タンクレストイレのリフォーム価格・ランキング・おすすめ&メリット・デメリット!停電時は使える?

加盟希望はこちら▶

タンクレストイレのリフォーム価格・ランキング・おすすめ&メリット・デメリット!停電時は使える?

更新日:2022年09月15日

タンクレストイレのメリット&デメリット・リフォーム価格・ランキング・おすすめ

リフォームや新築購入の際に「タンクレストイレ」に興味があるものの「停電時は使えない?設置したら、後悔する?」といった不安を持つ方は多いはず。そこで「タンクレストイレのメリット・デメリット」をチェックしてみましょう。「タンクレストイレのリフォーム費用」や「リフォームで人気のタンクレストイレのランキング」「大手メーカー(パナソニック・TOTO・LIXIL)のおすすめ商品」「おしゃれな施工例」もご紹介するので、参考にしてください。

この記事の目次

(※記事内情報引用元:パナソニックTOTOLIXIL各ホームページより)

タンクレストイレは後悔する?やめたほうがいいって本当?

タンクレストイレは後悔する?やめたほうがいいって本当?

トイレ室内がおしゃれに見えるタンクレストイレに、魅力を感じる方は多いと思います。
ただ、タンク付きのトイレと比べて歴史が浅いこともあり「やめたほうがいい」などという噂を聞き、導入すべきか悩む方もいらっしゃいますよね。

もちろんタンクレストイレにも、従来のタンク付きのトイレにも、それぞれにメリットとデメリットがあるものです。 本記事では「タンクレストイレは不便」と言われやすい理由や、タンクレスの利点について、解説していきます。

「タンクレス」と「タンク式」の長所・短所を比較!

まずは「タンクレス」と「タンク式」のトイレのメリット・デメリットを比較してみましょう。

「タンクレス」のメリット VS 「タンク式」のデメリット

タンクレスのメリット タンク式のデメリット
トイレ室内が広くなる
掃除がしやすい
デザイン性が高い
水を連続で流せる
節水効果がある
●タンクが場所をとる
●掃除がしづらい
●デザイン性が劣る
●水を連続で流せない
●節水性がやや低い

「タンクレス」のデメリット VS 「タンク式」のメリット

タンクレスのデメリット タンク式のメリット
基本的には、手洗いが別に必要
水圧によっては設置できない場合あり
停電時には使いづらい
価格がやや高い
便座部分のみの交換は不可
●トイレ本体に手洗いを付けられる場合あり
●水圧が低くても設置可能
●停電時にも普段通りに使える
●価格がやや安い
●便座のみを交換できる場合がある

便器の後ろ側にタンクがない「タンクレストイレ」は、水道直結で水を流す仕組みになっており、標準装備で温水洗浄便座(ウォシュレットなど)や節水機能が備わっている製品が多いという特徴があります。

以下より、そんなタンクレストイレのメリットとデメリットについて、詳しく確認していきましょう。

タンクレストイレのメリット!サイズや節水効果は?

タンクレストイレのメリット!サイズや節水効果は?

まるでインテリアのように、洗練された形が魅力的なタンクレストイレ。
そのムダのない構造のおかげで、外観も機能もプラスになることがたくさんあります。

(タンク付きよりもサイズ・寸法が小さいため)トイレ室内が広くなる

タンクがなく、ローシルエットでコンパクトな形状が特徴のタンクレストイレ。
タンクがあるトイレと比べて、トイレ室内が広くなります。

【タンクレスとタンク付きの便器のサイズの違い】

タンクレストイレとタンク付きトイレとでは、便器本体のサイズは以下のように差があります。
機種によって大きさは多少異なりますが、タンクがないだけで、空間にかなりのゆとりが生まれることが分かりますね。

