中古の一戸建て住宅をリフォーム・リノベーションする際の費用相場&後悔しないための注意点

加盟希望はこちら▶

中古の一戸建て住宅をリフォーム・リノベーションする際の費用相場&後悔しないための注意点

更新日:2022年11月09日

中古一戸建てのリフォーム・リノベーションの費用やポイント

中古の一戸建て住宅(一軒家)をリフォーム・リノベーションする際には、納得のいく価格で、快適に住みやすい空間にしたいものですよね。けれども「工事の費用相場は、どれくらい?」「後悔しないためには、どんなことに注意すべき?」といった不安を抱える方も多いでしょう。そこで今回は、中古一戸建てのリフォーム・リノベーションの「費用相場」「施工事例」や「よくある失敗例とその対策」「これから中古物件を購入する際のポイント」をご紹介します。

この記事の目次

中古一戸建てのリフォーム・リノベーション費用相場

中古一戸建てのリフォーム・リノベーション費用相場

最初に、中古の一戸建て住宅をリフォーム・リノベーションする際にかかる費用相場について、ご紹介します。

中古一戸建てリフォーム・リノベーションの費用分布

以下の円グラフは、当サイト『リショップナビ』に掲載中の、中古の一戸建てリフォーム・リノベーションの施工事例の費用分布です。
(※2022年5月時点のデータを元に作成)

中古一戸建てリフォーム・リノベーションの費用分布

ここからは「大規模なリノベーションの総額」や「人気のある工事内容ごとの具体的な金額」の目安を、一緒にチェックしていきましょう。

リノベーション・スケルトンリフォーム/フルリノベーションの価格帯

中古一戸建てリノベーション・スケルトンリフォームの価格帯
施工内容 費用総額の目安
リノベーション 350~2,000万円
スケルトンリフォーム
フルリノベーション
390〜2,500万円

一戸建て全体を「リノベーション」する際は、2LDK~3LDKほどの住宅であれば600~1,000万円程度の予算を見込んでおきましょう。
安く済む施工内容であれば、500万円以内で実施できる場合もあります。

工事の規模によっては1,500〜3,000万円を超える可能性もあるため、コストを重視したい方は、その旨を施工会社に伝えておきましょう。

>> 中古住宅リノベーションの費用や注意点

間取りを見直すために、壁・天井をすべて取り払う「スケルトンリフォーム」や「フルリノベーション」を行う場合も、600〜1,000万円前後と想定しておくと無難です。
狭小住宅の場合は、高くても1,500万円以内でおさまった例が多く見られます。

水回りリフォームの価格帯

中古一戸建ての水回りリフォームの価格帯
施工内容 費用相場
台所 システムキッチン交換:50~100万円
壁付けキッチンを対面式に変更:55~200万円
お風呂 ユニットバス交換:50~150万円
在来浴室からユニットバス:65~150万円
トイレ 洋式から洋式:15~50万円
和式から洋式:15~60万円
洗面台・洗面脱衣所 10〜50万円

>> 水回りリフォームの費用相場・施工例
>> 和式トイレを洋式にリフォームする費用や期間

水回りを改装する際は「レイアウトを変えずに、設備や内装を交換するのみ」であれば、比較的安く抑えられます。

一方で「壁向きだったキッチンを、対面式に変更する場合」や「タイル張りの在来工法の浴室を、ユニットバスへリフォームするとき」などには、料金が高くなる傾向があります。

内装(壁紙・フローリング・畳)リフォームの価格帯

中古一戸建ての内装リフォームの価格帯
施工内容 費用相場
壁紙の交換 800〜1,500円/㎡
フローリングの交換 3~6万円/畳
畳の交換 裏返し:0.4万円/畳
表替え:0.5〜2万円/畳
新調:1〜3.5万円/畳

>> 壁紙リフォームの費用相場&よくある失敗と対策
>> 床の張り替えリフォームの費用相場
>> 畳の裏返し・表替え・新調の違い!交換時期の目安

「壁紙」や「床材」を張り替える際には、普及品を採用するか、機能性やデザイン性が高い物を使用するか、などによって値段が大きく変動します。

コストパフォーマンス性を優先したい場合には「リビングや水回りには、高耐久のクロスなどを選ぶ」「汚れにくい箇所には、グレードの低い内装材を施工する」といった工夫をするのがおすすめです。

収納(クローゼット/押し入れ)リフォームの価格帯

中古一戸建ての収納リフォームの価格帯
施工内容 費用相場
壁付けクローゼットの設置 10〜48万円/箇所
押入れをクローゼットに変更 8〜20万円/箇所
ウォークインクローゼットの設置 18〜80万円/箇所

>> クローゼットリフォームの種類・費用
>> 押入れをクローゼットにリフォームする際の費用・注意点
>> 使いやすいウォークインクローゼットの間取り・ポイント

収納を新設するリフォームでは、施工範囲・出入り口の扉の種類・棚の数・内側に施工する壁紙クロスの材質などにより、金額が変わってきます。

クローゼットの設置場所によっては、照明・電源や窓を追加する工事も検討するとよいですね。

居室(リビング/洋室/和室)リフォーム・間取り変更の価格帯

中古一戸建ての居室リフォーム・間取り変更の価格帯

【部屋のリフォーム】

施工箇所 費用相場
リビング 15~150万円
洋室/和室 20〜50万円
和室を洋室に変更(全体) 25~100万円 (6〜8畳)

>> リビングリフォームの種類・費用相場
>> 和室を洋室にリフォームする際の費用・ポイント

「部屋全体」をリフォームする場合には、施工規模や、内装材のグレードなどにより、料金が変化します。
例えば、壁材にクロスではなく漆喰・珪藻土といった自然素材を採用すると、値段が高くなります。

「リビング」のリフォームは、工事内容が多岐にわたるため価格帯も幅広いですが「間取り変更を伴う際」や「床暖房を設置する場合」などには高額になりやすいです。

中古一戸建ての間仕切りリフォーム

【間取り変更/間仕切りの設置・撤去】

施工内容 費用相場
間取り変更 20~350万円 (総額)
間仕切りの追加 8〜25万円/箇所
間仕切りの撤去 7~23万円/箇所(周辺の補修工事代込み)
リビング拡張(間仕切り撤去を伴う) 40〜90万円

>> 間取り変更リフォームの費用相場
>> 間仕切りリフォームの種類・費用

既存の「間仕切り」を撤去し、リビングのスペースなどを広げたいという方も多いと思います。
ただし範囲によっては別途「耐震補強工事」の費用が必要になることがあります。

リフォーム業者に確認しながら、理想に近いプランを一緒に決めていくとよいでしょう。

中古一戸建ての施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

玄関・廊下・室内階段リフォームの価格帯

中古一戸建ての玄関・廊下・室内階段リフォームの価格帯
施工内容 費用相場
玄関 10~50万円
廊下 20〜50万円
室内階段 一般的な工事:10~50万円
架け替えの場合:35〜200万円

>> 玄関リフォームの費用相場
>> 廊下リフォームの費用相場
>> 室内階段リフォームの費用相場

「玄関」「廊下」「室内階段」のリフォームは、たいていの場合はそれぞれ50万円以内でおさまるでしょう。
(※大理石などの高級資材を広範囲に施工するような場合は、50万円を超える可能性があります。)

「玄関扉を交換する」「玄関に収納を追加する」といった工事であれば、30万円以内で実施できる例がほとんどです。

外壁・屋根リフォームの価格帯

「外壁」や「屋根」は、10年くらいのサイクルでメンテナンスすることが大切です。
激しく劣化していなければ「塗装」で済むパターンが多いですが、傷み具合によっては「カバー工法(重ね張り/重ね葺き)」「張り替え/葺き替え」を行う必要があります。
外装工事に詳しい業者に見てもらった上で、最適な工法を選びましょう。

施工内容 費用相場
外壁 塗装:50~180万円
カバー工法:100〜200万円
張り替え:130〜230万円
屋根 塗装:30~80万円
カバー工法:60〜250万円
葺き替え:60〜300万円

>> 一戸建ての外壁を補修・修理する場合の費用
>> 外壁リフォームの費用相場
>> 屋根リフォームの目安時期・費用相場

中古一戸建ての外壁・屋根リフォームの価格帯

特に2階建て以上の建物では足場代が15〜20万円ほど、かかる可能性があります。
外壁・屋根の工事を別々に行うと、足場代がその都度発生するため、可能であればまとめてリフォームしてしまいましょう。

ベランダ・バルコニーリフォームの価格帯

中古一戸建てのベランダ・バルコニーリフォームの価格帯

ベランダ・バルコニーのリフォームでは「手すり(鉄部)のサビ止め」「床面の防水対策」を行うのが一般的です。
床の防水工事には「(下地の上にある)防水層の施工」と「(表面の)トップコートの塗装」の2タイプがあります。

また「ベランダにある屋根の張り替え」や、屋根がないバルコニーに「屋根を新設する」工事も人気があります。

施工内容 費用相場
サビ止め 400~900円/㎡
防水工事 トップコートの防水:2,000円/㎡
防水層:2,500円〜8,000円/㎡
屋根工事 屋根の張り替え:1.5~6万円
(バルコニーに)屋根を新設:10〜15万円

>> ベランダ防水リフォームの種類・費用
>> ベランダ・バルコニーリフォームの費用相場
>> ベランダ(バルコニー)屋根を後付け・修理する際の費用

外構(エクステリア)・駐車場・庭リフォームの価格帯

中古一戸建ての外構・駐車場・庭リフォームの価格帯

外構をリフォームしたい場合には、防犯対策ができているかチェックし、必要に応じて門扉」「門柱目隠しフェンスを設置することを推奨します。

設置する外構設備 費用相場
門扉 19〜36万円
門柱 10〜20万円
目隠しフェンス 1.3~2.7万円/m (アルミ製の場合)

空間に余裕がある場合は、屋根付きの駐車場駐輪スペースを設置する方も多いでしょう。

遊び場・洗濯物干し場が欲しいときには「ウッドデッキ」「サンルーム」の設置を検討してみてはいかがでしょうか。

設置する外構設備 費用相場
駐車場 ガレージ/車庫:100〜300万円 (1台用)
カーポート:10〜40万円 (1台用)
サイクルポート (自転車置き場):11〜30万円
ウッドデッキ 25〜40万円 (10㎡)
サンルーム 30~100万円

>> ガレージ・カーポートリフォームの費用
>> ウッドデッキリフォームの費用・ポイント
>> サンルームリフォームの費用・注意点

使いにくい庭がある場合は「整地」したり「芝生」を敷いたりと一工夫することで、活用しやすくなるでしょう。

施工内容 費用相場
庭の整地 2,500~6,000円/㎡
芝生の設置 4,500~1.3万円/㎡

ちなみに庭全体をリフォームした場合は「50万円以内」もしくは「50〜100万円」で施工できた例が多く見られます。

>> 庭リフォームの費用・施工例

耐震・断熱対策リフォームの価格帯(築古住宅向け)

中古一戸建ての耐震・断熱リフォームの価格帯

築年数が経過している一戸建ての場合は「耐震補強」や「断熱対策」のリフォームも必要になるかもしれません。

施工内容 費用相場
耐震補強・改修 25~200万円 (120〜150万円が一般的)
断熱リフォーム 20〜120万円

>> 耐震リフォームの費用相場!耐震診断は必要?
>> 断熱リフォームの種類・費用&工期の目安
>> 築古の木造住宅リノベーション費用・事例

とりわけ1981年5月31日以前に建築確認を受けた建物は「旧耐震基準」で建てられた可能性が高いため、耐震補強のための予算を用意しておくことが望ましいです。
耐震性に問題がないか不安な方は「耐震診断」を業者に依頼し、診断結果に応じて補強工事も行うとよいでしょう。

中古一戸建ての施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

中古一戸建てのおしゃれなリフォーム・リノベーション事例

ここで、当サービス『リショップナビ』の加盟業者が、中古の一戸建て住宅をおしゃれにリフォーム・リノベーションした事例を見てみましょう。

門扉・サイクルポートを設置

築年数 -
工事費用 25万円
施工期間 3日
施工地域 埼玉県
リフォーム前は殺風景な印象があった外構に、LIXIL(リクシル)の『ラフィーネ門扉1型』と『Rミニ(サイクルポート)』を新設しました。
カラーをモノトーンで統一し、シックな雰囲気の門扉を採用したことにより、全体的に引き締まったイメージに仕上がっていますね。

>> この事例を詳しく見る

断熱対策を行い、一部の水回り設備を交換

築年数 -
工事費用 218万円
施工期間 30日
施工地域 東京都
購入された中古の一戸建てにて「低予算でフルリノベーションし、断熱性を高めたい」というご依頼でした。
リビングなど5箇所の窓に、寒さ改善のためLIXIL(リクシル)の内窓『インプラス』を設置。
水回り設備を一新し、洗面化粧台やユニットバスなどは高級感が出るデザインを採用しています。

>> この事例を詳しく見る

外壁・屋根工事&内装の一部をリフォーム

築年数 17年
工事費用 350万円
施工期間 30日
施工地域 佐賀県
外壁塗装や、屋根の波板の張り替え工事を行い、外観をきれいにリフォーム。
室内側は、クロスの張り替えや、畳の交換などを実施。
生活スタイルに合わせて、ユニットバスを改装し、トイレは和式から洋式へと変更しました。

>> この事例を詳しく見る

4LDKのお住まいを3LDKへと間取り変更

築年数 15年
工事費用 360万円
施工期間 30日
施工地域 愛知県
「水回り設備を最新の性能がある物に交換してほしい」というご要望を受け、浴室はユニットバスに取り替え、トイレはタンクレスに変更しました。

4LDKだった間取りは3LDKに変更し、和室も洋室へとリフォーム。
小さいお子さんがいらっしゃるため、段差や敷居など転びやすい箇所をできるだけ撤去。
さらに屋根塗装も行いました。

>> この事例を詳しく見る

築40年の住宅を、住みやすいようスケルトンリフォーム

築年数 30年
工事費用 690万円
施工期間 60日
施工地域 福岡県
子世帯のお住まいの近くで中古物件を購入されたご夫婦から、全面リフォームのご依頼をいただきました。

広々としたリビング・キッチンを実現するため、間仕切りを撤去。
浴室や洗面脱衣所も拡張し、トイレは幼いお孫さんにも使いやすいよう、段差を解消して手洗い器も設置。
玄関扉は最新の引き戸へ交換し、防犯性などを向上させています。

>> この事例を詳しく見る

築45年の木造住宅で大規模なスケルトンリフォーム

築年数 45年
工事費用 1,000万円
施工期間 100日
施工地域 神奈川県
昔ながらの3DKの間取りでしたが、レイアウトを見直し、空間を広く使える2LDKへと変更。
2階にある和室は「ふとんで寝たいので、残してほしい」というご希望だったため、今風のモダン調の和室へとリフォームしました。

>> この事例を詳しく見る

>> 中古の一戸建てリフォーム・リノベーション事例集はこちら

中古一戸建ての施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

中古一戸建てを購入&リフォームする際、どんなローンを使える?

中古一戸建ての購入&リフォームでは、どんなローンを使える?

中古の一戸建てを購入してリフォーム・リノベーションする際には、リフォームローン・住宅ローンの利用は、もちろん可能です。
「無担保型」と「有担保型」の2タイプがあり、それぞれには以下のような傾向があります。

無担保型
(※基本は「リフォームローン」)
有担保型
(※基本は「住宅ローン」)
借入可能な金額の上限 500~1,000万円 1,000万~1億円
借入可能な期間 最長10~15年 最長35年
金利相場
(※2022年5月現在)
1.3〜4%
(※1.5〜3%前後が多い)
0.31〜1.4%
(※0.4〜1%前後が多い)

担保が不要の「無担保型」は、少額を借りられるメリットがありますが、金利がやや高いです。
一方「有担保型」は、リフォームする中古物件などを担保にすると、比較的安い金利で高額を借りられますが、審査基準が厳しくなります。

>> リフォームローンの選び方!担保の有無・金利相場・おすすめは?

なお中古住宅の購入時に利用した「住宅ローン」の返済が終わっておらず、工事のために「リフォームローン」を新たに借りたいという方は、物件購入費と工事費のローンをセットにできる「一体型ローン」に借り換えるのも得策と言えます。
金利が安い一体型のローンに借り換えできれば、利子が浮いた分を工事費用に充てることが可能なためです。

リフォーム業者によっては「在籍中のファイナンシャルプランナーによる相談」や「ローンの手続き代行」といったサービスを展開している場合もありますよ。
工事の見積もりを依頼する際などに、一緒に相談してみるとよいですね。

予算ローンの相談も可能な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

中古一戸建てリフォーム・リノベーションでありがちな後悔5選!対策や注意点は?

中古住宅を購入して住んでみると、予想外の場所が劣化していたり、思いのほか使い勝手が悪かったり、といったトラブルが発生しやすいものです。

「ここもリフォームしておくべきだった」「思わぬところで工事費がかかった」と後悔することのないよう、ありがちな失敗例とその対策方法についても確認しておきましょう。

中古一戸建てリフォーム・リノベーションでありがちな後悔

1. 後から修繕・補修費が掛かった

物件購入時には正常そうに見えたのに「給湯器などの設備が、住み始めて間もなく故障した」「工事のときに床や壁などを解体したら、見えない部分(配管や、壁の内部など)の劣化や腐食が発覚した」というパターンは、実は多いです。
ご希望のリフォームとは別に、予期していなかった工事の費用まで発生してしまうと、痛手ですよね。

可能であれば、リフォーム・リノベーションの際には消耗品や設備を交換しておくのがベストと言えるでしょう。
また不測の事態に備えて、予算を残しておくことが肝心です。

2. 水回りのリフォームが必要になった

「水回りを定期的にメンテナンスしなくてはいけないことを知らなかった」という理由で、想定していなかったトイレ・洗面所などのリフォームが必要になり、工事費が高額になってしまうこともあります。

一般的に、水回り・壁紙・外壁・屋根などは10年くらいの周期でリフォームするのが適切と言われています。
購入した中古住宅の築年数を考慮して「いつ頃に、どの箇所のメンテナンスが必要になるか」をイメージして、予算管理していきましょう。

>> 水回りや内装・外装などのリフォーム時期は、いつが最適?

また「リフォームする予定はなかったが、水アカが残っていて不衛生に感じたため浴室を交換した」という例もあります。
最初にリフォーム・リノベーションをするタイミングで、水回りを一新することも検討し、優先すべき工事の組み合わせを考えていくとよいかもしれませんね。

3. 断熱・防音・耐震性が不十分だった

中古一戸建てで断熱・防音・耐震性が不十分だった

ある程度の築年数が経過している建物は、断熱性や防音性が低く「冬は寒いし、夏は暑い」「深夜に、近所の騒音が気になる」という場合が多いです。
断熱・防音性を向上させるためには「壁・床・天井などに断熱材や防音材を施工する」「既存の窓に、内窓を追加する」といったリフォームで対策できるので、この分の予算も考えておきたいところですね。

>> 防音工事の方法&リフォーム費用

また上述した通り、旧耐震基準で建てられた住宅などであれば、耐震性にも不安が残るため、耐震工事の優先度も上げておきましょう。

これらの工事は、国や自治体の補助金・助成金制度を活用できることがあるので、知識のあるリフォーム業者に相談してみるのも良策です。

>> どんなリフォーム工事が補助金対象になりやすい?

4. 気に入る間取りにできなかった

古風な狭い部屋がたくさんある間取りを見直して、部屋やリビングを拡張するようなリフォームは、大変好評です。

ただし建物の耐震性に影響が出てしまう場合は、取り除きたかった間仕切り壁の撤去が不可能というケースもあります。
「必ずしも、希望通りの間取りにできるとは限らない」ということを念頭に置き、妥協が必要になるかもしれないことを理解しておくことも大事です。

5. コンセントの位置や数を見直さなかった

中古一戸建てでコンセントの位置や数が不十分

「設備や間取りなどは計画的にリフォームしたのに、理想的な場所にコンセントがなかった」という失敗例も。
特に家電が多いリビング・キッチンや、在宅ワークのスペースなどでは要注意ですね。

「どの部屋で、どんな電気製品を使うか」「掃除機をかけるときは、どんな動線か」などをイメージし、電源の位置変更や増設なども、リフォーム工事の際に一緒に計画してみましょう。

>> コンセントリフォームの費用・ポイント
>> 中古戸建てリノベーションで後悔しやすいポイント

リフォーム・リノベーション会社を探すときは相見積もりで比較を

リフォーム・リノベーション会社を探すときは相見積もりで比較を

ここまでの内容をご覧になり「思ったよりもコストがかかりそう……」「工事完了後に、不満が残るかも」など、ご不安になった方もいらっしゃるかもしれませんね。
けれども、相性のよい施工会社を探すことで、失敗を防ぐ対策をしやすくなるはずですよ。

まずは複数の業者に見積もりを依頼してみることも重要です。
親身になってくれるスタッフに出会えたら、きっとプロの視点から、ご要望に沿ったプランニングをしてくれるでしょう。

>> リフォーム会社の選び方・比較する際のポイント

担当者に、予算・優先順位・デザイン性などのご希望内容を伝え、最も納得のいく提案をしてくれた業者に工事を任せるとよいでしょう。

中古一戸建ての施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

リフォーム・リノベーション前提で、中古の一戸建てを購入する際のポイント

「これから中古の一戸建てを探して購入する」という方は、ぜひ以下の点も参考にしてみてください。
予算をしっかり管理しながら、理想の家へとリフォーム・リノベーションしやすい物件を選びましょう。

リフォーム・リノベーションする中古の一戸建てを購入する際のポイント

1. 修繕・リフォームの必要性を考慮し、物件の安さだけで決めない

前述したように、中古住宅では予想外のリフォーム工事が発生しやすいものです。
物件が安いと思わず購入したくなるかもしれませんが、実はかなり老朽化していて、断熱性などが不十分だったり、水回りや外壁の修理代もかかったり、と工事費がかさんでしまうリスクがあるかもしれません。

「もしかしたら、こんな工事も必要になるかも」という視点を持ちながら、慎重に物件を吟味しましょう。

2. 新耐震基準に適合している物件だと、より安心

日本の耐震基準は、1981年6月に大幅に改定され、さらに2000年6月以降に建築確認された建物は現行の「新耐震基準」で建てられています。
つまり、2000年6月以降に建てられた一戸建てであれば、耐震リフォームが不要である可能性が高いと言えます。

>> 「耐震基準」とは?安心・安全な中古住宅の見極め方

また2000年以降の建築物は、全体的に断熱性に優れている傾向もあります。
築浅の住宅は、物件購入費が高額にはなってしまいますが、耐震・断熱といった性能向上のためのリフォーム工事費があまりかからないメリットがあると言えるでしょう。

3. 住宅診断(ホームインスペクション)を実施する

中古の一戸建て購入時は住宅診断(ホームインスペクション)を実施

建物の性能・劣化具合などを把握してから物件を購入したい方は「ホームインスペクション(住宅診断)」を実施しておくと安心です。
ホームインスペクションは、建築と不動産いずれの知識もある第三者によって行われます。
「希望のリフォームに合う物件か」「どんな補修工事が必要になるか」などを助言してもらうことも可能です。

(※2018年4月より、中古住宅の販売者には「インスペクションを実施したかどうか」「インスペクション実施済みの場合は、その診断結果」などを、物件購入者へ説明することが義務化されてはいます。)

費用は5〜10万円ほどかかりますが「まだインスペクションを実施されていない物件を購入したい」ときなどには、念のためインスペクションを行うことをおすすめします。

4. 生活動線を意識し、希望の間取りに近い家を選ぶ

中古の一戸建て購入時は、希望の間取りに近い物件を選ぶ

先ほどもお話ししたように、中古住宅の間取りを理想通りに変更できるとは限りません。
また工事自体は可能であっても、水回りの位置移動などを行う場合は「水道・ガスの配管工事」の費用もかさんでしまうため、要注意です。

生活動線を考えながら物件を内見し、なるべく間取りを変更しないで済む建物を選択するとよいでしょう。

5. 物件購入&リフォーム資金でローンを利用するなら「一体型」がおすすめ

ローンを利用したい場合は、物件購入費とリフォーム費用をまとめて借りられる「一体型(リフォーム一体型住宅ローン)」にすると、スムーズです。

一体型ローンには「低金利のローンを契約しやすい」「住宅ローンとリフォームローンの二重払いを防げるため、資金管理がしやすい」という利点があります。

6. ワンストップ会社なら「物件探し」も「工事」も依頼できて効率的

もしも不動産会社をこれから探すようであれば、物件探しにもリフォーム工事にも対応できる「ワンストップリノベーション」の会社を活用するというアイデアもありますよ。
一つの窓口で、物件探し・ローン計画・設計・施工を一貫して行ってくれる、効率のよさがワンストップの魅力です。

中古の一戸建てリフォーム・リノベーションで満足するために

中古の一戸建てをリフォーム・リノベーションして住むためには、さまざまなコストや手間がかかるため、すべてが完了するまでは、なかなか落ち着かないかもしれませんね。
とは言え、お気に入りの空間を実現できれば、その苦労もきっと報われるはずです!

中古の一戸建てリフォーム・リノベーションで満足するために

これから物件を探す方は、今回解説したポイントを踏まえて、ぜひとも打って付けの建物を選び出してくださいね。
すでに物件を購入済みの方は、快適な空間にリフォーム・リノベーションできるよう「最も譲れない点」などを遠慮なく施工業者に伝えていきましょう。

これから長く暮らし続けていく大切な場所ですから、こだわりがあるのは当たり前のことです。
だからこそ、期待に応えてくれるリフォーム会社を、じっくりと選びましょう。

なお当サービス『リショップナビ』では、優良なリフォーム・リノベーション会社を多数ご紹介しています。
もしも素敵な中古物件を購入し、施工業者を探したくなった際には、気軽にご活用くださいね。

中古一戸建ての施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

リノベーションのおすすめ記事

  • 古民家リフォーム・リノベーションの費用相場・事例・必要な工事の見極めポイントまとめ

    最近注目を集めている「古民家リフォーム・リノベーション」。昔ながらの日本家屋を利用し、時代に合わせた空間デザインを施したり、住居としての機能を高めたりできるのが、古民家リフォーム・リノベーションの魅力です。古民家をリフォームする際に最も気になる費用相場や事例、そして必要な工事内容の見極め方と、部位毎の施工費用についてご紹介します。古民家ならではのメリット・デメリット・注意点、物件・業者の選び方についても解説しますので、参考にしてみてください。

  • 平屋のリフォーム・リノベーション費用相場!工事内容別の価格帯や施工事例もご紹介

    「快適に暮らせるおしゃれな平屋にリフォーム・リノベーションしたい」という方に向けて、費用相場や施工事例をご紹介します。平屋にするメリットやデメリットも解説するので、ぜひリフォームの際の参考にしてみてください。

  • 【決定版】つけて良かった!新築・リフォームで好評の設備24選

    新築を建てるとき、今の住まいのリフォームを考えているとき、実際にはどのような設備をつけたら最適なのでしょうか。「つけて良かった」「つけておくべきだった」という意見が集まる設備についてチェックしておきましょう。

  • 狭小住宅のリフォーム/リノベーション費用・事例を公開!おすすめ工事内容や注意点も解説

    東京・横浜・大阪など、住宅が密集する都市部では、10坪ほどの狭小住宅にお住まいの方も少なくありませんよね。ただ、狭い家はどうしても家事動線が悪くなってしまうもの。リフォーム/リノベーションで間取りや収納などを改善したいところです。今回はそんな方のために、狭小住宅のリフォーム/リノベーションにかかる費用や事例についてご紹介します。いろいろな事情で建て替えができないお宅でも、住みやすく生まれ変わりますよ。

  • 子育てしやすい家にリフォーム・リノベーションしたいあなたへーおすすめの方法・実例・費用をご紹介します

    子育て世代にとって、お子さんと一緒にいられる時間はかけがえのないもの。おうちの中でも、のびのび過ごしている姿を見たいですよね。子供を見守りやすい環境に整えたり、家事の時間を短縮して一緒に遊んだりするために、リフォームやリノベーションでできることは色々あります。今回は「子供のための家」を作る際の間取りなどのポイントや、一戸建て・マンションのリフォーム実例についてご紹介します。また予算組みが不安な方のために、補助金やローンについても解説するので、参考にしてくださいね。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。