使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

キッチンをリフォームする際には、せっかくの機会なので、使いやすい間取り・レイアウトにしておきたいですよね。作業効率を上げるためには、「ワークトライアングル」と呼ばれる配置を意識して、シンク・コンロ・冷蔵庫の位置を決めることをおすすめします。今回は、最適な家事動線を実現するためのポイントや、I型・L型・Ⅱ型などのレイアウトごとの考え方について、一緒にチェックしてみましょう!また、使いやすいキッチンにリフォームした実例も、あわせてご紹介します。

(※記事内情報引用元:LIXILホームページより)

リフォーム前に要確認!キッチンの"ワークトライアングル"とは?

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

キッチンをリフォームする前に、まずは最適な作業動線を実現するための「ワークトライアングル」について確認しておきましょう。

【水まわり】【火まわり】【冷蔵庫】の3点を線で結ぶとできる三角形(トライアングル)が、正三角形に近いほど作業性がよくなるとされています。

また、この3辺の合計が3.6~6.0mの範囲になるよう設計すると、それだけでキッチンが驚くほど使いやすくなります!

シンク・コンロ・冷蔵庫の位置が大切

わかりやすく説明すると、シンク・コンロ・冷蔵庫を、それぞれ下記のように配置することが重要になります。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!
「シンク⇔コンロ」の距離 120〜180cm
「コンロ⇔冷蔵庫」の距離 120〜270cm
「冷蔵庫⇔シンク」の距離 120〜210cm

シンク・コンロ・冷蔵庫の3点の距離が適切だと、移動や調理の時間が短縮され、作業のしやすさが格段に上がります。

上記の範囲を超えてしまうと動きにムダが出てしまい、逆に距離が短いと配膳などの作業スペースが狭くなり、いずれも家事の効率が悪くなってしまうと言われています。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

より使いやすいキッチンにするためには、料理をしてから食卓に出すまで、どのような順に動くかを考えてみましょう。

一般的には、【食材の保管場所(食品庫・冷蔵庫)】→【シンク】→【調理台】→【コンロ】→【配膳台、食器棚】という順に動きますよね。

キッチンに置く機器類も、この流れをイメージしながら配置できるとベストです。

ちなみに、右利きの人は冷蔵庫→シンク→調理台→コンロを右回りに、左利きの場合はその逆に設置すると良いとされています。

作業が効率化されると、料理の時間も楽しくなり、結果的には疲れにくくもなりますよ♪

画像引用:LIXILホームページより
URL : https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/layout/

なお、リクシルなどのシステムキッチンは、シンクやコンロの位置をある程度調整可能です。
キッチン本体の設置場所なども考慮しながら、リフォーム時にじっくり検討したいですね。

収納・ゴミ箱・コンセントの位置も忘れずに

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

食器棚など「収納」の置き場所も盲点になりがちなので、きちんと考慮しながらキッチンのリフォームを実施しましょう。
物が多い場合には、使いやすいサイズの背面・壁面収納や、パントリー(食品庫)の増設も検討しましょう。

食洗機を設置するなら、食器をしまう場所が近くにあると楽ですね。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

ただ最新のシステムキッチンに交換すると、キャビネットに収容できる量が増える可能性があるので、現在お使いの収納棚が不要になるかもしれません。
導入する機種に合わせて、既存の物の配置も決めましょう。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

また「ゴミ箱」の位置も、やはり遠すぎると不便に感じることが多いので、注意が必要です。
リビングなどから丸見えになってしまうのが後から気になるケースも多いので、できればカウンター下などに隠せるようにしておくと便利ですよ。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

なお、冷蔵庫や炊飯器など、家電を置く位置も事前に決めておき、必要に応じてコンセントの追加工事も検討しましょう。

ワークトップ(作業台)の近くに冷蔵庫も食器棚もあれば、買ってきた食材や、片付ける食器をしまう時間も短縮できそうですね。

効率的に作業できるキッチン
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

独立型かオープンかセミオープンか

リフォーム後のキッチンを、独立型・オープン・セミオープンのいずれの形にするかも、大事なポイントですよね。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

オープン型」のキッチンは、リビング・ダイニングとの間を仕切らず、一体化させる間取りであるため、開放感が抜群です。
リビングにいる家族ともコミュニケーションが取りやすく、配膳もしやすいという利点がある一方で、煙や匂いが室内に広がりやすいという欠点があります。

また、リビングや玄関から丸見えになる箇所が多くなるため、整理整頓が苦手な方の場合は、腰壁間仕切りなどによる目隠し対策が必要になるでしょう。

>> オープンキッチンでおすすめの目隠しアイデア&実例

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

対して、3方向を壁に囲まれた「独立型キッチン(クローズドキッチン)」の場合は、リビング・ダイニングに匂いや汚れが広がりにくく、作業に集中しやすいというメリットがある反面、料理する人が孤独になりやすいというデメリットがあります。

なお、オープン型から独立型のキッチンにリフォームする場合は、広い設置面積を必要とします。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

独立型とオープン型のそれぞれの良さを取り入れたければ「セミオープン型」がおすすめです。
吊り戸棚あるいは開口部のある壁を使い、リビング・ダイニングとキッチンの間をやや仕切る構造です。

多少は匂いが拡散してしまいますが、リビングにいる家族と会話しやすく、目隠し対策もしやすいでしょう。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

基本的には、目隠し対策や、子供の安全対策が必要かどうかを基準に、間取りを決めると良いですね。
例えば小さいお子さんがいらっしゃるなら、子供の様子を見守りやすくベビーゲートも設置しやすい、セミオープンの対面キッチンが使いやすいでしょう。

>> 壁付けキッチンのメリット・デメリット
>> 赤ちゃん・子供のためのキッチン安全対策

ちなみに独立型や対面式のキッチンにしたい場合には、通路幅やダイニングの広さも考慮し、狭い場所ができないように配慮することも大切です。

>> 対面式キッチンのメリット・注意点
>> キッチン通路幅は何cmが理想?失敗しないためのコツ

できればキッチンのリフォーム経験が豊富な業者と相談しながら、どういったレイアウトや間取りが最適か、一緒に考えてもらうと良いですね。

キッチンのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

I型・L型などキッチンレイアウト比較

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

ここまで解説してきたポイントを踏まえつつ、今度はI型・L型・Ⅱ型・U型のキッチンにおいて、理想の作業動線を確保するためにどうしたら良いのか、具体的に考えてみましょう。

I型キッチンのレイアウト

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

I型キッチン」は、狭小住宅でも採用しやすい、最も主流な形です。
壁付け式であっても対面式であっても、場所をあまり取らずに設置できます。

レイアウトを考える際に一番大事なのは、火まわりゾーン。
熱い鍋やフライパンを持って歩く距離が長くなると、危険ですよね。
そのためコンロやオーブンの位置が、なるべくシンクから遠くならないように設計するのが最善です。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

壁付けタイプの場合は、シンクを中間にして、コンロと冷蔵庫が一列に並ぶのが理想的です。

台所が狭く、冷蔵庫をキッチン付近に置けない場合には、シンクと冷蔵庫の間にキッチンワゴンを用意すると、買ってきた食材をしまう時や、下ごしらえしたい場合などに便利です。

L型キッチンのレイアウト

動線が自然と三角になる「L字型のキッチン」は、ワークトライアングルを実現しやすいというメリットがあります。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

L字の部分を2面とも壁付けにするか、どちらか一方のみをリビング側に向けて対面式にするかを選べるのも、魅力と言えるでしょう。

ただしL型キッチンにリフォームする際は、I型キッチンよりも広いスペースを確保しないといけません。
また、食器棚を置くスペースを忘れてしまいがちなので気を付けてくださいね。

シンクの近くに冷蔵庫やパントリーがあると、下ごしらえの時間が楽になるでしょう。

Ⅱ型キッチンのレイアウト

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

2列のキッチン台が平行に並ぶ「Ⅱ型キッチン」は、L型キッチンと同様ワークトライアングルを実現しやすく、それぞれのキッチン台に広い作業スペースを確保できるのが嬉しいですね。

収納スペースは豊富になりますが、問題となるのは冷蔵庫の場所でしょう。
またシンクとコンロを、どちらも同じ列に付けるか、別々の列に設置するか、慎重に考えたいところですね。

壁の端に冷蔵庫とコンロを置き、ダイニング側にシンクがある状態にすると、比較的使いやすくなります。
コンロと流し台との距離が最適だと、野菜や麺を茹でた時に、水切り作業が楽になりますね。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

なお振り返る動作が多くなるため、シンクの真後ろにコンロが来るような配置は危険なので避けましょう。
うっかり火にかけている鍋の取っ手などにぶつかってしまう可能性があります。

ちなみにⅡ型のキッチンのレイアウトには、キッチンの脇を壁に付けるタイプの「ペニンシュラ型」か、もしくはキッチンの両脇に通路を作れる「アイランド型」の、2タイプがあります。

ペニンシュラのほうが価格が安く、狭小住宅でもリフォームしやすいですよ。

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

一方、アイランド型キッチンは開放感があり、複数人でも作業しやすい点が魅力ですが、キッチンの両側にも通路幅を確保する必要がある分、設置の際に広いスペースが必要です。

U型(コの字型)キッチンのレイアウト

使いやすい理想的なキッチンの間取り・レイアウトって?実例やタイプ別のポイントを解説!

U型(コの字型)キッチン」は、アルファベットの「U」やカタカナの「コ」のような形状のキッチンです。
キッチン空間がほぼ独立したスペースになり、収納量も豊富なので、本格的に料理を楽しみたい方に人気があります。

シンク・コンロ・フリーな作業台スペースが、それぞれ分かれるように配置すると良いでしょう。
キッチンの奥側に、シンク・コンロのどちらが来るかが重要になりますが、いずれにしても冷蔵庫がシンクの近くになるよう配慮してくださいね。

効率的に作業できるキッチン
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

使いやすいキッチンにリフォームした実例

最後に、当サービス『リショップナビ』の加盟会社が、キッチンを使いやすいレイアウトでリフォームした事例をご紹介します。
オープンタイプや独立型など、様々なパターンを掲載しているので、参考にしてくださいね。

事例1
壁付け式からオープンな対面式へ

リフォーム費用 95万円
住宅の種類 一戸建て
築年数 20年
間取り変更で、独立していた台所をオープンなペニンシュラ型に変更し、広々としたLDKになりました。採用したキッチンは、トクラス社の『ベリー』です。カウンター部分に高さがあるので、作業台の手元もしっかり目隠しできます。
キッチンの横には家事用カウンターとパントリーも設置しました。

事例2
収納量が多いキッチンに交換し、壁と吊り棚を撤去

リフォーム費用 125万円
住宅の種類 マンション
築年数 25年
圧迫感を感じていたため、吊り戸棚と台所周りの壁を撤去。キッチン本体を、収納量が豊富なリクシル社の『リシェルSI』に交換したので、吊り棚がなくても台所用品をきれいに収容できます。
リビング側には、カフェのように食事を楽しめるカウンターも設けました。

事例3
独立L型をセミオープンのペニンシュラ型に

リフォーム費用 133万円
住宅の種類 マンション
築年数 30年
独立していたL型のキッチンを、パナソニック社のペニンシュラ型キッチンへ変更。リビング・ダイニングを見渡せる広々とした台所になりました。
元々あったキッチンの吊り戸棚を撤去し、その分たっぷり収納できるカップボード(食器棚)を背面に設置しています。

事例4
アイランドキッチン&冷蔵庫も隠せるパントリー

リフォーム費用 179万円
住宅の種類 一戸建て
築年数 6年
「生活動線を改善し、全体的に明るく開放的にしたい」というご要望にお応えし、キッチンの位置を移動して、ご家族と会話しやすいアイランド型に変更しました。
背面のパントリーには、既存のカップボードや冷蔵庫も収納できます。

事例5
間仕切り壁の造作で、独立型キッチンへ

リフォーム費用 182万円
住宅の種類 マンション
築年数 15年
リビング側に間仕切り壁を造作の上、背面収納が豊かな独立型キッチンへとリフォーム。より料理に集中できそうですね。
新しいキッチンには、パナソニック社の人気製品『ラクシーナ』を選定しました。

事例6
対面式のL型キッチン

リフォーム費用 -
住宅の種類 一戸建て
築年数 5年
中古住宅をご購入し、入居前にリフォームされました。冷蔵庫の位置が絶妙ですね!
キッチンのシンクをリビング側に移動し、対面式に変更。
台所に立ちながら、ご家族の顔や、ダイニングの向こうの外の緑が見えるようになり、奥様にも喜んでいただけました。

今回は色々なキッチンの例をご紹介しましたが、ご家庭によって、どのような間取りやレイアウトを実現しやすいか、ご自身だけでは判断できないことも多いでしょう。

ご自宅のキッチンスペースにはどのような配置が合うか、予算内で理想の間取りにできるかどうかなどは、プロの業者に現地調査してもらいながら相談するのが一番です。
また、日常的にキッチンを使っている女性プランナーや、家事動線に詳しいインテリアコーディネーターなどが在籍している業者であれば、使い勝手も考慮しつつ適切な提案をしてくれるはずですよ。

毎日使うキッチンだからこそ、ぜひ納得のいくレイアウトを実現してくださいね!

キッチンのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

【この記事のまとめ&ポイント◎】

使いやすいキッチンを実現するための「ワークトライアングル」とは?
「シンク・コンロ・冷蔵庫」の3点を線で結んだ時にできる三角形(トライアングル)が、正三角形に近いほど作業効率が上がると言われています。
また、この3辺の合計が3.6~6.0mの範囲になるよう設計すると、キッチンが驚くほど使いやすくなります。
詳しくはこちら
使いやすいキッチンにするためのレイアウト例を見たい。
「I型」「L型」「Ⅱ型」「U型(コの字型)」のキッチンのレイアウト例について、こちらで解説しています。
キッチンを使いやすくリフォームした実例を見たい。
壁付け式キッチンかを対面式にリフォームした事例などをこちらに掲載しています。
リフォーム費用などもぜひ参考にしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンのおすすめ記事

  • 【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

  • 【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

  • 【2020年版】人気のおすすめシステムキッチンメーカー10社比較!ランキング・リフォーム価格・事例

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・掃除のしやすさ・耐久性などの違いや評判をチェックしておきたいですよね。そこで、口コミなどで好評の国内メーカー(リクシル・クリナップ・パナソニック・トクラス・TOTO・タカラ・サンワ・ウッドワン・トーヨーキッチン・ハウステック)の、特徴を比較してみましょう。当サービス『リショップナビ』で契約された方が選んだキッチンの人気ランキングや、おしゃれなおすすめシステムキッチンのリフォーム価格(取り付け費用)の目安・施工事例もご紹介します!

  • 子育てしやすい家にリフォーム・リノベーションしたいあなたへーおすすめの方法・実例・費用をご紹介します

    子育て世代にとって、お子さんと一緒にいられる時間はかけがえのないもの。おうちの中でも、のびのび過ごしている姿を見たいですよね。子供を見守りやすい環境に整えたり、家事の時間を短縮して一緒に遊んだりするために、リフォームやリノベーションでできることは色々あります。今回は「子供のための家」を作る際の間取りなどのポイントや、一戸建て・マンションのリフォーム実例についてご紹介します。また予算組みが不安な方のために、補助金やローンについても解説するので、参考にしてくださいね。

  • リフォーム/リノベーションの間取りの失敗例5つ!注意点やポイントも解説!

    リフォーム時に一番気をつけたいのが、理想のイメージと実際のできあがりに差が生まれてしまうことです。良いイメージばかりが先行してしまい、実際に暮らしてみたら不便で仕方がないなんていうことも。もしそうなったら後悔してしまいますよね。今回は、大小問わずリフォーム時の間取りの失敗例をいくつか挙げてみたいと思います。リフォームを検討されている方は、チェックしてみてください。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.