間取り変更リフォームの費用相場と成功させるポイント!

「今の間取りが使いづらくて、どうにかしたい」という方には、間取り変更リフォームをおすすめします。建物の工法にもよりますが、壁をつくる・取り払うなどの工事も可能で、現在のライフスタイルにあう間取りに改修することができます。「リビングを広くしたい」、「部屋を分割して子供部屋を増やしたい」など、人気の間取り変更リフォームの費用相場、価格を抑えるポイントなどをご紹介します。

間取り変更リフォームとは?

間取り変更とは、現在の間取りを変更するリフォームで、具体的には、大きな部屋に間仕切り壁を作り、2つの部屋に分けたり、2間続きの部屋の間仕切り壁を取って、1つの大きな部屋に変更したりする工事のことです。
別々に設けられているキッチンとリビングやダイニングを1部屋にまとめてしまう間取り変更などもその1つです。

>> 間仕切り変更リフォームの費用相場とポイント

間取り変更リフォームの例と費用相場

ここではまず、具体的な間取り変更リフォームの例と費用相場をご紹介します。
詳細はそれぞれご説明しますが、リフォーム工事にかかる概算は以下の通りです。

間仕切り壁の設置 8~25万円
間仕切り壁の撤去(補修含む) 7~23万円
窓のサイズ変更 25~50万円
窓の増設 10~30万円
ドアの増設 6~25万円

間仕切り壁設置で子ども部屋を増やす

1つの部屋の真ん中に間仕切り壁を作成し、部屋数を増やすという内容のリフォームです。

基本的には、部屋を仕切りたい場所に壁を設置する工事になりますが、1つ注意したいのは、入口ドアについてです。
もともと広い部屋で入口ドアが2つあり、その境目にうまく壁を作れる場合は問題ありません。
しかし、そうではない場合、新たにドアをもう1つ設けなければならず、ドアの設置費が追加で必要になります。

特にドアの追加が不要な場合は、部屋の大きさにもよりますが、8~25万円が費用の目安です。

壁を撤去してリビングの空間を広げる

前述の部屋を増やすリフォームとは逆に、壁の撤去を行うリフォームです。

この場合意識しておきたいのが、撤去した壁の接合部の天井と床についてです。
もともと壁であったため、撤去した壁の下の床は、リビングと同じ床材(フローリングなど)は敷かれていないことがほとんどです。

また、天井も壁を境として両側の天井クロスが違っていた場合、1つの部屋にすると途中で模様が変わってしまうことになります。

壁を撤去してむき出しになったこの接合部をどう処理するかによって、金額は大きく変わってきます。

床材のない部分は見切り材と呼ばれるカバーのようなもので覆い、天井のクロスもそのまま使用するならば、かかる費用は比較的安価で済みます。
しかし、どうしても床材と天井は統一したいという場合は、フローリングの解体・新設、天井や壁クロスの全面張り替えなどが入ってきますので、料金はさらに上乗せされます。

具体的な費用相場ですが、壁撤去のみ(補修含む)の場合、7~23万円程度が見込まれます。

天井・壁のクロスやフローリングの張り替えも行う場合は、上記の壁撤去費用に追加で、天井・壁については1,000~1,500円/㎡、フローリングについては3~6万円/畳が追加でかかります。

なお、クロスやフローリングの張り替え費用は、一般的なグレードの場合の価格帯なので、張り替える商品のグレードが高い場合には上振れすることがあります。

窓のサイズを変更する・増設する

間取り変更に伴い、日当たりが悪くなってしまう部屋の、窓のサイズを変更する、あるいは窓を増設する場合の費用をご紹介します。

窓をただ交換するだけでは、高額にはなりにくいですが、窓の大きさや高さの変更を伴う場合や、窓を増設するリフォームは、外壁の解体・補修が必要になるため、価格が高くなります。

採用する窓のグレードや大きさで費用が変動しますが、窓のサイズ変更リフォームは25~50万円/箇所、窓の増設は10~30万円/箇所ほどかかると考えておきましょう。

なお、どちらのリフォームも、窓の位置が2階以上であれば、足場を設置しなければいけないこともあるため、その場合には足場代もかかってきます。

>> 窓・サッシリフォームの費用相場!サイズやグレードで値段はどう変わる?
>> 窓の増設でも必要!足場設置にかかる費用は?

また、構造上重要な柱や筋交いは、耐震性の観点から取り除くことができないので、この部分には窓を増設できません。
そのため、希望の位置に設置できない可能性もあることを知っておきましょう。

また、窓の設置により、開口部が増えることになるので、家の断熱性能にも影響が出ます。
窓設置リフォームによって、家が寒くなったということのないように、内窓やペアガラスの採用なども検討しましょう。

>> あわせて検討したい!窓の断熱リフォームにかかる費用

ドアを新しく設置する

冷暖房効率改善のためや、安全性・プライバシー確保などの目的で、ドアを新たに設置することもあります。

新しく取り付けるドアのグレードやサイズ、周囲の壁の状態によって費用が変動しますが、1箇所あたり6~25万円ほどと考えておきましょう。

うっかり大事な箇所を工事してしまい、家の強度が落ちることのないよう、家の構造を理解し、しっかりと確認してくれる施工業者を探すことが重要です。

間取り変更リフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

間取り変更リフォームの費用を抑えるポイント

間取り変更は、少し工事内容が違うだけでも大きく費用が変動することがあります。
あらかじめ、費用がかかるポイントを知っておき、金額を抑えられるように計画をたてましょう。

費用のかかる工事を控える

間取り変更には、様々な工事がありますが、特に価格が上がりやすいものをご紹介します。

まずは、水まわりを移動する工事です。
キッチンや浴室など水まわりの位置を変更する場合、給排水設備工事や電気配線工事、排気ダクト工事などが合わせて必要になります。

費用を抑えるためには、キッチンや浴室などの水まわりを新しいものにリフォームしたいと希望する際も、設置場所までは変更しないほうが良いでしょう。

他には、先ほどご紹介した窓の増設リフォームや、階段の位置を変えたり、廊下の幅を広げたりするようなリフォームも、高額になりやすい工事です。

>> 階段リフォームの費用相場
>> 廊下リフォームの費用相場

また、壁を撤去してLDKを1つの空間にするようなリフォームでも、強度不足による補強工事などが必要になると、費用が高くなる傾向があります。

費用を抑えるためには、リフォーム会社に相談する際に、ただ希望の工事内容を伝えるだけでなく、どんなところが悩みか、改善したいのはどのような問題かを伝えましょう。

プロならではの、費用のかからない解決策を出してくれることもありますから、いくつかのリフォーム会社から提案と見積書をもらって比較することをおすすめします。

工事期間が短く済む間取りにする

間取り変更の依頼内容によっては、かかる施工期間が長くなってしまう場合があります。

そうなると、人件費を含む工賃が上がってしまうのはもちろん、別の部分でも費用が発生する可能性を考慮しておかなければなりません。

特に大規模な間取り変更リフォームを行う場合、施工中は家で生活することができず、別の場所での仮住まいを余儀なくされることがあります。

施工期間が延びれば、その分、仮住まい先の家賃なども増えてしまうのです。

リフォーム費用を抑えたいと考えるなら、業者へ見積もりを依頼する際に、できるだけ短い期間で仕上がるような間取りにしてもらえるよう相談してみると良いでしょう。

>> リフォーム工事以外にかかる費用

複数の業者を比較する

リフォーム業者は、それぞれ提案内容や見積り金額が異なるので、費用を抑えるためには、複数の業者に見積もりを依頼することも有効な手段です。

比較検討して相場を知ることで、適切な金額でリフォームができますし、予算にあわせて工事内容を決めやすいでしょう。

間取り変更リフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

工法によって間取り変更ができないことも?マンションと戸建ての注意点

マンションか戸建てか、また、工法や構造がどのようになっているかによって、リフォームでできる間取りや、かかる費用も変わります。
現在のお住まいでは、どのようなリフォームができるか、確認しておきましょう。

工法によって間取り変更に制限も

マンション・戸建てに共通の注意点として、建物の工法や構造によって、リフォームの自由度が変わることがあります。

建物を、柱と梁・筋交いなどで支えているか、壁によって支えているかで異なります。
具体的には、「重量鉄骨造」や「ラーメン構造の鉄筋コンクリート造」、昔ながらの戸建てに多い「木造軸組工法」であれば、間仕切り壁を撤去することができます。
そのため、間取り変更リフォームの自由度が高いといえるでしょう。

一方、戸建てで多い「2×4(ツーバイフォー)工法」「軽量鉄骨造」や、低層マンションなどに多い「壁式構造の鉄筋コンクリート造」などは、壁で建物を支える仕組みのため、重要な壁を移動することができず、間取り変更の自由度はあまり高くありません。

マンションでは管理規約に注意

マンションで間取り変更リフォームをしたい場合には、いくつか注意しないといけないポイントがあります。

ほとんどの場合、マンションでは、共用部や構造に関わる部分の改修が禁止されていたり、防音上、使用できる床材の制限があったりします。

排水経路が決まっているマンションでは、水まわりの移動もできません。

ただし、床下や天井に空間がある二重床・二重天井のマンションであれば、電気の配線や給排水管をその部分に通せるため、水まわりや照明器具の移動も可能なことがあります。

いずれにしても、マンションでリフォームを実施する際には、リフォームが可能かどうかを、管理組合などに必ず確認しましょう。

マンションでは、リフォームする際には管理組合への申請なども必要なので、マンションリフォームに慣れており、そのような手続きや、禁止事項を熟知している会社を選びましょう。

>> リフォームで"できること・できないこと"【マンション編】

ここまで、間取り変更リフォームについて詳しくご紹介しました。
具体的な見積もりや、自分の家ではどんな間取り変更リフォームが可能かなど、間取り変更に慣れているリフォーム会社を探して相談しましょう。

間取り変更リフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> リノベーション・スケルトンリフォームの費用相場!

更新日:2018年8月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles リノベーションのおすすめ記事

  • Pixta_19002188_s

    スケルトンリフォームなら自由な間取り設計が出来る!

    「スケルトンリフォーム」という言葉をご存じでしょうか?大規模なリフォームを実現できるスケルトンリフォームは、間取りにとらわれず、自由なリフォームをしたい方にぴったりの施工方法です。一体どのようなものなのか、詳しくご紹介しましょう!

  • ______

    【要確認】間取りの失敗例5つ!リフォームで気をつけたいこと

    リフォーム時に一番気をつけたいのが、理想のイメージと実際のできあがりに差が生まれてしまうことです。良いイメージばかりが先行してしまい、実際に暮らしてみたら不便で仕方がないなんていうことも。もしそうなったら後悔してしまいますよね。今回は、大小問わずリフォーム時の間取りの失敗例をいくつか挙げてみたいと思います。リフォームを検討されている方は、チェックしてみてください。

  • Pixta_6807201_s

    間仕切りリフォームの種類と費用

    間仕切りリフォームを行うと、家の中の使い勝手が格段に良くなります。子供が成長して個室が必要になった、パソコンを使えるようなパーソナルスペースが欲しいなど、大掛かりなリフォームをするほどではないけれど、新しい部屋を作りたいという計画をしている方は意外と多いものです。そんな時は、今ある部屋に間仕切りを作ってみましょう。必要に応じて簡単に部屋を分けたり、完全な個室にしたりと、いろいろな方法がありますよ。間仕切りリフォームの種類と費用について、詳しくご紹介します。

  • ______

    リビングリフォームの費用相場

    リビング(居間)リフォームの費用相場をご紹介しています。リビングリフォームの中でも実施する方が多い、壁紙やフローリングの変更、間仕切りの撤去やリビングの拡大などのリフォーム料金相場がわかります。リビングのリフォームは、広さと使用する内装材のグレードによって料金が変動します。内容も多岐にわたるため、平均的な金額がつかみにくい部位ではありますが、リフォーム実例をもとに相場を把握し、適正価格でリビングリフォームをしましょう。

  • ________1_

    洋室(子供部屋・寝室)リフォームの費用相場・事例【戸建て・マンション】

    洋室リフォームの費用相場をご紹介しています。洋室は、子供部屋・寝室(ベッドルーム)・書斎として使用されることが多く、それぞれの用途にあわせてより快適な空間にするためのリフォームがされています。最近増えている、和室を洋室に変更するリフォームが、洋室リフォームの中でも最も高額になる傾向があります。使用する素材などによって大きく金額がかわりますが、実例を参考にリフォーム費用相場をつかみましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop