外壁をウレタンで塗装する場合の費用・メリット・デメリット

少し前まで、外壁塗装の主流とされていた、ウレタン塗装。ウレタン塗装は機能性やコストに優れ、様々なタイプの外壁に対応できます。しかし、現在の主流となりつつあるシリコン塗装と比べると、耐久性が低いなどの短所もあります。そこで、ウレタン塗装を選択するメリット・デメリットと、費用・リフォーム事例をご紹介していきます!

ウレタン塗装(塗料)の特徴

ウレタン塗料(またはウレタン樹脂塗料)とは、主成分である樹脂がウレタン系である塗料のことを指します。
塗料の中でも、価格・耐久性・機能性において最もバランスが良く、以前は外壁塗装の主流とされていました。

ウレタン塗料の良さは、密着性に優れ、複雑な面の塗装にも使いやすいという点にあります。
これは、塗料に柔らかさと弾力性があるからで、様々なタイプの外壁塗装に使える万能の塗料と言っても過言ではありません。

ウレタン塗料の耐用年数

ウレタン塗料の耐用年数は5~10年とやや短めですが、その分費用が安いという魅力も持っています。
10年以内に塗り替えたい、目先のリフォーム費用はとりあえず抑えたいという方には、ウレタン塗料が適しているでしょう。

外壁に使われるウレタン塗装は「2液タイプ」が一般的

ウレタン塗料には、弱溶剤1液型・2液型、強溶剤1液型・2液型、屋根用、遮熱塗料、水性など、用途に合わせた様々な種類があります。

この内、一般的に「ウレタン塗料」と呼ぶ場合は、大体において、硬化剤を使う「2液型塗料」のことを指しています。
硬化剤はウレタン塗料の主成分と結合することで、塗料をウレタン樹脂に変化させる役割を持っています。

そのため、硬化剤の量が多いほど、作業性や塗膜性能も向上するわけです。
しっかり硬化させたウレタン塗料は、雹(ひょう)や霰(あられ)が降っても傷がつきにくいほどの強さを発揮します。

ウレタン塗装
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼▶

ウレタン塗装のメリット

ウレタン塗装には、機能性や施工面において様々なメリットがあります。
一つ一つを詳しく見ていきましょう。

付着性に優れている

他の樹脂塗料に比べて塗膜に柔らかさや弾力があるため、付着性に優れています。
施工しやすく、剥がれにくいのは大切な要素ですね。

ヒビ割れが発生しにくい

コンクリートやモルタルの建物では、揺れによるヒビ割れを防ぎます。
また、金属サイディングの外壁材の場合は、熱の膨張によるヒビ割れが発生しにくくなります。

ツヤ・光沢があるので高級感が出る

塗膜にツヤ、光沢があるので、高級感のある仕上がりになります。
種類が豊富なため、好みのデザインに仕上げやすいです

細部の塗装にも最適

塗膜が柔らかく密着性が高いので、木部や、塩ビ製の雨樋などへの塗装にも適しています。
塗布したい場所に合わせて使い分けることができるのも、ウレタンの特性の一つです。

昔ながらの塗料のため、扱える業者が多い

外壁塗装に長く使用されている塗料のため、扱い慣れている業者が多く、施工がスムーズに行えます。
また、ウレタン塗装が得意な会社も探しやすいでしょう。

ウレタン塗装
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼▶

ウレタン塗装のデメリット

続いては、ウレタン塗装のデメリットについて確認してみましょう。
メリット面としっかり比較することが大切です。

紫外線で変色しやすい

最近では改良品も多く見られますが、製品によっては切り口の白い部分が紫外線で黄色く変色してしまうことがあります。

シリコン塗装に比べると防汚性・耐性は低い

耐用年数が12~15年のシリコン塗装と比べると、ウレタン塗装の方が耐久性は低くなります。
また、汚れにくいという点でもシリコン塗装の方が優れています。
ただし、価格はウレタン塗装の方が低価格であるため、費用が安く済むというメリットはあります。

慣れない業者だと失敗しやすい

2液型の硬化剤の扱いに慣れていないと、塗装に失敗しやすいという心配があります。
ウレタン塗料を扱い慣れている業者に依頼することが大切です。

ウレタン塗装の費用相場

ウレタン塗装にかかる費用は、1㎡あたり1,700~2,500円位が相場とされています。

塗料の性能やコストは、2液ウレタン>1液ウレタン>水性ウレタンの順に低くなりますので、費用と性能のどちらを重視すべきか検討してみましょう。

ウレタン塗料の塗装事例

最後に、リショップナビでウレタン塗料を使って塗装した事例をご紹介します。

事例1
汚れに強く長持ちする外壁に

施工面積 150.79㎡
施工日数 6日
環境に優しい弱溶剤系のウレタン樹脂塗料を採用した外壁です。レンガ調のサイディング部分は風合いを活かすため、無色透明のセラミック系外壁保護塗料を塗布してあります。南欧風のデザインで、新築のように美しく仕上がっています。

シリコン塗装が主流となりつつある現在も、ウレタン塗装にはまだまだ魅力的なメリットがたくさんあります。

デメリットもきちんと理解した上で施工を行えば、満足のいく仕上がりが期待できるはずです。

ウレタンに詳しい
塗装業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 外壁塗装リフォームの費用相場

更新日:2017年12月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 外壁 塗装リフォームの記事

  • A

    初めて外壁塗装をする方にもわかる【塗料9種類の特徴・価格の比較まとめ】

    住宅の外壁塗装のリフォームの際に、最も気になることの一つが、主な塗料の種類や、耐久性(メンテナンス周期)・価格の違いではないでしょうか。「シリコン塗料やフッ素塗料って何?」「ハイブリッド塗料とは?」など、外壁の塗料を選ぶ際に理解しておくと良いポイントや、各塗料の特徴について、解説します。塗料ごとのおすすめメーカー品についてもご紹介するので、参考にしてくださいね。

  • Pixta_18780745_s

    戸建ての外壁を補修・修理したい!費用・方法・業者の探し方は?

    住宅の外壁は、サイディング・ALC・モルタル・タイル、いずれの素材であっても、10年前後で劣化症状が見られます。目地(コーキング)の老朽化、鉄部のサビ、ひび割れ、カビやコケ、穴や傷、はがれ、チョーキング現象などを発見したら、悪化してしまう前に早めに修繕しましょう。外壁でよくある劣化症状の補修方法や、一般的な一戸建て住宅の外壁を修理する場合の費用相場、最適な業者の探し方について、ご紹介します。

  • Img_0343

    最新技術のラジカル塗料で塗装する価格・メリット・デメリット!シリコンとの差を比較!

    ラジカル塗料(ラジカル制御塗料)は、2012年から販売を開始して以来、注目度が上がっている最新技術の高機能な外壁・屋根塗料です。今回は、ラジカル塗料の特徴とメリット・デメリット、価格や耐久性についてしっかりチェックしていきましょう!また、人気塗料の一つであるシリコンとの比較や、大手メーカーである日本ペイント・関西ペイント・エスケー化研・アステック社のおすすめ品、ラジカル塗料で実際に施工した事例も、まとめてご紹介します!

  • ________1_

    【一級建築士 監修】外壁塗装・外壁リフォームの費用相場

    外壁塗装・外壁リフォームの費用相場や、リフォームで失敗しないためのポイント、外壁塗装のメンテナンス周期について解説しています。外壁と窓枠の間や外壁継ぎ目部分(シーリング)の打ち替え・クラック(ひび割れ)補修などの小規模な工事から、外壁の塗り替え、サイディングの重ね張りや張り替えといった大規模な工事まで、実際の外壁リフォーム事例とリフォーム料金の相場をご紹介します。事前に確認して、適正価格で外壁リフォームを実施しましょう。

  • Pixta_19774076_s

    外壁・屋根塗装で必要な足場の費用・単価はどれくらい?

    外壁塗装を行うとき、足場の費用のことを忘れてはいけません。外壁・屋根塗装のリフォームを行う際、足場を組むことはほぼ必須と考えておきましょう。外壁・屋根塗装のリフォーム工事費の2割は、足場を組むための費用に充てられますが、この分のコストを節約しようとするのは危険行為と言えます。足場が外壁工事においてなぜ必要なのか、また、気になる足場の単価・価格帯はどの位かかるものなのか、詳しくご紹介します。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop