外壁の色をツートンカラーにする際のコツ・注意点!おしゃれな施工事例もご紹介

外壁の色をツートンカラーにする際のコツ・注意点!おしゃれな施工事例もご紹介

家の外壁リフォームにおいて、塗装や、サイディングの重ね張り・張り替えなどを検討する際に「せっかくの機会だから、色をツートン(ツートーン)カラーにしてみたい」と考える方は、多くいらっしゃいますよね。けれども「組み合わせ方を間違えると、ダサい外観になるかも?」という不安がある方も少なくないはず。そこで今回は、おしゃれなツートンカラーの外壁にリフォームするための色分けのコツや、失敗しないための注意点、参考にしたい施工例まで、わかりやすくご紹介します!

外壁をツートンカラーにする時の6つのポイント

外壁の色をツートンカラーにする際のコツ・注意点!おしゃれな施工事例もご紹介

① 2色の比率は、6:4〜7:3を基準にする

外壁をツートンカラーにする際には、2色の割合が6:4〜7:3程度になるように施工してもらうと良いでしょう。
この比率を基準にすることで、バランスが良く見えますよ。

② 同系色を組み合わせると失敗が少ない

② 同系色を組み合わせると失敗が少ない

配色の失敗を防ぐためには、同系色でまとめると無難です。
一般的に、白&グレー、グレー&黒、クリーム色&ブラウンなどのカラーでまとめる建物が多く見られます。

③ セパレーションカラーで引き締めるのも◎

③ セパレーションカラーで引き締めるのも◎

同系色のカラーでも上手にまとまらない場合や、配色の対比が強すぎる場合などには、2色の間にセパレーションカラーを入れましょう。
2色の境界となる箇所に、幕板や雨樋などで別カラーのラインを入れることにより、印象的なイメージに仕上げてくれます。

③ セパレーションカラーで引き締めるのも◎

ちなみにセパレーション部分にはほとんどの場合、隣り合う色とぶつかることがない、白や黒に近い色を採用します。

④ 3色を使う場合も、比率に注意

外壁に使用するカラーは、最大でも3色くらいまでが理想ですが、この場合には、ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの比率を意識してデザインしましょう。

【ベースカラー】
塗装面積が最も大きい「ベースカラー」部分は、全体の60〜70%くらいになるよう構成したいところです。
近隣の色合いにも調和するカラーを選択するのがベストです。
【アソートカラー】
ベースカラーの次に多く使う「アソートカラー」は、全体の20〜30%程度を目安に使用しましょう。
ベランダ・バルコニーなどの出っ張った箇所の色を変えたい時などに、多く採用されている配色方法ですね。
ベースカラーを引き立てる、相性の良い色を選びましょう。
【アクセントカラー】

玄関ドアや窓枠、破風板や付柱などに、アクセントとなる色を施したい場合には、5〜10%のみに使用すると良いですよ。
個性を演出したり、全体をスタイリッシュに締めたり、という役目を果たしてくれます。

⑤ 淡いカラーや落ち着いた色合いを選ぶと安心

⑤ 淡いカラーや落ち着いた色合いを選ぶと安心

なお、特に3色以上を採用する場合には、白やクリーム色、淡いピンクや薄めのグレーなどのカラーがあると無難です。
個性的になりすぎないよう、落ち着いたカラーを最低1色は採り入れるようにしましょう。

⑥ 付帯部との相性も忘れずに

⑥ 付帯部との相性も忘れずに

軒天井や雨樋など、付帯部の色との相性も忘れないように注意しましょう。
同じ色で塗装してもらうか、セパレーションカラーを採用するかなど、しっかり考慮してくださいね。
雨樋が白か黒かでも、家全体の印象が大きく変わりますよ。

外壁のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

2色の塗り分け・張り分け方のパターン

外壁をツートンカラーにする時の区切り方としては、大きく分けて以下のような3パターンがあります。

上下で水平に分ける

上下で水平に分ける

最も一般的なのが、1階部分と2階部分など、上下で水平に分ける方法です。
ツートンカラーの区切り方の中では、こちらの方法が一番調和させやすいでしょう。
ちなみに基本的には、下になるほうを濃い色にすると、落ち着いた印象になります。

縦のラインで垂直に分ける

縦のラインで垂直に分ける

縦に違うカラーのラインを入れ、2色を垂直に分けると、シックでスマートな雰囲気に仕上がります。
近くにあるサッシなどとのカラーコーディネートにも配慮して、色を選ぶことが大切です。

バルコニーなどの出っ張り部分で分ける

バルコニーなどの出っ張り部分で分ける

バルコニー・ベランダ・玄関など、凹凸のある箇所の色を変える方法なら、ポイントで色を使うことにより、モダンでハイセンスな雰囲気にできます。
立体感が生まれるため、狭小住宅を大きく見せる効果も期待できるでしょう。

バルコニーなどの出っ張り部分で分ける

水平に区切るパターンや、垂直に分けるデザインと組み合わせても素敵です。

外壁のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ツートンカラーの外壁リフォーム施工事例

それではここで、当サービス『リショップナビ』に加盟する施工業者が、おしゃれなツートンカラーの外壁へとリフォームした実例をご紹介します。
金額やデザイン性なども、ぜひ参考にしてくださいね。

ベージュ&グレーの組み合わせで上品な外装へ

築年数 -
リフォーム費用 63万円
施工日数 14日
木造軸組み工法の建物にて、「汚れてきたので、家の外観をきれいにしてほしい」というご依頼にお応えし、外壁塗装を行いました。
塗料には、防汚性・耐久性に優れた『ファインシリコンフレッシュ(日本ペイント)』を採用。同系色のベーシックカラーで、品のある仕上がりに。

>> この事例の詳細を見る

白&ネイビーグレーでモノトーン調の外壁に

築年数 15年
リフォーム費用 44.8万円(外壁)
19.2万円(屋根)
施工日数 7日
築15年で、ご近所も塗装を始められたため、外壁と屋根の塗装リフォームを検討されたお客様。「なるべく安く、高耐久の塗料で塗装してほしい」というご要望でした。
白&ネイビーグレーに黒系のアクセントカラーで、流行のモノトーン調の外装に。この他にも、ベランダの床や、シャッターの塗装もご依頼いただきました。

>> この事例の詳細を見る

タイル調のサイディングに白を合わせて、明るい外壁に

築年数 15年
リフォーム費用 89万円
施工日数 14日
RC造の一戸建てのリフォームです。元々の外壁は、全体的にブラウン系のカラーでまとまっていましたが「正面・サイディング部分にはクリヤー塗装で今の状態を残しつつ、他の3面は白っぽいカラーで明るい雰囲気に」という施主様からのご希望に添い、イメージを一新しました。

>> この事例の詳細を見る

白&グレーの、高級感のある外壁

築年数 10年
リフォーム費用 177.3万円
施工日数 28日
外壁の色褪せが少し気になり始めたとのことで、塗装リフォームのご相談をいただきました。以前はブラウン系のカラーの外壁でしたが、高耐久なフッ素セラミック系の塗料を使用し、白&淡いグレーのスタイリッシュな外観へと生まれ変わりました。

>> この事例の詳細を見る

正面のサイディングを張り替えて、白&ブラウンの外観

築年数 11年
リフォーム費用 190万円(外壁・屋根)
施工日数 20日
「外壁のメンテナンスと同時に、サイディングのデザインも変えたい」とのご依頼でした。予算を考慮し、全面を張り替えるのではなく正面のみを交換して、外観がおしゃれになるようにご提案。
新しいサイディング材には、防汚機能のある『光セラ(ケイミュー)』を採用。さらに屋根や周囲の外壁は『ヤネフレッシュSi/プレミアムシリコン(いずれもエスケー化研)』を用いて塗装しました。

>> この事例の詳細を見る

ベージュ系の暖色カラー×白のアクセントでおしゃれに

築年数 -
リフォーム費用 286万円(外壁・エクステリア・玄関、他)
施工日数 18日
「経年により建物の外観が劣化してきたため、外壁塗装できれいにしたい。一緒にエクステリアもおしゃれにしたい」というご依頼を受け、外壁・外構・玄関ドア交換などのリフォームを実施しました。
外壁は、以前はグレーとブルーの寒色系でしたが、新しくなった外構部分に合わせて、暖色系に。セパレーションカラーの白が、より清潔感を演出していますね。

>> この事例の詳細を見る
外壁のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ツートンカラー外壁の価格は、単色の時よりも高い?

ところで、外壁の色を2種類以上にすると「リフォーム費用が倍になってしまうのでは?」と不安に感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ツートンカラー外壁の価格は、単色の時よりも高い?

基本的に、外壁塗装などでは施工面積や材料の質によって値段が変動するため、単色でリフォームする場合とほぼ金額差はありません
しかし、片側だけ紫外線の影響を受けやすいなどの理由から、一方の塗料をハイグレードタイプにする場合や、高品質のサイディング材を採用する場合などには、当然その分、値段が高くなります。

なお、施工作業が極端に複雑になる場合や、材料が余ってしまう場合などには、業者によってはやや割高の見積もりを出すこともありますが、「塗料が2種類だから、価格が2倍になる」ということはないので、安心してくださいね。

ただし、一部にレンガやタイルを使う際には、施工の手間がかかるため、費用が高額になりやすいです。

総額がいくらになるか不安な場合には、リフォーム業者にあらかじめ予算を伝えておき、希望の金額内でリフォーム可能か確認しておくと良いでしょう。

外壁リフォームの色選びは失敗が多い!回避するコツは?