トイレの種類
高さ
奥行き
タンクレス
約45cm
約70cm
約40cm
タンク付き
約100cm
約80cm
約45cm

掃除が簡単

タンクレストイレは掃除が簡単

タンクレストイレは凹凸のない、つるりとしたシンプルなフォルムが特長です。
タンク付きタイプと比べると、平面部分が多いためホコリや汚れが溜まりにくく、拭き掃除が圧倒的に楽になります。

上述の通り、便器本体が小さいため、掃除すべきところの表面積が少ないとも言えます。
今まではタンクが邪魔で拭きにくかった箇所も、容易に手入れできるようになるでしょう。

(タンク付きと比べて)デザイン性が高い

タンクレストイレのシンプルなデザインは、トイレの室内全体をすっきり見せてくれる効果があります。
壁面や床も見える範囲が増えるため、広々とした清潔感のある空間が生まれます。
とりわけ来客の方が多いご家庭では、見た目の美しいトイレがあると便利に感じることでしょう。

水を連続で流すことが可能

機能面では、水道管に直結しているという仕組みにより「水を連続で流せる」というメリットがあります。
従来のように、タンクに水が溜まるのを待つ必要がないのです。

タンク付きのトイレの場合、水圧や商品によって差はありますが、タンクに水を溜めるまでの時間は1分前後です。
朝の忙しい時間など、ご家族が連続で利用する際には、タンクレストイレのほうがありがたいかもしれません。

節水効果がある

タンクレストイレは節水効果がある

従来のタンク付きトイレでは、1回の洗浄時に、約8〜13リットルの水を使う物が多いです。
一方でタンクレストイレの場合は、1回につき3~4リットル前後の水量で済む傾向があります。

長期的な目で見ると、タンクレストイレのほうが水道代を節約できると言えるでしょう。

タンクレストイレの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

タンクレストイレのデメリット・注意点!手洗いは?停電時は?

続いて、デメリットや注意点も見ていきましょう。
タンクレストイレを導入するか悩んでいる方は、特にチェックしておきたいポイントですよね。

(機種によっては)手洗いが別に必要

タンクレストイレは、機種によっては手洗いが別に必要

タンクレストイレ製品のほとんどは「便器本体に手洗いが付いていない」のが現状ではあります。
そのため選ぶ機種によっては、手洗い器や手洗いカウンターを別途設置する必要が出てくるかもしれません。
これまで、本体の上部に手洗いがあるタンク式トイレを利用してきた方は、この点を不便に感じる可能性があるでしょう。

ただ、トイレの近くに洗面所があるような間取りであれば、さほど気にならないかもしれませんね。

また「トイレにおしゃれな手洗い器やカウンターを設置したい」とお考えの方にも、問題ないことと言えるでしょう。
コロナ禍の影響で「衛生対策に気を付けたい」という方も多いと思いますので、この機会にトイレに手洗い器を増設することも、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

手洗い付きタンクレストイレ・New アラウーノV

なお、手洗い付きのタンクレストイレの例としては、パナソニック社の『New アラウーノV (手洗い付きタイプ)』が代表的です。
(※2022年8月時点の商品情報です。)

マンションの高層階などは、水圧不足で設置できない場合がある

マンションの高層階や築古住宅などでは、水圧不足でタンクレストイレを設置できないケースがあるため、ご注意ください。

タンクレストイレは「水道直結式」であるがゆえに、設置時に「最低必要水圧」の条件を満たしていないと、水流の調子が悪くなったり、詰まったりしてしまいます。
この最低必要水圧は機種によって異なりますので、施工業者と一緒に、事前に確認することをおすすめします。

停電時には使いづらい

タンクレストイレは、停電時には使いづらい

タンクレストイレは、電気を使って水を流す仕組みになっている物がほとんどです。
そのため基本的に、停電時にはバケツなどに溜めた水で流さなくてはならないため、タンク付きのトイレに比べると不便に感じるでしょう。
(断水にならない限り、使用すること自体は可能です。)

なお製品によっては、停電時でも水を流せるオプション機能を追加できます。
不安な方は「停電時でも使いやすい、おすすめの機器」について、施工業者に聞いてみるとよいでしょう。

タンク付きトイレよりも価格がやや高い

タンクレストイレは、タンク付きの物よりも価格がやや高い傾向があります。

機器のグレードや工事規模などによって料金が大きく変動するため一概には言えませんが、タンク付きトイレに交換する場合と比べると、リフォーム費用は1.2〜15万円くらい高くなります。

予算が気になる場合は、見積もりの際などに業者に相談してみましょう。

温水洗浄便座のみなど、部分交換はできない

タンクレストイレは、便座のみなどの部分交換はできない

タンクレストイレは温水洗浄便座と一体になった構造のため、 便座が故障した際などに「便座部分のみ」などの交換ができません。
メーカーのメンテナンス窓口へ修理依頼をすることになるか、丸ごと交換が必要になるか、いずれかのパターンが多いです。

一方、タンク付きのトイレは、便器・便座・タンクが別々になっている「組み合わせトイレ(分離型)」と呼ばれるタイプの物であれば、部分的に交換することが可能です。
(※ただしタンク付きのトイレでも、タンク・便座が一体になっている「一体型」というタイプの場合は、タンクレスと同様、部分交換はできません。)

タンク付きと迷う際は、タンクレス風トイレも候補に

ここまでのデメリットや注意点をご覧になり「タンクレストイレにしたかったけど、やめておくべき……?」と心配になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

もしも、デザイン性や掃除のしやすさなどでタンクレスに魅力を感じていたのであれば「タンクレス風のトイレ」も選択肢として考えるとよいでしょう。

タンクレス風トイレもおすすめ

例えば、上の写真に掲載した、TOTOの『GG』『レストパル/レストパルF』や、LIXILの『リフォレ』
すべてタンクレストイレのように見えますが、実は「タンク式」の商品です。
いずれもロータンクだったり、便器の背面に収納キャビネットを設置したり、といった工夫により、タンクレスのような意匠性を実現できる人気シリーズですよ♪

トイレ選びで悩んだら、リフォーム業者と相談を

タンクレスなどのトイレ選びで悩んだらリフォーム業者と相談

トイレをタンクレスにしたいかどうかに関わらず、トイレの機器選びやコストなどで少しでも悩むことがあれば、施工業者に相談するのが最も確実です。

「マンションだけど、タンクレスを設置できる?」「評判のよいメーカーや機種はどれ?」「予算内でリフォームしたい」といった疑問点があれば、現地調査してもらった際になどに、遠慮なく質問してみることから始めましょう。

>> トイレのリフォームには、いくらかかる?相場や事例を、ここでチェック!

口コミも参考に!「タンクあり/なし」どっちにした?

参考までに、当サービス『リショップナビ』経由でトイレをリフォームされたお客様の口コミもご紹介します。

元々はタンクレストイレを希望されていた方々が、リフォーム会社と相談した結果、タンクレス/タンクありのどちらを選ばれたのか、体験談を見てみましょう。

「タンクレス」トイレにしたお客様からの口コミ
希望していたタンクレストイレの『アラウーノ』を、大変お手頃な価格で施工してもらえるということで、こちらの施工会社と契約しました。
会社の皆さんがこちらの希望に対応してくださり、工事の方の作業も丁寧で、価格・仕上がりともに大満足です!

対応したリフォーム会社:株式会社ぜん

【2021年5月工事完了 / マンション / 福岡県福岡市 / 採用したトイレのメーカー:パナソニック / リフォーム費用:13万円】
「タンク付き」トイレにしたお客様からの口コミ
築19年のマンションでタンクレストイレを検討したのですが、水圧の点から「タンクありのほうがおすすめ」と提案していただきました。
予定していたよりも料金が安くなり、担当の方の対応がよく、期待通りに仕上げていただき、満足できるリフォームになりました。

対応したリフォーム会社:株式会社エディオン

【2021年11月工事完了 / マンション / 愛知県小牧市 / 採用したトイレのメーカー:LIXIL / リフォーム費用:25万円】

最終的には、業者からの見積もり内容や、プロの意見・提案も確認した上で、納得のいく商品に決定するとよいですね。

我が家にはどんなトイレが合う?
リフォーム業者と相談したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

ここからは「やっぱりタンクレストイレにしたい!」という方のために、タンクレストイレにリフォームする場合の費用や、売れ筋のおすすめ商品などについて、詳しくお話ししていきます。

タンクレストイレのリフォーム費用相場(工事費込み)

タンクレストイレのリフォーム費用相場(工事費込み)

タンクレストイレにリフォームする際にかかる費用の目安は、以下の表の通りです。

タンクレストイレに交換
施工内容 リフォーム費用
洋式便器本体の交換のみ 12.5〜35万円
便器交換+内装工事 15.5〜45万円
※中心価格帯=20〜35万円
(上位モデル=〜70万円になる場合もあり)
和式からタンクレスに変更 20〜60万円
手洗い器を別途設置する場合
施工内容 リフォーム費用
手洗い器の設置 10〜20万円
(シンプルな機器=4万円〜)

予算を重視したい場合は、あらかじめリフォーム会社に伝えておくとよいでしょう。

リフォームで人気!タンクレストイレのランキング

ここで、当サービス『リショップナビ』のデータより、リフォームで人気のタンクレストイレのランキングを公開します。

(※当データは、ご成約されたお客様からのアンケートを集計した結果を元に作成しており、対象期間=2020年1月〜2022年7月です。)

1位 新型アラウーノ (パナソニック) ※生産終了品
2位 ネオレストRH (TOTO) ※生産終了品
3位 サティスS (LIXIL)
4位 ネオレストAH (TOTO) ※生産終了品
5位 アラウーノV (パナソニック)
6位 アラウーノL150 (パナソニック) ※『新型アラウーノ』の後継品
7位 ネオレストDH (TOTO) ※生産終了品
8位 アラウーノS2 (パナソニック) ※生産終了品
9位 アラウーノS160 (パナソニック)
10位 ネオレストNX (TOTO)

以下にて、ランクインした商品を中心に、大手3メーカーのおすすめタンクレストイレについて解説します。
各社のデザインや衛生的な機能なども、比較してみましょう。

パナソニックのおすすめタンクレス 『アラウーノL150』

パナソニックが展開するタンクレストイレ『アラウーノ』は、不動の人気シリーズ。
「トイレ周りを汚さない発想」から生まれた、大型電機メーカーらしい発案力と技術で、比較的お手頃な価格でタンクレストイレを提供しています。

中でも評価の高い 『アラウーノL150』は「電池式停電対応」「オート洗浄」「オート脱臭」などの機能が標準装備。
フタのカラーは、ホワイトはもちろんのこと、ウッド調やミッドナイトブルーなど全11色から選択可能なのも嬉しいポイントです。

従来の陶器製トイレが水垢に弱い性質であることに対し、パナソニックのトイレは汚れを弾く有機ガラス系の「スゴピカ素材」を採用。
お掃除しやすい素材・デザインを両立しています。


ハネガード

タレガード

モレガード

トイレ使用中の汚れを抑える「トリプル汚れガード」も好評です。

「トリプル汚れガード」の3つのガード:

① 飛び跳ねによる汚れを抑制する「ハネガード」
② 着座時に便器の前部に垂れることを防ぐ「タレガード」
③ 温水洗浄便座を使ったときのスキマからの漏れを止める「モレガード」

台所用洗剤をセットしておくと、水を流すたびに、たっぷりの泡と水流で便器内を洗浄してくれる「激落ちバブル」など、清潔を保ちやすい機能が満載です。

>> パナソニックの『アラウーノ』シリーズの詳細はこちら

TOTOのおすすめタンクレス 『ネオレストRS』

長く愛されてきた『ネオレストRH』の後継品で、2022年8月に発売されたばかりの期待のシリーズです。
丸みを帯びたやわらかなフォルムに魅了される方も多いことでしょう。

TOTOといえば、トイレ業界の第一人者。
企業名も、ネオレストシリーズも知名度が抜群で、安心感がありますね。
高機能で、高級感のある品質も好評です。

ネオレストシリーズには「きれい除菌水」という機能が搭載されています。
水を電気分解して作った除菌成分のある水を霧状に吹き付け、黒ずみ汚れを防ぎます。
除菌効果のある水分を開発できたのは、水回りに強いTOTOならではと言えるでしょう。

清潔をキープできる秘訣は、洗浄の仕方にもあります。
渦を巻くような水流による「トルネード洗浄」で、少ない水を効率的に使いつつ、便器の内面の汚れをしっかりまんべんなく洗い流します。

LIXILのおすすめタンクレス『サティスS』

『サティスS』は、世界3大デザイン賞の一つである「iF DESIGN AWARD」の「iF デザイン賞」や、国内を代表する「グッドデザイン賞」を受賞した実績があります。
美しさと快適さが共存していることがうかがえますね。

キッチンなどで女性に受ける商品を次々と売り出してきたLIXIL(リクシル)。
その豊かなデザイン性は、トイレ製品でも発揮されています。

サティスシリーズでは「お掃除リフトアップ」機能が大活躍。
汚れが溜まって手入れがしにくい便器とのスキマ部分を真上に上げられるため、雑巾を持った手が簡単に入ります。

「プラズマクラスターイオン」や、新開発の「脱臭機能」も注目すべき点と言えるでしょう。
便器鉢内を丸ごと除菌・消臭し、臭いの原因となる菌も除菌してくれます。

>> LIXILのトイレ商品の詳細はこちら

それぞれのメーカーに違った強みがあるため、見映えや清掃性などを考えながら、相性のよい商品を選びたいですね。

タンクレストイレの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

おしゃれなタンクレストイレにリフォームした事例3選

こちらで、当サービス『リショップナビ』の加盟業者が、おすすめのタンクレストイレを使ってリフォームをした実例をご紹介します。
リフォーム費用や工事期間なども、チェックしてみてくださいね。

事例1
LIXIL『サティスS』に変更&バリアフリー対策を実施

住宅の種類 一戸建て
築年数 26年
リフォーム費用 38万円
工事期間 2日
奥行きがコンパクトなLIXILの『サティスS』に交換し、壁面にはキャビネットを設置。
さらにバリアフリー対策のため、入り口にあった敷居を撤去し、建具の入れ替えや、手すりを取り付ける工事も行いました。

施主様が選定されたピンクの壁紙クロスがアクセントになっていて、素敵ですね。

>> この事例を詳しく見る

事例2
トイレを増床し、TOTOの『ネオレストDH』と手洗い器を設置

住宅の種類 マンション
築年数 14年
リフォーム費用 40万円
工事期間 4日
元は手洗い付きのタンク式トイレでしたが、TOTOのタンクレストイレ『ネオレストDH』にリフォームし、手洗い器を追加で設置しました。
壁面を取り壊し、トイレルームの増床工事も実施しています。

>> この事例を詳しく見る

事例2
パナソニックの超節水型トイレ『アラウーノL150』

住宅の種類 一戸建て
築年数 20年
リフォーム費用 41万円
工事期間 1日
手洗い付きタンク式トイレのフタと便座の間が割れてしまったため、トイレをリフォームすることに。

新しいトイレにはパナソニックの『アラウーノL150』を採用。
せっかくの機会だったので、床と天井の木目などの内装にこだわり、カウンターも設置し、限られた空間が使いやすくなりました。

>> この事例を詳しく見る
タンクレストイレの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

【この記事の要点まとめ◎】

タンクレストイレのメリットやデメリットは?
コンパクトなサイズであるため「トイレ室内が広くなる」「掃除がしやすい」といった魅力や「節水効果が高い」というメリットがあります。

一方で「水圧によっては設置できない場合がある」「停電時には使いづらい」などの点はデメリットと言えるでしょう。

新しいトイレをタンクレスにするかどうか悩んだら、施工業者と相談しながら決めることをおすすめします。
タンクレストイレに交換・リフォームする場合の、工事費込みの費用はいくら?
施工規模や、タンクレストイレのグレードなどにより異なりますが、12.5〜45万円くらいの予算を見込んでおくとよいでしょう。
手洗い器を別途設置する場合は、プラスで4〜20万円程度かかります。
詳細はこちらをご覧ください。
理想的なタンクレストイレのリフォーム

タンクレストイレにはさまざまな特徴がありますが、今回ご紹介したように評判のよいメーカー製品もたくさんあります。
ただ新しいトイレを選ぶ際には、ご自宅の水圧や、設置費用などのバランスを考慮することも大切です。

できればトイレに詳しいリフォーム業者と相談し、親身になってくれるスタッフと一緒に機種や施工プランを決めていくのが理想的と言えるでしょう。

デザイン・機能・価格など、総合的に満足できるトイレ空間をぜひ実現したいですね!

トイレ選びの相談にのってくれる
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレのおすすめ記事

  • TOTOトイレのリフォーム価格や事例を一挙公開!最先端機能がすごいんです!

    TOTOのトイレは、節水や節電などの機能性にこだわって作られています。知名度も信頼性も高く、トイレの特許技術も数多く取得しています。そんなTOTOのトイレの特徴、商品(ネオレスト・ピュアレスト・レストパル・GGなど)の違いを、チェックしてみましょう。リフォーム費用・交換時の施工例も、あわせてご紹介します。

  • トイレのリフォームを格安・激安にする7つのコツ!価格別の事例も公開!

    トイレの交換リフォームは、できれば格安・激安の価格で行いたいものですよね。しかし、さまざまなリフォーム会社やメーカーがあるため、どこにどのような工事を依頼したらよいのか、迷ってしまうと思います。そこで今回は、一般的なトイレのリフォーム費用相場や、値段を抑えるためのポイントを解説します。当サービス『リショップナビ』でご紹介している施工業者が、TOTOやLIXIL(リクシル)などの製品を使用してリフォームした実例も公開しているので、チェックしてみてください!

  • トイレの手洗いカウンターを選んでこだわりの空間に♪

    トイレ内にあると便利なのが手洗いカウンター。実用性ばかり重視しがちな手洗いカウンターですが、インテリアにこだわりのある人はすっきりした美しい空間に仕上げています。どんな工夫をすれば素敵な手洗いカウンターになるのか、そのコツをまとめてみました♪

  • トイレの壁紙クロスの選び方・おすすめの機能!張り替え費用やおしゃれな事例もご紹介

    トイレの壁紙をリフォームする際には、どのようなことを基準に選ぶと良いのでしょうか。最近はデザイン性が高く、臭いやカビ・汚れにも強い、トイレにピッタリなクロスが多数販売されています。今回は、清潔でお掃除簡単な空間にするためのトイレの壁紙の選び方や、張り替え費用、おしゃれな事例についてご紹介します。

  • トイレに介護用の手すりを取り付けたい!最適な位置と高さ・費用相場とは?

    ご家族が要介護状態になると、日常生活を送るための動作が難しくなり、生活に支障が生じます。ここでは、足が弱ってしまうと立ち座りが大変になるトイレを例に、設置できる介護手すりの種類や取り付けに適した高さ、手すり取り付けの費用相場を紹介します。手すりを取り付けるなら知っておきたい介護保険制度のポイントも解説します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。