キッチン背面収納リフォームをするなら必見!使いやすい背面収納はこう作る

アイランド型キッチンやペニンシュラ型キッチンなどの対面キッチンの場合、壁際の背面がまるまる空きます。キッチンの背面収納をどう活用するかが、使いやすいキッチンになるかどうかのポイントです。どのようにしたら使い勝手良くきれいに収納できるのでしょうか。今回は使える背面収納のアイデアをご紹介します。

キッチンの背面収納とは

最近では、戸建てでもマンションでも主流になってきている対面キッチン。
この対面キッチンの背面、つまり後ろ側の壁面の収納スペースのことを、キッチンの背面収納と呼びます。
対面キッチンの使いやすさは、背面収納の工夫の仕方次第で大きく変わってきます。

収納するものはどれ位?

年々調理家電が充実してきている現在、毎日のお料理を考えると、キッチンの前に立っているよりも調理家電を使っている時間のほうが長いという方も多いのではないでしょうか。

炊飯器や電子レンジ、オーブントースターに加え、ホームベーカリーやエスプレッソマシン、たこ焼き器やフライヤーなど、調理家電は増える一方です。

これらの調理家電はキッチンカウンターの上に出しっぱなしにしておくと邪魔ですし、片付いていない印象になりますよね。
かと言って、しまい込んでも使いにくいです。

スムーズな調理のためには、これらの調理家電を背面にいかに収納するかということがポイントになってきます。

キッチンに使いやすい
収納を作りたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

キッチンの背面・壁面収納リフォームのポイント

では、使いやすいキッチン背面収納を作るためにはどのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか?

奥行きがないほうが良い

キッチンの背面収納には、比較的使用頻度の高いものをしまうことが多いので、収納が何列にもなるほどの奥行きはないほうが良いです。
特に食器をしまう場合などは、大皿がしまえる位の奥行きがあれば十分です。

出し入れのしやすさにも配慮する

収納スペースは、実際に使うときの動作もイメージしてから作りましょう。
出し入れ時の手数が多いと、かえって収納しづらくなり、面倒になって使わなくなってしまうというパターンさえあります。

奥行きだけではなく、引き出しトレーや小分けのカゴなどの必要可否についても検討しておきましょう。

また、位置が高すぎたり、かがむ姿勢が辛くなるほど低すぎる位置に設置したりという失敗がないよう、気を付けましょう。

棚の高さは可変に

食器から保存食材、調理家電など背面収納にしまわれるものは様々です。
そのため、背面収納の中の棚の高さを変えられるようにしておくと良いでしょう。
食器の場合は高さを低く、調理家電には高めに、高さを自由に変えられる方が、無駄なくたくさん収納できます。

扉選びは失敗が多いため注意

キッチンの壁面収納に扉を付ける場合には、扉選びも慎重に行いましょう。
例えば狭いキッチンでは、観音開きの扉では全開にできなかったり、体をひねらないと開閉できなかったり、という失敗例があります。

おすすめは、扉を開けるときのスペースが不要な引き戸タイプです。
スペースに余裕がある場合には、フルオープンにして収納しているものを全体的に見渡せるので折れ戸タイプにしても良いでしょう。

キッチンは油煙によるベタつく汚れが付着しやすいので、できるだけ扉を付けることが望ましいです。
特に引き戸タイプやシャッタータイプは、作業時に開けっ放しにしていても邪魔にならないので最適です。

なお、炊飯器やトースターといった、熱や蒸気を発生させる家電については、扉内での使用不可のため、くれぐれもご注意を。

リフォーム費用を抑えるならオープンタイプがおすすめ

一方で、キッチンの壁面収納・背面収納をリフォームする際、費用を安く済ませたい場合には扉がないオープンタイプにする方法がおすすめです。

扉材の分の価格を抑えられるので、油汚れが気にならない方や、カーテンで対策できるという方、炊飯器やトースターを置ければ充分という方には、扉がない収納でもOKかもしれませんね。

隠せる工夫を

対面型キッチンの背面収納はリビングやダイニングから丸見えになってしまいます。
お客様が来た時や片付いていない時など、隠したい時もありますよね。
そんな時のためにも、オープンタイプの収納の場合はカーテンで隠せるようにしておくのがおすすめです♪

カウンターで置き場を確保

よく使う家電などが多い場合は、背面収納の一部をカウンターにすると便利です。
ホコリや油・水はね汚れから守りたい食器や調理用品は、引き出しや扉のある場所に片付けるなどして、上手に使い分けましょう。

ぴったりの背面収納を造作する場合

別名カップボードともいう背面収納は、新築やリフォームのタイミングに造り付けてしまう方が多いです。
高さに問題がなく、天井まで届くサイズのものを造作する場合は、周囲のインテリアと色を揃えて、圧迫感が出ないように気をつけましょう。

キッチンの背面・壁面収納リフォームの費用相場

キッチンの背面・壁面収納をリフォームする場合には、オリジナルの造作家具を依頼するか、キッチンや収納家具を扱うメーカーの既製品を使うのが一般的です。

リフォームにかかる費用は、収納のサイズや素材、扉の面材によって変動しますが、20~50万円が相場です。
ただし空間に合わせて特注のサイズで作る場合には、さらに高額になることが多いので、リフォーム会社と必ず予算について相談しておきましょう。

キッチンに使いやすい
収納を作りたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

キッチン壁面収納を自作するには?

ここからは、具体的な背面収納のアイデアをご紹介していきます。

DIYで棚を作る

物が少ない方は、DIYで壁に棚を作ってしまうのもおしゃれで良いかもしれません。
無印良品の壁につけられる家具なら、見せる収納が手軽に実践できます。
お気に入りの食器や、よく使うキッチン家電を置いておきましょう。
また、複数のカラーボックスを用意して、上に木材を渡すだけなので手軽に挑戦できます。

ラックやダストボックスを置く

一番手軽なのがこの方法。
すでに家具が置いてあるものの収納棚が足りずに困っている場合、少ないスペースに無理やり物を収納するよりも、ゆったりと物を置いたほうが見た目もきれいなため、思い切って追加でキッチンラックを置くのがおすすめです。

特にダストボックスは置き場所に困ることが多いのですが、おしゃれなダストボックスのキャビネットを設置することですっきりと美しいキッチンが実現します。

無印良品のワイヤーバスケット

あとから置くタイプでもうひとつおすすめなのが、無印良品などのワイヤーバスケットです。
高さや形を自由に設計でき、間にバスケットやカゴを置けば細かいものもしまえるし、フックなどをかければ、タオルやビニール袋をかけることもできます。

無印良品でもうひとつおすすめしたいのが、スチールユニット。
こちらも自由に設計できるので、ライフスタイルに合わせて自由にカスタマイズしましょう。

キッチンボード

背面収納は、リビングやダイニングにいる家族やゲストからキッチンの背部が丸見えになるため、視線がとても気になるスペースです。

そんな時には扉がたくさんついているオープンスペースの少ないタイプのキッチンボードがおすすめです。
収納力があり、たくさん物をしまえるので、キッチン周りがすっきりと片付きます。

カントリースタイルなど、おしゃれな生活感を出したい時にはオープン型のキッチンボードを使い、棚に置いたものを上手に見せて置くのがおすすめです。
オープンな棚に調理家電と一緒にきれいな食器や雑貨を並べると、センスの良い空間になります。

また、調理家電はキッチンカウンターの高さにあわせた位置に置くと使い勝手が良くなるでしょう。
こまごまとした雑貨やものはテイストにあったバスケットなどの入れ物を使ってまとめるとおしゃれにすっきり片付きます。

IKEA(イケア)のカップボード

ここでも人気が高いのはIKEA(イケア)のカップボードです。
IKEAのFAKTUM(ファクトゥム)は既製品ですが、様々なパーツがあり、自由にカスタマイズすることが可能です。
扉や取っ手のデザインを選び、カップボードに必要な部分の材料を購入して、自分で組み立てるタイプです。

有孔ボードを活用

壁にたくさん穴を開けたりするのが心配……という方には、有孔ボードを設置して、ボードにいろいろなものをつける方法をおすすめします。

壁にかける

見せる収納にこだわりたい方には、キッチン用品などを直接壁に掛ける方法が良いかもしれません。

以上のポイントを踏まえ、背面収納を上手に利用して、すっきりと使いやすいキッチンを目指しましょう♪

キッチンに使いやすい
収納を作りたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

>> キッチンリフォームの費用相場
>>【必見】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!

▶ 今だけ!リフォームノウハウ集がもらえる!
>> 無料ダウンロードはこちら

更新日:2017年5月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles キッチンリフォームの記事

  • Pixta_23049980_s

    もう隠しません!見せてもおしゃれなキッチンのつくりかた♪

    生活をしていると、どうしてもキッチンは散らかりがち。せっかく部屋をおしゃれにしても、雑然と調理道具や調味料が置かれたキッチンが家の真ん中にあったのでは生活のおしゃれ度は一気にダウンしてしまいます。おしゃれな生活にぴったりのおしゃれなキッチンはどうしたら作れるのでしょうか。

  • Pixta_10617978_s

    隙間を見つけて上手に活用!"キッチン隙間収納"の極意

    キッチンには、食器、家電、食材などたくさんの物であふれ、収納はいくらあっても足りません。しかも、毎日使うものばかりですから、しまい込むのではなく、使いやすく整頓しておかなければなりません。そんなキッチンには、隙間収納がおすすめです。機能的でインテリアにも馴染むようなキッチンの隙間収納をご紹介します。

  • Pixta_13204503_s

    リフォーム前に知っておきたい!失敗しないキッチン収納をつくる5ポイント

    毎日長い時間を過ごすキッチン、なるべく使いやすい空間にしたいですよね。そこで、ここでは新築やリフォームでキッチンを考える前に知っておきたい便利なキッチン収納をご紹介します!

  • Pixta_17773953_s

    キッチンの吊り戸棚って本当に邪魔?上手にリフォームするためのポイント

    キッチンの吊り戸棚は、場所を取らずに収納スペースを確保できる便利な物のはずが、実はあまり使いこなせていない方が多い場所です。そんな吊り戸棚をリフォームして、もっと使いやすくしてみませんか?吊り戸棚リフォームのアイデアや、交換時・後付け時の費用相場についてご紹介します。

  • Pixta_20900099_s

    「キッチンのゴミ箱ってどうしてる?」収納アイデア実例まとめ♪

    キッチンをおしゃれな空間にしても、ゴミ箱がどうにもならない……というお悩みはありませんか?ゴミ箱はキッチンになくてはならないものですが、おしゃれにする工夫が難しいですよね。今回は、キッチンのゴミ箱をすっきり隠すアイデアをご紹介します。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop