人気上昇中!パナソニックのトイレ「アラウーノ」

給水タンク・便器一体型のタンクレストイレ市場で、パナソニックが大躍進し、業界初の樹脂製トイレ「アラウーノ」が大ヒットしています。どんなところが人気なのかご紹介します。

(※記事内情報引用元:パナソニックホームページより)

「アラウーノ」シリーズの特徴

パナソニックのトイレ、「アラウーノ」シリーズは、上部の温水洗浄便座と下部の便器が、硬度を補強した有機ガラス系樹脂で一体成型されています。

樹脂は陶器に比べて水垢がつきにくいうえ、家電製品などと同様に金型で打ち抜くため、寸法精度が高いという特質があります。

独自の「スキマレス設計」

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/shingata_alauno/osouji.html

アラウーノシリーズ共通の優秀なポイントは、何といっても「スキマレス設計」です。
自由な設計・製造を可能にしたパナソニック独自の有機ガラス系素材は、便器と便座の境目をなくし、スキマがほとんどないデザインを実現しました。

このため、ホコリが溜まってしまう箇所がなくなり、他社のタンクレストイレのように、便座部分をリフトアップして掃除する手間もありません。

汚れにくい専用カウンターも魅力

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/detail.php?id=auc15

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/detail.php?id=auc06

手洗いカウンター付きのトイレを検討されているご家庭なら、アラウーノのセットカウンターもおすすめです。
本体と同様に水アカをはじく新素材を採用している手洗いカウンターは、日々のお手入れの手間を軽減してくれるはずです。

トイレを
アラウーノにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

新型「アラウーノ」

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/detail.php?id=aut22

新型「アラウーノ」は、シリーズの中でも機能が一番多くついている、最上位機種です。
全自動お掃除機能や省エネ機能はもちろん、トイレを快適にするための機能が充実しています。

本体には、オート洗浄や自動でナノイーを放出する機能、LED間接照明がついています。
他にも便蓋オート開閉、オート脱臭、温風乾燥、便座の電動開閉機能などの便利な機能が満載。

このようなハイグレードなトイレであるにも関わらず、同じグレードの機種のタンクレストイレの中で、価格が唯一30万円を切るのが新型「アラウーノ」なんです!

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://news.panasonic.com/jp/press/data/2014/03/jn140324-2/jn140324-2.html

新型「アラウーノ」が魅力的なのは、性能のみならず本体外観も一緒です。
パナソニックならではの、家電のような直線的でスタイリッシュなデザインは、トイレに入るたびに楽しませてくれそうです。
もちろん、掃除のしやすさも◎。

美しいのはフォルムだけではありません。
フタ部分のカラーは、スタンダードなホワイトのほか、マットホワイト、マットブラック、可愛らしいパールピンクの4色から選べます。

便座には、パナソニック一押しの「エコナビ」による節電機能も搭載。
同社が開発した、家電がムダを見つけて自動的に節電してくれる、「使うだけで節電」。
入室して即便座を温める「ひとセンサー」、温風乾燥の温度を調節する「室温センサー」、大・小を判断する自動洗浄する「着座センサー」があります。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/shingata_alauno/ud.html

さらに、電池があれば停電時も排水可能なのが賢いところ。
一般的にタンクレストイレは、電気を使って水を流す仕組みのため、停電時に排水できない商品が多いです。

新型「アラウーノ」の場合は、別売のアルカリ乾電池を使用すれば、ボタンで排水することができます。
万一、電池がなくても手動のハンドルで排水できるので、停電時の排水対策は万全です。

トイレを
アラウーノにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

アラウーノSⅡ

「アラウーノSⅡ」は、アラウーノの機能を限定して、20万円前後とお買い得な価格設定をされた機種です。

新型「アラウーノ」とほぼ同様のデザインなので、多機能よりもデザイン重視の方に向くといえるでしょう。
全自動お掃除機能が搭載されており、オート洗浄やオート脱臭などの快適機能もついています。

ただし「アラウーノSⅡ」は、最適給水圧力が0.07MPaのため、低水圧には対応していません。
マンションの高層階や、戸建ての2階以上の場所は水圧が弱い場合が多いので注意が必要です。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/alauno_s2/bubble.html

注目すべきおすすめ機能は、トイレにありがちな悩みを解決してくれる「トリプルガード」です。

飛び跳ね汚れをおさえる「ハネガード」、フチから垂れ出してしまう汚れを防ぐ「タレガード」、便座の隙間からの漏れを防止する「モレガード」。
どれもお掃除に嬉しい工夫がされていますね。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/alauno_s2/osouji.html

「アラウーノSⅡ」で、女性に嬉しいのが「ツインノズル」です。
他のアラウーノシリーズは、ステンレス性のノズルが1本ですが、「アラウーノSⅡ」にのみ、樹脂製ノズルが2本装備されています。
ノズルがおしり用とビデ用とで分かれており、使用後に自動洗浄されるので、衛生的です。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://news.panasonic.com/jp/press/data/2015/03/jn150320-1/jn150320-1.html

さらに安心できるのが「チャイルドロック」機能。
最新トイレにありがちなリモコンは、手軽な反面、幼いお子さんがいる家庭では心配な機能も多いものです。

知らない間に、必要ない機能ボタンを押していて、水や電気の使いすぎに……ということがないように、長押し3秒で、「大」「小」「停止」以外のボタンをロックできます。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/alauno_s2/eco.html

「エコ設定」も節電対策の味方です。
便座や温水の通常の温度設定は「低」でも33~34℃ありますが、エコ設定を使えば30℃程度まで下げることが可能です。

トイレを
アラウーノにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

アラウーノV

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/plantop.html

アラウーノシリーズを最も安く買うならこのシリーズ。
全自動おそうじ機能を省略した分、20万円を切る価格を実現し、圧倒的に安いのがポイントです。

「アラウーノV」で、さり気なく活躍するのが「節電ボタン」。
1時間毎に使用頻度を記録し、時間帯によって自動で便座の温度を下げてくれます。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/showroom/blog/yokohama/index.php?no=121

同機種のために開発されたのは、「3Dツイスター水流」です。
便器ボウルの排水口に斜めラインの谷間を設計したことにより、少ない水流でも一気に流すことを可能にしたのです。

このため、大洗浄4.6ℓという高い節水力を実現しました。
超節水であるため、最低0.05MPaという低水圧に対応できるのも、「アラウーノV」の良いところです。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/alauno_v/handwashing.html

タンクレストイレでありながら、手洗いが付属しているトイレは業界でも「アラウーノV」だけ。
手洗いカウンターを置けない狭いトイレ室内でも、手洗いが設置できたら、ちょっと嬉しいものですよね。
こちらは選択式であるため、手洗いが不要という方にも、もちろん問題ありません。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/alauno_v/feature.html

また一定の水圧が必要になるタンクレストイレは、水圧が低い場所には適さないとされていますが、「アラウーノV」は戸建ての2階などにも設置可能なタンクレストイレなのです。

そして便座も選択式なので、予算に合わせてセレクトできるのも、「アラウーノV」の優秀な点です。
専用トワレや専用便座以外でも、好みのウォシュレットを組み合わせることができます。もちろん他社製品も可能。
温水洗浄便座の機能にこだわりたい方には、ピッタリかもしれませんね。

New アラウーノV

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/toilet/new/detail.php?id=ALaUnoV

ちなみに、2015年12月には「New アラウーノV」の発売が開始されています。
旧タイプの「アラウーノV」は、2016年5月に生産を終了していて在庫限りのため、旧型を設置したい方は早めにリフォームを申し込んだ方が良いでしょう。

仕様は前身とほぼ変更はありませんが、デザインを一新し、汚れが入りこむ隙間がさらに少なくなりました。
「おそうじラクラク」という、アラウーノシリーズのコンセプトにより近い形を実現しています。

アラウーノシリーズは洗剤が限られるので注意

最後に、アラウーノシリーズの注意点を一つ説明しておきます。それは、使える洗剤がかなり限定されているということです。

新型「アラウーノ」と「アラウーノSⅡ」の場合、洗剤を補充することにより、トイレが泡を作って洗浄してくれるシステムになっています。
専用洗剤の「アラウーノフォーム」なら確実ですが、香りなしタイプが1本250mlで420円(税別)、フローラルタイプが1本240mlでで790円(税別)と、あまり安価ではありません。

専用洗剤以外のものを購入するなら、基本は、中性か合成の台所用洗剤を使います。
しかし中性洗剤でも、天然成分の入っているものは使えません。
グレープフルーツオイルなどの柑橘系の香りがついたものもNGです。

特に使用できないものは、酸性やアルカリ性、塩素系、またアルコールを含むものやジェルタイプの洗剤です。
いずれも故障や詰まりの原因になるので、控えなくてはいけません。
トイレ用洗剤も使えないため、くれぐれも気をつけてくださいね。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/plantop.html

パナソニックのトイレ「アラウーノ」には、優れた機能がたくさん搭載されていますが、洗剤にさえ気をつければ、お手入れ方法がかなり充実していますね。
いつでもお掃除したてのようなピカピカなトイレを実現できそうです。
新築やトイレの買い替えの際に、検討されてみてはいかがでしょうか。

トイレを
アラウーノにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> トイレリフォームの費用相場
>> トイレリフォームのよくある失敗!

更新日:2016年7月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles トイレリフォームの記事

  • Pht_mv_01

    トイレといえばここ!TOTOの最先端トイレがすごいんです!

    TOTOのトイレは、節水や節電などの機能性にこだわって作られています。「TOTOのトイレを選べば間違いない」と認識している方もいるほど、知名度も信頼性も高いトイレメーカーです。トイレの可能性をとことんまで追求しているTOTO社は、トイレの特許技術も数多く取得しています。そんなTOTOのトイレの特徴と魅力を、ご紹介します。

  • Pixta_20754077_s

    【必見!】よくあるトイレリフォームの失敗

    トイレは独立した狭い空間なので、リフォームに着手しやすい場所です。でも狭いから、と気軽に考えてしまい、せっかくリフォームしたのに失敗してしまったというケースも多々あります。毎日使うトイレが快適な空間になるよう、リフォームは絶対に成功させたいですよね!今回はトイレリフォームの失敗例をご紹介します。

  • Pixta_12616740_s

    すっきり&使いやすく!トイレを快適でおしゃれな空間にするための収納術とは?

    トイレットペーパーや掃除用具など、かさばる物が多いトイレ。これらをトイレに収納する場所がないと毎回違う部屋に取りに行くことになってしまい大変面倒です。限られた空間でも上手に収納スペースを作るとオシャレで快適なトイレに変身します。ここではトイレの収納の様々なアイデアをご紹介します。

  • Img_top_plan01

    トイレメーカーおすすめ5社を比較!清潔でお掃除簡単な人気商品は?

    トイレのリフォームをする際、数あるトイレメーカーの中から、どこのどの商品を選ぶと良いのか、判断するのが難しいですよね。そこで、日本の人気トイレメーカーである、TOTO・LIXIL・パナソニック・ジャニス・タカラスタンダード5社の魅力や違い・おすすめ商品、比較する際のポイントについて、まとめました!

  • _____________1_

    トイレリフォームの費用相場

    トイレリフォームの費用相場をご紹介しています。便座・便器の交換や、温水洗浄暖房機能・手洗いカウンターなどを付けるときの費用、トイレの壁紙や床を交換する内装リフォーム、和式から洋式トイレへのリフォームなどの事例を解説します。トイレ交換の場合には、採用する設備のグレードによって費用に差が出ますが、TOTOやパナソニックなどおすすめのトイレメーカーも多く、またバリアフリー化などの際には補助金の活用で格安にリフォームできるので、どんな機能・工事が必要か、しっかり判断しましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop