今あるキッチンを移動できる?リフォーム費用や事例・注意点もご紹介!

今あるキッチンを移動できる?リフォーム費用や事例・注意点もご紹介!

リフォームによってキッチンの場所を移動し、自宅をより住みやすくしたい、とお考えの方も多いのではないでしょうか。しかし、システムキッチンなどの移動/移設リフォームでは、想定以上に費用がかかってしまったり、そもそも場所移動や間取り変更をすること自体が不可能だったりすることもあるので、注意が必要です。そこで今回は、キッチンの移動リフォームについて、施工内容ごとの費用や注意点、事例をご紹介します。

既存のキッチンは流用可能?交換するほうが良い?

今あるキッチンを移動できる?リフォーム費用や事例・注意点もご紹介!
移設を伴うキッチンリフォームを実施するにあたり、「今使っているキッチンをそのまま使うことができるのか?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

実際、既存のキッチンがそのまま用いられるケースもあります
その場合、使い慣れたキッチンをそのまま使い続けられるだけでなく、リフォーム費用の負担を軽減できるというメリットがあります。
今あるキッチンを移動できる?リフォーム費用や事例・注意点もご紹介!
しかし、製品の種類やグレードなどにもよりますが、キッチンの移動リフォームにおいて、既存キッチンの流用は、一般的にあまり推奨されていません

流用が推奨されていない理由としては、以下のような点が挙げられます。
本体を交換しても、費用はそれほど大きくは変わらない。
新しいキッチンスペースにサイズやデザイン、機能などが適さないことがある。
移設してからそれほど時間をおかずに、交換が必要となってしまう可能性もある。
(※システム
キッチンの寿命目安:15~20年程度)
したがって、特に使い始めてからある程度年数が経過しているキッチンであれば、新しいものと交換するほうが良いケースが多い、といえます。
ただし、状況にもよるので、既存のキッチンを流用すべきか否かについては、キッチンの施工に精通したリフォーム会社に相談してみることをおすすめします!
キッチンのリフォームについて
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

キッチン移動・移設リフォームの費用相場

キッチン移動・移設リフォームの費用相場
ではここで、キッチンの移動リフォームにおける、施工内容ごとの費用相場をご紹介します。
主なリフォーム内容 費用相場
既存キッチンの移動 20〜70万円
レイアウト変更
(※キッチン本体の金額も含む)
100〜200万円
(壁付I型→対面型)
別フロアへの移動 90〜250万円
(1F→2Fの移動)

キッチンの移動に伴う費用内訳

「想像以上にリフォーム費用が高い」と感じる方が多いかと思いますが、それは配管・配線・内装などの様々な工事が必要なためです。
以下、それぞれの工事の平均費用を示しておきます。
排水管・ダクト・ガス・電気工事など 15~35万円
(※別フロアへの移動の場合、追加で費用が必要。)
養生や廃材処分など 10~50万円
内装工事(床や壁の補修など) 4~25万円
キッチンの移動に伴う費用内訳
また、キッチン本体を交換する場合は、これらの金額に、新しいキッチンの購入費用が加わります。
キッチン本体の金額は、採用するレイアウトやグレードなどによって異なります。

なお、上記の金額はあくまで目安金額のため、建物の構造や既存のキッチン状況などにより、施工費用や必要な工事内容が大きく異なる場合もあります。
キッチンの施工に精通したリフォーム会社に現地を確認してもらい、見積もりを提示してもらうと確実ですね。
キッチンのリフォームについて
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

物件の構造によって施工可否が異なる

物件の構造によって施工可否が異なる
キッチンの場所移動を考える場合、建物の構造上の問題により、希望する位置にキッチンを移設できないケースがあります
このとき、特に移動を妨げる要因となりやすいのが排水管です。


排水管の設置では、水の流れを確保するために勾配をつける必要性がありますが、勾配をつけるには床下スペースに一定の高さがないといけません。
マンションなどの集合住宅では、排水管を通す床下のスペースにそれほど余裕のない構造である場合もあります。
そのような物件だと、キッチンの移動距離が長くなるほど勾配がつけづらいため、結果として移動が難しい可能性が高くなってしまうのです。

また、構造の問題以外にも、管理規約が定められたマンションでは、住人の好きなようにリフォームができないこともあるため、心配な場合はマンションの施工に詳しいリフォーム会社に相談してみると良いでしょう。
キッチンのリフォームについて
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

キッチンの位置をずらす/向きを変えるメリット

キッチンの移動リフォームを行う方の中には、位置をちょっとだけずらす、向きだけを変える、といった施工を選択する方もいます。
それぞれどのようなメリットがあるのか、注意点を含めてご説明します。

動線が大幅に改善されることも

動線が大幅に改善されることも
キッチンの位置を少しずらすだけで、家事の動線が大きく改善されることがあります
毎日のように使用するキッチンを使い勝手の良い空間にすることは、快適な住まいを実現する上でも重要ですよね。

ただし、若干位置をずらすといった程度のリフォームでも、キッチンの場所移動にはそれなりの費用が発生します。
費用面に不安を感じている方は、希望のリフォームが予算内で実施することができるのか、一度リフォーム会社に相談してみると安心ですね。

キッチンスペースの模様替えが可能

キッチンスペースの模様替えが可能
キッチンの向きを変えるだけで、キッチン空間の印象や使い勝手が大きく変わることもあります。

キッチンの移動リフォームは、リビングにいる家族との会話がしやすくなったり、ダイニングとの行き来が容易になったりといったメリットがあるので、現在のキッチンの雰囲気や利便性に不満を感じている場合は、大々的な間取り変更等は行わずとも、向きの変更によって解消できるケースもあるでしょう。
キッチンスペースの模様替えが可能
また、キッチンのリフォームでは、壁や床といった内装に関わる部分の施工も行われる場合がほとんどです。
使う材料などによって、テイストを大きく変えることも可能なので、キッチン空間の雰囲気を一新したい方も、ぜひ検討してみると良いでしょう。
キッチンのリフォームについて
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

キッチンのレイアウトを変更する場合は広さに注意

キッチンのレイアウトを変更する場合は広さに注意
キッチンの位置変更を行う際に、壁付型からアイランド型やペニンシュラ型などに変更するという選択肢もあります。
キッチンからリビングが見渡せるような形になるので、お子さんの様子を見ながら料理ができたり、会話を楽しむことができたりという魅力があります。


ただし、アイランド型やペニンシュラ型は壁付型よりもスペースを要します。
そのため、キッチン本体のサイズが同じ場合でも、通路の幅が狭くなったり、キッチンにスペースをとられて、リビングが狭まってしまったりするケースも多いので注意が必要です。

「いざ使ってみたら不便だった」というようなことのないよう、事前にリフォーム会社にシミュレーションをしてもらうと良いでしょう。
キッチンのリフォームについて
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

別フロアへキッチンを移動したい場合のポイント

別フロアへキッチンを移動したい場合のポイント
一戸建てでキッチンの移動リフォームをお考えの方の中には、1Fから2Fへなど、別のフロアへの移動を検討している方もいるのではないでしょうか。
ここでは、他の階にキッチンを移動する際の注意点についてご説明します。

違う階への移動費用は高額

フロアの変更では、給排水管や配線、ダクトなどの移動や延長などが必要になるため、ほとんどのケースで追加費用が発生します。
また、新しくキッチンを設置するスペースを確保するため、壁の取り壊しなどの作業が加わることもあり、施工費用が高額となる傾向があります。

真上/真下へのキッチン移動であれば金額を抑えられる

真上/真下へのキッチン移動であれば金額を抑えられる
少しでも工事金額を抑えたいのであれば、キッチンをもとの位置の真上や真下に配置すると良いでしょう。

配管やダクトなどの移設では、移動距離が短いほど作業を容易に行うことができます。
もともとキッチンのあった場所のすぐ上か下に新しいキッチンを移動できると、工事の規模を小さくすることができ、リフォーム費用を抑えることにつながります。
キッチンのリフォームについて
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

キッチン移動リフォームの事例と価格

リショップナビに加盟している施工会社にて、キッチンの移動リフォームを実施した事例をご紹介します。
価格帯別に掲載しているので、リフォームをお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

50〜100万円のリフォーム事例

間取り変更に伴うキッチンの移動

建物の種類 一戸建て
リフォーム費用 51万円
製品名 シエラ(LIXIL)
部屋全体の間取り変更に伴う、キッチンの移動リフォームです。キッチン本体の交換も含め、51万円で実施することができました。リビングダイニングと一続きになり、とても開放的なキッチンスペースになりました。

100〜200万円のリフォーム事例

大幅に配置変更しシステムキッチンに

建物の種類 一戸建て
リフォーム費用 120万円
製品名 -
築80年の一戸建てのリフォームです。家全体の間取り変更にあわせて、キッチンの配置も変更しました。キッチン本体も、老朽化したブロックキッチンから、明るい印象のシステムキッチンに交換しています。

広々とスタイリッシュなキッチン

建物の種類 一戸建て
リフォーム費用 126万円
製品名 グラッド45(サンワカンパニー)
こちらは築50年の長屋でのリフォーム事例です。配置を変更し、広々としたキッチン空間に生まれ変わりました。サンワカンパニーのステンレスキッチンが、非常にスタイリッシュですね。

家の中心へとキッチンの配置を変更

建物の種類 マンション
リフォーム費用 150万円
製品名 ベイ(トーヨーキッチン)
キッチンが生活の中心に配置されるよう、大々的なリフォームを行いました。大規模な回収になったため、配管やダクトはむき出しにしています。交換後の製品には、スタイリッシュなデザインのステンレスキッチン、トーヨーキッチンの「ベイ」を採用しました。

位置を変更しアイランドキッチンに

建物の種類 一戸建て
リフォーム費用 179万円
製品名 ラクシーナ(パナソニック)
動線を改善し、非常に使いやすいキッチンに生まれ変わりました。同時に、レイアウトをアイランド型へと変更しています。リビングとの距離がグッと縮まりました。

200万円〜のリフォーム事例

対面キッチンへとレイアウトを変更

建物の種類 マンション
リフォーム費用 213万円
製品名 リシェルSI(LIXIL)
壁付L型キッチンから対面キッチンにリフォームしました。全体的に白を基調としており、非常に開放的かつ清潔感のあるキッチンスペースですね。
以上、キッチンの移動/移設リフォームについて解説しました。

ご紹介した通り、希望する施工内容や物件の状況などによって、そもそもの施工可否やリフォームにかかる費用が大きく異なります。
まずは、キッチンの移動が得意なリフォーム会社に相談し、希望する工事が予算内で実施できるのか、確かめてみると良いでしょう!

【この記事のまとめ&ポイント!】

キッチンを移動した際に、現状使っているキッチンをそのまま使うことは可能ですか?
現状使っているキッチンをそのまま使い続ける場合もありますが、あまりおすすめされていません。新しいキッチンの場所に適さないことがあることなどが理由として挙げられています。その他の理由や詳細については、こちら
現状のキッチンを移動させるのには、どのくらいのお金がかかりますか?
配管などにかかわる色々な工事や養生などをするため、約20~70万円かかることが多いです。詳細やレイアウト変更などのリフォームにかかる費用については、こちら
キッチンの場所を移動させたり、方向を変えたりする長所は何ですか?
家事をする際に、より動きやすい動線になる可能性があることなどが挙げられます。その他の長所は、こちら
キッチンのリフォームについて
プロに相談してみる!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンのおすすめ記事

  • キッチン通路幅は何cmが理想?"広すぎた""狭い"などの体験談まとめ&失敗しないためのコツ

    主婦の方にとって、キッチンは自分の居場所とも言える大切な場所。動線が悪く使いづらいと、かなりのストレスになりますよね。実は、キッチンの作りを考える際に意外と難しいのが、「通路幅」なんです。その理由は、それぞれの家庭の使い方によって、最適な幅も異なるから。では実際のところ、キッチンの通路幅はどれくらいが理想なのでしょうか?リフォームや新築でキッチン作りを経験した方の体験談を参考に、ご自宅のキッチンに合った通路幅を考えてみましょう。

  • キッチンの高さを調整したい!高さを変更する費用、身長から考える標準サイズは?

    キッチンは長い時間を過ごす作業場。そのため、キッチンの高さが合わずに悩む方は多いのではないでしょうか。キッチンへの不満が増えると、調理台の前に立つのも嫌ですよね。そんな時はリフォームを検討するのもありです。キッチンの高さは、リフォーム工事で調整が可能。まずは工事業者へ相談する前に、作業しやすいキッチンの高さを知りましょう。身長ごとのキッチンの高さ、シンクやコンロの最適な高さ把握は必須です。リフォームの費用相場や工期目安、注意点もおさえて、事例も参考に理想のキッチンを実現しましょう!

  • 対面式キッチンにリフォームする前に確認したい!費用・メリット・デメリット!「使いにくい」って本当?

    壁付けタイプやクローズタイプのキッチンは、家族とコミュニケーションを取り辛いのが悩みの種ですよね。そんな不満から、思い切って「対面型のキッチン(カウンター式キッチン)」にリフォームするご家庭も珍しくありません。ただ「水はねや油はねが心配」「臭いが充満しそう」「手元が丸見えになりやすいかも」といった不安もありますよね。憧れの対面キッチンのメリット・デメリットと、快適に使いこなすための具体的な解決方法を、チェックしておきましょう。リフォーム価格やおしゃれな事例も、あわせてご紹介します。

  • 使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

    キッチンをリフォームする際には、せっかくの機会なので、使いやすい間取り・レイアウトにしておきたいですよね。作業効率を上げるためには、「ワークトライアングル」と呼ばれる配置を意識して、シンク・コンロ・冷蔵庫の位置を決めることをおすすめします。今回は、最適な家事動線を実現するためのポイントや、I型・L型・Ⅱ型などのレイアウトごとの考え方について、一緒にチェックしてみましょう!また、使いやすいキッチンにリフォームした実例も、あわせてご紹介します。

  • 狭いキッチンの悩みはリフォームで解決できる?事例・おすすめの対策や工夫の仕方をご紹介!

    「マイホームを購入したものの、実際に住んでみるとキッチンが狭くて使いにくい」「子どもがお手伝いしてくれるようになってから、キッチンが狭く感じるようになった」など、毎日キッチンを使う方にとっては、このようなお悩みが、実は大きなストレスになりますよね。ただ、思い切ってリフォームをしたくても、気になるのは費用の問題。キッチンを広くするための最適なリフォームとしては、システムキッチンの交換、収納スペースの工夫などの対策がありますが、ご家族にも納得してもらえる方法を一緒に考えてみましょう。参考にしたい施工事例も、ご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.