外壁リフォームの色選びは失敗が多い!回避するコツは?

なお外壁のリフォームでは「いざ施工してみたら、思っていた色と違った」という失敗例が多いので、くれぐれもご注意ください。

特に「紙のカタログや色見本だけで決めて依頼した結果、外壁に塗ったら全然違うカラーでショックを受けた」というケースも少なくありません。

また、実際に使用予定の塗料で試し塗りをした「塗り板」を見せてもらえるのが一般的ですが、小さな面積で見た場合と大きな面積で見た場合とでも、実は見え方は異なるものです。

>> 外壁の色の選び方!よくある失敗例や注意点とは?
>> 外壁塗装でおしゃれなお家にするためには?

外壁リフォームの色選びは失敗が多い!回避するコツは?

外壁の色選びで失敗しないためには、今回お話ししたようなポイントを熟知している業者に任せることが肝心です。
どのような色にしたいか、ツートンカラーにするか単色にするかなど迷う場合にも、一度プロに相談してみることをおすすめします。

わかりやすくカラーシミュレーションしてくれる業者も多くありますし、過去にどんな施工事例があるか、どの色の組み合わせが人気があるか、といったことも気軽に質問してみると良いでしょう。

バランスが非常に大事になってくる、ツートンカラーの外壁。
施工経験豊富なリフォーム業者からのアドバイスも参考にしながら、納得のいく配色を決めてみてくださいね!

外壁のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装・外壁のおすすめ記事

  • おしゃれで可愛い北欧風の家の外観・外構づくり10のコツ!リフォーム実例もご紹介

    日本でも、すでにインテリアの定番となりつつある「北欧風」。シンプルでありながら洗練されたおしゃれなスタイルは、若い女性を中心に高い人気を集めています。現在お住まいの住宅が違う雰囲気だとしても、外壁やエクステリアなどのリフォームで北欧風に変身させることは可能です。そのポイントは、素材選びやカラーコーディネート。一戸建て住宅の外観を北欧風に仕上げる具体的なコツや、屋根や外構などを北欧風にリフォームした実例も、ご紹介します!

  • 一度は憧れる♪南欧風の家の外観・外構にするための10のポイント

    南欧風の家は、その爽やかで可愛らしいデザインから、輸入住宅やハウスメーカーを中心とした新築・リフォームで人気があります。暑い日が多い南欧の建築スタイルは、日本の気候とも好相性♪今回は、南欧風の家の外観・外構にリフォームするためのポイントについてご紹介します。

  • 【一級建築士 監修】外壁塗装・外壁リフォームの費用相場

    外壁塗装・外壁リフォームの費用相場や、リフォームで失敗しないためのポイント、外壁塗装のメンテナンス周期について解説しています。外壁と窓枠の間や外壁継ぎ目部分(シーリング)の打ち替え・クラック(ひび割れ)補修などの小規模な工事から、外壁の塗り替え、サイディングの重ね張りや張り替えといった大規模な工事まで、実際の外壁リフォーム事例とリフォーム料金の相場をご紹介します。事前に確認して、適正価格で外壁リフォームを実施しましょう。

  • 窯業系サイディング材とは?特徴・リフォーム価格・おすすめメーカー品をご紹介!

    現在、外壁材の主流とされている「窯業系サイディング(窯業サイディング)」。でも、詳しく知らないという方もきっと多いはずですよね。そこで今回は、窯業系サイディングとはどのような素材なのか、その特徴について詳しくご紹介しましょう。「価格は高いの?」、「張り替えや重ね張り(カバー工法)の費用はどれくらい?」など、リフォームの際に気になる点も具体的に解説します。また、リフォームの事例や、おすすめメーカーについても合わせてチェックしてくださいね。

  • サイディング外壁材メーカー7選&おすすめ品(ニチハ/ケイミュー他)!リフォーム施工例もご紹介

    外壁の「張り替え」や「重ね張り(カバー工法)」のリフォームを検討する際や、新築を購入する時には、どのようなサイディング材を採用するか悩む方は多いはず。できれば木目調やタイル風などのおしゃれなデザインや、安心感のあるメーカー製品を選びたいですよね。そこで本記事では、窯業・金属・樹脂・木質系サイディング材の主なメーカー&おすすめ品を解説します。ニチハの「モエンエクセラード16」や旭トステム外装「Danサイディング」などの施工例もご紹介するので、あわせてチェックしてくださいね。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.