床暖房設置リフォームの費用とポイント!おすすめメーカー品9選比較

床暖房のリフォームを検討するとき、最も気になるのは設置費用、そしてご自宅に最適な商品の選び方だと思います。そこで今回は、「床暖房の電気ヒーター式・温水式の違いって?」「リフォームする場合の価格相場はどの位?」といった床暖房に関するいろいろな疑問にお答えします!おすすめのメーカー品もご紹介するので、ぜひ比較してみましょう。

(※記事内情報引用元:パナソニックLIXILダイキン東京ガスリンナイ各ホームページより)

床暖房リフォームは、戸建てでもマンションでも可能?

「寒くなってきたから、床暖房を設置してみたい」と思っても、そもそもご自宅に床暖房の後付けが可能かどうか気になる方もいらっしゃると思います。

床暖房は基本的に、木造の戸建てでも、鉄筋コンクリートのマンションでも、増設できます。
1階か2階かに関わらず、また住宅の種類を問わず、床暖房リフォームは可能です。

電気ヒーター式か温水式か

それでは、床暖房の選び方について説明していきましょう。
まず考えたいことが、電気ヒーター式の床暖房にするか、温水式の床暖房を選ぶか、という点です。

具体的な違いについては詳しく解説しますが、それぞれの特徴・比較ポイントの要点としては、以下の通りです。

電気ヒーター式 温水式
設置費が安い 設置費が高い(床下パイプなどの配管・給湯器の工事が必要なため)
光熱費が高くなる傾向がある 光熱費は安い
立ち上がりが遅い 立ち上がりが早い
キッチンや脱衣所などで、一時的に使う場合に向く 長時間使う場合に向く
個室ごとに使用する場合にも向く リビングやダイニングなど広範囲な場所に向く
メンテナンスが楽 熱源機などのメンテナンスが必要
長時間使う場合は、低温やけどに注意 低温やけどなどの不安が少なく安全
(赤ちゃんや高齢者がいる家庭におすすめ)

【電気ヒーター式】の床暖房の特徴・種類

電気ヒーター式床暖房とは、その名の通り、電気をエネルギーとして稼動する床暖房のことです。

「PTCヒーター式」「電熱線ヒーター式」といった種類があり、立ち上がりに時間がかかってしまうというデメリットはありますが、いずれも設置工事が簡単で、リフォームに適しています。
設置後のメンテナンスの必要はほとんどありません。
ただし電気を使用することから、住宅によってはアンペアの容量増設や、電気料金の契約内容の見直しが必要になることもあります。

ランニングコストはやや割高なので、使用時間が短いご家庭におすすめです。
日中の外出が多い方、朝晩のみ床暖房を使用するご家庭などは、電気ヒーター式の床暖房が向きます。
またキッチンのシンク前や、ソファの足元などの部分暖房として使う場合も、電気ヒーター式のほうが良いでしょう。

ただし「電気ヒーター式」の床暖房は、接触面が44、45℃になることがあり、長時間寝転んでいると低温やけどをしてしまう可能性があります。
幼いお子さんや、要介護者がお住まいのご家庭であれば、約40℃までしか温度が上がらない「温水式」の床暖房のほうが安心です。

電気ヒーター式の内、「PTCヒーター式」の床暖房は、電気抵抗の力を利用した、床全体に温度センサーがあるタイプです。
暖房面の一部の設定温度が上昇すると、その部分だけ発熱を制限するので、無駄な電気を使わずに済むのがPTCヒーターです。

日当たりが良いときは電力を消費せず、日当たりが悪いときには発熱します。
薄手のPTCヒーターは床高を上げずに施工できるので、手軽にリフォーム可能です。

一方、「電熱線ヒーター式」床暖房は、従来から使われている、信頼性の高い床暖房です。
床下に、サーモスタットや温度ヒューズなどの電熱線のヒーターが内臓されており、床面を暖めます。

設定によって、暖めたい箇所だけを加温できるのが魅力ですが、PTCヒーター式に比べると運転費が高いため、使用時間が長いとランニングコストがかかってしまいます。
リフォームする場合、床上に電熱線パネルを敷くだけなので、設置費用は安く済みます。

ちなみに電気を熱源とする床暖房には、電気料金が割安になる夜間に熱を蓄え、日中にその熱で床を暖める「蓄熱式」というタイプもあります。
蓄熱式床暖房は、ヒーター式のものとは違ってコンクリート工事などが必要になるため、新築時に導入するのが基本です。
大規模なリノベーションを行う場合でない限りは、後付けには向かないでしょう。

住まいにピッタリ
床暖房を設置したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

【温水式】の床暖房の特徴・種類

続いては、「温水式」の床暖房についてご説明しましょう。
温水式の床暖房とは、床に専用のパネルを敷き詰め、温めたお湯を循環させる床暖房のことです。

温水式床暖房は、床をスピーディーに加温できるので、帰宅時にすぐに暖めたいという方におすすめです。
また運転時の光熱費が安いので、在宅時間が長いご家庭や、リビングなどの広い部屋・家全体を暖める場合にもふさわしいのは温水式の床暖房です。

リフォームの際には、温水パネルの敷設だけではなく、温水配管・熱源機の設置も必要になるので、電気ヒーター式に比べると工事の手間がかかり、リフォーム費用が高額になります。
また、エコキュートやエコジョーズなどの熱源機を設置する場所を、屋外に確保することが必須条件です。

さらに熱源機は10年、温水パイプは30年に一回程度のサイクルで交換・メンテナンスをしなくてはいけません。
寒冷地の場合は、定期的に不凍液の入れ替えも必要になることがあります。

お湯を温めるエネルギー源は、電気・ガスのどちらかを選びます。

【温水式電気床暖房】

「温水式電気」床暖房は、主にエコキュートを用いて加温します。
空気の熱を、冷暖房に有効活用する仕組みのヒートポンプで、効率的にエネルギーを作り出すことにより電気代を抑えます。

オール電化住宅なら、温水式電気床暖房が最も相性が良く、光熱費がお得になります。

すでに多機能型エコキュートを使用しているご家庭ではそのまま床暖房に対応しますが、一般的なエコキュートを設置している場合は、床暖房専用のヒートポンプを増設しなくてはいけません。

熱源機を設置するための初期費用は、床暖房用ヒートポンプだと50万円、多機能エコキュートなら50~100万円程度かかります。

>> エコキュートの設置価格や注意点

【温水式ガス床暖房】

「温水式ガス」床暖房は、力が強く、電気式のものよりも立ち上がりが早いです。
「ホットダッシュ」と呼ばれる床面を素早く暖める機能があり、エコジョーズなどで作った高温のお湯を、必要なときにムダなくスピーディーに床下パイプへ流し、循環させます。

通常の給湯器と同等のサイズの機器を使うので、マンションなどの集合住宅でも場所をとらずに設置できます。

ガスが熱源であるエコジョーズの設置費用は約25~50万円で、エコキュートの半額程度で済みます。

床暖房の光熱費(電気代・ガス代)について

ちなみに床暖房の使用時にかかるコストについてですが、効率の良い給湯器(熱源機)を選ぶと、光熱費は安く抑えられます。
ただし、グレードが高い熱源機は本体代が高いため、設置時の初期費用がかかります。

オール電化住宅か否か、また地域の電気・ガスの単位料金や契約料金がいくらかによっても、床暖房にかかる光熱費は変動します。
ご家族の状況や今後のライフスタイルに最も合う給湯器・床暖房を選びましょう。

住まいにピッタリ
床暖房を設置したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

床暖房設置リフォームの費用・価格・金額

床に直貼りする場合の費用 約5~8万円/畳
床を全面張り替える場合の費用 約8~11万円/畳
熱源機の設置費
(※温水式床暖房で、給湯器などの増設が必要な場合)
(床暖房設置費とは別に必要)
約25~100万円

床暖房の設置リフォームの際にかかる費用は、1畳あたり5~11万円です。
例えば、8畳の面積の床に床暖房を付ける場合、40~88万円位の予算を想定しておくと良いですね。

また前述した通り、「温水式」の床暖房を新設する際、床暖房専用のヒートポンプやエコ給湯器の設置も必要になる場合は、別途25~100万円程度のコストがかかります。

床暖房本体の設置費用については、床の上に付けるか、床下に付けるかでも、大きく変わります。

直貼りか、床全面張り替えか

床暖房を、既存の床の上に「直貼り」する場合は、設置費用は1畳につき5~8万円程度で済みます。
一方、床下に取り付ける場合には、一度既存の床材を剥がして「全面張り替え」が必要になるため、1畳につき+3~5万円ほど高額になります。

【床に直貼りする場合】

既存の床の上に床暖房を直貼りする場合、施工費は安く抑えられますが、暖房ユニットの上にさらにフローリングなどの仕上げ材を重ねることになります。
そのため、最終的には設置前よりも、床の高さが1.2~1.8cm前後高くなってしまいます。
部分的に床暖房を取り付ける場合は、つまずき事故防止のため、段差をなくす工事が追加で必要になるケースが多いです。

【床全体を張り替える場合】

家全体のバリアフリーリフォームを検討している場合は、床を剥がして下地から交換するほうが無難かもしれません。
和室を洋室へリフォームしたい場合や、フローリング・畳を張り替えたいときにも、一度床を全て剥がした状態で床暖房を設置してしまうほうが効率的です。

なお床の解体や補修の工事費用が別途かかってしまうので、総額がいくら位になるか、必ずリフォーム会社に確認しておきましょう。
もし予算に余裕があれば、床下に断熱材を追加するリフォームもしておくと、床暖房の効果がより向上します。

床暖房設置リフォームの工事期間

床暖房を設置するリフォームの工事期間は、「直貼り」なら1、2日で完了します。
「全面張り替え」の場合は、施工範囲や規模によって異なりますが、当日中に施工を終えられることもあれば、3、4日かかることもあります。

住まいにピッタリ
床暖房を設置したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

以上で解説したことを踏まえて、以下に「電気ヒーター式」「温水式電気」「温水式ガス」各タイプの、おすすめメーカーの床暖房をご紹介します!

【電気ヒーター式】床暖房のおすすめメーカー品

電気ヒーター式の床暖房は、建材メーカーとしても人気のある、パナソニック社とLIXIL(リクシル)社の製品が一押しです。

パナソニック「電気床暖房 Youほっと」

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/interior/floor/yukadan/lineup_denki/youhot.html

パナソニックのPTCヒーター式床暖房「電気床暖房 Youほっと」は、簡単な工事で設置できる、仕上げ材一体型。
家電メーカーならではの高品質な電気式ヒーターが、床を快適な温度に暖めます。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/interior/floor/yukadan/lineup_denki/youhot.html

仕上げ材には、変色・変形に強い「ジョイハードフロアー」を使用しているので、美しいフローリング敷きの部屋にしたい方にピッタリです。

LIXIL(リクシル)「HOTひといき」

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/hot_hitoiki/

LIXIL(リクシル)のPTCヒーター式床暖房「HOTひといき」は、床の温度を均一にムラなく暖めます。

画像引用:LIXILホームページより
URL : http://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/hot_hitoiki/

家具などが置かれた箇所や日差しが当たる場所については自動的に発熱量を抑えるので、光熱費を節約できます。
多機能なものではなく、とてもシンプルな床暖房を設置したい方に適しています。

電気ヒーター式
床暖房を設置したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

【温水式電気】床暖房のおすすめメーカー品

温水式電気タイプの床暖房は、パナソニック社とダイキン社が人気です。

パナソニック「温水床暖房 フリーほっと温すいW」

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/interior/floor/yukadan/lineup_onsui/freeonsuiw.html

パナソニックの「温水床暖房 フリーほっと温すいW」は、2階以上の部屋や、床下のスペースが少ない1階でも施工しやすい、仕上げ材分離型の温水式床暖房です。

温水パネルは、15サイズ×6タイプで計90種類!
大きさの異なるパネルを組み合わせられるので、施工場所に合わせて、L字型に設置することも可能です。

パナソニック「温水床暖房 You温水」

画像引用:パナソニックホームページより
URL : https://sumai.panasonic.jp/interior/floor/yukadan/lineup_onsui/youonsui01.html

同じパナソニック社の「温水床暖房 You温水」は、床材自体に温水パイプを内蔵している、仕上げ材一体型です。

受注生産なので、好みのカラーの仕上げ材に温水床暖房を組み込んだ状態で納品されるため、広範囲に、段差ができないようにリフォームしたい場合に適しています。

ダイキン「ホッとエコフロア」

画像引用:ダイキンホームページより
URL : http://www.daikinaircon.com/sumai/yukadan/hotecofloor/

ダイキンの「ホッとエコフロア」は、リモコンとセットになっている、床暖房専用システム。
わずかな電力で、部屋の床全体を効率良く加温します。

屋外・室内温度に合わせて自動調節できるほか、簡単なリモコン操作で必要な部屋だけを暖められるので経済的です。

ダイキン「ホッとく~る」シリーズ

画像引用:ダイキンホームページより
URL : http://www.daikin.co.jp/press/2012/121023/index.html

エアコン連動型の温水式床暖房にしたい方は、ダイキンの「ホッとく~る」シリーズが最適です。
エアコンと床暖房が、同時に室内を暖かくしてくれます。

エアコンのみを使用したときに比べて、部屋全体が快適な温度になるまでの時間は約1/2!
寒冷地にお住まいの方にも打って付けの商品です。
エアコンの台数は、1台のみのスタンダードタイプ、複数台タイプいずれかを選択できます。

平成25年度の(財)省エネルギーセンター主催・省エネ大賞において、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞した床暖房です。

温水式電気
床暖房を設置したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

【温水式ガス】床暖房のおすすめメーカー品

温水式ガスタイプの床暖房は、ガス会社の大手である、東京ガスとリンナイの製品が好評です。

東京ガス「NOOK・はやわざ」

画像引用・東京ガスホームページより
URL : http://home.tokyo-gas.co.jp/living/living/yukadan/sort/hayawaza_index.html

東京ガスの「NOOK・はやわざ」は、戸建て用・集合住宅用ともに用意されている、簡単後付けタイプです。

今ある床の上から直貼りできるので、すぐにでも温水式ガス床暖房を設置したいご家庭にちょうど良い商品と言えます。
仕上げ材は、フローリング・畳・カーペットから選択可能です。

リンナイ「畳仕上げ ITMシリーズ」

画像引用:リンナイホームページより
URL : http://rinnai.jp/products/living/floor_heater/flh_itm_lineup

給湯器などでおなじみのリンナイ社の床暖房「畳仕上げ ITMシリーズ」は、その名の通り、畳で仕上げたい方向けの製品です。

画像引用:リンナイホームページより
URL : http://rinnai.jp/products/living/floor_heater/flh_itm_lineup

ダミーマット+温水マット+畳仕上げ材の厚さは、従来の畳とほぼ同じ55mmを実現。
既存の和室の床の高さを変えることなく、きれいにリフォームできます。
湿気にも強く、防カビ・防ダニ性能にも優れています。

リンナイ「床ほっとE」

画像引用:リンナイホームページより
URL : http://rinnai.jp/products/living/floor_heater/flh_lineup

一方、リンナイの「床ほっとE」は、省エネ・高効率・本格リフォーム向けの床暖房です。
同社が独自開発した熱源機・REM温水マット・断熱配管による相乗効果で、消費エネルギーを抑えながらも快適な暖かさを保持します。

画像引用:リンナイホームページより
URL : http://rinnai.jp/products/living/floor_heater/flh_lineup

暖房の立ち上がり時間は、従来の温水式ガス床暖房が1時間近くであることに対し、「床ほっとE」なら約45分。
スピーディーに、部屋をまるごと加温します。

温水式ガス
床暖房を設置したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

床暖房リフォームのポイント・注意点

最後に、床暖房のリフォームをする際に押さえておきたいポイントについてもお話ししておきます。

設置時の工夫でコスト削減

床暖房は、設置する面積の工夫次第で、施工費用や光熱費を抑えられます。
例えば、ソファーやベッド、たんすなどの大きな家具の下にまで、床暖房がなくても良い場合があります。

また原則として、床面積の5~7割に床暖房があれば、部屋全体に対する暖房効果が得られます。
人の足が直接触れる部分や、日当たりにムラがある箇所などを中心に、床暖房を部分的に、上手に取り付けると良いでしょう。
取り付ける床暖房ユニットの数や大きさが減れば、設置費・光熱費ともに削減できます。

床暖房のフローリング材・床材について

床暖房を設置するときには、フローリング材・床材にも配慮しましょう。

たいてい、家のフローリング材には「複合(合板)フローリング」が使用されていますが、複合フローリングは熱に弱く、湿気や乾燥によって反りやひび割れがしやすいという欠点があります。
このため、熱を帯びる床暖房には順応しません。

しかし、近頃は床暖房対応の無垢フローリング材が製造されています。
もし洋室やリビングに床暖房を設けるときには、仕上げ材には熱に強いコルクや、床暖房用のフローリングを採用しましょう。

床暖房の上に寝転んでリラックスしたい方には、カーペットや畳など柔らかい素材の仕上げ材もおすすめです。

断熱性が低い家なら他のリフォームも検討を

ちなみに、建物全体の断熱性が低い場合は、床暖房の増設だけではなく、その他の断熱リフォームを行うほうが良い可能性があります。

内壁などに断熱材を入れるのも効果がありますが、窓やドアからのすきま風が気になる場合は、内窓・二重窓の設置や、サッシの取り換え、断熱ドアへの交換なども実施しておきましょう。
隣り合う部屋から冷気が流れてきてしまうようであれば、間仕切りを設置するリフォームをしておくのも得策です。

>> 内窓リフォームの価格・効果・施工例・おすすめ品
>> 間仕切りリフォームの種類と費用

床暖房を設置すると、冬場の過ごしやすさが格段に変わります。
電気ヒーター式・温水式の違いや留意点をきちんと把握した上で、快適な床暖房を選んでくださいね。

「一番良い床暖房がどれだか判断できない」という方は、床暖房の施工経験が豊富なリフォーム会社に相談してみると良いですよ。

住まいにピッタリ
床暖房を設置したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

更新日:2017年11月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles リフォームのおすすめ記事

  • Pixta_21332457_s

    断熱リフォームの種類を解説!費用と工期の目安はどれ位?

    断熱リフォームで、家の中の寒さ・暑さを解消したいと考えたとき、具体的にどのような種類の工事があり、どの程度のリフォーム費用がかかるか不安になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、戸建てやマンションにおいて、外壁・内壁・窓などの断熱リフォームを実施する場合の費用相場・価格、それぞれのリフォームの工期、人気のメーカーによる断熱リフォームについてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  • ________2___1_

    窓の断熱リフォームで、夏の暑さ&冬の寒さ対策!費用・おすすめ品をご紹介

    窓周囲の防寒・冷気対策として、あるいは暑さ対策として、窓の断熱リフォームを検討されている方は多いでしょう。実際、住まいの断熱対策として最も有効な方法は、窓をリフォームすることです。窓の断熱リフォームの具体的な種類・費用相場や施工例、最適な商品の選び方とおすすめメーカー品について、詳しくご紹介します。

  • Hujositsu

    風除室のリフォームで玄関の風除け対策!設置価格・おしゃれなメーカー品は?

    玄関の風除けとして、特に北国の住まいで設置されることが多い、風除室(玄関フード)。寒い時や風が強い日に、風除室があると便利です。せっかく設置するなら、適正価格で、玄関の見映えが良くなるおしゃれな風除室を付けたいですよね。風除室の設置リフォームにかかる費用や、LIXIL(リクシル)などのおしゃれな風除室メーカー品をご紹介します。

  • Pixta_13781921_s

    「薪ストーブ」と「ペレットストーブ」を比較!設置費用とメリット・デメリット

    薪ストーブやペレットストーブは、実は環境に良いということをご存じでしょうか?近年は、設置時に申請できる補助金制度が多くあるほど、見直されてきている暖房器具です。薪ストーブとペレットストーブ、それぞれの設置費用や価格、リフォームする前に確認しておきたいメリット・デメリットについて、比較してみましょう。

  • A

    給湯器の種類・メーカー比較!家庭に合う給湯器は?

    給湯器には、ガス・電気・石油を燃料とする一般的なものから、近年注目されつつあるエコ給湯器など、実にさまざまな種類があります。今回は、給湯器の種類やメーカーについて、またエコキュートとエコジョーズについて、しっかり比較してみたいと思います。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop