スケルトンリフォームの費用相場・施工事例(マンション/戸建て)を公開!デメリットや注意点も解説

スケルトンリフォームの費用相場・施工事例(マンション/戸建て)を公開!デメリットや注意点も解説

「スケルトンリフォーム」は、現在のライフスタイルに合わせて間取りを変更できる・新築同様の内装に仕上げられるなどの魅力がありますが、最も気になることの一つが、リフォーム費用や工期がどの程度かかるか、といった点ですよね。そこで今回は、スケルトンリフォームの価格帯・坪単価の目安や、費用・工事期間もわかる施工事例(マンション/一戸建て)をご紹介します。また、スケルトンリフォームとリノベーションの違いや、スケルトンリフォームのメリット・デメリット・注意点も、あわせてチェックしておきましょう。

スケルトンリフォームでは、壁や床の撤去・廃棄などの費用がかかるため、一般的なリフォーム工事と比べると費用が高くなります。
最初に、マンション一戸建てでスケルトンリフォームを実施する際の、おおよその費用相場について確認していきましょう。

マンションのスケルトンリフォーム費用相場・施工事例

スケルトンリフォームの費用相場・施工事例(マンション/戸建て)を公開!デメリットや注意点も解説

マンションのスケルトンリフォーム費用・坪単価

スケルトンリフォーム費用(総額) スケルトンリフォーム坪単価
300〜1,200万円 10〜50万円

マンションの場合は、総額300〜1,200万円くらいになる例が多く見られます。
施工範囲にもよりますが、なるべく500〜800万円程度の予算を見込んでおくとよいでしょう。
ただし、グレードやデザイン性にこだわる際などには、1,500万円近くなることもあります。

坪単価の目安としては、10〜50万円ほどです。

【マンションでは定額制プランも比較的多い】


ちなみにマンションの場合は、1㎡につき6〜15万円程度で「定額制プラン」を提供している業者もたくさんあります。

会社によって内容はさまざまですが「10万円/㎡」前後の価格を設定している所が比較的多いです。
例としては「標準仕様75㎡の場合=89,800円/㎡(税込)」「基準面積65㎡以内の場合=95,000円/㎡(税別・別途、諸経費)」といったプランが見られます。

マンションのスケルトンリフォームの実例

ここで、当サービス『リショップナビ』の加盟業者が、実際にマンションでスケルトンリフォームを行った例も、見てみましょう。

間取り変更で、おしゃれな図書館のような住まい

築年数 30年
施工費用 710万円
工事期間 60日
家全体が老朽化していたため、間取りの変更も含めて「自分好みの住まい」へと改装するスケルトンリフォームを実施しました。

個室を撤去してリビングを広くし、おしゃれなアイランド型のキッチンも設置。
壁面には空間のアクセントとなる、お好きな雑貨や本を飾れる「見せる収納」を採用しています。
【金額内訳】
リビング:142万円/キッチン:62万円/トイレ:48万円/浴室:80万円/洗面:37万円、他
>> この事例を詳しく見る

費用を抑えて中古マンションをスケルトンリフォーム

築年数 40年(RC)
施工費用 800万円
工事期間 50日
築40年の中古マンションを購入される施主様より「予算内で、一般的な分譲マンションのようにしたい」というご依頼でした。

コストを抑えるため、間仕切りをあまり小さくしないよう工夫し、新築同様の内観に仕上げました。
【金額内訳】
リビング:100万円/ダイニング:50万円/キッチン:100万円/トイレ:50万円/浴室:120万円/洗面:30万円/廊下:50万円、他
>> この事例を詳しく見る

スケルトンリフォームで実現できた理想の家

築年数 25年(RC)
施工費用 1,030万円
工事期間 60日
機能面やデザイン性に着目しながら、水回り設備を選定・一新しました。

少し閉鎖的に感じられていた台所は、周りの壁を撤去してオープンタイプのキッチンに変更。
家事効率や清掃性が向上し、全体的にシンプルモダンな空間へと生まれ変わりました。
【金額内訳】
リビング:120万円/キッチン:195万円/トイレ:50万円/浴室:128万円/洗面:50万円/玄関:87万円、他
>> この事例を詳しく見る

100㎡のマンションをこだわりの空間に

築年数 26年(RC)
施工費用 1,476万円
工事期間 60日
お子さんが独立されて部屋数が必要なくなったため、間取りを変えて広々としたLDKや、趣味のための部屋を新設。

以前は独立していたキッチンは対面式のレイアウトに変更し、収納も充実させました。リビングには、温水式の床暖房も導入しています。
【金額内訳】
費用内訳=リビング:254万円/キッチン:249万円/トイレ:41万円/浴室:141万円/洗面:62万円/洋室:73万円/玄関:39万円、他
>> この事例を詳しく見る

>> マンションのスケルトンリフォームの事例一覧はこちら

スケルトンリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

一戸建てのスケルトンリフォーム費用相場・施工事例

一戸建てのスケルトンリフォーム費用相場・施工事例

一戸建てのスケルトンリフォーム費用・坪単価

スケルトンリフォーム費用(総額) スケルトンリフォーム坪単価
450~2,500万円 10〜50万円

施工面積が大きくなりやすい一戸建てでは、総額450~2,500万円となるケースが多いです。
もちろん工事範囲によっても変動しますが、600〜1,100万円ほどの予算を想定しておくことをおすすめします。

なお、外壁・屋根など外装も施工する時や、建物の劣化が激しい場合、意匠性などにもこだわる際などには、より高額になる可能性があり、後述する施工事例のように3,000万円近くなるパターンも見られます。

坪単価の目安は10〜50万円程度ですが、施工規模やグレードによっては1坪あたり80万円近くなることもあります。

一戸建てのスケルトンリフォームの実例

鉄筋コンクリート造の一戸建てで、間取りを変更

築年数 26年(RC造)
施工費用 840万円
工事期間 60日
設備機器を交換すると同時に、生活空間の動線の見直し・収納スペースも確保したいというご希望でした。
そこで建物全体の耐力を落とさない程度に骨組みにも加工を施し、新しい機器・製品の利便性を最大限に活かせるようなプランをご提案。

キッチンにあった壁を取り払って広いリビングを実現し、浴室やトイレなども一新しました。
【金額内訳】
リビング:200万円/キッチン:140万円/トイレ:30万円/浴室:140万円、他
>> この事例を詳しく見る

木造住宅を、自然素材を使ってログハウス風に

築年数 15年
施工費用 1,400万円
工事期間 90日
間取りを変更してキッチンを移設し、開放的な広々としたリビングを実現。
また以前よりも広い脱衣スペースを作るため、1階にあった洗面所と浴室を2階に移動しました。

玄関〜LDKの全面の壁には無垢の杉板が施工され、ログハウス風の雰囲気に仕上がっています。
【金額内訳】
リビング:132万円/キッチン:74万円/トイレ:58万円/浴室:75万円/洋室:52万円/玄関:60万円、他
>> この事例を詳しく見る

住み継ぐため、外壁・屋根も含めて全体をリフォーム

築年数 20年(木造)
施工費用 2,237万円
工事期間 60日
親御さんから譲り受けたお住まいを、生活スタイルに合わせてリフォームしました。
独立していたキッチンを対面式に変えてLDKを広くし、2階の間取りは3部屋から4部屋に変更。

同時に、外壁・屋根の修繕および塗装、窓の位置変更などの工事も行いました。
【金額内訳】
リビング:214万円/キッチン:95万円/トイレ:43万円/洋室:226万円(4部屋)/玄関:170万円/外壁:120万円/屋根:67万円、他
>> この事例を詳しく見る

サンルームなども増築して新築同様の家に

築年数 23年
施工費用 3,000万円
工事期間 150日
ご主人が数年後に定年されるにあたり、中古住宅の丸ごとリフォームを決意されたお施主様。
キッチンは位置を移動して、奥様憧れの対面型のレイアウトに変更。

和室はご夫婦で書斎兼寝室として使用できるよう、カウンターを造作しています。
さらに床暖房を導入し、愛犬のためのトリミングルーム・サンルームも増築しました。
【金額内訳】
リビング:200万円/キッチン:350万円/トイレ:45万円/浴室:120万円/洗面:120万円/洋室:150万円/和室:180万円/玄関:100万円、他
>> この事例を詳しく見る

>> 一戸建てのスケルトンリフォームの事例一覧はこちら

スケルトンリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

スケルトンリフォームとは?リノベーションとの違いって?

スケルトンリフォームとは?リノベーションとの違いって?

スケルトンリフォームとは

「スケルトン」とは、英語で「骨格」や「骨組み」などを意味する言葉です。
つまり「スケルトンリフォーム」は、建物の構造躯体(骨組み)だけを残してまっさらな状態にした後に、大幅なリフォーム・改修工事を行うことを指します。

従来の間取りにとらわれず自由に設計しやすく、新築に近い仕上がりも実現可能な点が「スケルトンリフォーム」の最大の特徴と言えるでしょう。

リノベーションとの違い

まず「リフォーム」と「リノベーション」は、ほぼ同一の意味として扱われることが多いですが、以下のような違いがあります。

<リフォーム>

「建物を、新築当時と同様の状態に戻す改修工事」を指す場合に用いられるのが一般的です。
<リノベーション>

「大規模な改修工事を行った上で、性能を向上させたり用途を変更したりと、建物の価値を高める」際に使用されることが多い言葉です。
内装全体を全面的にリフォームしたい場合などには、結果的に「リノベーション」になることもあり得ます。

スケルトンリフォーム」は、施工後に建物全体の価値が上がることも多いため、実質リノベーションの一種と考えてもよいと言えるでしょう。

スケルトン状態にはせずに大規模な改修工事を行う場合は「リノベーション」、一度骨組みの状態にしてから大胆に改装する場合は「スケルトンリフォーム」という言葉で区別されます。

フルリノベーションとの違い

ちなみに「フルリノベーション」という言葉もありますが、こちらは一般的に「建物を一度スケルトン状態にした上で、大規模に全体をリノベーションする」際に使われています。

つまり「スケルトンリフォーム(スケルトンリノベーション)」と、ほぼ同義語と考えてよいでしょう。

フルリノベーションとの違い

ただ施工会社を探す際には、細かい用語の違いはあまり気にしなくても大丈夫です。
「スケルトン状態にするかどうか、まだ具体的には決めていない」という場合でも、その旨を業者に伝えるとよいですよ。

「今の間取りのままでは使いにくいので、見直したい」「もっとおしゃれにしたい」「耐震補強もしてほしい」などの要望を伝え、柔軟にプランニングしてもらいましょう。

>> 間取り変更リフォームの費用相場・注意点
>> 耐震リフォームの費用相場!耐震診断は必要?

提案される内容を比較することで、ご自身がどんなお住まいにしたいのか、より明確になってくるはずです。

希望に合わせて提案してくれる
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

ここからは、スケルトンリフォームのメリットやデメリット・注意点について、チェックしていきましょう。

スケルトンリフォームのメリット

スケルトンリフォームのメリット

間取りを全体的に変えやすい

一度骨組みの状態に戻すスケルトンリフォームでは、既存の形状にとらわれず、全体的に間取りを見直しやすくなります。

「子供が自立したから、子供部屋が不要になった」「台所・リビング・ダイニングが狭いから、間取りを変えて一続きのLDKにしたい」などという時にも適していると言えるでしょう。

水回り・配管・配線も見直しやすい

水回りの設備を最新にできるのはもちろんのこと、配管の交換や移動・新設などもしやすいため、使い勝手のよいレイアウトに変更できる可能性があります。
築年数が経って配管の更新をしたい時期が来た時などには、スケルトンリフォームでまとめて工事すると効率的です。

また、配線を見直したい場合も、あわせて実施するとよいでしょう。
ただし費用は高くなりやすいので、注意してくださいね。

家全体に統一感を出しやすい

家全体に統一感を出しやすい

部分的にリフォームした場合にありがちなのが「リフォームした場所と、工事しなかった箇所との違いが気になってしまう」という失敗例です。

スケルトンリフォームなら全体を一新できるため、家の中全体に統一感を出しやすく、また新築同様に仕上げることも可能です。
スケルトンリフォームを機に「和モダン」「北欧風」などのテーマでまとめるのもよいですね。

断熱・防音などの対策がしやすい

間仕切り壁を設置し直したり、床も下地材から交換できたりするため、同時に「断熱材」や「防音性の高い壁・窓」なども導入しやすくなると言えます。

>> 防音工事の種類・費用
>> 断熱リフォームの種類・費用・工期
>> 窓の防音リフォーム方法

また、結露・カビ・ダニなどの対策や床暖房の設置などもしやすく、暮らしを快適にするための様々なアイデアを取り込むことが可能です。

スケルトンリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

スケルトンリフォームのデメリット・注意点

スケルトンリフォームのデメリット・注意点

構造によっては希望の間取りにできない場合がある

建物の工法・構造によって、好みの間取りにしやすいかどうかが変わってきます。

例えば「RC造」「SRC造」のマンションなどには、建物を柱や梁で支えている「ラーメン構造」と、建物を壁で支えている「壁式構造」の2タイプがあります。

この内「ラーメン構造」の場合は比較的間取りの自由度が高いです。
一方「壁式構造」は、部屋の壁が建物全体の耐震性をキープしている場合があるため、取り外せない間仕切り壁もあります。

大まかな間取りの自由度の違いは下記の表の通りですが、ご自宅でどの程度のスケルトンリフォームが可能か、施工業者にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

【マンション】

工法・構造 間取りの自由度
RC造(鉄筋コンクリート造)
SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)
ラーメン構造 = ●
壁式構造 = ▲
S造(重量鉄骨造)

【一戸建て】

工法・構造 間取りの自由度
木造軸組(在来)工法
2×4(ツーバイフォー/木造枠組壁)
S造(重量鉄骨造)
LGS造(軽量鉄骨造/プレハブ工法) 鉄骨系 = ●
木質系orコンクリート系 = ▲

住みながらの工事は難しい場合が多い

住みながらの工事は難しい場合が多い

骨組みだけの状態にする必要があるため、住みながら施工してもらうことは基本的には難しいと考えておきましょう。
仮住まいへ引っ越しをする場合、荷物の運搬にかかる費用や、引っ越し日のスケジュール管理も必要になるのでご注意ください。

ちなみに業者によっては、仮住まいの手配もサポートしてくれる場合もありますよ。

騒音が発生しやすいため近隣の方にも配慮する

大掛かりな工事を要するスケルトンリフォームは、騒音などのトラブルが起きやすいものです。
事前に近隣へ挨拶をしておき、また工事を行う時間帯も配慮することが大切です。

なお、ご近所への挨拶に施工業者が同行してくれることも多いので、心配な場合などには聞いておくとよいですね。

工事や打ち合わせの期間が長くなりやすい

工事や打ち合わせの期間が長くなりやすい

先ほどご紹介した事例の通り、スケルトンリフォームの工期は最低1ヶ月半〜2ヶ月程度を要します。

さらに「部品・資材を取り寄せる日数がかかった」「工事が始まってから、予想外の劣化箇所を発見した」などという場合には、工事期間が延長してしまうこともあります。

また着工前の打ち合わせ期間も、2〜3ヶ月ほどはかかると見込んでおきましょう。

業者との打ち合わせは、だいたい2週間に1度くらいのペースで行うケースも多く、お互いのタイミングが合わなかったり、工事のプランがなかなか決まらなかったりした場合には、工事を始めるまでにより時間がかかってしまう可能性も出てきます。

できれば、工事を開始したい日の半年くらい前には、リフォーム会社に見積もりを依頼することが望ましいでしょう。

一戸建ての場合は建築確認が必要なことも

一戸建ての「木造3階建て」や「鉄骨2階建て」などでスケルトンリフォームを行う場合、施工範囲によっては「建築確認(確認申請)」が必要となることがあります。

また増築したい場合にも、地域や施工面積によっては確認申請が必要です。
不安な場合は、建築確認にも詳しい業者に質問してみるとよいでしょう。

希望に合わせて提案してくれる業者を選ぶ

希望に合わせて提案してくれる業者を選ぶ

リフォームやリノベーションで失敗しないためには、信頼できる業者を選ぶことが何よりも重要です。

まずはご希望に近い工事実績がある複数の業者に、見積もりを依頼・比較することから始めましょう。
今回解説したようなデメリットや費用などが気になる場合も、遠慮なくプロに相談してみることをおすすめします。

ご家族が快適に暮らせる新たな住空間を、実現できるとよいですね!

希望に合わせて提案してくれる
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

【この記事のまとめ&ポイント!】

マンションのスケルトンリフォームの、費用の目安は?参考になる事例もあれば見たい!
施工範囲によりますが、総額300〜1,200万円程度で施工できた例が多いです。
デザイン性などにこだわると、1,500万円近くかかることもあります。

マンションのスケルトンリフォームの施工事例については、こちらに掲載しています。
総額費用や内訳金額なども記載しているので、参考にしてください。
一戸建てのスケルトンリフォームの、費用の目安は?参考になる事例もあれば見たい!
施工面積が大きくなりやすいため価格帯が幅広く、総額450~2,500万円かかるパターンが多いです。
外壁・屋根なども施工する際や、建物の劣化が激しい場合などには、より高額になる可能性があります。

総額費用や内訳金額なども分かる、一戸建てのスケルトンリフォームの施工事例はこちらでご紹介しています。
「スケルトンリフォーム」の定義とは?メリット・デメリット・注意点は?
建物の構造躯体(骨組み)だけを残し、まっさらな状態にした後、大幅なリフォーム・改修工事を行うことを「スケルトンリフォーム」と呼びます。

「間取りや配管位置などを全体的に変えやすい」「断熱・防音対策などもしやすい」といったメリットがあります。

一方で「構造によっては希望通りの間取りにできない」などのデメリットや注意点もあるため、スケルトンリフォームの知識や経験が豊富な業者と相談されることをおすすめします。
スケルトンリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

リノベーションのおすすめ記事

  • 一戸建てリフォーム/リノベーションの費用相場・実例!フルリフォームや工事箇所別の価格帯も公開

    一戸建てのリフォーム/リノベーションを検討される際には、料金や工事期間がどの程度かかるのか、心配な方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、一戸建てでリフォームする際の価格帯を工事内容別に解説します。また、一軒家を大規模にフルリフォーム/リノベーションする場合の値段や、費用・工事期間がわかる施工事例もご紹介します。補助金やローンを利用したい場合のポイントについてもお話しするので、チェックしてみてくださいね。

  • リフォームローンの選び方!担保の有無・金利相場・おすすめローン7選比較

    リフォームのローンを選ぶ際に気になるのが、「住宅ローンが残っていても申込可能?」「定年退職していても審査は通る?」といった審査基準や、「無担保型/担保型」「固定金利型/変動金利型」などの種類の違いですよね。今回は、このような疑問についてわかりやすくお答えしつつ、おすすめのリフォームローンもご紹介します!

  • 狭小住宅のリフォーム/リノベーション費用・事例を公開!おすすめ工事内容や注意点も解説

    東京・横浜・大阪など、住宅が密集する都市部では、10坪ほどの狭小住宅にお住まいの方も少なくありませんよね。ただ、狭い家はどうしても家事動線が悪くなってしまうもの。リフォーム/リノベーションで間取りや収納などを改善したいところです。今回はそんな方のために、狭小住宅のリフォーム/リノベーションにかかる費用や事例についてご紹介します。いろいろな事情で建て替えができないお宅でも、住みやすく生まれ変わりますよ。

  • 平屋のリフォーム・リノベーション費用相場!工事内容別の価格帯や施工事例もご紹介

    高齢の方や幼いお子さんにとっても住みやすい家を実現したい、などの理由から「快適に暮らせる平屋にリフォーム・リノベーションしたい」という方が増えています。あるいは「2階建てを減築して、平屋にしたい」という方も多くいらっしゃるでしょう。2階建てに比べて、間取りや設計の自由度が高い平屋には、おしゃれなデザインにしやすいという利点も♪今回は、平屋のリフォーム・リノベーションでかかる費用の目安や、平屋のメリット・デメリット、施工業者の選び方など、まとめてご紹介します!

  • 古民家リフォーム・リノベーションの費用相場・事例・必要な工事の見極めポイントまとめ

    最近注目を集めている「古民家リフォーム・リノベーション」。昔ながらの日本家屋を利用し、時代に合わせた空間デザインを施したり、住居としての機能を高めたりできるのが、古民家リフォーム・リノベーションの魅力です。古民家をリフォームする際に最も気になる費用相場や事例、そして必要な工事内容の見極め方と、部位毎の施工費用についてご紹介します。古民家ならではのメリット・デメリット・注意点、物件・業者の選び方についても解説しますので、参考にしてみてください。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。