キッチン収納扉の交換リフォーム費用!おすすめの素材や注意点は?

キッチンを長く使っていると、「収納扉が閉まらない/外れた」といった不具合が生じたり、あるいは扉のデザインを変えたくなったりすることもあるのではないでしょうか。収納扉の劣化や汚れは、キッチン全体の見た目にも影響します。「だんだん使いづらくなってきた」「汚れが気になる」「色を変えたい」などと感じるようになったら、扉を交換して雰囲気を一新しましょう。新しい扉の選び方や注意点、リフォーム費用などについてご紹介します。

(※記事内情報引用元:LIXILタカラスタンダードトクラスクリナップウッドワン各ホームページより)

主なキッチン扉材の種類・特徴

収納扉に利用される素材には、様々な種類があります。
まずはそれぞれの特徴を比較して、理想に合った素材を選んでみましょう。

1.化粧シート(オレフィン化粧板など)

画像引用:LIXILホームページより
URL : https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/case/plan08.htm

樹脂製のシートや樹脂を含んだシート、オレフィンシートなどを、木質ボードや合板の表面に貼った物です。
価格が安く、デザインが豊富、さらにお手入れがしやすいという良さもあります。

2.メラミン化粧板

画像引用:タカラスタンダードホームページより
URL : http://www.takara-standard.co.jp/product/homebuilder/ofelia/

メラミン樹脂を含んだ紙などを加圧・加熱した化粧板で、表面が非常に硬く丈夫に仕上げられています。
オレフィン化粧板よりも高価となる傾向がありますが、傷や汚れに強く、耐水性も高いため、水まわりに適した素材です。

3.塗装

画像引用:トクラスホームページより
URL : https://www.toclas.co.jp/kitchen/bb/plan.html#h301

ウレタン樹脂塗料の塗装や、紫外線を照射して硬化させるUV塗装などがあります。
強度の高さや、ツヤのある美しい仕上がりが魅力ですが、加工に手間がかかるため、その分費用もかさみやすいです。

4.ステンレス

画像引用:クリナップホームページより
URL : https://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/sp/feature/plan.html

錆びないという点が最大の特徴となる素材です。
耐水性があり、汚れにくく、お手入れも楽ですが、傷が付きやすいため注意が必要です。
また、他の素材に比べるとカラーバリエーションがなく、選択肢が限られます。

5.木製・木質系・突き板(合板・天然木など)

画像引用:ウッドワンホームページより
URL : http://www.woodone.co.jp/product/kitchen/suijiselectpack/

無垢材などの天然木をそのまま使用した物や、天然木の薄い板を表面に貼り付けた物などがあります。
キッチンに使用する素材は、ウレタン樹脂塗装などで耐水性を高めてあるのが一般的ですが、汚れたままにしておくと染みが付いてしまうことがあります。

6.ホーロー

画像引用:タカラスタンダードホームページより
URL : http://www.takara-standard.co.jp/product/system_kitchen/

金属板にガラス質の釉薬を焼き付けた素材で、独特のツヤや質感が魅力です。
油汚れや熱にも強く、傷がつきにくいので、お手入れが非常に楽です。
ただし、表面のガラス質に万一ひびが入ると、中に水や油が染み込んで錆びが発生する場合があります。

キッチン扉の取っ手の種類

既存の取っ手を再利用しない場合は、扉材と一緒に取っ手も新しく選ぶ必要があります。
扉が「開き戸タイプ」か「引き出しタイプ」かによっても選択肢は異なりますが、交換をきっかけに、好みの形やつかみやすいタイプを選ぶと良いでしょう。

取っ手の素材には木製やアイアンなどがあり、その形状は様々です。

出っ張りのある「バーハンドル」は、多少掃除がしにくいという点はあるものの、開閉がしやすく、タオルかけとして利用できるといった利便性もあります。

画像引用:ウッドワンホームページより
URL : https://www.woodone-onlineservice.com/items/kitchen/kitchen_handle/entry-724.html

また、出っ張りのあるタイプとしては、「つまみタイプ」「プレート取っ手」なども挙げられます。
これらの取っ手にはアンティーク調のデザインもあり、あえて使い込んだような風合いを出したい時によく合います。

一方、扉と一体化したデザインの「ライン取っ手」は、凹みに手をかけて開閉する作りで、すっきりした形状が人気です。
取っ手に物や体が当たるのを避けたい場合や、掃除のしやすさを重視したい場合にも最適だと言えるでしょう。

キッチン扉交換リフォームの費用相場

キッチンの収納扉の数を計6~10枚前後として考えた場合、扉全体の交換には10~40万円くらいがかかります。

この金額には材料代の他に、仕上げ代(塗装など)、送料、出張費、施工費、廃材処分費なども含まれるため、1枚のみの交換ではかえって割高になってしまいます。

また取っ手の再利用が可能かどうかといった点や、施工面積や扉の数、新しい扉の素材や取っ手のグレードによっても、価格は変動します。

キッチン扉交換リフォームの業者はどこが良い?

リフォームを依頼する際は、キッチンなどの水まわりが得意なリフォーム会社が良いでしょう。

また、造作家具の業者や建具屋でも、収納扉をオーダーメイドしてもらえることがあります。
特にデザインにこだわりたい場合には、素材や取っ手などを一からご自身で選び、オリジナルデザインの扉を製作してもらうのもおすすめです。

キッチンの扉交換が得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

キッチンの扉を交換する時の注意点

キッチンのデザインの大部分を占めているのは、実は収納扉です。
そのため、扉を交換することは、キッチン全体のイメージを大きく変えることでもあります。
破損した扉を一枚だけ替えたい場合でも、他の扉との新旧の差がはっきり出てしまいますので、やはりまとめて交換するのがベストだと言えるでしょう。

また、扉だけがきれいになると、他の部分の劣化が気になるかもしれません。
長く使い込んだキッチンであれば、扉の交換と一緒に「キッチンパネル」や「レンジフード」などを施工してもらうのもおすすめです。

>> キッチンの壁材は、パネルとタイルが人気!価格の差は?
>> レンジフードの交換費用!お手入れが楽になるおすすめ品は?

さらに、床や壁との質感の違いやカラーバランスなど、空間全体のコーディネートにも気を配りましょう。

デザイン性やコスパが気になる場合は、全体交換も検討を

なお、数年後にキッチンを全体的に交換する可能性があれば、扉だけを交換してしまうと、かえって割高になってしまうかもしれません。
キッチン全体のデザイン性も重視したい場合や、キッチンの使用年数が経っている場合には、システムキッチンを丸ごと交換してしまったほうが良いでしょう。

先ほどお話ししたように、扉全体を交換する際の費用は約10~40万円です。
一方、システムキッチン全体の交換は50万円~、間口90~150cm程度のミニキッチンの交換であれば30万円前後でリフォームできます。

>> キッチン・台所リフォームの費用
>> ミニキッチンのリフォーム費用・おすすめ品

もしも扉のみか全体交換か悩むようでしたら、キッチンのリフォームにも、扉のオーダーメイドなどにも対応できる業者に相談すると良いでしょう。

キッチンの扉材を交換するだけでも、見た目はきれいに生まれ変わります。
今ある台所の空間を活かしつつ、リフォームで雰囲気をがらっと変身させて、より快適なキッチンになると良いですね。

キッチンのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
更新日:2019年1月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles リフォームのおすすめ記事

  • Pixta_10810820_s

    【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

  • Pixta_16544673_s

    キッチンの壁紙リフォームのコツ!おしゃれな色・おすすめクロス・張り替え費用

    キッチンの壁紙の選び方のポイントや、リフォーム費用についてご紹介します。キッチンの壁紙を張り替える際には、おしゃれなデザインにしたいのはもちろんですが、防火性があり、掃除しやすいよう油汚れを防止できるものを選びたいですよね。台所におすすめの色・柄やクロスの機能を、解説します!

  • F

    キッチン床の張り替えリフォーム費用!おしゃれで掃除しやすい床材は?

    キッチンの床が傷んできたので、新しく張り替えたい。または、キッチン全体をリフォームするので床材も自分で選びたい。そんな時には、どのような床材が適しているのでしょうか?フローリングの他にも、フロアタイル、クッションフロア、コルクタイルなど、聞いたことはあっても特徴がよく分からないという材質も多いですよね。キッチンの床選びは、掃除のしやすさや足の疲れにくさなども左右します。人気の床材の張り替え費用や、メリット・デメリットを比較して、見た目も使い心地も満足できる物を選んでみましょう。

  • 16

    キッチンは何色にする?選び方7ポイント&色別コーディネート事例まとめ

    みなさんは、キッチンの色やインテリアに満足できていますか?キッチンは忙しい作業場でもありますから、デザインだけでなく、使い勝手も大切。でも、コーディネートと機能性を両立させるのは、難しいですよね。そんなときは、テーマカラーを決めてみましょう。素材やテイストにバラつきがあっても、同系色ならまとまって見えるもの。そこで、様々な色のキッチンの選び方と実例をまとめました。

  • Suiji

    【2018年版】口コミで人気の国内システムキッチンメーカー11社を比較!ランキングトップ3は?

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・掃除のしやすさ・耐久性などの違いや評判をチェックしておきたいですよね。そこで、リクシル・パナソニック・タカラ・クリナップ・トクラス・TOTO・ウッドワン・サンワ・ハウステック・ノーリツ・トーヨーキッチン各メーカーの、おしゃれなおすすめシステムキッチンを、比較したいと思います。リショップナビでキッチンリフォームの契約をした方が選んだ、人気ランキングもご紹介しています!

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop