【お悩み解決】ツーバイフォーリフォームでできること、メリット、費用を完全解説!

加盟希望はこちら▶

【お悩み解決】ツーバイフォーリフォームでできること、メリット、費用を完全解説!

更新日:2021年08月23日

【お悩み解決】ツーバイフォーリフォームでできること、メリット、費用を完全解説!

「ツーバイフォー住宅はリフォームできない」と聞いたことがある方も多いかもしれません。結論から言うと、ツーバイフォー工法の住宅でもリフォームは可能です。しかし、ツーバイフォー工法ならではのルールや、できるリフォーム・できないリフォームがあります。リフォームを成功させるための業者選びのポイントも解説してますので、ツーバイフォー住宅のリフォームの参考にしてみてください。

ツーバイフォー住宅のリフォームは難しい?

ツーバイフォー住宅のリフォームは難しい?
ツーバイフォー(2×4)住宅のリフォームができない・難しいと言われる理由は、対応できる知識を持った業者が少ないためです。

日本においてツーバイフォー工法は比較的新しい工法であり、リフォームの知識を持った業者や職人が多くありません。
そのため「物理的にできない」のではなく「ツーバイフォー住宅のリフォームについてわからない」業者が多いのです。

こうした背景が「ツーバイフォーリフォームは難しい、できない」と考えられ、断られるケースの原因といえます。
例えば中古住宅をフルリフォーム前提で購入したものの、ツーバイフォーだから断られるというケースも見られました。

しかし、現在ではツーバイフォー工法も一般的になりつつあり、対応できる業者も多くなっています。
ツーバイフォーだからといってリフォームを諦めるのではなく、対応できる業者を探して相談してみることをおすすめします。
どこまでリフォームできるのか、どういった点に気をつけて業者を探せば良いのかも解説していきます。
ツーバイフォー(2×4)とは
「ツーバイフォー」というのは、木造建築の工法である「木造枠組壁工法」のうちの1つです。
角材のサイズが「2インチ×4インチ」に決められていることから「2×4(ツーバイフォー)工法」と呼ばれています。
ツーバイフォー工法の特徴は、その作り方で、屋根、壁、床など家の部品を均一の角材と合板(ごうはん)で組み立て、それぞれを合わせていきます。
対象的な建築方法として挙げられるのが、日本で一般的な「在来工法」で、柱と梁(はり)で家の骨組みを組み立て、その中で自由に壁や間取りを設計できます。
ツーバイフォー工法は決められたサイズの資材でできた部品を組み立てていくため、高度な技術は必要なく、工期も早いのが一般的です。
しかし、簡単ゆえに耐久性がもろくなってしまってはいけないため、ツーバイフォー工法には構造上のルールが設けられています。
このルールにそって進めていくことがツーバイフォーリフォームでは欠かせません。
ツーバイフォーの工事が
\得意な施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

ツーバイフォー住宅で壁・窓・間取り変更のリフォームはできる?

ツーバイフォー住宅で壁・窓・間取り変更のリフォームはできる?
ツーバイフォーリフォームでは、壁を動かせない、間取りを変更できないというイメージもあるかと思いますが、基本的には、工法のルールを守ってプランニングすることで、間取り変更などのリフォームも可能です。

ツーバイフォーの基本的なルールは以下になります。

【ツーバイフォーの基本的なルール】

1.建物の隅角部は90cm以上の壁を作る
2.耐力壁は基本的に90cm以上
3.耐力壁線区画は40平米内
4.区画内の耐力壁の長短比は4以下
5.耐力壁の線上の開口幅は壁の長さの4分の3以下
6.耐力壁線の直下には基礎があること
7.開口部の幅は最大4m以下
出典:一般社団法人 日本ツーバイフォー建築協会
例えば、ルール7の「開口部の幅は最大4m以下」は、窓の大きさは4m以下にするという意味です。
大きな窓を設置したい場合、4m以下に抑えることで可能になります。

とはいえ、このルールに沿ってのリフォームも素人では細かい判断ができません。
おおまかにできること・できないことを把握した上で業者へ相談してみましょう。

ツーバイフォー住宅をリフォームするメリット

ツーバイフォー住宅をリフォームするメリット
ツーバイフォー住宅をリフォームするメリットには以下が挙げられます。

・プランが立てやすい
・仕上げ材を解体する必要がない
・材料がわかりやすい

どれもツーバイフォーリフォームならではのメリットといえます。詳しく見ていきましょう。

プランが立てやすい

プランが立てやすい
ツーバイフォー住宅をリフォームするメリットに、プランの立てやすさがあります。

ツーバイフォーリフォームは工事のルールに沿って進めていくことで、できることとできないことが明確なためです。
例えばツーバイフォー工法では、壊して良い壁と壊してはいけない壁がはっきりしています。

ツーバイフォーリフォームは「どうしたいか」という大筋だけ決めれば、あとは工法ルールの中でできるリフォームがすぐに把握できます。

仕上げ材を解体する必要がない

仕上げ材を解体する必要がない
ツーバイフォーリフォームのメリットに、仕上げ剤を解体する必要がないことも挙げられます。

在来工法は柱と梁でできた家の骨組みの中で自由に設計するため、平面図のみでは壁の内側まで把握できません。
そのためリフォーム時は家の骨組みを把握するために、壁や天井、床などを解体して内部を確認するケースがあります。

しかし、ツーバイフォー工法では「どこにどのような材料が使われているか」ということや、家の設計におけるルールなどが決まっています。
そのため壁を解体しなくても、内部まで把握できるのです。

材料がわかりやすい

材料がわかりやすい
ツーバイフォーリフォームのメリットに、材料とサイズが決められていることも挙げられます。
リフォーム時のトラブルとして、材料が合わなかったということがあります。

しかしツーバイフォー住宅では、使用している材料も決められているので、こうした現場でのトラブルも防ぎやすいです。
ツーバイフォーの工事が
\得意な施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

ツーバイフォー住宅をリフォームするデメリット

ツーバイフォー住宅をリフォームするデメリット
ツーバイフォーリフォームのデメリットには以下が挙げられます。

・対応できる業者が少ない
・通常のリフォームよりは制限がある

メリットだけ理解してツーバイフォー住宅のリフォームをすすめると、希望通りにいかないこともあるでしょう。
詳しく見ていきます。

対応できる業者が少ない

対応できる業者が少ない
ツーバイフォーリフォームのデメリットとして、対応できる業者が少ないことが挙げられます。

ツーバイフォー工法が木造住宅の建築方法として日本で広く知られたのは1970年代です。
リフォームは築10〜20年を目安に行われるため、ツーバイフォー住宅のリフォーム機会はまだそれほど多くないでしょう。

そのため、ツーバイフォーリフォームの経験を豊富に持つ設計士や職人の数が限られているのです。

通常のリフォームよりは制限がある

通常のリフォームよりは制限がある
ツーバイフォーリフォームのデメリットとして、通常のリフォームよりは制限があることも挙げられます。

ツーバイフォー工法では壁自体が家を支える構造のため、取り外しができない場合があります。
壁を壊して部屋を広くしたくても、家を支える壁であれば、どうやっても取り壊しできないのです。

また壁が家を支えているため、窓の大きさにも制限があります。
そのほか、ツーバイフォー工法の公的なルールを順守する必要があるため、特殊な構造へリフォームは難しいと言えます。

しかし、素人ではできること・できないことの判断は難しいので、こちらも業者へ相談してみると良いでしょう。
ツーバイフォーの工事が
\得意な施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

ツーバイフォー住宅をリフォームする費用

ツーバイフォー住宅をリフォームする費用
ツーバイフォーリフォームの費用相場は以下になります。
リフォーム内容 費用
フルリフォーム 700~1,500万円
水回り全交換 125~400万円
屋根+外壁リフォーム 80~260万円

ツーバイフォーリフォームは材料が均一であり、作業自体も決められたルールに沿って行うため工事自体もシンプルです。
そのため人件費を抑えられ、また工期も短いため全体的な費用は安くなりやすいです。

ただし、規模が大きいリフォームやこだわりのリフォームの場合は費用も高くなります。

また、業者によって価格は異なるため、相見積もりして、複数社の見積もり内容を比較しましょう。

>> 箇所別のリフォーム費用相場と施工事例
ツーバイフォーの工事が
\得意な施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

ツーバイフォーリフォームを依頼する業者の選び方

ツーバイフォーリフォームを依頼する業者の選び方
ツーバイフォーリフォームを依頼する業者の選び方として2つのポイントが挙げられます。

・「一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会」から探す
・ツーバイフォーリフォームの実績のある会社に依頼する

上記2点を押さえることで、業者選びに失敗する確率は低くなります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

「一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会」から探す

「一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会」から探す
ツーバイフォーリフォームを依頼する業者を選ぶ方法として、一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会から探す方法もあります。

こちらの協会はツーバイフォー住宅の普及を主な目的としており、ツーバイフォー工法の専門家です。

大手企業が多い傾向がありますが、こちらのサイト内で、ツーバイフォー工法に知見のある業者を探せます。

ツーバイフォー住宅のリフォーム実績がある会社に依頼する

ツーバイフォー住宅のリフォーム実績がある会社に依頼する
当記事で解説してきたように、ツーバイフォー工法の知識を持っていれば、リフォームすることは可能です。
そのため、ツーバイフォー工法の建物をリフォームする際には、工法に関する知識や施工実績があるリフォーム会社を選ぶとスムーズでしょう。

リフォーム会社の実績を確認して、ツーバイフォーリフォームの実績があるか、ツーバイフォーリフォームの知識が豊富な担当者がいるか、チェックした上で依頼しましょう。

ツーバイフォーの工事が
\得意な施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームのおすすめ記事

  • 【2021年版】リフォーム減税制度はどんな工事が対象?業者はどこに頼む?注意点まとめ

    一戸建てでもマンションでも、ご自宅を「耐震・介護・省エネなどの目的」でリフォームした際には、減税制度(所得税などの税金控除)の対象となる場合があります。最終的には確定申告での申請が必要になりますが、ここでは「住宅リフォーム減税の主な種類」や「対象になるリフォーム工事」「施工業者を探す際の注意点」について、ご紹介します。なお「住宅ローン」を利用されている場合には、新型コロナウイルス感染流行の影響で「控除期間の特例措置」が適用される可能性もあるため、あわせて確認しておきましょう。

  • リフォームの現地調査でチェックすべき10個のポイント

    相見積もりの際のポイントを学んだら、いよいよ現地調査です。ここでは、現地調査の際に注意するポイントをご紹介します。事前に注意するポイントを把握し、確認漏れのないようにしましょう。

  • 失敗しないリフォーム計画の立て方

    リフォームを成功させて心地の良い生活を送るには、事前準備・計画が非常に大切になります。リフォーム完了後に、「もっとこうすればよかった」、「本当はこうしたかった」などの不満や後悔がでないようにするためには、どのように計画を立てればいいのか、ご紹介します。

  • 断熱リフォームの種類を解説!費用と工期の目安はどれ位?補助金の申請期限はいつまで?

    断熱リフォーム(リノベーション)で、家の中の寒さ・暑さを解消したい時、具体的にどのような種類の工事があり、どの程度のリフォーム費用がかかるか不安になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、一戸建てやマンションにおいて、外壁・内壁・窓などの断熱リフォーム(リノベーション)を実施する場合の価格相場や工事期間、そして2021年度の補助金制度の詳細や受付期間について、わかりやすく解説します。補助金の対象となるLIXILなどのメーカー品もご紹介するので、チェックしてみてくださいね。

  • 事例でわかる!改築にかかる費用はどれくらい?建築確認申請など必要な手続きも解説

    現在の住まいを改築したり、大規模なリフォーム工事を検討しているという方に、一戸建てを改築する場合にかかる費用相場や事例、確認しておくべき手続き事項などをご紹介します。また「そもそも改築とは何なのか」「増築・新築・改修との違いは?」といった疑問にもお答えしているので、参考にしてください。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。