トタン屋根リフォーム費用(修理/塗装/張り替え/カバー工法)の相場は?どの施工方法が最適?

トタン屋根リフォーム費用(修理/塗装/張り替え/カバー工法)の相場は?どの施工方法が最適?

築10〜30年も経つと、トタン屋根(瓦棒屋根)が劣化するのは避けられないこと。一時的な補修・修理よりも、張り替え(葺き替え)やカバー工法(重ね葺き/重ね張り)などが必要なタイミングだと言えます。そうとは言え、屋根の大掛かりな工事は費用面が心配ですよね。そこで、トタン屋根の具体的なリフォーム方法や、価格相場について見ていきましょう。 業者の選び方や施工事例なども、あわせてご紹介します。

トタン屋根のリフォーム費用【修理/塗装/張り替え/カバー工法】

最初に、トタン屋根(瓦棒葺きの屋根)の修理・リフォームにかかる、おおよその価格帯について確認してみましょう。

トタン屋根リフォーム費用(修理/塗装/張り替え/カバー工法)の相場は?どの施工方法が最適?
塗装 30~50万円
張り替え(葺き替え)
カバー工法(重ね葺き)
60~250万円
修理・補修 部分的な張り替え:0.4~1万円/㎡
棟板金の交換:0.5~1.2万円/㎡(※単体工事の場合)
軒先(ケラバ)板金:1,500〜1,700/㎡
野地板(屋根下の板材):1,500〜2,500円/㎡
ルーフィング(防水シート):650〜1,000円/㎡

なお上記の他に、足場の設置費や人件費・諸経費、「張り替え」の場合は下地や防水シートの交換費などもかかる場合があります。

たとえ施工範囲が狭い部分修理であっても、最低数万円は見込んでおいたほうが無難でしょう。
特に足場を組む場合は高額になりやすいため、思い切って「張り替え(葺き替え)」や「塗装」を実施したほうが、結果的にはよいかもしれません。

トタン屋根リフォーム費用(修理/塗装/張り替え/カバー工法)の相場は?どの施工方法が最適?

ちなみに「塗装」「カバー工法」「張り替え(葺き替え)」の価格は、作業工程や施工面積、使用する塗料・屋根材の種類の違いによって変動します。

たとえば「塗装」の値段は、ウレタン塗料なら1,500〜2,500円/㎡、シリコン塗料であれば1,800〜3,500円/㎡程度といった差があります。
料金が高いほど、耐用年数が長くなる傾向があります。

「カバー工法」や「張り替え」でガルバリウム屋根材を使用する場合には、カバー工法なら5,000〜8,000円/㎡、張り替えなら6,500〜8,000円/㎡ほどの費用がかかります。

予算に合わせてリフォームしたい場合には、業者と相談しながら新しい塗料や屋根材を決めるとよいでしょう。

トタン屋根のリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

トタン屋根のリフォームは、張り替え(葺き替え)が基本

トタン屋根のリフォームは、張り替え(葺き替え)が基本

昔ながらのトタン屋根(瓦棒屋根)は、亜鉛メッキ鋼板と垂木を組み合わせて作られているという特性上、他の屋根材に比べると耐久年数が短いのが大きなデメリットとなっています。

定期的な塗装によって耐久性をある程度上げることはできますが、錆びが広がって穴が開くと、そこから雨漏りを引き起こすケースも少なくありません。
そのため、リフォームも「張り替え(葺き替え)」が最適だと言えます。

トタン屋根のリフォームは、張り替え(葺き替え)が基本

ただし、トタンの傷みが軽い場合や、この先長く住む予定がない建物の場合などには、既存の屋根に新しい屋根材を重ねる「カバー工法(重ね葺き/重ね張り)」で対処する方法もあります。

カバー工法には「屋根の下地の確認ができない」といった難点はありますが、どうしても張り替えが難しい時などには検討してみるとよいでしょう。

ガルバリウム鋼板屋根への交換が主流

ちなみに、トタン屋根から別の屋根材に変更する際は「ガルバリウム(ガリバリウム/ガルバニウム)鋼板」屋根へ交換するのが主流です。
ガルバリウムは錆びに強く、トタンほど頻繁に塗装をし直す必要がありません。

ガルバリウム鋼板屋根への交換が主流

価格はトタンよりも高くなりますが、メンテナンスの手間が省けることや、耐久性が高まることを考えれば、コストパフォーマンスに優れた素材だと言えるでしょう。

>> ガルバリウム鋼板屋根の特徴・費用・メンテナンス方法

【豪雪地帯の屋根にもガルバリウムはおすすめ】

北海道や東北などの豪雪地帯では、軽量で雪下ろしがしやすいという理由から、トタン屋根の住宅が多く見られます。
このような地域で張り替え(葺き替え)をする場合も、やはりガルバリウム屋根が最適でしょう。

【豪雪地帯の屋根にもガルバリウムはおすすめ】

密閉性の高いガルバリウムは、瓦のように雪や雨水が隙間に入り込む心配がなく、また瓦がずれてしまうようなトラブルもほぼありません。
雪下ろしの際も、足元が安定します。

もちろん、絶対にガルバリウムにすべきというわけではなく、トタンの上に瓦などを重ね葺きした施工例もあります。
見た目の好みなどやメンテナンス性も踏まえながら、まずはリフォーム業者と相談してみることをおすすめします。

トタン屋根のリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

トタン屋根の耐用年数や塗装・張り替えなどの時期目安は?

トタン屋根の耐用年数や塗装・張り替えなどの時期目安は?

トタン屋根の耐用年数は6~20年くらいです。
5~10年ごとに塗装をし直すことで寿命を延ばすことはできますが、耐久性は最長でも20年程度と言われています。
定期的に塗装を行っていない場合は、その分張り替えが必要になる時期も早くなります。

築20年以上なら、ルーフィング(防水シート)交換も必要

築20年以上なら、ルーフィング(防水シート)交換も必要

なお、屋根材の下にあるルーフィング(防水シート)は、耐久性が約20年とされています。

築20年以上の住宅であれば、ルーフィングの交換も必要になる可能性が高いため、やはり修理や塗装ではなく、張り替え(葺き替え)を行うほうが安心です。

トタン屋根のリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

トタン屋根リフォームの事例【張り替え(葺き替え)/カバー工法】

以下は、当サービス『リショップナビ』に加盟する業者が、トタン屋根(瓦棒屋根)を美しくリフォームした実例です。
実際の施工金額も掲載しているので、参考にしてくださいね。

事例1
鉄板瓦棒葺き(桟葺き)屋根をガルバリウムへ

築年数 40年
リフォーム費用 80万円
工事期間 -
経年劣化で、鉄板瓦棒葺き(桟葺き)の屋根の鉄板がひどく錆び、下地も腐食して屋根の固定強度が著しく低下していたため、強風の際に屋根材が飛散してしまう危険性がある状態でした。
新しい下地には防腐処理済の木材を使い、耐久性のあるガルバリウム材で施工し、耐久性の高い屋根に生まれ変わりました。

>> この事例を詳しく見る

事例2
トタン屋根を瓦で重ね葺き

築年数 30年
リフォーム費用 100万円
工事期間 4日
こちらは金属屋根ではなく、おしゃれな瓦屋根を採用してカバー工法のリフォームを実施した実例です。
トタン屋根のデメリットを解消し、見た目も機能も快適な住まいにリフォームしました。

>> この事例を詳しく見る

事例3
意匠性のあるガルバリウムへ葺き替え

築年数 30年
リフォーム費用 224万円
工事期間 7日
既存の瓦棒屋根が傷んでいたため、耐久性・耐水性があるガルバリウム鋼板へと葺き替えました。
こちらで使用した屋根材『MSタフウェーブ(サトウ)』は、瓦調のデザインのため、日本家屋風の外観の建物とも相性が抜群。高級感のあるガルバリウム屋根にリフォームしたい方にも適していると言えるでしょう。

>> この事例を詳しく見る
トタン屋根のリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

トタン屋根のリフォームは、板金工事/金属屋根対応業者に依頼を

トタン屋根のリフォームは、板金工事/金属屋根対応業者に依頼を

屋根の業者は数多く存在しますが、トタン屋根のリフォームを依頼する際には、板金工事や金属屋根修理を専門に行っている会社を選ぶと安心です。

また金額や提案内容を比較するためにも、できれば複数の業者に見積もりを依頼するとよいでしょう。
その際の対応の仕方などで信頼度を確かめるのもおすすめです。

トタン屋根リフォームの費用が不安ならローンも視野に

トタン屋根リフォームの費用が不安ならローンも視野に

屋根の修理は大掛かりな工事になるため、費用の面でも心配なことが多いですよね。
一括での支払いが難しい場合は、リフォームローンを利用することも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

リフォーム会社によっては、提携しているローンを紹介してくれることもあるので、まずは気軽に相談してみましょう。

>> リフォームローンの選び方!担保の有無・金利相場・おすすめは?

トタン屋根リフォームの費用が不安ならローンも視野に

【この記事のまとめ&ポイント!】

トタン屋根(瓦棒葺きの屋根)の修理やリフォームの費用は、いくらくらい?
トタン屋根の「塗装」「張り替え(葺き替え)」「部分的な修理」をする場合の価格帯について、こちらで解説しています。
トタン屋根の耐用年数や、塗装・張り替えなどを行う時期の目安は?
5~10年ごとに塗装をし直すのが理想的ですが、トタン屋根の耐久性は最長20年程度と言われています。
築20年以上であれば、張り替え(葺き替え)を行うと安心です(詳しくは、こちら)。
トタン屋根をリフォームした事例を見たいです。
当サービス『リショップナビ』の加盟業者が、トタン屋根を美しくリフォームした例をこちらに掲載していますので、ご覧ください。

寿命が短いトタン屋根は、いずれはリフォームを必要とするもの。
予算内で施工できるか不安に感じる場合も、まずは見積もりを出してもらうことが一番です。
リフォーム会社に現地調査をしてもらった上で、プロならではの視点から、具体的な工事プランを提案してもらいましょう。

トタン屋根のリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 屋根リフォームの費用相場

更新日:2019年12月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根塗装・屋根のおすすめ記事

  • スレート屋根の補修・塗装・葺き替え・カバー工法の費用!メンテナンス時期の目安は?

    スレート屋根(カラーベスト・コロニアル)のリフォームをしたい時、最も気になるのが適したメンテナンス方法や価格でしょう。また古いスレート屋根を葺き替える場合には、アスベストの処分についても不安がありますよね。スレート屋根の主なリフォームには、補修・塗装・カバー工法・葺き替え、といった種類があります。今回は、スレート屋根のリフォームについて、各工事を行う時期の目安や費用相場をご紹介します。

  • 【原因別】雨漏りの修理・補修の費用相場!業者の選び方や台風前後にチェックしたい対策法は?

    家の雨漏りを発見した際には、「修理費用は?」「火災保険は使える?」「どこの業者に頼めば良いの?」と、早く補修したくても色々と不安になってしまいますよね。DIYで直したいと考える方もいらっしゃると思いますが、雨漏りの原因は、屋根・外壁・窓や屋上など、さまざまな箇所が考えられるため、しっかり診断できる業者に依頼することが大切です。そこで、最適な業者の探し方や、雨漏り修理・調査にかかる費用、今後の予防対策まで、わかりやすく解説します。

  • 火災保険でリフォームできる?地震の場合は?修理対象・注意点・トラブル対策について

    火災保険の対象になるリフォーム工事は、火災が原因で住宅が損傷を受けたときだけではありません。風災・雪災や豪雨などによって屋根の修理や雨漏りの補修が必要になった場合でも、火災保険の補償対象になります。また地震保険にも加入している場合は、震災被害を受けた箇所の補修をできる場合があります。しかし、規定が細かい火災保険や地震保険を利用して、悪質なビジネスや詐欺を行っている業者も数多くいます。火災保険の対象工事や注意点、よくあるトラブルを理解しておき、リフォーム時の失敗を防ぎましょう!

  • ベランダ(バルコニー)の屋根は必要?後付け・修理する際の費用と注意点

    ご自宅のベランダやバルコニーに屋根を付けたいと考えたとき、不安になるのは日当たりが悪くなってしまうかもしれない点や、メンテナンスにかかる費用ですよね。そこで、ベランダの屋根の必要性や注意点、取り付け・修理の際にかかる価格についてご紹介します。また、おすすめメーカー商品や、屋根以外の雨除け・遮熱対策についても、まとめて解説します。

  • 折板(折半)屋根の施工方法や塗装・カバー工法などのリフォーム単価をご紹介

    倉庫やプレハブなどに使用されることの多い「折板(折半)屋根」。リフォームを検討したくても、耐用年数はどれくらいか、どのような施工方法が適しているかなど、わからない点が多いものですよね。もし大掛かりな改修になれば、工事の値段も気になるところです。そこで今回は「塗装・カバー工法(重ね葺き)・葺き替え」といった、折板(折半)屋根の状態に合わせたリフォームや価格帯について詳しくご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.