200万円できるマンションのフルリフォームの内容とは?費用を抑えるコツもご紹介

加盟希望はこちら▶

200万円できるマンションのフルリフォームの内容とは?費用を抑えるコツもご紹介

更新日:2022年01月07日

200万円マンションリフォーム

マンションの部屋をフルリフォームしたいとお考えの際に、「200万円以内でできないだろうか」「費用を抑える方法を知りたい」と悩まれる方もいらっしゃるでしょう。しかし、業者に依頼した場合は、200万円でのフルリフォームの施工は難しいです。本記事では、200万円でできるリフォーム、DIYでできる施工内容、費用を抑えるコツなどをご紹介していきます。費用を抑えつつリフォームに失敗したくない方は是非チェックしてみてください。

フルリフォームをする際に考えたい200万円でできるマンションのリフォーム

マンションリフォーム

マンションのリフォームを200万円で行おうとする場合に、以下のような内容であれば施工できるケースもあります。

● 水回りのリフォーム
● 内装リフォーム
● 間取りの変更

以下にて、それぞれの内容の詳細と、かかる費用相場をご紹介していきます。
ただし、予算200万円以内でリフォームを行う際は、以下でご紹介する施工内容をすべて選べない場合もあることを覚えておきましょう。

水回りのリフォーム

水まわりリフォーム

住宅内の水回りとは、以下のような箇所を指します。

● キッチン
● トイレ
● 洗面所
● 浴室

それぞれの箇所のリフォーム費用を、一覧表にしてまとめました。

リフォーム箇所 施工費用
キッチン 50~150万円
トイレ 3~21万円(便器の交換)
洗面所 10~20万円(洗面台の交換)
浴室 50~150万円

キッチンは、設備をシンプルなタイプにして、場所も移動しなければ100万円以内でリフォームできる場合が多いです。
しかし、設備のグレードを上げたり、キッチンの移動を伴う工事をしたりする場合は150万円以上かかるでしょう。

また、ほかの水回り箇所でも、設備のグレードや内装工事の有無などによって費用は変動します。

>> 水回りリフォームの費用相場

内装リフォーム

内装リフォーム

内装工事では、一般的に壁のクロスや床の張り替えなどが行われます。
3LDKのクロス張り替えは、素材がスタンダードタイプの場合で40~50万円ほど、ハイグレードタイプで50~64万円ほどかかります。

また、3LDKの部屋の床をすべてフローリングに張り替えた場合は、50~90万円ほどがかかるでしょう。
内装リフォームでも、使用する素材のグレードによって費用は変わってきます。

>> 壁紙リフォームの詳細
>> 床の張り替えリフォーム詳細

間取りの変更

マンション 部屋

住宅内の間取りを変更するために、間仕切り壁を解体して、引き戸を設置する工事が行われるケースがあります。
費用相場は、およそ20~40万円となります。

>> 間取り変更リフォームの費用と事例

しかし、電気配線の工事が必要な場合は費用がより高くなります。
施工業者とともにご自宅のレイアウトを確認して、詳しい見積もりを出してもらいましょう。

予算内リフォーム
\できるか相談したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

200万円では施工できないマンションフルリフォームの工事内容

スケルトンリフォーム

200万円では、スケルトンリフォームを行うことは難しいです。

スケルトンリフォームとは、部屋の基礎部分を残して内装をすべて取り払い、キッチンやトイレなども一新する工事です。
間取りを大きく変更するため、これまでの部屋とはまったく違う、新しい住宅に生まれ変わります。

マンションの部屋のスケルトンリフォーム費用は、50~60㎡ほどの2LDKでも500万円以上かかります。
マンションのスケルトンリフォームでは、1㎡につき6〜15万円程度の「定額制プラン」を提供している業者も多数あります。
しかし、それでも200万円の予算でマンションのスケルトンリフォームは難しいでしょう。

>> スケルトンリフォームの費用と事例

200万円でリフォームをするのならDIYも視野に

ダイニング

予算が200万円であれば、DIYでマンションをリフォームするのもひとつの手です。
DIYで可能なリフォームには、以下のような工事があります。

● クロスの張り替え
● 床の張り替え
● 収納の作成・設置
● キッチンやトイレなどのリメイク
● 照明の変更

ただし、リフォーム内容によっては専門技術が必要となります。
DIYやリフォーム工事に慣れていない方が無理に施工すると、失敗する可能性が高いです。

また、工事の途中で資格が必要な水道や電気工事を行わなければならなくなる場合もあるでしょう。

そのため、安全に、失敗せずに工事を完了するためには、業者への依頼が確実です。
長く安心して暮らせる住宅にするためにも、リフォームは専門技術を持つ業者に依頼しましょう。
その方が、将来的にかかるメンテナンス費用を抑えることにもつながります。

予算内リフォーム
\できるか相談したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

マンションのフルリフォームにかかる費用をできるだけ抑えるコツ

見積書

リフォーム費用をできるだけ抑えるコツは、以下の3つです。

● 複数の業者に見積もりを依頼する
● 材料のグレードを下げる
● 公的サポートを受ける

それぞれのコツを実行すると、一般的な費用に比べて安く工事を行える場合があります。
以下にて詳しい内容をご紹介するので、ぜひチェックして参考にしてください。

複数の業者に見積もりを出してもらう

見積書

1社だけではなく、複数の業者に見積もりを出してもらい、工事費用が安い施工会社に依頼するようにしましょう。

複数社の見積書を確認することで、適正価格で工事を請け負っている業者を見分けやすくもなり、詐欺を未然に防げるというメリットもあります。

ただし、多数の業者を比較するとなると時間や手間がかかります。
見積もりを依頼する業者は、3社ほどにすると比較しやすいです。

予算内リフォーム
\できるか相談したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

使用する建材や材料などのグレードを下げる

内装リフォーム

工事で使用する床材や塗料、新しく設置するシステムキッチンなどのグレードを低くすると施工費用を抑えられます。

リフォームの工事費用を大きく左右するのは、使用する建材や設備などの価格です。
そのため、グレードが低ければ低いほど、工事費用は安くなるのです。

しかし、費用を抑えるためにグレードを低くしすぎると、リフォームに満足できない可能性もあります。
必要な機能や取り入れたいデザインなどはできるだけ取り入れて、不要な部分を削減するようにしましょう。

公的サポートを受ける

リビングと車椅子

リフォームの際に、公的なサポート制度である「補助金」「減税制度」を利用して費用を抑えましょう。

住宅リフォームで利用できる補助金制度の対象には、省エネバリアフリーなどの工事があります。
省エネリフォームでは、断熱材を使用した工事に対して補助が受けられる場合があります。

また、バリアフリーのためのリフォームとは、介護が必要な方が安心して暮らせるようにするための工事のことです。
「要介護」もしくは「要支援」の認定を受けていることなど、いくつか受給条件があります。

バリアフリー化を目指すリフォームには、主に以下のような内容があります。

● 手すりの設置
● 段差の解消
● 滑り防止 洋式トイレへの変更

減税制度では、リフォーム内容によって受けられる制度があったり、住宅ローンを組むことで所得税の控除が受けられたりします。
ご自宅のリフォーム工事が減税制度の対象となるかは、税務署や自治体、施工業者などに確認してみましょう。

>> 断熱リフォームの種類を解説!
>> バリアフリーリフォームの費用と事例!補助金も解説!
>> リフォームローンの選び方

マンションのフルリフォームを失敗しないためのポイント

マンションリフォーム ポイント

リフォームを行う際に、工事を失敗しないためのポイントを2つご紹介します。
工事後に後悔したり失敗したりすることがないよう、ぜひ押さえておきましょう。

管理規約を確認しておく

管理規約

フルリフォームを行う前に、各マンションで制定されている管理規約をチェックして、施工できる工事内容を確認することが大切です。

確認を怠り、規約に違反したリフォームを行うと、工事後であっても元の状態に戻すように求められる場合があります。
使用できる材料や、マンションへの工事申請の方法などが記載されているので、規約違反にならないように注意して確認しましょう。

工事前には居住者へのあいさつを行う

工事前の準備

工事を開始する前に、居住者の方々にあいさつをしておきましょう。
リフォーム工事では、騒音やホコリによって同じ建物に住む居住者に迷惑をかける場合があります。

そのため、工事を行う旨を伝えておき、ご近所トラブルに発展しないようにしましょう。
特に、どのような工事を行うか、時間帯や期間なども伝えておくとよいでしょう。

予算内リフォーム
\できるか相談したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

マンションのフルリフォームは施工内容をよく検討して費用を抑えよう

リフォーム 打ち合わせ

マンションのフルリフォームは高額な費用がかかってしまうため、200万円以内で行うのは難しいです。
しかし、部分的にDIYでの施工を取り入れることで少し費用を抑えることもできるでしょう。

ただし、危険な作業や資格がいる工程などがある場合は、業者に依頼する方が安心です。
業者に依頼する際は、施工内容や設備のグレードをよく検討して、予算内で収められるようにしましょう。

予算内リフォーム
\できるか相談したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォーム費用相場のおすすめ記事

  • 300万円でマンションのフルリフォームはできる?押さえておきたいポイントもご紹介!

    マンション全体のリフォームで、300万円の予算ではどのような工事ができるのかと気になる方も多いでしょう。この記事では水回りやクロスの張り替えなど、施工内容ごとの費用と施工時のポイントをご紹介していきます。工事の失敗を避けるためにもぜひ参考になさってみてください。

  • 【2022年度版】どんなリフォーム・リノベーションが補助金対象?金額・申請時期・注意点は?

    住宅のリフォームやリノベーションを行う際には、補助金制度をぜひとも活用したいところ。しかし「今検討している工事は補助対象になる?」「受け取れる金額はどれくらい?」など、気になる点が多くありますよね。今回は、助成対象になりやすい工事の例と費用、主なリフォーム補助金制度についてご紹介します。介護・バリアフリー工事や、断熱(内窓/二重サッシなど)、水回りの省エネリフォームなどは、対象になる可能性がありますよ。「申請時期はいつからいつまで?」「業者はどう選ぶの?」といった疑問も解消していきましょう!

  • 【2022年版】リフォーム減税制度はどんな工事が対象?業者はどこに頼む?注意点まとめ

    一戸建てでもマンションでも、ご自宅を「耐震・介護・省エネなどの目的」でリフォームした際には、減税制度(所得税などの税金控除)の対象となる場合があります。最終的には確定申告での申請が必要になりますが、ここでは「住宅リフォーム減税の主な種類」や「対象になるリフォーム工事」「施工業者を探す際の注意点」について、ご紹介します。なお、2022年度の税制改正によって「住宅ローン減税」の控除額や条件に変更がありますので、そちらもあわせて確認しておきましょう。

  • キッチンのリフォームを格安・激安に抑えるポイントは?!施工事例も公開

    キッチンをリフォームしたい、と思ってもトイレ・洗面所より費用が高くなりがちです。キッチンリフォームを格安・激安で行うためにはどうすれば良いでしょうか?格安・激安なキッチンリフォームを実現するためのポイントと、具体的にどのような点でコストがかかりやすいのか、も併せてご紹介します!

  • マンションリフォームの費用相場!おしゃれな事例5選(ビフォーアフター)&注意点もご紹介

    マンションでリフォームを行う際に「金額は、いくらくらい?」と心配になる方は、きっと多いはず。業者に見積もりを依頼する前に、ある程度の予算を把握しておけると安心です。この記事では、マンションのリフォームの費用相場について、工事内容ごとにご紹介します。また、補助金やローンの種類も解説します。ビフォーアフターや工事期間などが分かる実例や、挨拶・管理組合の届出などに関する「注意点」も掲載しているので、参考にしてくださいね。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。