リフォームとリノベーションの違いはない!?どちらが向いてるかわかりやすく解説!

リフォームとリノベーションの違いはない!?どちらが向いてるかわかりやすく解説!

「リフォーム」と「リノベーション」の違いをご存じでしょうか?「リフォーム」と「リノベーション」は似た意味を持つ言葉のように感じますが、両者の違いとは、具体的に何なのでしょうか。混同されやすい「リフォーム」と「リノベーション」の違いや、リノベーションのメリット・デメリットをご紹介します。

リフォームとは?

リフォームとリノベーションの違いはない!?どちらが向いてるかわかりやすく解説!

「リフォーム」とは、一般的には、老朽化した建物を建築当初の性能に戻すことを指します。
クロスの張り替えなどの小規模な工事や、設備の取り替え、外壁の塗り替えなど、経年劣化によってマイナスの状態になった住宅を、新築当初のゼロの状態に戻すような工事を指します。

リノベーションとは?

リフォームとリノベーションの違いはない!?どちらが向いてるかわかりやすく解説!

一方、「リノベーション」とは、住まい全体を一新し「性能を新築の状態よりも高める」「元々の建物に新たな付加価値を足す」などの大規模な工事を指します。

リフォームがマイナスの状態からゼロにするものなのに対して、リノベーションは、マイナス・ゼロの状態から住宅をプラスにするようなイメージです。

リノベーション工事内容としては、例えば、建物を骨組みだけのスケルトン状態にして行う間取りの変更や、水回りの配管移動などが当てはまります。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションは、線引きが難しいところではありますが、主な違いは「工事の規模」と「工事が完了した後の、住まいの性能」の2点に関わることと考えるとよいでしょう。

リフォームとリノベーションの違いはない!?どちらが向いてるかわかりやすく解説!

工事の規模

システムキッチンやユニットバスなどの設備の交換や、クロス・床などの内装工事はリフォーム。
間取り・排水管などの移動を伴う大規模な工事はリノベーションと考えましょう。

住まいの性能

住まいの性能に関しては、リフォームは住まいの性能を新築当時のような状態に戻す工事であり、リノベーションは、そもそもの用途を替えたり、新築当時を超える性能にする工事と理解しておきましょう。

リフォームが向いている場合

キッチンや洗面台をもっと使いやすくしたいという場合や、古くなったフローリングを新しいものに交換したい場合などは、リフォームで解決します。
リノベーションに比べて工事期間が短くコストも安いため、予算や工期を抑えて、最低限の機能性を確保したいときにはリフォームがおすすめです。

また、リノベーションでは既存の配管や壁を撤去するため、完成後のイメージがつかみにくいので、大幅にイメージチェンジをしたくないときにはリフォームが良いでしょう。

リノベーションが向いている場合

水回りの機能を大きく向上させるために配管の移動が必要な場合や、出産・子供の独立・二世帯同居などで部屋の数を変更したい、間取りを大幅に変えたいという場合には、思い切って既存の壁を撤去してリノベーションを行うと効率的です。

また、住宅を購入する際に、好みの立地や間取りの新築物件が見つからなかった場合に、中古物件を購入してリノベーションを行う方法も人気を集めています。

ここで、リフォームとリノベーションの違いについて、簡単におさらいしておきましょう。

「リフォーム」とは?
老朽化した建物の一部もしくは全体を、建築当初の性能に戻すこと。
例) 壁紙クロスの張り替え、設備交換、外壁の塗り替えなど。(詳しくはこちら)
「リノベーション」とは?
新築当初とは異なる、新たな付加価値をプラスするような大規模な工事。
例) スケルトンリフォームや、配管移動工事など。(詳しくはこちら)
「リフォーム」よりも「リノベーション」が向くのはどんな時?
厳密な違いはありませんが、強いて言うならば「ご家族の人数が変わる時などに合わせて、間取りを変えたい時」「水回りや配管の位置を大幅に見直したい時」や「家の耐震性・断熱性を全体的に向上させたい場合」などには、リノベーション工事を実施する方が多く見られます。詳しくはこちら)

希望に合わせてくれる
施工会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

リノベーションのメリット

では、最近注目が高まっているリノベーション、その人気の秘密はなんでしょうか?
ここでは、中古物件を購入してリノベーションする魅力をご紹介します。

ライフスタイルに合わせた自由な間取り

リノベーションが向いている場合

リノベーションは、間取り変更を含む大規模な改修が可能なので、3LDKから大きなワンルームへの変更でも、壁付けキッチンからアイランドキッチンへの変更でも、ライフスタイルに合わせた間取り設計が可能です。

好みに合わせておしゃれなデザインに

リノベーションが向いている場合

間取りを取り払ったスケルトン状態から自分で設計することができるので、フローリングの素材、壁紙のデザインから設備、ドアノブひとつまでデザインにこだわることができます。

良い立地に低コストで住める

リノベーションが向いている場合

これが最大のメリットといってもよいかもしれません。

新築では駅近や住みたい街に家を持つことは難しい場合でも、中古物件なら新築よりも費用相場が安いので、立地を重視して物件を選ぶことができます。

また、すでに開発されている駅の周りでは、駅近に新築物件が建てられる可能性はかなり低いですが、中古物件なら物件数も多いので、どうしても住むエリアを譲れない方には、嬉しい情報ですね♪

希望に合わせてくれる
施工会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

リノベーションのデメリット

大規模な工事となるリノベーションは、デメリットもしっかりチェックしておきましょう。
具体的には、以下のような問題が挙げられます。

物件の耐久性が不安になる可能性がある

中古物件を購入するときには、耐久性に問題がないか見定めることが大切になります。

特に築年数に注意が必要で、現在の耐震基準法が適用された1981年6月以前に建築確認を受けている住宅については、大きな耐震補強が必要になり、工事費用が高額になってしまう可能性があります。

不安な方は、気になった物件の契約をする前に、ホームインスペクション(住宅診断)を行っておくことをおすすめします。
また、購入前の中古住宅を一緒に視察した上で、耐震性に問題がないか、希望のリノベーションを実施できるかどうか、アドバイスしてくれるリフォーム会社もあります。
物件購入から工事まで一貫してサポートしてくれるワンストップリノベーション会社も多いので、プロに相談してみるのが最も確実です。

>> 安心できる住まいを診断!「ホームインスペクション」って?
>> ワンストップリノベーション会社とは?リノベーション会社の種類と選び方

住むまでに時間が必要

中古物件を購入してリノベーションを行う際には、新築を買うときと違い、引き渡し前に建物検査やリノベーション内容の設計、工事をする期間が発生します。

さらに、中古住宅を契約してまもなく工事が開始するとは限らず、理想の住まいにリノベーションするためには、施工会社との打ち合わせの時間もかかります。

仕事が忙しく、打ち合わせのための時間を確保できない方や、すぐに新居へ住み替えたいという方には、リノベーションは良策とは言えません。

なお、現在お住まいの家をスケルトン状態にし、一度完全に解体してしまう場合には、住みながらの工事が難しいため、仮住まいが必要になるのでその分のコストもかかります。

ローンの金利が高くなる傾向がある

中古物件を購入・リノベーションする際に融資が必要な場合、工事費用については一般の住宅ローンを適用することができません。
このため、物件購入のための住宅ローンとは別に、リフォームローンも申し込むことになります。

リフォームローンは、住宅ローンに比べて金利が高い傾向があります。
また物件購入後にリノベーション工事が開始することから、工事期間中には物件購入費用とリノベーション工事費用の二重払いをしなくてはならない可能性があるため、綿密な資金計画を立てておかなくては大変です。

なお、ワンストップリノベーション会社に依頼すると、中古物件の購入手続きと並行して、工事の打ち合わせや各ローンの紹介サービスを受けることができるので、おすすめです。

希望に合わせてくれる
施工会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶

リノベーションが注目されている理由

ところで、上述したようなデメリットがあっても、以下のような理由から、国内ではリノベーションが非常に注目されています。

リノベーションが向いている場合

新築以外の選択肢

元々は日本では、新築の家が最もステータスが高いとされる「新築至上主義」という価値観が重要視され、およそ30年の周期でスクラップ&ビルド、つまり建物を壊して建設し直すという行為が繰り返されてきました。

ところが現在では、土地・新築物件・建築資材の価格高騰があったり、新築でも構造計算書偽造問題の事件があったりということから、安全な住まいや物件購入費が、消費者の理想とかけ離れていくようになりました。

そのため、希望のエリアに立地するリーズナブルな中古物件を購入し、耐震性も考慮したリノベーション工事を行うという選択肢が、国内の消費者の間に広がりつつあるのです。

環境保護視点

また、上記の通りスクラップ&ビルドが繰り返されたことにより、大量の廃材が出て、さらに新しい材料を調達し続け、環境破壊が進んでしまったことも、リノベーションが注目されてきている背景の一つです。

新築ではなく、今ある住宅の使える部分は残し、改修してよみがえらせるリノベーションは、環境保護に大きく貢献しています。

ライフスタイルの変化

マイホームを取得してからは、家族で何十年と住み続けていくものです。
月日が流れていく間に、それぞれのライフスタイルも変わっていき、住宅や設備は劣化していくため、メンテナンス対応もしなくてはいけません。

水回り設備をまとめて交換したいときや、お子さんの成長に合わせて子供部屋を増設あるいは撤去したいとき、高齢になった家族のために段差を減らすバリアフリー工事をする際にも、リノベーションを行うご家庭が増えています。

自分好みに設計できるリノベーション。興味のある方は、リノベーションに対応できる施工会社に見積もりを依頼し、内容を比較してみるとよいですね!

希望に合わせてくれる
施工会社を探したい!/
完全無料!
まずは一括見積もりで比較 ▶
更新日:
このエントリーをはてなブックマークに追加

リノベーションのおすすめ記事

  • リノベーション会社の種類と選び方をちゃんと知っていますか?

    最近よく聞く、中古住宅購入リノベーション。リノベーションとは、既存の家に大規模な工事を行うことで、新築並みの性能と、流行りの外観に変えられます。しかし、複雑な工事だけに、リノベーション会社選びがかなり重要となります。今回は、リノベーション会社の選び方についてご紹介します。

  • リノベーション/スケルトンリフォームの費用相場・事例!費用を抑えるコツもご紹介

    リノベーションやスケルトンリフォーム(フルリノベーション)を検討する際に「工事にはどの程度の費用がかかる?」「良い業者に出会えるか心配」といった不安を抱える方は多くいらっしゃると思います。そこで本記事では、一戸建てやマンション、賃貸住宅(ワンルーム・1Kのアパートなど)の、リノベーション/スケルトンリフォームの費用相場や坪単価の目安、当サービス『リショップナビ』の加盟業者が手がけた施工事例を公開しています。費用を安くするためのポイントについても、一緒にチェックしておきましょう。

  • 中古一戸建て住宅リノベーションの事例6選!費用相場・流れ・注意点、活用可能な補助金制度などもご紹介

    中古一戸建て住宅のリノベーションは、新築を購入するより費用を抑えやすく、好きな間取りを実現しやすいことから、人気が高まっています。一方で、手間や時間がかかり、注意したいことが多いため、おおよその費用や流れを、事前に把握しておくと安心です。そこで、おしゃれなリノベーション事例と価格相場や、工事以外にかかる費用の目安、活用しやすいローン・減税・補助金制度の一例、スケジュールの組み方、中古一戸建て住宅を選ぶ時の注意点まで、わかりやすくご紹介します!

  • 安心の指標!リノベーション住宅推進協議会・適合リノベーション住宅とは?

    「リノベーション」という分野はまだ歴史が浅く、様々な問題が起こりがちです。リノベーション住宅の品質を向上させるための一例として、一般社団法人リノベーション住宅推進協議会があります。消費者が安心してリノベーションできることを目指すため、どのような取り組みをしているのかご紹介します。

  • 古民家リフォーム・リノベーションの費用相場・事例・必要な工事の見極めポイントまとめ

    最近注目を集めている「古民家リフォーム・リノベーション」。昔ながらの日本家屋を利用し、時代に合わせた空間デザインを施したり、住居としての機能を高めたりできるのが、古民家リフォーム・リノベーションの魅力です。古民家をリフォームする際に最も気になる費用相場や事例、そして必要な工事内容の見極め方と、部位毎の施工費用についてご紹介します。古民家ならではのメリット・デメリット・注意点、物件・業者の選び方についても解説しますので、参考にしてみてください。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.