。そこで、良い外壁塗装業者の選び方や注意点、悪徳業者かどうかの見分け方、よくある手抜き工事の実態、万一トラブルになってしまった場合の対策まで、まとめてご紹介します!

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop