アイランドキッチンのメリットやデメリット、リフォーム費用・実例!使い勝手を良くするための対策は?

アイランド型のキッチンは、リビングにいるご家族とコミュニケーションを取りやすく、おしゃれな雰囲気にもできるため、憧れる方も多いはず。一方で「値段が高そう」「油はね・水はねが心配」「収納が足りなくなるかも」「目隠し対策が必要かも」など、不安に思うこともあるのではないでしょうか?そこで、アイランドキッチンのメリットやデメリット、使い勝手を向上させるためのアイデアについて、確認してみましょう。リフォーム費用相場や、おすすめメーカーのシステムキッチンを使った施工例、ペニンシュラ型キッチンとの違いについても、あわせてご紹介します。

(※記事内情報引用元:YKK APTOTO各ホームページより)

アイランドキッチンとは

「アイランド(Island = 島)」という言葉の通り、アイランド型(式)キッチンとは、シンクや作業スペースが、壁から離れた場所に「島」のように配置されているキッチンのことを指します。

キッチンの両サイドから出入りできるため作業しやすく、ダイニングやリビングにいる人と対面できるという魅力もあるキッチンです。

アイランドキッチンのリフォームを検討される方は多いですが、実際のところ、ご家庭に本当に合うのかどうか、確認しておきたい方もいらっしゃいますよね。

そこで、アイランドキッチンのメリットやデメリットについて、一緒にチェックしておきましょう。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンには、キッチンで過ごす時間が多い方はもちろん、おしゃれなLDKにしたい方にも特に注目していただきたいポイントがたくさんあります。

開放感がある

アイランドキッチンの最大のメリットは、何と言っても開放感でしょう。
視界が広がることによって、さまざまな箇所に目が届くようになります。

複数人で料理がしやすい

みんなで一緒に料理しやすいのも、アイランドキッチンの良いところ。
複数人で使っても、作業動線や立ち位置を確保しやすいのは、キッチンの左右に空間があるアイランドキッチンの強みですね。

コミュニケーションが取りやすい

また、独立型のクローズドキッチンと異なり、アイランド型のカウンターキッチンなら全体が見渡せるため、テレビを見たり、リビングで遊んでいるお子さんと話したりしながら、調理できます。

リビングにかなり近い場所に配置することもできるので、来客の多いお宅にもピッタリのレイアウトだと言えます。

スタイリッシュなイメージになる

壁に囲まれないからこそ「見せるキッチン」を演出できるのも、アイランドキッチンの美点。
収納や整理整頓なども自信のある方なら、自慢したくなるキッチンになること間違いなしです。

自由な空間設計ができる

ライフスタイルに合わせて設計できるのも利点です。
ダイニングテーブルをくっつける、軽食を食べるカウンターを別に設ける、シンクとコンロの両方をアイランド部分に設置する/どちらか一方を壁面に設置するなど、様々な配置の仕方が可能です。

キッチン周りでの家族の過ごし方に合わせて、オリジナルのプランを実現しやすいでしょう。

アイランドキッチン
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

アイランドキッチンのデメリット

魅惑的な部分の多いアイランドキッチンではありますが、忘れてはいけないのが、デメリット部分。
キッチンは毎日使う場所だからこそ、チェックしておきましょう。

広いスペースが必要

重要なことの一つが、広いスペースを必要としてしまうこと。
余裕のある空間作りには、設計の段階から様々な工夫をしなければなりません。

レイアウトにもよりますが、一般的にキッチン空間は4.5畳あると理想的と言われています。
一方で、アイランドキッチンを設置する場合は、両サイドに通路を作らなければいけないなどの都合もあることから、6畳前後のスペースが必要です。

なお、アイランドキッチンの背面に冷蔵庫を置く場合には、今後交換する時のことも考え、冷蔵庫を運び込む通路幅も確保しておくことが重要です。

>> キッチン通路幅は何cmが理想?失敗しないためのコツ

キッチンが丸見えになりやすい

アイランドキッチンは「見せるキッチン」にするなら最強ですが、逆に言えば、見えてしまうキッチンでもあるわけです。
足元のスペースまでオープンになってしまうので、片付け忘れてしまった物や汚れが丸見えに。
きちんと目隠し対策をしていない限り、日々のお手入れを怠ることはできません。

匂いが広がりやすい

キッチン周りに壁がないということは、湯気や匂いが拡散してしまうということ。
リビングと一体化しているレイアウトの場合、調理中の匂いが広がってしまうということも。

特に、IHクッキングヒーターの場合は上昇気流が弱いため、湯気や匂いが換気扇まで届かず、キッチンの周囲に広がりやすいです。
窓の位置の工夫や、高性能な換気扇の設置など、換気しやすい環境作りにも気を配る必要があります。

収納スペースが少ない

アイランドキッチンは壁面から独立している分、収納スペースをあまりとれないことが難点だと言えます。
使いやすくするには、背面やシンク下などの収納スペースの確保が大きな課題になります。

収納を増やすために、リフォーム価格が高額になってしまうパターンも多いです。

価格が高い

アイランドキッチンのリフォームでは、従来のキッチンよりも1.5~2倍の価格になる傾向があります。

LDK一体型のレイアウトになることが多いため、キッチン・ダイニング・リビングの総合的な意匠性が求められ、結果的には内装や照明などにも上質な物を選ぶことになるケースも少なくありません。

さらに上述のように、収納や換気性能をアップさせるために、コストがかかる可能性があります。

予算が不安な方は、リフォーム会社に現地調査をしてもらう際に確認してみると良いでしょう。

アイランドキッチンの収納・油はね・目隠し対策はどうする?

アイランドキッチンの見た目をきれいに保つためには、今後後悔することのないよう、きちんと対策しておくことが大切です。

画像引用:TOTOホームページより
URL : https://jp.toto.com/products/kitchen/crasso/parts/floor-cabinet.htm

まず一番に考えたいのは、アイランドキッチンそのものにできるだけ収納スペースを確保すること。

最近のシステムキッチンには、大容量で仕分けしやすい引き出しがたくさん付いているタイプもあるので、場合によっては今お使いのキッチンよりも収納量が増える可能性もあります。

リフォーム会社から一押しの機器を提案してもらうと良いですよ。

そして、手が届きやすい距離に背面収納を設置したり、土鍋やストック食品などを保管するためのパントリー(食品庫)を増設したりするのもおすすめです。
家電まで収納できるような大型の棚があっても便利ですね。

収納が丸見えになってしまうのが不安な方は、引き戸を付けておくと便利です。

水や油などの汚れ対策も配慮しておきたいところですよね。
汚れが飛び散らないようにしたい場合は、透明な「油はねガード」を設置しておきましょう。
高さが選べるので、圧迫感が少ない低い物はもちろん、レンジフードを覆うタイプも選べます。

画像引用:YKK APホームページより
URL : https://www.ykkap.co.jp/consumer/interior_select/partition/

もしも玄関などからの視線が気になる場合には、格子や間仕切りドアなどを設置しておくだけでも違いますよ。

また、作業スペースの手元を隠したい場合などには、立ち上がりカウンターの設置や、腰壁でキッチンを囲ってもらう工事を検討しても良いですね。

>> オープンキッチンでおすすめの目隠しアイデア&実例

なお、対面キッチンの施工経験が豊富な業者であれば、上記以外にもおすすめの方法を提案してくれることもあるでしょう。
プロに相談しながら、適した対処法を一緒に決めていくと、より確実です。

アイランドキッチンのリフォーム価格・費用相場

従来の壁付けタイプのキッチンを、アイランドキッチンへ変更する際の費用は、相場としては150~200万円位です。

ハイグレードタイプの機器を選ぶ時や、大容量の収納を設置するなど工事の規模が大きくなる場合には、200~350万円、あるいはそれ以上かかることもあります。

一方で、100万円前後で施工できた例もあるので、予算を重視したい場合には、リフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

キッチンのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

おしゃれなアイランドキッチンリフォーム事例

参考までに、当サービス『リショップナビ』に加盟する施工店が、おしゃれなアイランドキッチンにリフォームした実例をご紹介します。

事例1
オリジナルのステンレスキッチン

リフォーム費用 100万円
住宅の種類 一戸建て
お客様の嗜好に合わせて、レトロなインテリア空間に映える、オリジナルのステンレスキッチンを施工しました。
収納したいキッチン用品が多くなければ、こちらのように足元がスッキリしたデザインを採用するのも素敵ですね。

>> この事例の詳細はこちら

事例2
パナソニックの人気製品『ラクシーナ』を設置

リフォーム費用 179万円
住宅の種類 一戸建て
キッチンの位置移動&アイランド型への変更により、家事動線を改善。パナソニックの『ラクシーナ』を選択し、IHコンロを設置しました。
背面には、既存の食器棚や冷蔵庫も収納できるパントリーを併設。引き戸付きなので、使用しない時には目隠しできます。

>> この事例の詳細はこちら

事例3
LDKリフォームで、サンワ『グラッド45』を採用

リフォーム費用 204万円
住宅の種類 マンション
元はL型のキッチンでしたが、間取り変更を伴うLDK全体のリフォームを行い、アイランド式のキッチンに交換しました。
サンワカンパニー社の商品の中でも特に好評の『グラッド45』を使用し、シンプルかつスタイリッシュなキッチン空間の完成です。

>> この事例の詳細はこちら

事例4
クリナップ『クリンレディ』&可愛い腰壁を導入

リフォーム費用 225万円
住宅の種類 マンション
Ⅱ列型のアイランド型にリフォームし、以前はリビングの床に置いていたガスオーブンをキッチン内に配置できるようになりました。
ガスコンロの周り2面はガラス張りなので、油はね対策も万全。タイルを施した腰壁や、充実の背面収納で、見た目も使い勝手もバッチリです。

>> この事例の詳細はこちら

事例5
ダルメシアン柄のアイランド型キッチン

リフォーム費用 400万円
住宅の種類 一戸建て
トーヨーキッチンのダルメシアン柄の商品を採用し、寝室やリビングにいる子ども達の様子がよく見えるアイランド型キッチンへとリフォーム。
同時に、背面収納や可動型のスパイスラックも施工しています。

>> この事例の詳細はこちら

事例6
トーヨーキッチン『INO』が映えるLDKに

リフォーム費用 580万円
住宅の種類 マンション
ご家族やご友人が集まるセカンドハウスのリフォームにて、トーヨーキッチンの最高級品『INO(イノ)』を導入。ドーム型のレンジフードも、おしゃれですね。
ちなみにシルバーのカップボード(食器棚)は、クリナップ製です。

>> この事例の詳細はこちら

キッチンのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ペニンシュラとの違いを比較!どちらを選ぶべき?

ここまで解説した注意点や費用をご覧になり、「我が家にはアイランドキッチンは合わないかも……」と悩み始めた方もいらっしゃるかもしれませんね。
そこで、一面が壁に付いたタイプの対面キッチン「ペニンシュラキッチン」の魅力についても、簡単にお話ししておきましょう。

まず費用相場ですが、アイランド式が最低100〜150万円程度であることに対し、ペニンシュラ式であれば60万円〜でも施工可能です。

壁がある分だけ、油はね対策や収納確保などもしやすいというメリットがあり、また「家が狭くて、アイランド型が設置できない」という場合にも、ペニンシュラなら実現しやすいでしょう。

アイランド型に比べると開放感はやや減少し、片側からしか出入りはできませんが、妥協できるようであれば、ペニンシュラ型でも十分かもしれません。
実際「壁がまったくないと落ち着かない」と目隠しを後付けする方も多いので、最初からペニンシュラを選んだほうが良い場合もあるでしょう。

またL型のペニンシュラなら、壁付けキッチンのように使うことも可能で、キッチンの作業スペースも比較的広く取りやすいですね。

なお、幼い子を育てているご家庭なら、ペニンシュラのほうがベビーゲートを設置しやすいというメリットもありますよ。

>> ペニンシュラキッチンの特徴・費用
>> キッチンに入ってきてしまう子供のイタズラ防止・安全対策

キッチンのリフォームの際には、今回ご紹介したようなメリットだけではなく、デメリット対策についても考慮しながら、納得できる機器やレイアウトプランを選びましょう。

不安な点や気がかりなことがあれば、キッチンのリフォームが得意な施工業者に相談し、プロの視点からアドバイスしてもらうと、より安心です。
ご家族で一緒に楽しめる、理想のキッチンリフォームを実施できると良いですね。

キッチンのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 壁付けキッチンのメリット・デメリット・費用
>> 対面式キッチンのメリット・デメリット・費用
>> 国内システムキッチンメーカー11社を比較

更新日:2019年3月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles キッチンリフォームの記事

  • _____

    "アイランドキッチン&カウンター" のおしゃれなレイアウト♪

    アイランドキッチンとは、壁に接しない独立した「島」のような調理スペース。海外に多く見られるおしゃれなレイアウトとして人気です。このアイランドキッチンにカウンターをプラスした、よりスタイリッシュなキッチンが注目されています。それでは、食事のため調理のため、アイランドキッチンとカウンターをどういうレイアウトにすると使いやすいでしょうか。実例をご紹介します。

  • Jirei5

    オーダーメイド(造作)キッチンの価格・業者の探し方!実例・おすすめメーカーもご紹介

    オーダーメイド・特注のキッチンは、理想的なサイズやデザインを実現しやすいことから、憧れる方は多いはず。一方で、「値段が高くなりそう」「よい業者に出会えるもの?」など、不安な点もありますよね。そこで、当サービス『リショップナビ』の加盟業者がオーダーキッチン・造作キッチンを施工した事例も参考にしながら、オリジナルキッチンリフォームの価格や注意点を解説します。また、おすすめのオーダーキッチンメーカーや、オーダーメイド感覚で頼めるシステムキッチンのメーカーについても、あわせてご紹介します。

  • __________

    【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

  • Pixta_25893988_s

    おしゃれなキッチン実例(カフェ風・北欧風など)&真似したいリフォームアイデア・インテリアのコツ

    家のキッチンをリフォームする時には、せっかくの機会ですからコーディネートにもこだわり、おしゃれにしたいですよね。けれども、具体的にどんな風にリフォームしたらよいのか、イメージしにくいものです。そこで今回は、リフォームの時にチェックしておきたい収納や照明などのポイント・アイデア、プラスで工夫しておきたいインテリアのコツ、人気のシステムキッチン・造作キッチンの施工事例をご紹介します。一戸建て・マンション・団地を問わず真似できる内容ばかりなので、参考にしてみてくださいね。

  • Pixta_3676730_s

    【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop