憧れの対面式♪ペニンシュラ型キッチンのおしゃれな実例や、後悔しないためのコツをご紹介

憧れの対面式♪ペニンシュラ型キッチンのおしゃれな実例や、後悔しないためのコツをご紹介

「ペニンシュラ(半島)型のキッチン」は、台所のリフォームの中でも人気の高いレイアウトです。一方で「油はね・水はね汚れがひどい」「きちんと掃除しないと、丸見えになる」という意見もあるため、ペニンシュラ型にすべきか、ためらう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、このようなデメリットの解決方法や、ペニンシュラ型のメリットについて、詳しく確認していきましょう。リフォームする際の価格帯や、LIXIL(リクシル)・パナソニックなどのメーカー品でリフォームした事例なども、あわせてご紹介します。

ペニンシュラ型キッチンとは?

憧れの対面式♪ペニンシュラ型キッチンのおしゃれな実例や、後悔しないためのコツをご紹介

ペニンシュラ型キッチン」とは、キッチン本体の左右どちらかが、壁に接している対面式キッチンのことを指します。
ペニンシュラ=「半島」という意味を持つ言葉で、カウンターが半島のように突き出たレイアウトが特徴的です。

憧れの対面式♪ペニンシュラ型キッチンのおしゃれな実例や、後悔しないためのコツをご紹介

一般的に、従来の「壁付けタイプのI型キッチン」よりもカウンターの奥行きが広く、椅子を並べてバーやカフェのような空間にする、あるいはダイニング側に収納を設けるなど、デザインの工夫次第で多様な使い方ができるという魅力があります。

ペニンシュラキッチンのリフォーム価格・費用

壁付けのI型キッチンから、対面式のペニンシュラ型キッチンにリフォームする場合の価格・費用は、本体+施工費あわせて60~200万円が相場です。

台所スペースの床・壁などの工事範囲や、新しいキッチンのグレード・大きさによっても価格は変動しますが、比較的リーズナブルな値段で施工しやすいのもペニンシュラ型の特長の一つと言えるでしょう。

ペニンシュラキッチンのリフォーム価格・費用

ちなみに「壁付け式⇒壁付け式」「対面式⇒対面式」の場合のリフォーム費用は、50〜150万円程度です。
キッチンの位置・レイアウトを変えず、似た形状のシステムキッチンに交換する際は、100万円未満で施工できる例も多く見られます。

>> 壁付けキッチンの特徴/リフォーム費用

もしも予算が不安な場合などには、リフォーム業者に相談した上で、見積もりを作成してもらうとよいでしょう。

キッチンのリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ペニンシュラキッチンのリフォーム事例

ここで、当サービス『リショップナビ』の加盟店が、使いやすいペニンシュラ型のキッチンにリフォームした実例をご紹介します。
費用や工期、おしゃれで実用的なシステムキッチンについても、ぜひチェックしてみてくださいね。

クリナップ『ラクエラ』でI型レイアウトの対面キッチンに

リフォーム費用 60万円
工事期間 1日
住宅の種類 マンション
築年数 17年
元は壁向きのキッチンでしたが、家事をしている時もリビングの様子がわかるよう、オープンなペニンシュラ型のレイアウトに変更しました。

採用したシステムキッチンは、クリナップの『ラクエラ』W2250サイズです。

>> この事例の詳細を見る

L型レイアウトの北欧風ペニンシュラキッチン

リフォーム費用 89万円
工事期間 7日
住宅の種類 一戸建て
築年数 -
壁付けタイプだったキッチンを、L型レイアウトのペニンシュラキッチンにリフォームしました。

既存の吊り戸棚を撤去して開放感を出し、ご家族との会話も楽しめる台所に。
北欧風のコーディネートがおしゃれですね。

>> この事例の詳細を見る

落ち着きのあるカラーのトクラス『ベリー』を採用

リフォーム費用 95万円
工事期間 -
住宅の種類 一戸建て
築年数 20年
間取りを変更し、対面式の台所にリフォームしました。
トクラスのシステムキッチン『ベリー』を採用し、IHクッキングヒーターや食器洗い乾燥機も設置。

家事効率を考え、キッチンの横にパントリー(食品庫)や家事カウンターも設けました。

>> この事例の詳細を見る

リクシル『リシェルSI』に交換し、周囲の壁を撤去

リフォーム費用 125万円
工事期間 7日
住宅の種類 マンション
築年数 25年
リフォーム前は圧迫感があったため、吊り戸と周囲の壁を撤去しました。
吊り戸がなくても収納スペースに困らないよう、収納力に優れたリクシルのシステムキッチン『リシェルSI』に交換。

リビング側にはカウンターを設け、キッチン背面には冷蔵庫や食器棚・家電をスッキリとまとめて配置しています。

>> この事例の詳細を見る

上品な色のクリナップ最新キッチン『ステディア』

リフォーム費用 155万円
工事期間 7日
住宅の種類 マンション
築年数 30年
クリナップ社の最新システムキッチン『ステディア』のW2400サイズを用いて、高級感のある対面型キッチンを実現。

コンロ前に壁があるレイアウトですが、調理スペースが広く、勝手口や開口部からもしっかり採光できるよう工夫されているため、開放感がありますね。

>> この事例の詳細を見る

人気のパナソニックキッチン『ラクシーナ』でリフォーム

リフォーム費用 195万円
工事期間 3日
住宅の種類 マンション
築年数 25年
こちらは、可愛らしさと清潔感を兼ね備えたパナソニックの主力製品『ラクシーナ』を採用してリフォームした事例です。

「収納も充実させたい」というご要望にお応えし、背面にはカップボード(食器棚)を設置。
白で統一された空間が、明るさと広がりを演出していますね。

>> この事例の詳細を見る
キッチンのリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ペニンシュラキッチンのメリット

ペニンシュラキッチンのメリット

家族とコミュニケーションを取りやすい

ペニンシュラキッチンの最大のメリットと言えば、やはりキッチンに立つ方が、ダイニングやリビングにいるご家族とコミュニケーションをとりやすくなることですよね。

特に小さなお子さん・ご高齢の方・ペットと一緒に暮らすご家庭では、家事の間も目が届くので、より安心して炊事できるでしょう。

(アイランド型よりも)スペースを取らずに済む

ペニンシュラキッチンのメリット

同じ対面式キッチンでも「アイランド型」と比べて設置スペースが小さく済むのも、ペニンシュラ型の利点です。
アイランド型はキッチンの両サイドに通路を作る必要があることに対し、ペニンシュラ型の場合は片側を壁に付けて設置すればよいため、狭小住宅でも導入しやすいと言えます。

>> アイランドキッチンの特徴・費用

配膳スペースの確保や、手元隠しの工夫をしやすい

ペニンシュラキッチンのメリット

ペニンシュラ型キッチンの正面やサイドに腰壁や立ち上がりカウンターを設けることで、使いやすい配膳スペースになるほか、休憩や軽食の時に重宝したり、キッチン周りの小物を目隠しできたりするので、何かと便利です。

>> オープンキッチンでおすすめの目隠し方法は?

「対面式キッチンは手元が丸見えになりやすい」という欠点を気にされる方も多くいらっしゃいますが、あらかじめ適切なサイズのカウンターを設置しておくことで、使い勝手が格段に上がりますよ。
どの程度の高さで設計するか、リフォーム会社にアドバイスしてもらうとよいでしょう。

キッチンのリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ペニンシュラキッチンのデメリット&後悔しないための対策は?

ペニンシュラキッチンのデメリット&後悔しないための対策は?

メリットが多い一方で、リフォーム後の使い勝手もやはり心配ですよね。
そこで、ペニンシュラ型のキッチンにありがちなデメリット問題と、解決するための対策方法についても確認しておきましょう!

事前にプランをきちんと決めておくことで、後悔することのないキッチン空間にできるはずです。

①収納スペースを確保しにくい?

特にオープンキッチンにリフォームする場合には、吊り戸棚を設置しづらくなるなどの理由から「収納スペースが減ってしまうかも」と不安に感じる方は少なくありません。
キッチン用品などの収納場所や食器棚を置く位置なども、リフォーム前に考慮しておく必要があります。

【→収納量豊富なキッチンを選ぼう!背面収納も活用を!】

ただ現在、シンク下や吊り戸棚に「デッドスペースがある」「整理しづらい」というストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。
実は、新しいシステムキッチンに交換すると、このような悩みが解消され、収納量が増える可能性が高いですよ。

ペニンシュラキッチンのデメリット&後悔しないための対策は?

最近のキッチンには、スリムな包丁や大型の鍋など、収容する物の大きさに合わせて小分けしやすい形状で設計されている製品が多数あります。
段のある引き出しタイプなど、現在お持ちの台所用品を片付けやすいデザインを選択するとよいでしょう。

ペニンシュラキッチンのデメリット&後悔しないための対策は?

また家電や食器の大きさに合わせて、キッチンの背面スペースにキッチンボードやカウンターを設けると、準備や片付け作業がはかどるでしょう。
スペースに余裕があれば、ウォークインタイプの「パントリー(食品庫)を設けて、収納庫として利用してもよいですね。

>> キッチンの背面収納リフォームの費用とポイント

②水・油はねや臭いの問題が不安……

「リビング側に油や水がはねて汚れそう」「煙や臭いが、リビングやダイニングまで拡散しそう」といった問題も、気がかりですよね。
やはり、汚れを防ぐ壁の併設や、高性能なレンジフードを採り入れるなどの対策が重要となります。

【→壁やオイルガード設置などの工夫で解決!】

ペニンシュラキッチンのデメリット&後悔しないための対策は?

まずは、壁の有無について検討してみましょう。
コンロ前に壁があるレイアウトなら、目隠し対策にもなり、安心ですよね。
キッチンのカラーや質感を、壁や床と統一させることで圧迫感も解消できるでしょう。

ペニンシュラキッチンのデメリット&後悔しないための対策は?

一方、「オープンなフルフラットタイプのキッチンにしたい」という場合には、コンロの前に透明もしくは半透明の「オイルガード」の設置をおすすめします。
レンジフードの下を全面的に覆うタイプの物や、写真のような視界が広がる高さの物を選ぶこともできますよ。

ペニンシュラキッチンのデメリット&後悔しないための対策は?

レンジフード自体も、パワーのある物や、換気しやすいよう調理台に合った大きなサイズを選択するとよいですね。
スリムタイプや、白やシルバーなどのおしゃれなデザインも多いので、見た目はさほど気にならないかもしれませんよ。

さらにリビングなど周辺の壁にも、消臭効果の高いエコカラットや、漆喰・珪藻土などの自然素材を施工しておくのも良策です。
また間取り変更も伴う工事であれば、キッチン自体を可能な限り、窓や勝手口の近くに設置できるとよいですね。
湿気がこもりにくくなれば、カビ対策にも繋がります。

ペニンシュラキッチンのデメリット&後悔しないための対策は?

なお、各デメリットの克服の仕方や、対策する上でのデザイン性などについて不安な場合には、キッチンのリフォーム経験が豊富な施工業者としっかり相談しながら、プランニングしていくとよいでしょう。
見映えや掃除のしやすさなども、プロの視点から助言してくれるはずですよ。

「理想のキッチンとはどのようなものか」「予算はどのくらいか」を施工会社とじっくり話し合ってみた上で、ぜひ好みの空間作りを目指してくださいね。

【この記事のまとめ&ポイント!】

ペニンシュラ型キッチンとは?
ペニンシュラ型キッチンとはキッチン本体の左右どちらかが、壁に接している対面式キッチンのことを指します。
ペニンシュラキッチンのメリットは?
キッチンの正面が開放的なため、家族とコミュニケーションがとりやすく、またカウンターを設置することによって手元は隠すことが可能です。その他のメリットはこちら
ペニンシュラキッチンのリフォーム価格・費用は?
本体+施工費あわせて60~200万円が相場です。ただし、新しいキッチンのグレード・大きさによっても価格は変動しますが、比較的リーズナブルな値段で施工しやすいのもペニンシュラ型の特長の一つです。
キッチンのリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンのおすすめ記事

  • おしゃれなキッチン実例(カフェ風・北欧風など)&真似したいリフォームアイデア・インテリアのコツ

    家のキッチンをリフォームする時には、せっかくの機会ですからコーディネートにもこだわり、おしゃれにしたいですよね。けれども、具体的にどんな風にリフォームしたらよいのか、イメージしにくいものです。そこで今回は、リフォームの時にチェックしておきたい収納や照明などのポイント・アイデア、プラスで工夫しておきたいインテリアのコツ、人気のシステムキッチン・造作キッチンの施工事例をご紹介します。一戸建て・マンション・団地を問わず真似できる内容ばかりなので、参考にしてみてくださいね。

  • キッチンは何色にする?10カラーの色別コーディネート事例&選び方のポイントまとめ

    新しいキッチンの色をどうしたいか、リフォームの際に悩む方も多いはず。キッチン本体の色合いや、台所周囲のカラーコーディネートもおしゃれにできると、毎日の家事が楽しくなりそうですよね。そこで今回は、白・黒・グリーン・グレー・赤・ピンク・ブルーなど10カラーのコーディネート例を一挙にご紹介します。クリナップ・パナソニック・リクシルなど人気のシステムキッチンのリフォーム事例や、キッチンの色を選ぶ際のポイントも掲載しているので、参考にしてくださいね。

  • 赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

    小さい子供やヨチヨチ歩きの赤ちゃんがいるご家庭にとって、キッチンは危険な物が多い要注意スペース。包丁に触ってケガをしたり、炊飯器の熱でやけどをしたりなど、事故が起こる可能性がとても高いですよね。イタズラをしに入ってくる子供を守るために、DIYやリフォームで工夫できることはたくさんあります。引き出しにロックをかけるなどの簡単な方法から、リフォーム業者に頼んで収納場所やキッチンを新しくしてもらうといった本格的なものまで、キッチンの安全対策に有効なアイデアをご紹介しましょう。

  • 【2020年版】人気のおすすめシステムキッチンメーカー10社比較!ランキング・リフォーム価格・事例

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・掃除のしやすさ・耐久性などの違いや評判をチェックしておきたいですよね。そこで、口コミなどで好評の国内メーカー(リクシル・クリナップ・パナソニック・トクラス・TOTO・タカラ・サンワ・ウッドワン・トーヨーキッチン・ハウステック)の、特徴を比較してみましょう。当サービス『リショップナビ』で契約された方が選んだキッチンの人気ランキングや、おしゃれなおすすめシステムキッチンのリフォーム価格(取り付け費用)の目安・施工事例もご紹介します!

  • 【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.