【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

家族に介護が必要になった時、多くの人が直面するのがトイレの問題です。介護を始めると、トイレの広さが不十分、ドアが開けにくい、段差があるなど、今まで気にならなかったところに使いづらさを感じるケースが増えると言われています。トイレを安全で使いやすくするには、どのような点に気をつけるとよいのでしょうか?大切な11のポイントについてまとめてみました。

1.トイレ室内を広くする

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

立ったり座ったり、洋服を下ろしたりと、高齢者にとってトイレでの動作はいろいろな負担を生じるものです。
介助が必要な場合は二人一緒にトイレに入らなければなりませんが、この時に大きな問題になるのが室内の広さです。

便器の正面や左右に介助スペースがあると、お互いの動作が非常にスムーズになります。
理想とされている広さは1.25坪~1.5坪ほど。
トイレのリフォームをする機会があったら、将来を見越して、スペースを広めにとっておくのもいいですね。

>>【介護リフォームのポイント】家族や自分の負担を減らすために出来ることは?

2.扉は引き戸タイプもしくは外開き

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

トイレの扉が内開きのお宅では、万が一家族が中で倒れてしまった時に、外から開けづらくなるというデメリットがあります。
また、介助のために二人でトイレに入る時にも、内開きの扉は動作の妨げになります。

そこで、トイレの扉はできるだけ引き戸タイプに換えることがおすすめです。
引き戸が設置できない場合は、外開きのドアに換えるだけでも大きく違います。

3.出入り口はフラットに段差なく

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

要介護度が進むと、車椅子での移動が必要になる方も多くいます。
トイレも車椅子のまま入室できるとかなり楽になりますよね。

このような時に問題になるのが、出入り口の段差です。
リフォームをする場合は、出入り口の段差の解消も必ずプランに入れましょう。
また、出入り口の幅を1メートル以上確保できれば、さらに使いやすくなります。

車椅子にならなくても、高齢になるとちょっとの段差でもつまずくことがあるので、なるべくなくしておいたほうがいいでしょう。

4.便器は足腰への負担が軽い洋式に

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

和式の便器を使う時には、洋式よりもはるかに足腰への負担がかかります。
高齢者の方にとってはかなり使いづらく、また転倒などの危険もあるため、洋式の便器に取り替えるようにしましょう。

5.床材は滑りにくいものを

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

どの室内においてもそうですが、転倒防止のために床材は滑りにくい素材を選ぶことが大切です。
トイレの場合は、塩化ビニール樹脂性のクッションフロアがおすすめ。
表面に凹凸があるので滑りにくく、掃除がしやすいというメリットもあります。

床材を変えるのが難しい場合は、滑り止め機能付きのマットを敷くと良いでしょう。

>> トイレの雰囲気をがらっと変えるオススメ床柄15選
>> 場所別!おすすめ床材の選び方はこちら

安全使いやすい
\快適なトイレにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

6.手すりを設置する

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

介助を必要とする高齢者の方でも、できるだけ自分の力でトイレを利用できることが理想的です。
そのため、動作を助ける手すりの設置は必須と言えるでしょう。

トイレ内の手すりは、立ち座りの動きを一連の流れでサポートできるよう、L字型に設置することがおすすめです。
また、背もたれやひじ掛けがあると、座った時に姿勢を楽に保てます。

7.照明は足元が見える明るさのものを

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

意外と見落としがちなのが、照明の明るさです。
高齢者がトイレを利用する場合は、足元まではっきり見えるくらいの明るさがあると安心です。
照明が薄暗いと転倒の原因になることもあるため、十分注意しましょう。

8.手洗い器があると便利

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

トイレタンク上の手洗いは、高齢者や子供の手が届かないケースが多く見受けられます。
そのため、手洗い器を別に設置するというのも一つのアイディアです。

また、手洗い器のカウンターは手すり代わりにもなるので、高齢者の方の手助けにつながりますね。

>> トイレの手洗いカウンターを選んでこだわりの空間に♪

9.できればトイレの場所は寝室の近くに

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

要介護者にとって、寝室からトイレへの移動は大きな負担になりかねません。
トイレが間に合わない、移動中に転倒してしまったなどのトラブルを避けるためにも、できればトイレと寝室の距離は近い方が望ましいでしょう。

10.ヒートショック防止の対策を

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

浴室や洗面所と同様に、トイレの室内も急激な温度差によるヒートショックの危険があります。
人感センサー付きのヒーターを足元に設置したり、温水洗浄便座に取り替えるといった対策で、ヒートショックの防止に努めましょう。

11.緊急呼び出しボタンもあるといい

【必見】トイレを安全で使いやすくする11のポイント!

また、トイレ内で急に具合が悪くなった時などに備え、室内に緊急コールボタンを設置しておくと安心です。

大切なご家族が安心してトイレを利用できるように、前もって準備しておけることはたくさんあります。
また、介護が必要になってからでも、ポイントを押さえたリフォームを行うことは可能です。

今回ご紹介した点を参考に、安心・安全なトイレ作りを計画されてみてはいかがでしょうか?

安全使いやすい
\快適なトイレにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> トイレリフォームの費用相場
>> トイレリフォームのよくある失敗!

更新日:2016年2月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレのおすすめ記事

  • すっきり&使いやすく!トイレを快適でおしゃれな空間にするための収納術とは?

    トイレットペーパーや掃除用具など、かさばる物が多いトイレ。これらをトイレに収納する場所がないと毎回違う部屋に取りに行くことになってしまい大変面倒です。限られた空間でも上手に収納スペースを作るとオシャレで快適なトイレに変身します。ここではトイレの収納の様々なアイデアをご紹介します。

  • トイレの手洗いカウンターを選んでこだわりの空間に♪

    トイレ内にあると便利なのが手洗いカウンター。実用性ばかり重視しがちな手洗いカウンターですが、インテリアにこだわりのある人はすっきりした美しい空間に仕上げています。どんな工夫をすれば素敵な手洗いカウンターになるのか、そのコツをまとめてみました♪

  • 【必見!】よくあるトイレリフォームの失敗

    トイレは独立した狭い空間なので、リフォームに着手しやすい場所です。でも狭いから、と気軽に考えてしまい、せっかくリフォームしたのに失敗してしまったというケースも多々あります。毎日使うトイレが快適な空間になるよう、リフォームは絶対に成功させたいですよね!今回はトイレリフォームの失敗例をご紹介します。

  • トイレのリフォーム費用相場・工事期間・事例集!おすすめの業者の口コミもご紹介

    トイレのリフォームをしたい時、気になることはやはり「価格・予算はいくら?」「工事期間がどの程度?」ということですよね。本記事では、当サイト『リショップナビ』の加盟業者による、トイレの交換リフォーム事例を参考にしながら、トイレの壁紙・床も含めた工事費込みの値段や、和式から洋式へのリフォームなどの費用相場を解説します。掃除しやすいTOTO・LIXIL・パナソニックといったおすすめメーカー品の実例や、補助金の活用方法、人気の高い業者の口コミなども掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • ウォシュレット(温水洗浄便座)取り付けのポイント【日本の家庭の7割が使っている!】

    今や日本のトイレで主流となりつつある、ウォシュレット(温水洗浄便座)。実際に使ったことがないと、どのような魅力があるのかイメージしにくいものですよね。ウォシュレットのメリットやデメリット、取り付ける時に気をつけたいことなどを、確認してみましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。