マンションリフォームの費用相場!おしゃれな事例5選(ビフォーアフター)&注意点もご紹介

加盟希望はこちら▶

マンションリフォームの費用相場!おしゃれな事例5選(ビフォーアフター)&注意点もご紹介

更新日:2022年08月16日

複数の業者に見積もりを依頼し、プランを比較する

マンションでリフォームを行う際に「金額は、いくらくらい?」と心配になる方は、きっと多いはず。業者に見積もりを依頼する前に、ある程度の予算を把握しておけると安心です。今回は、マンションのリフォームの「費用相場(3LDK全体/キッチン・トイレといった水回り/和室やリビング/間取り変更など)」について、ご紹介します。ビフォーアフターや工事期間なども分かる「実例」や、挨拶・管理組合の届出などに関する「注意点」も掲載しているので、参考にしてくださいね。

マンションのリフォームは、どこまで可能?できないことは?

マンションリフォームの費用相場!おしゃれな事例5選(ビフォーアフター)&注意点もご紹介

マンションでは、管理規約によってリフォームできない箇所がありますよね。
そこでまずは、個人の方がリフォームしやすい範囲、および許可が下りにくい工事について、簡単にチェックしておきましょう。

玄関ドアや窓ガラスなどの「共用部」はリフォームできない

エレベーターなど、他の世帯の方も利用する「共用部」に当たる箇所は、原則としてリフォームできません。
またベランダ・バルコニーなど、普段は各戸の住人の方が専有できるスペースであっても「共用部」とされる箇所もあるため、ご注意ください。

共用部の例
エレベーター
駐輪場・駐車場
■建物の構造躯体である、コンクリートの壁・天井・床(スラブ)
窓枠・窓ガラスの交換
玄関ドア(※外側の部分)
 ⇒「玄関扉の交換」「共用廊下側の扉面の色を(塗装などで)変更」といった工事は、基本NG。
ベランダ・バルコニー
 ⇒「避難経路として使用することがある」「マンション全体の景観部分に当たる」などの理由から、共用部に該当。

なおマンションによっては、管理会社から「窓ガラスの交換工事をしてOK」などの許可が下りたケースも見られます。

室内の壁紙・床材などの「専有部」は基本的にリフォームOK

居住部分である「専有部」(窓の内側から玄関の内側まで)のリフォームについては、個人の方でも実施できる場合がほとんどです。
例としては、壁・天井のクロス浴室の交換工事などが挙げられます。

玄関ドアも「室内側」であれば、専有部としているマンションが多く存在します。
また、既存の窓に内窓」を設置する工事の場合も、許可が下りる例が多いです。

専有部の例
キッチン・トイレなどの水回り設備
■居室内の壁紙クロス・間仕切り壁・天井・床材
玄関ドア(※室内側の部分)・玄関の鍵
 ⇒「室内に面する側の扉面の仕上げを(塗装・シート貼りなどで)変更」「玄関戸の鍵を交換」などの工事は可能な場合が多い。

ただし専有部であっても、建物の規約によって施工可否は異なります。
必ず工事契約前に、管理会社などへの確認を行いましょう。

「間取り変更」や「水回り(キッチンなど)の移動」は制限されやすい

既存の「間仕切り壁」を撤去することは、ある程度は可能ですが、理想通りの間取りにできるとは限りません。

「RC造」や「SRC造」といったマンションには、主に以下の2タイプがあります。
柱や梁で建物を支える「ラーメン構造」
で建物を支える「壁式構造」

この内の「壁式構造」マンションでは、室内にある間仕切り壁が建物を支えている場合、撤去することができません。
そのため、間取りを変えたくても制限されてしまう可能性があります。

マンションの構造 間取りの自由度
S造(重量鉄骨造)
RC造(鉄筋コンクリート造)
SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)
ラーメン構造 = ●
壁式構造 = ▲
「間取り変更」や「水回り(キッチンなど)の移動」は制限されやすい

また、キッチンなどの水回り設備の位置を変えたい場合には「排水管を移動可能か」という問題が生じます。
マンションの造りによっては、配管を移動させるスペースを取れず、好みの場所に水回り設備を移動できないパターンが多々あります。

もちろん移動距離などによっては、キッチンやトイレの場所を変更できた事例も見られますよ。
実際にご希望の工事を行えるかどうかは、現地調査のときにリフォーム業者に相談するとよいでしょう。

マンションのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

マンションリフォームの費用分布

ここからは、マンションでリフォームをする際には費用がいくらくらい掛かるのか、チェックしていきましょう。

下図は、当サイト『リショップナビ』に掲載されている事例の、リフォーム費用の分布をグラフ化したものです(2021年9月時点)。
最も多い価格帯は「50万円以上〜100万円未満」であることが分かります。

マンションリフォームの費用分布

リフォームの値段は、工事内容や施工範囲だけではなく、マンション・設備の劣化状況や、新しい資材のグレードなどによっても左右されます。

主な工事内容別の費用相場については、以下をご覧ください。

マンションを全体的にリフォームする費用の目安(3LDK)

マンションを全体的にリフォームする費用の目安(3LDK)

3LDKのお住まい全体の内装や設備を交換する場合などの費用は、おおむね以下の通りです。

施工内容 リフォーム費用
内装全体 81〜150万円
内装全体+設備交換 180〜450万円
内装全体+設備交換+間取り変更 300〜700万円
スケルトン/フルリフォーム 600〜1,500万円

>> 3LDKのマンションリフォームの費用相場
>> スケルトンリフォームの費用・事例

【施工内容別】マンションリフォームの費用相場

「水回りのみの工事」や「壁紙クロスの交換」など、部分的にリフォームする場合の目安料金についても見ていきましょう。
(※いずれの工事も、ハイグレードな設備を導入する場合などには予想外に高額になることがあります。)

水回り(キッチン・トイレ・お風呂・洗面所)リフォームの費用

水回り(キッチン・トイレ・お風呂・洗面所)リフォームの費用

水回り設備は「台所のみ」「お風呂のみ」など別々にリフォームするより、複数箇所をまとめて工事するほうが、格安になる場合が多いです。
施工業者によっては「水回り3点セット(4点セット)」などのパック料金を利用できることもあります。

【複数箇所をリフォームする場合】

施工内容 リフォーム費用
4箇所すべて交換 175〜300万円
水回りパック 3点セット:70~150万円
4点セット:90~190万円

>> 水回りリノベーションの費用!3点・4点セットのポイント

【1箇所のみをリフォームする場合】

施工内容 リフォーム費用
システムキッチン交換 50〜150万円
(※レイアウト変更の場合などは、より高額な場合あり)
トイレ 15〜50万円
お風呂 50〜150万円
洗面台/洗面所 10〜50万円

>> 水回りリフォームの費用・事例
>> マンションのキッチンリフォームの費用
>> マンションの浴室リフォームの費用

【水回り設備の位置を移動する場合】

施工内容 リフォーム費用
移動を伴うキッチン交換 100〜200万円
(※レイアウト・グレードにより〜500万円と高額な場合あり)
トイレ移動 20〜60万円

>> 今あるキッチンを移動できる?費用・注意点

内装(壁紙やフローリングの交換)のリフォーム費用

内装(壁紙やフローリングの交換)のリフォーム費用
施工内容 リフォーム費用 (6畳部屋の場合)
壁紙交換 3〜8万円
(※ハイグレードなクロスを選ぶと10万円超える場合あり)
フローリング交換 6〜18万円
畳からフローリング 9〜24万円

>> 壁紙リフォームの費用・注意点

床をリフォームする際の料金は、新たに採用する床材(フローリングなど)の種類や、施工方法によって差が出ます。

基本的にフローリング材は「複合フローリング」よりも「無垢フローリング」のほうが高額です。
工法については「重ね張り(既存の床の上に、新しい床材を施工する)」と「張り替え(床材を交換する)」の2通りがあり、重ね張りのほうが工事費が安く済みます。

>>【床材別】リフォームの費用・時期
>> フローリングや床材の種類・張り替え価格の違いは?

<フローリングなどの床材は防音性能の規定あり>

階下の住民の方とのトラブルを防ぐため、たいていのマンションでは管理規約で床材の「防音規定」が決められています。

「複合フローリング」であれば、基準を満たすメーカー品が多く販売されています。
一方「無垢フローリング」を採用したい場合は、遮音性のある下地材の施工費も必要となる可能性が高いため、ご注意ください。

不安な場合には、リフォーム業者と一緒に管理規約を確認した上で、新しい床材を選ぶとよいでしょう。

部屋(リビング・洋室・和室)、間取り変更の費用

部屋(リビング・洋室・和室)、間取り変更の費用

【リビング・部屋をリフォームする場合】

施工内容 リフォーム費用
リビング 15〜150万円
洋室 15〜60万円
和室 20〜60万円
(※デザインなどにこだわると〜100万円)
和室全体を洋室に変更 25〜60万円

リビングの改装は「内装のみの工事」「床暖房の設置」「隣接する和室とセットでリフォーム」など内容が多岐にわたるため、価格帯が15〜150万円と幅広い傾向があります。

>> リビングリフォームの費用・事例

同様に、洋室・和室のリフォーム方法もバリエーションがありますが、特に和室ではデザイン性や畳の質などにこだわると、高価になっていきます。

>> 和室を洋室に変更する費用・注意点
>> 洋室リフォームの費用・事例

予算が限られる場合には、あらかじめリフォーム業者に伝えておくと安心です。

【間取りを変更する場合】

施工内容 リフォーム費用
間取り変更 40〜300万円
(※規模による)
間仕切りを撤去してリビング拡張 40〜90万円
間仕切り壁の撤去 7~23万円/箇所
間仕切り壁の設置 8~25万円/箇所

>> 間取りを変更するリフォームの費用・事例
>> マンションリノベーションで間取り変更する際のおすすめ内容や費用

間取りを変更する際には、間仕切り壁を撤去・追加する作業の他に、壁周囲の内装を補修する工事費なども発生しやすいです。
工事範囲によって料金が大きく変動しますが、大規模なリノベーションだと450〜900万円程度になる場合もあります。

マンションのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

おしゃれなマンションリフォーム【ビフォーアフター】実例5選

ここで、当サービス『リショップナビ』に加盟するリフォーム業者が、マンションをおしゃれにリフォームした事例を見てみましょう。
実際に掛かった工事費用・期間なども、ぜひ参考にしてくださいね。

事例1
バリアフリーを重視したユニットバスリフォーム

築年数 32年
施工費用 約83万円
工事期間 3日
RC造のマンションにて、バリアフリー仕様の浴室にリフォームしました。
新しいユニットバスは、LIXILの人気製品「リノビオ」です。
冷えを感じにくい床材を採用し、出入り口の段差を解消、手すりの設置なども実施しました。

>> この事例を詳しく見る

事例2
予算に合わせて水回り4箇所をリフォーム

築年数 23年
施工費用 約175万円
工事期間 14日
「水回りが古くなったので、コストをできる限り抑えつつ最新の設備にしたい」とのご要望でした。
予算内で施工できるよう配慮しながら、キッチン・ユニットバス・トイレ・洗面台を、それぞれ収納力や清掃性などに優れた機器へと交換。
施主様に大変喜んでいただけました。
【施工金額(日数) 内訳】
キッチン:67万円(3日)/トイレ:16万円(1日)/浴室:63万円(4日)/洗面所:28万円(3日)
>> この事例を詳しく見る

事例3
和室を洋室へリフォーム!水回りや内装も新しく

築年数 24年
施工費用 約298万円
工事期間 21日
中古のマンションを購入された、子育て世帯のお客様からのご依頼でした。
床は全面張り替えて段差をなくしたため、ヨチヨチ歩きのお子さんにとっても安全な住まいに。

建具などを、奥様のお好みに合わせて明るくナチュラルな雰囲気の物へとチェンジ。
元々あった和室は、子供部屋として利用できるよう洋室に変更しました。
【施工金額 内訳】
リビング:115万円/ キッチン:98万円/トイレ:18万円/洗面所:22万円/洋室:45万円
>> この事例を詳しく見る

事例4
内装・設備を一新し、間取りを変更

築年数 37年
施工費用 約350万円
工事期間 30日
内装材や住宅設備を新しくし、さらに2間あった和室の1間分をリビングへと変更し、採光しやすい明るいLDKを実現。
クロスのデザインは「木目調」「打ちっぱなしのコンクリート風」なども採り入れ、全体的にスタイリッシュな雰囲気に仕上がっています。
【施工金額(日数) 内訳】
リビング:40万円(3日) /キッチン:56万円(5日)/トイレ:12万円(1日)/浴室:54万円(3日)/洗面所:14万円(1日)/洋室:13万円(2日)/玄関:12万円(1日)、他
>> この事例を詳しく見る

事例5
中古マンションの全面リフォームで明るいLDKに

築年数 15年
施工費用 約670万円
工事期間 23日
購入された3LDKの中古マンションを改装しました。
最初は水回りのみの工事を検討されていましたが、予算内でフローリング・壁紙もすべて新しくできることがわかり、全面的にリフォームすることに。

閉塞感があったダイニングは、フロントサイドの壁を撤去。
広々と明るいLDKに生まれ変わりました。
【施工金額(日数) 内訳】
リビング・ダイニング:80万円(5日)/キッチン:120万円(2日)/浴室:89万円(2日)/洗面所:36万円(1日)/玄関:46万円(2日)、他
>> この事例を詳しく見る
マンションのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

マンションリフォームで失敗・トラブルを防ぐための注意点

マンションでリフォームを行う際には、管理組合やご近所などに対しても気を使うものですよね。
そこで、注意点についてチェックしていきましょう。

マンションリフォームで失敗・トラブルを防ぐための注意点

管理組合への届出・申請は必要?

ほとんどのマンションで、リフォーム工事の前に管理組合・管理会社への申請が必要です。
万が一、管理規約に反する工事をしてしまうと大変ですから、トラブル防止のためにも届出の手続きは大切と言えます。
「専用の届出用紙」が用意されている場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

申請時期はマンションによって異なりますが「1ヶ月前まで」とされていることが多いです。
余裕を持ってリフォーム業者と相談し、計画を立てることをおすすめします。

水回り設備を移動できる場合も、近所迷惑にならないか配慮

先述の通り、水回りを移動できることはありますが、他の住民の方とトラブルにならないよう配慮することも大事です。
例えば「トイレの真下(もしくは隣)」に「下階(もしくは隣室)の寝室」が来るレイアウトになってしまうと、深夜に水を流す音などが、ご近所に響いてしまう可能性があります。

ご希望通りの間取りに施工できる場合であっても「隣家などに音が漏れてしまわないか」イメージしてみるとよいでしょう。

ご近所への「挨拶なし」はNG?

多少手間であっても、リフォームが決まったらご近所へ挨拶に行くことを推奨します。
あらかじめ日程などを伝えておくことで、工事中の騒音などによるクレーム・トラブルのリスクを軽減できるでしょう。

挨拶に行く範囲は工事規模にもよりますが、両隣と上下の階には訪問しておくと無難です。

住みながらの工事はできる?仮住まいは必要?

たいていの場合、住みながら工事を行うことは可能です。
ただし「工事中の騒音が気になる」「工期が長くなると不便」という方は、仮住まいを検討するとよいでしょう。

住みながらの工事はできる?仮住まいは必要?

また大規模な(=スケルトンリフォームなど、住戸内の内装・設備などをすべて撤去・解体するような)工事の際は、仮住まいを利用するのが一般的です。

リフォーム業者によっては、引っ越しのサポートや、仮住まいを手配するサービスも提供しています。
気になる方は、工事の打ち合わせの際などに、相談してみるとよいですね。

マンションリフォームの業者・会社はどこに頼む?選び方は?

マンションリフォームの業者・会社はどこに頼む?選び方は?

マンションのリフォーム経験豊富な業者を探す

リフォーム会社によって「一戸建ての工事の依頼が多い」「マンションの施工実績が豊富」など、経験値や得意分野が異なります。
そのため、マンションのリフォームに詳しい業者に依頼することが重要です。

経験豊かなスタッフであれば、管理規約に沿った建材やプランを提案してくれるでしょう。
施工実績を見せてもらえる場合は、ご自身の希望するリフォームと似た内容の事例があるかも確認できるとよいですね。

管理組合への届出や、ご近所の挨拶などを、代行もしくは同行してくれる業者も多いです。
工事以外のことでも気になる点があれば、気軽に聞いてみましょう。

複数の業者に見積もりを依頼し、プランを比較する

リフォームの際には、複数社から見積もりを取って比較するのが一般的です。
料金や提案される工事のプランなど、会社によって様々であるため、ぜひ比べてみましょう。

また「相談しやすいスタッフが在籍しているかどうか」も肝心です
質問に対して丁寧に対応してくれる業者であれば、より安心して工事を任せやすいでしょう。

>> リフォームの見積もりを比較する際の注意点
>> リフォーム会社の選び方やポイント

複数の業者に見積もりを依頼し、プランを比較する

ご家族の「憩いの場所」にもなる大切なお住まいだからこそ、満足できる空間にしたいもの。
なるべく工事の前後も気持ちよく過ごせて、費用や仕上がりにも納得できる、素敵なリフォームになるとよいですね!

マンションのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォーム費用相場のおすすめ記事

  • 予算1000万円でリフォームしたい!どこまでできる?ビフォーアフター事例6選&内容別の相場を公開

    一戸建て住宅やマンションで、全面的なフルリフォームや、リノベーション・スケルトンリフォームなどを検討する際に「予算1000万円で、希望の工事は全部できる?」「ローンや補助金は活用できそう?」といった疑問をお持ちの方は多いはず。そこで今回は、水回り・間取り変更・外壁・屋根などのリフォーム工事の価格帯や、1000万円以内でリフォーム・リノベーションした施工事例(ビフォーアフター)、業者探しのポイントなどを、ご紹介します。

  • フルリノベーション(マンション/一戸建て)の費用・デメリット・注意点!施工例や内訳金額の目安も公開

    築年数が経過したマンションも一戸建ても、フルリノベーションで理想的な住まいに生まれ変わります。ただ気になるのはやはり、そのお値段。総予算はいくらか、さらに間取りを大きく変更するのであれば、おおよその内訳(間仕切り1ヶ所あたりの工事金額など)も把握しておきたいところですよね。そこで、フルリノベーションの価格相場や、工事期間などがわかる実例を一挙に公開します。また、後悔しないためにも「工事中は仮住まいが必要か」「ローンは活用しやすいか」といった注意点・デメリットについてもチェックしておきましょう。

  • 【2022年度版】どんなリフォーム・リノベーションが補助金対象?金額・申請時期・注意点は?

    住宅のリフォームやリノベーションを行う際には、補助金制度をぜひとも活用したいところ。しかし「今検討している工事は補助対象になる?」「受け取れる金額はどれくらい?」など、気になる点が多くありますよね。今回は、助成対象になりやすい工事の例と費用、主なリフォーム補助金制度についてご紹介します。介護・バリアフリー工事や、断熱(内窓/二重サッシなど)、水回りの省エネリフォームなどは、対象になる可能性がありますよ。「申請時期はいつからいつまで?」「業者はどう選ぶの?」といった疑問も解消していきましょう!

  • 防音工事の方法&リフォーム費用相場を解説!補助金は使える?賃貸/マンションでできる防音対策は?

    「屋外の騒音が気になる」「集合住宅で、生活音によるご近所トラブルを防ぎたい」「ピアノなどの楽器やホームシアターの音が漏れていないか心配」といった理由から、防音リフォームや防音室の設置を検討される方は、多いはず。そこで今回は「防音対策でおすすめの工事」や「防音リフォーム・防音室工事の費用相場」を解説します。また「防音工事で活用しやすい補助金制度」や「アパートなどの賃貸住宅で、工事が難しい場合のDIY方法」もご紹介するので、参考になさってください。

  • 【2022年版】床暖房設置リフォームの費用!おすすめの種類・メーカー品9選比較

    床暖房のリフォームを検討するとき、最も気になるのは設置費用、そしてご自宅に最適な商品の選び方だと思います。そこで今回は、「床暖房の電気ヒーター式・温水式の違いって?」「リフォームする場合の価格相場はどの位?」といった床暖房に関するいろいろな疑問にお答えします!部屋の広さ/面積ごと(6・8・10・12・20畳)の設置工事の価格帯や、施工事例、床暖房が対象のリフォーム補助金の例、おすすめのメーカー品もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。