住みながらリフォームできる!メリット・デメリットや注意点を解説

更新日:2024年07月10日

住みながらリフォームはできる?気をつけるべき注意点も解説

リフォームを検討する中で、「住みながらリフォームはできるの?」「リフォーム工事中の間はどこで過ごせば良いの?」など疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。結論、住みながらリフォームすることは可能です。
本記事では、住みながらできるリフォーム工事の種類やメリットとデメリット、リフォーム工事中の過ごし方や注意点について解説します。
また、住みながらではできないリフォームについてもお話していますので、ぜひ参考にしてください。

住みながらリフォームできるって本当?

住みながらリフォームはできる?気をつけるべき注意点も解説

冒頭でも述べた通り、リフォーム部位によっては住みながらリフォームはできます。
例えば、トイレやキッチン、浴室など限られたスペースや部分的なものであれば、工期も短いのでリフォーム工事中に別の住まいなどへ移動する必要もほとんどありません。

ただし、工事規模や内容によっては住みながらリフォームするのが難しい場合もあります。
打ち合わせの段階で、住みながらリフォームすることはできるか、移動が必要になるのかなど確認しましょう。

この章では、住みながらリフォームできる工事、できない工事について詳しく解説します。

住みながらリフォームできる工事とできない工事

具体的に、どのような工事が住みながらできるのか、もしくはできないのか気になりますよね。
住みながらリフォームできる工事の一例は次の通りです。

住みながらリフォームできる部位 施工内容
内装 壁紙や床の張り替え
キッチン キッチンの交換
浴室 お風呂の交換
トイレ・洗面所 トイレ・洗面所本体のみの交換
外装 外壁・屋根の塗装
エクステリア 門の扉・柱、塀、アプローチ、サンルーム、ウッドデッキなどのリフォーム
>> 内装リフォームについて詳しく知りたい!
>> キッチン交換リフォームについて詳しく知りたい!
>> エクステリアリフォームについて詳しく知りたい!

上記のように、交換などの部分的なリフォームの場合は、住みながらリフォームできます。
また、二世帯住宅にお住まいであれば、リフォーム中はどちらかの家に荷物と一緒に移動ができるので住みながらリフォームしやすいです。

住みながらリフォームできない工事は次の通りです。

住みながらリフォームできない部位 施工内容
水回り全般 トイレ・キッチン・お風呂の3点まとめて工事、水回りの位置変更、設備交換
壁・天井 下地や断熱材交換など大規模な工事
>> 水回りリフォームについて詳しく知りたい!
>> 断熱リフォームについて詳しく知りたい!

住みながらリフォームが難しい工事の特徴としては、全体的な変更や土台・設備交換など、工事規模が大きいことが挙げられます。

また、スケルトンリフォームなど床や壁・天井を剝き出しのまま行う工事は住みながらリフォームは難しいでしょう。
検討しているリフォームが住みながらできるのか、難しいのか確認して準備をすることが大切です。

住みながらリフォームする時の工事期間はどれくらい?

住みながらリフォームをする時、どの工事にどれくらい期間がかかるのか気になりますよね。
また、できるなら生活にあまり支障がでない程度の期間で工事を終わらしてほしいとお考えの方も多くいらっしゃると思います。

リフォーム工事期間の目安は次の通りです。

リフォーム箇所 工事期間
キッチン ● 本体のみ交換、取り換え:2~6日
● 機器、設備の配置変更、取り換え:2~3日
※フローリング交換も行う場合は、追加で日数かかる場合あり。
トイレ ● 洋式から洋式に交換:半日~1日
● 和式から洋式にリフォーム:2~3日
● トイレ室内の壁、床の交換:1~2日
浴室 ● ユニットバスの浴槽交換のみ:1日
● ユニットバスからユニットバスへ浴室全体のリフォーム:4日
● 在来工法(タイル式)からユニットバスへリフォーム:4~7日
外壁、屋根 ● 外壁、屋根の塗装:1~4週間
外構、エクステリア ● 玄関ドア、門扉の交換:1日
● ブロック塀、フェンスの設置・交換:2週間
● ウッドデッキの新設:1日
内装 ● フローリング張り替え:3日前後
● 壁紙の張り替え:1~2日

>>【場所別】リフォーム工期の目安はどのくらい?
>> 部分リフォームの費用相場!コストを抑えるコツも解説

住みながらリフォームするメリット

住みながらリフォームするメリットはどんな点があるのでしょうか。
一番に挙げられるのは、引っ越しなどの移動の費用がかからないことです。
別の場所へ移動せずにリフォームできるので、リフォーム費用の他に別途引っ越しのための費用や荷物の移動の手間がかからないので、費用を最低限に抑えられます。

もう一つは、リフォーム工事の進捗状況を間近で確認できることです。
工事中に希望があれば直接職人へ伝えることができるので、より理想の仕上がりになるだけでなく、リフォーム後に希望していた仕上がりと違っていたなどのトラブルも防げます。

また、疑問や不安があった時にすぐに質問ができるので、工事中は安心して過ごせるのもメリットと言えるでしょう。

住みながらリフォームするデメリット

住みながらリフォームのデメリットとして挙げられるのは、ホコリと騒音です。

工事において避けるのは難しいですが、日々大きな音がしたり、ホコリが舞ったりするのがストレスに感じることもあります。
また、ホコリや騒音だけでなく、業者の出入りがストレスに感じることもあります。
普段と違い、ご家族以外の出入りが気になってしまいそれが負担になりやすいです。

他にも、工事日数が逆に長引いてしまったり、費用が余計にかかってしまうこともデメリットとして挙げられます。
住みながらリフォームする場合、生活スペースを確保しながら、作業を小分けにして進めていくため、予定より工事日数がかかり費用が重なってしまうケースもあります。

デメリットに関して、次の章の「住みながらリフォームする時の注意点」でより詳しく解説していますので、参考にしてください。

住みながらリフォームについて
詳しく知りたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

住みながらリフォームする時の注意点

住みながらリフォームはできる?気をつけるべき注意点も解説

住みながらリフォームする時に、気をつけるべき注意点があります。
注意点は次の4点です。

● リフォームする時期を考える
● 工事の妨げになる荷物はトランクルームに預け、不用品は処分する
● 水回りが使えない時の対策を考えておく

それぞれ、詳しく解説していきます。

リフォームする時期を考える

住みながらリフォームするにあたって、リフォームする時期を考慮しましょう。
例えば、エアコンのある場所をリフォームする時、夏だと冷房、冬は暖房が使用できません。
別の部屋でエアコンを使用できる場合は良いですが、リフォーム箇所のみしか使用できないと生活に支障が出てしまうので、エアコンを使用しなくても問題ない時期を選ぶのがおすすめです。

また、季節だけでなくお子さんの受験や奥様のご出産など、ライフイベントと被らないようにしましょう。
騒音や外部の人間の出入りなどでストレスがかかってしまうので、なるべくストレスがかからずに、リフォームできるタイミングでスケジュールを組みましょう。

工事の妨げになる荷物はトランクルームなどに預け、不用品は処分する

リフォーム箇所の家具や荷物は、本格的に工事が始まる前までに移動させておきましょう。
家具を移動させるのは、工事中にご自身の家具や荷物の汚れを防止するだけでなく、空いている場所に、道具や材料を置くためのスペース確保のためでもあります。
リフォームする箇所とその周りを片付けて、スムーズに工事が始められる状態にしておきましょう。

別の部屋に移動できるものは移動させ、どうしても置き場がない大型家具などは、一時的に物を預けられるトランクルームなどの利用がおすすめです。

また、リフォームを機に思い切って不用品は整理・処分をしてすっきりさせるのも良いですね。

水回りが使えない時の対策を考えておく

水回りのリフォームをする時は、リフォーム箇所を使用できないので、その間どのように生活するか対策を考えておきましょう。

例えば、お風呂であればリフォーム工事中は銭湯を利用する、トイレは近くの公共施設のトイレや簡易トイレを利用する、キッチンであればお惣菜や電子レンジのみで調理可能な食材を用意する、外食を利用するなど工夫をしましょう。

住みながらリフォームについて
詳しく知りたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

こんな時はどうする?住みながらリフォームする時に気になること

住みながらリフォームはできる?気をつけるべき注意点も解説

住みながらリフォームの工事中に、工事に関しての対策の他にも気になることはあると思います。
主に次の3つです。

● 工事中は外出しても良いか気になる
● 赤ちゃんがいる時はどうすれば良いか気になる
● ペットがいる時はどう対策すれば良いか気になる

工事中は外出しても良いか気になる

共働きの方や、外出の予定がある時など家を空けても良いか、工事中は立ち合いが必要なのか、気になりますよね。

結論、住みながらリフォームする場合は、リフォーム工事中は立ち会う必要がありません。
外出の時は、作業をしている業者へ声を掛ければ家を空けても問題ないです。
留守にする時は、貴重品の管理をしっかりしましょう。

また、共働きで長時間留守にする場合は、鍵の管理を業者と確認しましょう。
事前に共働きであることを伝えたり、業者と共有で使用するキーボックスなどを設置したりなどすると安心です。

赤ちゃんがいる時はどうすれば良いか気になる

赤ちゃんがいるご家庭の場合は、住みながらリフォームする時どのようにすれば良いか気になる方もいらっしゃるでしょう。

工事の大きい音は、大人ならなんとか我慢できますが、赤ちゃんの場合は、びっくりしてしまいます。
工事の音が大きく響く場合は、その時だけ外に出るなどなるべく音が聞こえないようにしましょう。

また、ホコリやちりによる空気の汚れも、赤ちゃんの健康面で不安になるかと思います。
もし、仮住まいを利用する場合は、騒音やホコリなどの心配はありません。
しかし、赤ちゃんやお子さんの場合、生活リズムが整っておらず環境の変化がストレスになってしまうこともあります。
なるべく、負担が軽減されるようにスケジュールを調整しましょう。

>> お子さんの成長にあったリフォームプランとは?

ペットがいる時はどう対策すれば良いか気になる

ペットがいるご家庭で、住みながらリフォームする時はどのように対策するのが良いのでしょうか。

ペットも工事中は騒音や業者の出入りと家族以外の人間がいる環境に、ストレスを感じます。
そのため、工事中はなるべくリラックスして過ごせる寝床や場所を確保することが大切です。
寒暖差などで体調を崩してしまうこともあるので、エアコンがある温度調整可能な場所を選びましょう。

また、工事中に脱走してしまわないか心配になりますよね。
作業場や工事現場へ近づかせないようにしたり、工事中はペットホテルへ預けるなどすると脱走やケガの心配もないので安心でしょう。

>> ペットがいる時のリフォームについて詳しく知りたい!

フルリフォームでも住みながらできる?

住みながらリフォームはできる?気をつけるべき注意点も解説

ここまで住みながらできるリフォームの工事の種類や、注意点などについて解説してきました。

フルリフォームの場合は住みながらできるのか、気になるかと思います。
フルリフォームは、工事範囲が広く工期も長くなるため、住みながらリフォームするより、仮住まいなどを一時的に利用する方が負担は少ないです。

ただ、工期と工事の進め方を工夫すれば、フルリフォームでも住みながらリフォームは可能です。
作業する箇所を細かく分けて進めることで、生活に支障がない範囲で住みながらでも、フルリフォームできるでしょう。

>> フルリフォームについて詳しく知りたい!

住みながらリフォームできない場合はどこで過ごす?

住みながらリフォームはできる?気をつけるべき注意点も解説

この章では、住みながらリフォームできない場合、リフォーム工事中はどこで過ごすのか、 仮住まいを利用する時の選び方について解説します。

仮住まいの場所の選択肢として、次の3つが主に挙げられます。

● ウィークリーマンション
● 短期賃貸物件
● ホテル

仮住まいを探す時は、ご自身で探すか業者に探してもらうかの2つの方法が挙げられます。
ご自身で探す場合は、業者に依頼するより費用が抑えられるのと、仮住まいの選択肢が広いですが、その分時間と手間がかかります。

業者に依頼する場合、費用はかさみますが、決まった選択肢の中で検討するので時間と手間があまりかからずに、仮住まいの場所を決めることができます。

ウィークリーマンション

ウィークリーマンションは、敷金・礼金がないので手軽に入居できるのが特徴です。
また、水道光熱費やインターネット費は家賃に含まれることが多いので、手続き不要で利用が出来ます。

家具や家電も備え付けのものがあるので、実際にかかる費用としては引っ越し代と仲介手数料、荷物が多い方はレンタル倉庫利用料くらいになります。
また、月毎に利用するタイプのマンスリーマンションもあるため、短期間の利用に適しているでしょう。

しかし、賃料が高いのと、単身者向けの間取りが多くやや狭いため、人数が多いご家庭の場合は、生活が不便に感じることもあります。

短期賃貸物件

賃貸マンションなどの、賃貸物件は部屋の広さや間取りの種類が豊富です。

普段の生活しているスペースとほぼ変わりなく過ごせるので、不便さやストレスもあまり感じずに生活できるでしょう。
ご家族の人数が多い方にもおすすめです。
中にはペット可の物件もあるので、ペットがいらっしゃる方も利用しやすいです。

ただ、短期間利用の契約が成立しにくい場合があるので、選べる物件の選択肢が少ないこともあります。賃貸業者と利用期間を確認し、検討をしましょう。

ホテル

リフォームの工事期間が数日の場合は、ホテルの利用がおすすめです。
ホテルの場合は、契約や審査など入居に必要な手続きが不要なので手軽に利用できます。
清掃も不要などで負担なく過ごせるでしょう。

また、家具やアメニティも揃っているので、着替えのみで身軽に移動することができるのも特徴の1つです。
水道光熱費などもかからないので、最低限の費用で抑えられます。

しかし、土日は料金が割高になるので長期の利用は逆に費用がかかってしまいます。
また、普段の生活スペースより部屋が狭いためストレスや負担を感じることもあるかもしれません。

一時的な引っ越しをする時に確認すること

仮住まいへ一時的に引っ越しをする時、入居手続きの他にも必要な手続きや、確認事項があります。

一番に挙げられるのは、水道・ガス・電気の利用手続きです。
水道と電気は工事に利用することもあるので、事前に業者へ確認しておきましょう。
工事に使わないものは、利用停止の手続きをしないと使用していない間も、基本料金が引き落とされてしまうので忘れず手続きをして下さい。

郵便物は、郵便局に転送届を出すと仮住まいに郵便物が届きます。
転送の手続きは、ネットでも行えます。

電話やインターネットは、一時中断するか利用休止を行いましょう。
固定電話がある方は、利用停止か、もしくはスマホに転送することも可能なので、忘れずに手続きしてください。

住みながらリフォームについて
詳しく知りたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

ライフスタイルに合わせて住みながらリフォームするか考える

住みながらリフォームはできる?気をつけるべき注意点も解説

住みながらリフォームは、引っ越し費用がかからないので、最低限の費用でリフォームができます。
工事の様子を間近で確認することができるので、質問や希望を直接伝えられるので、安心です。

実際にリフォームを行う時は、ライフスタイルを考慮してスケジュールを組みましょう。
また、スケジュールだけでなく、防犯や衛生の面でもきちんと業者に要望を伝えることも大切です。

仮住まいを利用する場合は、手続きを忘れないようにし、負担なくリフォーム工事を乗り切れる環境を心掛けると良いでしょう。

住みながらリフォームについて
詳しく知りたい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 見積もり件数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもお役立ち情報をお届け中!

公式LINEアカウントはこちら
公式Instagramアカウントはこちら

お役立ちのおすすめ記事

  • リフォーム/リノベーションの費用とは?工事以外でかかる費用や安く抑える方法を解説

    リフォーム/リノベーションをする際には、一体いくらかかるのでしょうか?ここで押さえておきたいのが、リフォーム工事以外にも意外と多くのお金がかかるということです。「工事費用だけを考えていて、後で予算不足になった」などということになったら大変ですよね。主なリフォーム工事にかかる費用や、工事以外に必要となりやすい費用について、事前にしっかりチェックしましょう。

  • スケルトンリフォームで後悔したこと5つ!失敗を防ぐコツ

    スケルトンリフォームは間取りを大きく変更し、新築のように家の中をきれいにできるため人気です。しかし、事前によく検討してから工事をしなければ後悔してしまうこともあります。 本記事では、スケルトンリフォームでよくある後悔や、後悔しないために重要なポイントについてご紹介します。

  • 【2024年版】どんなリフォーム・リノベーションが補助金対象?金額・申請時期・注意点は?

    住宅のリフォームやリノベーションを行う際には、補助金制度をぜひとも活用したいところ。しかし「今検討している工事は補助対象になる?」「受け取れる金額はどれくらい?」など、気になる点が多くありますよね。 今回は、助成対象になりやすい工事の例と費用、主なリフォーム補助金制度についてご紹介します。介護・バリアフリー工事や、断熱(内窓/二重サッシなど)、水回りの省エネリフォームなどは、対象になる可能性がありますよ。 「申請時期はいつからいつまで?」「業者はどう選ぶの?」といった疑問も解消していきましょう!

  • 【リフォーム工事中のFAQ】こんなときどうする?

    待ちに待ったリフォーム工事が始まると、イメージ通りに仕上がるのか、不安になることもありますよね。工事中に予期せぬトラブルが発生し、どう対応したらい良いか迷う場面もあります。ここでは、ご近所へのあいさつ、鍵の扱い、職人さんへのお茶出しなどリフォーム工事中によくある質問と回答をご紹介します。

  • いつが最適な時期?リフォームタイミングの考え方

    「今のままでも困っていないけど、そろそろリフォームかな……」そう考え始めるのは築10年を過ぎたあたりからでしょうか?何年経ったらリフォームという明確な基準はありませんが、リフォームの目的によっておおよその目安となるタイミングはあります。目安の時期を知っておくことで、無駄なく効率的にリフォームできます。ここでは、リフォームの目的と、それぞれのメンテナンス時期についてご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。