リフォームで水回りを移動するときの費用を解説!一戸建て・マンション・場所ごとの相場

加盟希望はこちら▶

リフォームで水回りを移動するときの費用を解説!一戸建て・マンション・場所ごとの相場

更新日:2021年09月17日

キッチン

「ライフステージの変化に合わせて、自宅の水回りを動かしたい」「そもそも水回りの設備って動かせるの?」こういった疑問をお持ちの人は多いかもしれません。一戸建てはもちろん、マンションの場合でも、リフォームをすることで水回りを動かすことが可能なケースがあります。この記事では、水回りの設備を移動する費用や注意点について解説していきます。

リフォームで水回りの移動はできる?

リフォームで水回りを移動するときの費用を解説!一戸建て・マンション・場所ごとの相場
そもそも、リフォームで水回り設備は動かせるものなのでしょうか。

設備を動かすときは、水道管の延長や増設が必要になることが多いです。
電気やガスを使う設備に関しては、電気やガスの工事も必要になるでしょう。
こういった施工に加えて、解体・修復も行うため大掛かりな作業になりやすいですが、設備の移動自体は可能です。

一戸建ては配管の自由度が高いため、移動できるケースが多いです。

ただし、場所を大きく動かしたいときや配管の大規模な増設などを行うときは、施工費が高額になりやすいので注意しましょう。

対してマンションは、管理規約などで配管の移動が禁止になっていることが多く、希望が叶えられないケースも少なくはありません。
ただし、配管の増設で対応できるときはリフォーム可能な場合もあります。

もし設備の移動を希望しているのであれば、事前に管理会社などに工事が可能かどうか確認しておきましょう。
水回りリフォームに強い
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

リフォームで水回りを移動するときの費用相場

リフォームで水回りを移動するときの費用相場
さっそく、リフォームで水回りを動かすときの費用相場について見ていきましょう。

一戸建て・マンションごとの費用目安は、以下のとおりです。

一戸建て マンション
キッチン 50~200万円 40~90万円
浴室 100~200万円 70~100万円
トイレ 30~80万円 30〜50万円
洗面台 20~30万円 20〜30万円

それぞれの施工費について、詳しく見ていきます。

リフォームで水回りを移動するときにかかる費用の内訳

大前提として水回りを動かすときは、設備を新調するかどうかで金額が大きく変わってきます。
今使っている設備を使い続けるときは、移動工事のみで対応可能です。

他方で設備を交換するときは、移動代に加えて解体処分代と新しい設備の購入代金がかかるため、費用が高額になりやすいです。
予算に合わせて、無理のない計画を立てていきましょう。

キッチン

キッチン
キッチンを動かすときは、ガスや電気、換気ダクトの工事が必要になります。シンプルなI型は比較的安く、背面の施工を行うII型やアイランド型はリフォーム代が高くなりやすいです。

設備を取り替えず場所の移動のみを行うときの費用は、内装や給排水の工事のみで対応可能です。
この場合は高くても100万円以下、安ければ50万円以下に抑えることもできます。

システムキッチンなどの設備を取り替えるときは、トータルで100~200万円くらいかかることもあります。
また、1階から2階への移動など、階をまたぐ場合には、さらに高額になることもあるので注意が必要です。

>> 使いやすいキッチンの間取り・レイアウト!
>> キッチンを移動する費用・実例も

浴室

浴室
浴室を動かすときは、内装だけではなく床下の基礎や防水処理も行うため、高額になる傾向にあります。
移動のみのときは100万円前後、ユニットバスなどを買い替えて設備をまるごと交換するときは、120~200万円以上の費用がかかることがあります。

ただし、浴室は解体して再設置すると防水性が落ちてしまうため注意が必要です。
20年ほどが経過した古い浴室を使っているときは、買い替えたほうが安心でしょう。
ユニットバスの品質によって変わりますが、安ければ50万円程度、高品質なものであれば130万円程度の値段がかかります。

浴室がタイル張りの在来工法である場合や、水をスムーズに流す勾配が足りなくて床の高さを上げる施工が必要な場合は、より高額になりやすいです。

>> 浴室移動リフォームを安くするコツとは?

トイレ

トイレ
トイレは、動かすだけなら30~60万円程度に抑えられるケースが多いです。
ただし、和式から洋式への変更や手洗い場の設置などの大きな変更を伴うときは、80万円前後かかることもあります。

トイレの設置や配線、配管工事は15~30万円程度、トイレの本体価格は5~30万円です。
トイレ内の内装は10万円程度ですが、プラスして棚やキャビネットを設置するときは4~15万、手洗い場を設置するときは10万円弱くらいの金額が加算されます。

元の場所から離れた場所にトイレを動かすときは、間取りを変えるために壁を作ったり給排水の延長工事をしたりするので、高額になりやすい傾向にあります。

>> 安全で使いやすいトイレにするポイント!

洗面台

洗面台
洗面台を動かすときは、移動先が1階のときよりも2階のときのほうが少し高くなる傾向にあります。
1階へ動かすときは20~30万円程度、2階へ動かすときは25~35万円程度が相場です。

洗面台のサイズが移動先の空間に収まらないときは、洗面台の買い替えもしくは拡張工事が必要になり、さらに代金がかかります。
リフォームするときは、あらかじめ移動先の空間を確認しておきましょう。

>> 洗面台リフォームの注意点

マンションの水回りを移動するリフォーム費用

マンションの水回りを移動するリフォーム費用
管理規約により大規模な作業が行えないマンションでは、一戸建てよりもコンパクトな設備が選ばれたり配管工事が少なかったりするため、リフォーム代が安く済むことがあります。
代金の目安は以下のとおりです。

・キッチン:40~90万円
・浴室:70~100万円
・トイレ:30〜50万円
・洗面台:20〜30万円

ただし、マンションの空間に合う機器がないときは、価格が高いオーダーメイドの機器が必要になる可能性があります。
その場合は割高になってしまうため、十分に注意しましょう。
水回りリフォームに強い
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

リフォームで水回りを移動するときの注意点

リフォームで水回りを移動するときの注意点
ここからは、水回りを動かすリフォームを行うときに意識したい2つの注意点を紹介します。

設備のサイズや移動後の間取りをよく確認する

水回りを動かすときは、移動先の空間に収まるサイズの設備を選ぶことが大切です。
数字だけ見ても大きさをイメージすることは難しいので、ショールームなどで実物を確認してサイズ感を見ておくことをおすすめします。

また、設備の移動後は今までとガラッと空間の広さや間取りが変わるため、空間の広さについてもしっかりと考慮しておきましょう。

・浴室まわりに十分な空間がなくて脱衣所が狭くなってしまった
・タンクレストイレを設置したら狭くなり、立ったり座ったりしにくくなってしまった

上記のようなトラブルを防ぐためにも、施工前は業者としっかり打ち合わせしておきましょう。

配管の関係で水回りの移動ができないケースがある

そもそも、水回りが動かせるかどうかは配管に大きく左右されるため、配管の問題で設備の移動ができないケースもあることを理解しておきましょう。

水回りを動かすときは排水管を伸ばす作業が必要ですが、その距離が長くなるほど、スムーズに水を流すために勾配が重要になります。
勾配をつけられない物件では、水が流れにくくなり詰まったり漏水したりするので、設備の移動はできません。

戸建ての場合はほとんど問題ありませんが、マンションにお住まいの人は注意しましょう。
排水管がコンクリートに埋め込まれていたり床下に隙間がなかったりと、そもそもリフォーム自体ができないこともあります。

ただし、移動ができなくても向きの変更はできる可能性が高いため、希望の際は管理組合に相談してみてください。
水回りリフォームに強い
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

水回りの移動リフォームは正しく費用計画を立てよう!

水回りの移動リフォームは正しく費用計画を立てよう!
水回りを動かすリフォームをするときは、給排水だけではなくガスや電気、換気ダクトの工事などを行う必要があります。
ほかの工事よりも高額になりやすいため、しっかりと計画を立てて行いましょう。

設備を動かしたいと思っても、物件によっては思うように施工できないケースがあります。
設備の移動は金額も高くなりやすいため、本当に動かすべきかどうかを慎重に見極めることが大切です。

予算と希望のバランスをよく考え、後悔のない工事を行っていきましょう!
水回りリフォームに強い
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 水回りリフォームの費用相場と事例

リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォーム費用相場のおすすめ記事

  • 【2022年版】人気のおすすめシステムキッチンメーカー10社比較!ランキング・リフォーム価格・事例

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・清掃性などの違いや評判をチェックしておきたいもの。そこで、口コミなどで好評の国内メーカー(リクシル・クリナップ・パナソニック・トクラス・TOTO・タカラ・サンワ・ウッドワン・トーヨーキッチン・ハウステック)の、特徴を比較してみましょう。当サービス『リショップナビ』で契約された方が選んだキッチンの人気ランキング(2019/2020/2021年/総合版)や、おしゃれなおすすめシステムキッチンのリフォーム価格(取り付け費用)の目安・施工事例もご紹介します!

  • お風呂・浴室・ユニットバスのリフォーム費用相場&施工例21選!おすすめ業者の口コミも公開

    築10年を過ぎると、浴室のリフォームを検討し始める時期を迎えます。しかし気になるのが「お風呂場をまるごと交換・改修する費用って、高いのでは?」「工事日数はどれ位?」「会社はどんな所がよいの?」といったことではないでしょうか。そこで今回は『リショップナビ』の施工事例を元に、一戸建て・マンションにおけるバスルームのリフォーム価格についてご紹介します。在来浴室のリフォームやTOTOなどのユニットバス(システムバス)の実例、おすすめ業者の口コミなど幅広く掲載しているので、チェックしてみてくださいね。

  • ここだけは見て!"リフォーム見積書" 8つのチェックポイント

    リフォーム会社を探す際に必ず見ることになる「リフォーム見積書」、しかし、普段なかなか見る機会のないものなので、どこに注目して判断をすれば良いのでしょうか?ここではそんな見積書の見方と判断ポイントについてご説明します。

  • 【2022年版】トイレおすすめ5社を比較!人気ランキング・リフォーム価格・施工例!掃除しやすいのは?

    トイレのリフォームをする際、どのメーカーのどんな商品を選ぶと良いのか、判断するのが難しいですよね。そこで、人気のトイレメーカーである、LIXIL・TOTO・パナソニック・ジャニス・タカラスタンダード5社の魅力や違いについて、ご紹介します。当サービス『リショップナビ』における成約ランキング(2021年2月~2022年2月)や、各社のおすすめ商品であるアメージュZ便器(フチレス)・ピュアレストQR・NewアラウーノVなどのリフォーム価格帯および施工事例も公開します!

  • 洗面台交換・洗面脱衣所リフォームの費用相場や施工事例、業者の口コミを大公開!

    洗面台(洗面化粧台)の交換や洗面脱衣所のリフォームの際に多くの方が気になることは、値段やどんな業者に依頼したらよいかということです。そこで今回は、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム会社の施工事例を元に、洗面台・洗面所リフォームの料金相場を解説します。LIXILやパナソニックなどのおしゃれな商品を設置した実例もあります。さらに、洗面台の選び方や施工業者の口コミも公開しているので、チェックしてみてください。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。