風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

浴室の天井に発生するカビや結露。気にはなっていても、こまめに掃除をしたり拭き取ったりするのは面倒ですよね。そこでおすすめしたいのが、天井のカビ・結露を予防するリフォームです。最適な天井材や工事にかかる費用、施工の際の注意点などについて、詳しくご紹介しましょう。

天井のカビは、浴室全体に広がりやすい

風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

シャワーや湯船からの湯気は天井に溜まりやすく、それが水滴となってカビが発生してしまいます。
また湿気が多い浴室で、冬場に天井付近が冷えていると、温度差で結露が起きてしまい、同様にカビの原因となります。

壁や床の掃除はしていても、天井は手が届きにくいので後回しにしがちという方も多いのではないでしょうか。
しかし、この天井のカビが胞子を撒き散らし、浴室全体にカビを繁殖させてしまうのです。

また、カビをきれいに落としたと思っていても、見えない部分にカビの根が残っており、いつの間にかカビが繁殖してしまうこともあります。
浴室全体にカビが広がることがないよう、天井のカビ・結露予防対策をしっかり行っておきましょう。

カビ・結露の予防には、パネルやフィルムの天井材がおすすめ

風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

カビや結露の対策として天井のリフォームをするなら、「パネル」か「フィルム」で上張りをする、もしくは張り替えるのが一般的です。
この方法は、ユニットバスの天井はもちろん、タイル張りの在来工法の浴室にも有効です。

パネル材やフィルム材にはカビが発生しにくい設計の物もありますので、いろいろ吟味してみましょう。

パネル・フィルムの壁材なら、カビ掃除も簡単に

在来工法の浴室に多い塗装壁やタイルは、水分が残りやすく乾きにくいという難点があります。
しかし、一般的なユニットバスに使用されている樹脂系のパネルや、水廻り専用のフィルムは、乾きやすい・汚れが落ちやすい・カビを防ぐといった機能を持つ物が多く、これらの素材にリフォームすることで、掃除が一気に楽になります。

またタイルのように凹凸がないため、清掃時に全面の水分をしっかり拭き取りやすいので、カビが発生しやすくなる不安がありません。

風呂・浴室の天井リフォーム費用相場

浴室の天井をパネル張り、またはフィルム張りにする場合のリフォームの費用は、それぞれ以下の通りです。

パネル張り 約4~7万円
フィルム張り 約3万5千~6万円
壁・床も施工する場合 約10~30万円

なお、天井の劣化具合によっては、別途補修費がかかることもあります。

パネル張りにする費用

風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

パネル素材はすでに決められたサイズに加工されているため、必要な枚数や施工範囲によって、リフォーム費用に差が生じます。
天井をパネル張りにする場合の価格は、一般的な広さの浴室であれば、合計で約4~7万円が相場です。

フィルム張りにする費用

風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

フィルム材にはフラットな天井に上張りできるタイプと、タイルや木質系の天井などの凹凸面に上張りできるタイプとがあります。
費用は、素材のタイプによって単価が変動するほか、タイルや木製の天井に上張りする場合は、目地を平らにする下地処理代もかかります。

諸々の工事費と本体価格込みで、総額3万5千~6万円が相場となっています。

壁・床も施工する場合の費用

なお、天井と一緒に壁・床もリフォームするほうが効率的で割安なので、リフォーム会社から同時に施工することを提案される可能性もあるでしょう。
天井と、壁・床のリフォームを別々に実施することになると、人件費がよけいにかかってしまいます。

風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

天井・壁・床をまとめてパネルやフィルムで上張りする場合は、約10~30万円、素材のグレードが高い物でなければ20万円以下で収まります。
劣化具合にもよりますが、一度に工事したほうが費用に無駄がないか、業者と相談して決めると良いでしょう。

>> 浴室の壁(壁紙)リフォームの費用相場と注意点

お風呂・浴室の施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

天井裏に断熱材がない場合は要注意!

ちなみに、天井裏に断熱材が入っていないことが原因で、結露が発生する例も多く見られます。
特に築年数が経っている一戸建てでありがちな例ですが、断熱材が施工されていないために浴室の天井と天井裏とに大きな気温差が生じ、結露が発生してしまうのです。

風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

結露によるカビがひどいからと言って漠然と天井材を交換するのではなく、天井裏の状態や断熱性も考慮してくれる業者に現地調査をしてもらい、工事を依頼するのが一番です。

なお天井裏の断熱リフォームを行う場合には、1㎡あたり約4~8千円の施工費用が発生します。
建物の構造や断熱材の種類によって金額が異なるため、最終的にはどの程度のコストがかかるか、リフォーム会社に確認しておきましょう。

>> 断熱リフォームの種類・費用・工期の目安

浴室暖房・浴室乾燥機の設置で一工夫するのも◎

ちなみに、天井のリフォームと一緒に浴室暖房や浴室乾燥機を設置して、湿気が溜まらない・結露が発生しにくいように工夫しているご家庭もあります。

風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

入浴の前に浴室全体を暖めておけば、湯気が上がった際にも天井付近との温度差が少ないため、水滴が付きにくくなるでしょう。
物干し用のパイプも併設しておくと、雨の日の洗濯も快適になります。

予算に合わせて設置が可能か、リフォーム会社と相談してみてはいかがでしょうか。
選ぶ機器にもよりますが、10~40万円くらいの費用で取り付けられます。

>> 浴室乾燥機の設置費用と活用方法

風呂・浴室の天井交換・張り替え費用と注意点!リフォームでカビ・結露を防止

浴室を清潔に気持ち良く使うためにも、天井のカビ対策はしっかり考慮しなくてはなりません。
カビや結露が気になるのであれば、思い切ってリフォームしてみると良いでしょう。
浴室のリフォーム経験豊富な業者であれば、今後手入れしやすい天井材を提案してくれるはずですよ。

【この記事のまとめ&ポイント!】

浴室の天井にカビが発生しやすいのは、なぜですか?
天井にたまった湯気などが原因でカビが発生してしまうからです。
また、天井に発生したカビは胞子を撒き散らし、浴室全体に繁殖してしまいます。
(見えない部分にカビの根が残っており、知らない間にカビが繁殖していることもあります。)
詳しくは、こちら
浴室のカビや結露の予防をするには、どうしたらよいですか?
天井のリフォームで予防をする場合、「パネル」か「フィルム」で上張りすること、または張り替えることが多いです。
(ユニットバスの天井だけでなく、タイル張りの在来工法の浴室にも基本的に使用可能です。)
詳しくは、こちら
風呂・浴室の天井をリフォームする場合に、費用はいくらくらいですか?
例えば、一般的な広さの浴室の天井をパネル張りする場合、約4~7万円かかることが多いです。
(使用するパネルの枚数や施工する範囲によっても変動します。)
詳しくは、こちら

お風呂・浴室の施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 浴室リフォームの費用相場
>> 浴室タイルの補修・張り替えの費用相場

更新日:2019年10月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂・浴室のおすすめ記事

  • 結露の原因・対策とは?窓サッシ・壁紙の結露を防止する方法8選

    気温が下がってきて暖房を使うようになると、窓ガラスや壁に現れる「結露」。掃除が大変なだけでなく、そのまま放置してしまうとカビなどのトラブルや、建物が劣化する原因に繋がることもあります。まずは結露が発生する理由を理解し、結露を防止するための対策を実践しましょう。手軽にできる方法から、おすすめのリフォーム・費用・注意点まで、まとめてご紹介します!

  • 湿気対策でカビを防ぐ!原因・予防方法の基本・おすすめリフォームまでご紹介!

    窓付近や水回り、ベッドや布団、押入れやクローゼットなど、部屋の中でカビが発生しやすい場所は多いもの。健やかで快適な暮らしのためにも、カビが発生する原因を理解し、きちんと湿気対策することが肝心です。湿気・カビが生じやすい場所の具体的な対策の仕方や、根本的に解決するためのリフォーム方法・費用相場まで、わかりやすく解説します。

  • お風呂・浴室リフォームを格安・激安で行う8つの方法とポイント

    お風呂・浴室は、毎日使う場所なので、家の中でもよくリフォームされる場所です。できる限り、格安な値段で使いやすい浴室に交換したいものですよね。お風呂・浴室のリフォームを格安・激安で行うためには工事費用の構成を理解して、節約するためのポイントを絞り込んでいきましょう。

  • 【2020年版】ユニットバスのメーカー7社を比較!おすすめ商品の価格やリフォーム事例をご紹介!

    ユニットバス(システムバス)のリフォームの際には、どのメーカーがよいのか、迷ってしまうもの。各メーカーにどういった魅力があるのか、どの商品が売れ筋なのかなど、チェックしておきたいですよね。そこで、当サービス『リショップナビ』におけるユニットバスのランキングや、人気の「TOTO・リクシル・パナソニック・タカラスタンダード・トクラス(ヤマハ)・クリナップ・ハウステック」社のお風呂の特徴やおすすめ品をご紹介します!施工事例や、各おすすめ商品の工事費込みの価格も掲載しているので、参考にしてください!

  • おしゃれなお風呂・浴室にリフォームするコツ9選&参考にしたい施工事例もご紹介

    「お風呂をリフォームするなら、せっかくだからおしゃれにしたい」。漠然とそう思ってはいても、実際にリフォームするとなるとデザインや素材選びなどで悩んでしまうことが多いですよね。見た目はもちろん、入り心地や清潔感も大切な浴室では、快適さ・掃除のしやすさなども重視したいもの。スタイリッシュで、リラックスできて、お手入れもしやすい……そんな浴室を実現するためのポイントをご紹介します。おしゃれなメーカーのユニットバス(システムバス)などでリフォームした事例も掲載しているので、チェックしてくださいね。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.