どんな部屋で人気?腰壁リフォームの費用相場・ポイントまとめ

住宅の中のさまざま場所で、腰壁のリフォームをする方が増えています。ペットが生活する部屋や、普段のお掃除が大変なトイレ、玄関・廊下・階段といった汚れやすい場所に合うほか、対面キッチン・リビング・和室をオシャレにしたい場合にも、腰壁は適しています。今回は、よくある腰壁リフォームの実例や、設置費用についてご紹介します。

腰壁(こしかべ)とは

「腰壁(こしかべ)」とは、壁の下半分(床面~大人の腰の高さ位の位置)に、板やタイル材などを張って仕上げた部分のことです。
窓台(窓の下枠の部分)を基準にして施工されることが多く、日本の住宅では90~120cm程度の高さに張るのが一般的です。

床面から腰の高さ位までの壁は、傷や汚れが付きやすいことから、壁の上半分よりも丈夫で高価な素材を使って腰壁を仕上げるケースが多く見られます。
グレードの高い素材を壁の全面に採用するよりも、最も汚れやすい箇所のみに上質な仕上げ材を使うことにより、施工費を抑えられる上、壁が長持ちするというメリットがあります。

また、リビングや和室などのデザインをスタイリッシュにするため、アクセントとして腰壁を取り入れることもあります。

腰壁は、既存の壁材の上から施工できるので、「壁の下部分だけ、汚れが目立ってきたからリフォームしたい」という場合にも適していると言えるでしょう。

腰壁の設置が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

場所別・人気の腰壁リフォーム

それでは、住宅の中でも特に腰壁のリフォームの需要が高い場所・部位について簡単にご紹介します。

対面キッチンの目隠し・カウンターの土台として

リビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションが取れる対面キッチンは、毎年リフォームでも新築でも増えつつあります。
この対面キッチンと相性が良いのが、腰壁です。

リビングから丸見えになってしまいがちな手元を隠したり、キッチンカウンターを設置するための土台として活用できたりと、腰壁はとても万能です。

腰壁部分にニッチ(収納棚)を付けて、料理本やお気に入りの食器をディスプレイするのも楽しいですね。
また、バーカウンターのようなデザインにしているご家庭もたくさんあります。

なお、立ち上がり部分は、キッチンの作業台よりも25~30cm出る位までの高さを目安にして設置しましょう。
腰壁が高すぎると、圧迫感が出てしまいます。

トイレの壁の防水・防汚対策に

トイレの壁、特に下半分の箇所は、水垢やアンモニア汚れなどが付着しやすく、日々のお掃除が大変な場所の一つです。
防汚性の高い腰壁をトイレに施工する方は多く、不燃化粧板の防水パネルや、キッチンパネルなどを使ってリフォームできます。

さっと水拭きするだけで汚れが落ちるので、壁に臭いが吸着する心配もなく、安心です。

>> トイレの壁紙クロスの選び方

ペットが過ごす部屋の消臭・いたずら対策にも

犬や猫といったペットと一緒に暮らすご家庭では、爪とぎやいたずらのため、壁がすぐにボロボロになってしまいますよね。
傷・汚れに強い壁材やタイルを使って、腰壁を設置してしまいましょう。

体に優しい素材を使った「ペット対応」の腰壁クロスや、抗菌・防カビ・調湿・消臭などの機能が付いた腰壁シートも流通しているので、スプレー行為などの対策にもピッタリです。
予算に余裕があれば、壁の上半分も、湿気や臭いに強い珪藻土などでリフォームしておくとより安心です。

>> 珪藻土で壁(壁紙)をリフォーム!DIY・業者に依頼する価格を比較

和室の砂壁の悩みを解決

昔ながらの和室にある砂壁は、布団・家具や人が当たると、こすれて砂が落ちてきてしまいます。
壁の下部分に羽目板や腰壁パネルを施工するだけで、掃除が楽な和室にできます。

もちろん砂壁だけではなく、漆喰や壁紙クロスに合わせて腰壁を施工しても、上品な和室空間に仕上がるので、おすすめです。

>> 和室の砂壁リフォームの方法・工期・費用とは?
>> おしゃれなコーディネート例で考える!和室の壁紙クロスの選び方

腰壁の設置が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

腰壁リフォームの費用相場

90cm程度の高さの腰壁を設置するリフォーム費用は、材料費・工事費込みで、1m幅あたり1、2万円位です。

例えば、10mの範囲に腰壁を施工する場合には、予算は10~20万円程度と考えておくと良いでしょう。

腰壁リフォームの施工事例

事例1
ペットのための腰壁リフォーム

住宅の種類 マンション
リフォーム費用 60万円
施工日数 14日
マンションでペットを飼うため、腰壁を設置したいというご要望でした。既存のダークオーク色の建具に合わせて、統一感のあるカラーの腰壁を全面にリフォームしました。壁の上半分には、珪藻土を塗布し、健康的で臭いや汚れに強い部屋になりました。

>> このリフォーム事例を詳しく見る

腰壁は、汚れ対策としても、部屋のインテリアの一部としても活用できる優れものです。
必要な機能やデザイン、予算もしっかり考慮しながら、お住まいに合った腰壁を設置したいですね。

腰壁の設置が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
更新日:2017年12月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

壁紙・クロスのおすすめ記事

  • 内装・内壁を塗装するメリット・デメリットと塗料の種類

    内装・室内の壁をリフォームするとき、塗装か壁紙クロスかで悩む方は多いでしょう。壁紙クロスもバリエーションがたくさんありますが、塗料にしか出せない味わいがあったり、DIYで部分補修もしやすかったりという点から、内壁塗装に注目する方が増えています。内壁を塗装するときの注意点や、おすすめの塗料についてご紹介します。

  • 自然素材の家のリフォーム費用・施工例6選!珪藻土・無垢などのメリット・デメリットは?

    自然素材の家は、冬は暖かく夏は涼しい、日本の四季に合った室内環境を作りやすいという魅力があります。空気を循環させる力があり、環境にも優しく、アレルギーやシックハウスの対策になる可能性も高いことから、リフォームやリノベーションで検討される方も、実際多くいらっしゃいますよね。そこで今回は、自然素材で一戸建て・マンションをリフォームした施工例や、代表的な自然素材(珪藻土・漆喰・無垢・コルク・天然い草・和紙・布クロス)のメリットやデメリット、費用相場など、チェックしておきたいポイントをご紹介します。

  • 壁紙リフォームの費用相場・クロス張り替えのよくある失敗と対策8選!

    壁紙をリフォーム・張り替えする際には、壁紙選びのポイントを理解しておかないと、失敗してしまうことがあります。部屋の中で最も大きな面積を占める壁は、まさに部屋のイメージを決定づける大きな要素です。今回は、壁紙リフォームの費用相場と注意点や、よくある失敗例とその対策について、ご紹介します。

  • ペットのためにリフォーム・リノベーションしたい方へ〜安全で快適に過ごすためのアイデア、事例をご紹介〜

    猫・犬などのペットと暮らす家では、リフォームやリノベーションで解決したいことが色々ありますよね。臭い対策や、壁紙クロスの保護、フローリング・床材の交換、扉・ドアのいたずら防止、遊び場作りや、庭・ベランダの安全対策など……。ペットも大切な家族の一員だからこそ、本当に快適に暮らせる環境にしてあげたいもの。そこで今回は、お悩みやご希望に合ったリフォーム方法・費用相場や、施工事例をご紹介します。工事の際に考えられるストレス・トラブル回避のポイントも解説するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • クッションフロアの特徴・張り替えリフォーム費用相場

    「クッションフロア」という床材をご存じでしょうか。床材を何にするかによってリフォーム費用も室内全体のイメージも大きく変わるため、部屋や用途に合わせて床材を選びたいものです。そんな床材の中でも、手軽さやデザインの多さから最近採用する方が増えているのが、クッションフロアです。クッションフロアは、どんな特徴があって、どんな部屋に向いているのでしょうか?以下では、クッションフロアのメリット・デメリットや、張り替えにかかる費用の相場をご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.