築30年の住宅ではどんなリフォームを行うの?施工事例や工事費用なども解説!

加盟希望はこちら▶

築30年の住宅ではどんなリフォームを行うの?施工事例や工事費用なども解説!

更新日:2021年09月03日

築30年の住宅ではどんなリフォームを行うの?施工事例や工事費用なども解説!

「築30年の住宅ではどのようリフォームが多く行われているか知りたい」「築30年の住宅のリフォームにかかる費用相場が知りたい」自宅が築30年を迎えたとき、リフォームについてこのようにお悩みになる場合も多いでしょう。築30年となると、生活をする上で不便に感じる部分が出てきやすくなります。そのため、築30年を目処にリフォームを行う住宅が多いです。築30年の住宅のリフォームを検討中の方は、工事の不安や失敗を減らすためにぜひこの記事をチェックしてみてください。

築30年の住宅リフォームで多く行われる工事内容

築30年の住宅リフォームで多く行われる工事内容
築30年の住宅リフォームで多く行われる工事内容は、主に以下の3つです。

・スケルトンリフォーム
・バリアフリー化
・省エネ改修

それぞれの工事内容を、詳しく解説していきます。

スケルトンリフォーム

スケルトンリフォーム
スケルトンリフォームとは、住宅の構造部分はそのままの状態でフルリフォームすることです。
スケルトンとは、「骨組み」という意味です。
住宅の構造部分(骨組み)は残しておき、壁や床、備え付けの棚などをすべて撤去して新しい間取りにリフォームします。

スケルトンリフォームは、今の生活に合った間取りにフルリフォームできます。
メリットは、工事費用が新築を建てるよりも安いことです。

デメリットは、住宅の構造によっては希望の間取りにリフォームできないかもしれない点です。
スケルトンリフォームを検討する際は、業者に住宅の構造の確認をお願いして、施工可能か判断しましょう。

バリアフリー化

バリアフリー化
住宅が築30年となると居住者も高齢となることがあるため、バリアフリー化のリフォームを希望される場合が多いです。
バリアフリー化のリフォームには、以下のような工事内容があります。

・手すりの設置
・段差の解消
・トイレの改良
・浴室の改良

また、住宅をバリアフリー化する際は、「高齢者住宅改修費用助成制度」が利用できる場合があります。

高齢者住宅改修費用助成制度とは、介護保険の要介護認定を受けている方で、規定されたバリアフリーリフォームを行った場合、最大18万円が支給される制度です。
申請方法や規定の工事内容などは、ケアマネージャーやお住まいの自治体の担当課に確認しましょう。

省エネ改修

省エネ改修
省エネ改修とは、エネルギー資源を無駄にしないためのリフォーム工事のことです。
屋根や床などに断熱材を施工したり、省エネ機能のある給湯器に交換したりします。
温暖化が進む今、省エネを目的としたリフォームも人気となっています。

最後に、3つのリフォーム内容をわかりやすく一覧表にしてまとめました。
リフォーム内容
工事内容
スケルトンリフォーム
住宅の構造を残したフルリフォーム
バリアフリー化
高齢になっても住みやすい家にリフォーム
省エネ改修
温暖化の対策を目的としたリフォーム

>> スケルトンリフォームの費用と事例
>> バリアフリーリフォームの費用と事例
>> 断熱リフォームで省エネ!種類やと費用を解説
リフォーム実績が豊富な
施工会社を探したい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼

築30年の住宅をリフォームする際にかかる費用相場

築30年の住宅をリフォームする際にかかる費用相場
築30年の住宅をフルリフォームする際にかかる費用相場は、およそ500~2,000万円です。
また、ライフスタイルの変化によって住宅を増築する際の費用相場は、8畳の部屋で210~400万円です。
反対に、7~9畳分の減築を行う際の費用相場は、110~380万円となります。

ただし、住宅を増減築する際は建築基準法を守るようにしましょう。
施工前に、建築基準法に違反していないか確認が必要です。

>> 古い住宅リノベーションの費用や事例を紹介!
リフォーム実績が豊富な
施工会社を探したい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼

築30年の住宅リフォームの施工事例

築30年の住まいを大幅リフォーム

築年数 30年
施工期間 13日間
工事価格 約500万円
施工箇所 キッチン、風呂・浴室、ダイニング、その他
築30年の住宅のキッチンや浴室などをフルリフォームしました。
全体的に明るい雰囲気となり、ご家族みなさんが笑顔で過ごせる空間に仕上がりました。
リフォーム実績が豊富な
施工会社を探したい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼

築30年の住宅のリフォームをする際に押さえておくべきポイント

築30年の住宅のリフォームをする際に押さえておくべきポイント
築30年の住宅のリフォームをする際に押さえておくべきポイントは、以下の2点です。

・劣化がひどい場合は建て替えを検討する
・補助金の申請ができる場合がある

それぞれのポイントを、わかりやすく解説していきます。

劣化がひどい場合は建て替えを検討する

住宅全体の劣化がひどい場合は、リフォームよりも建て替えを検討しましょう。
築年数が古い日本の住宅では、シロアリによって柱や壁などがひどく破損するトラブルが発生しやすいです。
住宅の構造部がひどく破損している場合は、リフォームするよりも建て替える方が安心です。

リフォームを行う前に、住宅の劣化状態を業者に診断してもらいましょう。

補助金の申請ができる場合がある

住宅のリフォーム内容によっては、補助金の申請ができる場合があります。
築30年のように築年数が古い住宅のリフォームで申請できる補助金の1つに、「長期優良住宅化リフォーム」があります。

長期優良住宅化リフォームとは、築年数の古い住宅の耐久性や耐震性、省エネ性などを向上させるリフォームを行った際の費用が一部補助される制度です。
特に、フルリフォームの際に申請しやすい補助金制度です。
リフォーム実績が豊富な
施工会社を探したい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼

築30年の住宅リフォームを成功させるための業者選びの方法

築30年の住宅リフォームを成功させるための業者選びの方法
築30年の住宅リフォームを成功させるための業者選びでは、以下の4つのポイントを押さえておきましょう。

・相見積もりして比較する
・リフォームの実績が豊富な業者に依頼する
・建設業許可を取得している業者に依頼する
・営業担当者が丁寧に受け答えしてくれる

それぞれのポイントの内容を、詳しく紹介していきます。

相見積もりして比較する

相見積もりして比較する
リフォーム工事の相見積もりを行い、複数の業者の見積書を比較してみましょう。
相見積もりとは、2~3社に同じ工事内容で見積もりを出してもらうことです。

相見積もりをすると、それぞれの業者の工事価格や施工内容などがチェックできます。
複数社の見積書を比較することで、適正価格での工事の依頼ができます。
また、見積書の内容が詳しく、明瞭に記載されている業者は詐欺の心配がない優良な会社といえるでしょう。

リフォームの実績が豊富な業者に依頼する

リフォームの実績が豊富な業者に依頼する
リフォームの実績が豊富な業者は、築年数が古い住宅での施工経験も多いため安心して依頼できます。
また、リフォームの実績を豊富に開示している場合、依頼主との関係も良好であると判断できます。

施工実績の開示は、基本的に依頼主の許可が必要です。
そのため、施工実績を豊富に開示している業者は、工事中のトラブルも少なく、依頼主が満足したリフォームを行ったといえます。

建設業許可を取得している業者に依頼する

建設業許可を取得している業者に依頼する
建設業許可を取得している業者は、信頼できる会社といえます。
請負代金が500万円未満の工事の場合、建設業許可を取得していない業者でもリフォーム工事を行えます。
そのため、不要な場合もある建設業許可をきちんと取得している業者は、大小関係なくすべての工事に対して真摯に取り組んでいるといえるでしょう。

営業担当者が丁寧に受け答えしてくれる

営業担当者が丁寧に受け答えしてくれる
営業担当者がリフォームの相談に対して丁寧に受け答えしてくれる業者は、安心して工事を依頼できる場合が多いです。

営業担当者が丁寧に対応してくれる場合、希望のリフォームプランを伝えやすかったり、予算や工事内容などを相談しやすくなったりします。
リフォームの相談のために業者を訪れた際は、営業担当者の対応もチェックしておきましょう。

>>リフォーム業者選びで失敗しないポイント
リフォーム実績が豊富な
施工会社を探したい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼

築30年の住宅リフォームは経験豊富な業者への依頼が安心!

築30年の住宅リフォームは経験豊富な業者への依頼が安心!
築30年の住宅リフォームは、今の家族構成ではどのような間取り、設備だと住みやすくなるのかを考えながら計画を立てましょう。
リフォーム工事は施工実績が豊富な業者に依頼すると安心なので、今回の記事をぜひ参考にして選んでみてください。

また、リフォーム内容によっては補助金の制度を利用できる場合もあります。
詳しくはお住まいの自治体に確認しましょう。
リフォーム実績が豊富な
施工会社を探したい!
無料リフォーム会社
一括見積もり依頼
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームのおすすめ記事

  • 【2021年度版】どんなリフォーム・リノベーションが補助金対象?金額・申請時期・注意点は?

    住宅のリフォームやリノベーションを行う際には、補助金制度をぜひとも活用したいところ。しかし「今検討している工事は補助対象になる?」「受け取れる金額はどれくらい?」など、気になる点が多くありますよね。今回は、助成対象になりやすい工事の例と費用、主なリフォーム補助金制度についてご紹介します。介護・バリアフリー工事や、断熱(内窓/二重サッシなど)、水回りの省エネリフォームなどは、対象になる可能性がありますよ。「申請時期はいつからいつまで?」「業者はどう選ぶの?」といった疑問も解消していきましょう!

  • 【リフォームの流れ】相談から引渡しまで!部位ごとの工程も解説

    そもそもリフォームってどんなことを準備すればいいの?ほとんどの人が初めて体験するリフォーム。多額の予算・それなりの期間をかけて行うものなので、不安がつきものですね。失敗のないリフォームのためには、全体の流れを理解し、各ステップの注意点を知っておくことが重要です。本記事では、それぞれのポイントを踏まえつつ、流れと各リフォームの工期の目安を解説していきます!

  • 【必見】場所別おすすめ床材の選び方!

    床材は、お部屋の雰囲気を左右し、肌に触れることの多いものなので、触り心地やデザインが重要です。また、場所によってふさわしい素材があるので、それぞれどんな床材を選べばいいかをご紹介します。

  • ここだけは見て!"リフォーム見積書" 8つのチェックポイント

    リフォーム会社を探す際に必ず見ることになる「リフォーム見積書」、しかし、普段なかなか見る機会のないものなので、どこに注目して判断をすれば良いのでしょうか?ここではそんな見積書の見方と判断ポイントについてご説明します。

  • 寒い家は断熱リフォームで解決できる!場所別断熱リフォームの費用相場

    「冬場に窓を閉めているのに部屋の中が寒い」「暖房の効きが悪くすぐに寒くなる」というような経験はありませんか?本来なら冬は暖かく、夏は涼しい家が理想のはずが、冬に寒い、夏に暑い家になってしまい不満を持っている方もいらっしゃるでしょう。また、浴室やトイレ、玄関など、家の一部分が寒いという悩みも多いですよね。この記事では、寒さや、それによって起こるヒートショックへの対策のための断熱リフォームを、費用相場や工期などと一緒に詳しく解説します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。