【種類別】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法!張り替え/重ね張りリフォームの価格・事例もご紹介

加盟希望はこちら▶

【種類別】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法!張り替え/重ね張りリフォームの価格・事例もご紹介

近年、モルタルに代わって住宅の外壁材の主流となっている「サイディング」。一戸建ての外壁で重ね張り・張り替えリフォームを検討する際に、採用したい方も多いですよね。けれども「料金が高そう……」「できれば、おしゃれなデザインを選びたい」「耐久性がどのくらいか不安」といった悩みがある方もいらっしゃると思います。そこで、サイディングのメリット・デメリット・注意点や、素材ごと(窯業/金属/木質/樹脂系)の価格・寿命、リフォーム方法別の費用目安、参考にしたい施工事例まで、幅広くご紹介します。

更新日:2021年05月25日

サイディング外壁材のリフォームのポイント

【種類別】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法!張り替え/重ね張りリフォームの価格・事例もご紹介

最初に、本記事の要点について、簡単に確認しておきましょう。

「サイディング外壁材」の、主なメリット・デメリットは?
主材料によって特徴は異なりますが、基本的に「デザイン性が高い」「施工しやすい」などのメリットがあります。
デメリットは「10年に一度くらいのサイクルで、塗装やコーキング補修などのメンテナンスが必要」という点にあるでしょう。

詳しくは、こちらをご覧ください。
サイディング材で、外壁の「張り替え」「重ね張り」のリフォームを行う際の価格帯は?参考になる施工事例はある?
戸建の一般的な家(施工する外壁の広さが100~200㎡と想定)で、重ね張りする場合は約130~220万円、張り替える場合は約150~230万円かかる傾向があります。
新たに採用するサイディングの種類によっても、かかる金額が変動します。
詳細は、こちらで解説しています。

なお、当サービス『リショップナビ』の加盟店が手掛けた施工事例も、本記事内に掲載しています。
主なサイディング材の種類や、それぞれの特徴・寿命の目安・メンテナンス方法は?
サイディング外壁材は、素材の違いによって「窯業系」「金属系」「木質系」「樹脂系」の4種類に分けられます。
素材ごとの特徴やメンテナンスに関する注意点など、各項目にまとめているので、比較してみてくださいね。

では各々の詳細について、一つずつチェックしていきましょう!

サイディング外壁のメリット・デメリットとは

セメントや金属などを原料とした板状の外壁材である「サイディング」は、金具や釘などを用いて外壁に留め付けてあり、さらに板と板の継ぎ目はコーキング(シーリング)材でつないで、固定されるのが一般的です。

サイディング材のメリット

サイディング材のメリット

サイディングは耐久性が高いものが多く、色やデザインのバリエーションが豊富なため、家の外観をイメージ通りにしやすいという魅力があります。

レンガ・タイル・天然石などは本物を使用すればお金も重量もかかってしまう素材ですが、サイディングでその質感を表現することもできます。
メンテナンス時には透明な塗料(クリア塗料)で塗装し直すことで、体裁をそのまま保つことも可能です。

また、あらかじめ工場で生産されているため、重ね張りや張り替えリフォームの際に施工に時間がかからず、職人によって仕上がりが左右されることも、ほぼありません。

サイディング材のデメリット

サイディング材のデメリット

サイディングは素材そのものに防水性がない場合が多く、樹脂系サイディング以外は、表面を塗装されているのが一般的です。
経年劣化によって塗膜がはがれてくると水を吸収しやすくなるため、約10年に一度は塗装リフォームがほぼ不可欠です。

さらに、窯業系や金属系のサイディングボードのつなぎ目(目地)を埋めている、コーキング材も劣化していきます。
コーキングが縮んでいたりひび割れていたりすると、そこから雨水が浸入してしまうため、早めにメンテナンスを行うことが大切になってきます。

ただ、たいていの外壁材は約10年の周期で塗装などのメンテナンスが必要になるため、上記のようなデメリットはサイディングに限った話ではありません。
美観や耐久力を重視したい場合には、サイディングは適した外壁材の一つと言えるでしょう。

外壁のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

外壁をサイディングにリフォームする(重ね張り/張り替え)価格・費用・事例

一般的な戸建て住宅(施工する外壁の面積:100~200㎡)で、サイディングを使用してリフォームする際の費用相場は、以下の通りです。

重ね張り(カバー工法) 約130~220万円
張り替え 約150~230万円

なおすべての工事で「諸経費」と呼ばれる費用もかかり、金額は業者によって約1~5万円、あるいは工事金額の3~5%、などと異なります。
高所作業になる場合には、足場を組む料金も15~20万円ほど発生します。

外壁をサイディングにリフォームする(重ね張り/張り替え)価格・費用・事例

さらに、養生費・資材運搬費・廃材処理費・サビ取り作業費などが別途かかる場合もあります。

見積もりの際に、総額がいくらになるか、また内訳に諸経費や足場代も含まれているかなど、リフォーム会社に確認しておくとよいでしょう。

サイディングのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

ここからは各工法の特徴や単価について、もう少し具体的に解説します。

重ね張り(カバー工法)の費用

重ね張り(カバー工法)の費用

既存のサイディングに重大な劣化がなければ、そのまま新しいサイディングを重ね張りできるケースが多いです。
この工法はサイディングの張り替えよりも費用が安く済むというメリットがあります。

工事費の他に、新たに採用するサイディング材の料金もかかり、素材によって価格が異なります。

重ね張り施工費 約2,500~3,250円/㎡
材料費 窯業系サイディング = 約4,000~5,000円/㎡
金属系サイディング = 約3,000~9,000円/㎡
木質系サイディング = 約6,000~10,000円/㎡
樹脂系サイディング = 約8,000~10,000円/㎡

>> 外壁重ね張り(カバー工法)の費用/メリット/デメリット

なお重ね張りに最も適しているのは、金属系または樹脂系の軽量なサイディングです。
(ただし樹脂系は国内の流通量が非常に少ないため、金属系を採用するリフォームが一般的です。)

施工にかかる金額の合計は、足場代などを含めると約130~220万円です。

サイディングのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

張り替えの費用

張り替えの費用

築30~40年くらいで、サイディング材が反っているなど劣化がひどい場合には、既存のサイディングを撤去して、新たに張り替える工法を選ぶのが確実です。
張り替えの場合、新しいサイディング材と施工費の他、古いサイディングボードの撤去費もかかります。

張り替え施工費 約1,850~3,000円/㎡
既存の壁材撤去費 約800~1,000円/㎡
材料費 窯業系サイディング = 約4,000~5,000円/㎡
金属系サイディング = 約3,000~9,000円/㎡
木質系サイディング = 約6,000~10,000円/㎡
樹脂系サイディング = 約8,000~10,000円/㎡

足場代なども含めると、工事全体にかかる費用は約150~230万円と高くなりやすいですが、その分見た目も耐久性も格段によくなります。

>> サイディング張り替えの費用!塗装/重ね張りとの違い
>> 外壁の張り替え費用/単価!塗装/重ね張りとの価格差は?

なお重ね張りか張り替え、どちらが適しているか悩む場合などには、一度プロの業者に見てもらった上で、アドバイスしてもらうとよいでしょう。

サイディングのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

サイディングの重ね張り/張り替えリフォーム事例

費用などの参考に、当サービス『リショップナビ』でご紹介している加盟業者が、実際にサイディング外壁でリフォームした例も見てみましょう。

寒冷地にもおすすめのアルミサイディング でリフォーム

築年数 30年
リフォーム費用 140万円
工事期間 10日
汚れやサビで外壁がくすんでいましたが、金属製(アルミ)サイディングでリフォーム。
断熱効果や耐凍害性能を期待できる、寒冷地でも安心の素材です。
施工面積は約100㎡。
一緒に、割れていた雨樋も直しました。

>> この事例の詳細を見る

雨漏りしていた建物を窯業系サイディング「AT-WALL」でリフォーム

築年数 29年
リフォーム費用 150万円
工事期間 14日
既存のサイディング材に雨漏り・亀裂があったため、解体して下地から施工し「通気工法」という方法でサイディングを張り替えました。
採用した外壁材は、旭トステム外装社の人気製品「AT-WALL」です。
同時に、玄関ドアの交換や塗装も実施しました。

>> この事例の詳細を見る

シックでおしゃれなガルバリウム鋼板の外壁に

築年数 15年
リフォーム費用 160万円
工事期間 30日
元々は、白系カラーが基本ベースの外壁でした。
「おしゃれで丈夫なガルバリウム鋼板(金属系サイディング)にしたい」というご要望にお応えし、モダンな色合いの外壁へと一新しました。

>> この事例の詳細を見る

モルタル外壁に、金属 「Danサイディング」を施工

築年数 35年
リフォーム費用 160万円
工事期間 10日
モルタル外壁のお住まいにて、旭トステム外装の金属製「Danサイディング」を使ってリフォームしました。
外壁に不陸がある(=平らではない)状態だったため、2日程度かけて調整作業もしっかり行いました。

>> この事例の詳細を見る

外壁を窯業系サイディングで一新

築年数 40年
リフォーム費用 200万円
工事期間 14日
おしゃれな窯業系サイディングを用いて、外壁をリニューアル。
同じタイミングで、屋根も金属製のガルバリウム鋼板に一新する工事(別途・施工費100万円、工期5日)も実施しました。

>> この事例の詳細を見る
サイディングのリフォームが
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

種類ごとに比較!サイディング外壁材の寿命&メンテナンス周期

サイディング外壁材は、大きく分けると4タイプの種類があります。
各サイディング材の寿命およびメンテナンス周期の目安は、下記を参考にしてください。
(メンテナンスの内容は、主にコーキング補修や外壁塗装を想定しています。)

サイディング材の種類 耐用年数(寿命) メンテナンス周期
窯業系サイディング 20〜40年 7~15年
金属系サイディング 20〜40年 10~15年
木質系サイディング 15〜40年 3~10年
樹脂系サイディング 20〜50年 10~30年

>> サイディングの塗装・補修などを検討中の方はこちら!
>> 外壁コーキング補修の費用相場
>> サイディング外壁の塗装費用・時期・業者の選び方

メンテナンスの頻度や、上述した普及率などのバランスを考慮すると、新しい外壁材には「窯業系」か「金属系」を検討するのが無難と言えます。

以下からは、4種類の主なサイディング材の違いやメンテナンス方法について、具体的にチェックしてみましょう。
これからサイディングの素材を選択する際などに、参考にしてくださいね。

質感はもちろん、性能・デザイン・普及率などもそれぞれ異なるため、総合的に判断して選ぶことが肝心です。

【窯業系】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法

【窯業系】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法

【窯業系】サイディング外壁の特徴

現在、日本の住宅で約70%もの普及率を占める外壁材と言われているのが、「窯業系(ようぎょうけい)」サイディングです。
主な原料はセメントや繊維質で、素材を練って板状に固める方法で製造されています。

窯業系サイディングはデザイン性が高く、レンガ調・タイル調・石積調など、様々な質感を表現できるのが大きな魅力です。
熱を吸収しやすいというデメリットはあるものの、防火性には優れており、価格が安いことなどもメリットとして挙げられます。

>> 窯業系サイディングの特徴/価格/おすすめメーカー

【窯業系】サイディング外壁のメンテナンス方法・耐用年数

窯業系のサイディング外壁材の寿命は、20〜40年程度です。

ただし7~15年(できれば10年に一度)くらいのサイクルで、塗装やコーキング補修といったメンテナンスをする必要があります。

またご自身でも、表面に付いたホコリ・油を落とすため、年に1〜2回(海浜地帯・工業地帯などの場合は、年に3〜4回)の頻度で「水洗い」を行うとよいですよ。
強く磨いてしまうと、表面の塗膜まで剥がれてしまうため、ご注意を。

高圧洗浄したい場合は、なるべくプロの業者に任せましょう。
使い方を誤ると「サイディングボードに傷を付けてしまう」などのトラブルの原因となります。

【金属系】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法

【金属系】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法

【金属系】サイディング外壁の特徴

窯業系に次いで普及率の高い「金属系」サイディングは、スチール・アルミニウム・ステンレス・ガルバリウムなどを原料としており、断熱材を用いた裏打ち材と組み合わせて加工されています。
そのため、断熱性や防音性に優れているのが特徴です。

価格はやや高めですが、耐水性が高く、窯業系と比べると施工後のメンテナンスに手間がかかりません
また、窯業系などと比べて軽量で、モルタル壁などの上から重ね張りするリフォームで特に人気があります。

>> 金属系サイディングの施工例/価格/おすすめメーカー
>> ガルバリウム鋼板外壁の施工例/価格/おすすめメーカー

【金属】サイディング外壁のメンテナンス方法・耐用年数

金属系サイディング材の寿命は、20〜40年程度です。

10〜15年に一度は、塗装やコーキングの補修が必要になってきます。
塗膜が大幅に劣化するケースは少ないですが、サビ予防などを目的として塗装をする場合もあります。
また表面に傷が付いてしまった際などにも、サビの原因になりやすいため、適宜補修を行いましょう。

普段のお手入れとしては2~3ヶ月に1回程度を目安に「水洗い」をし、表面の汚れを落とすことが望ましいです。

ガルバリウム鋼板などの外壁材を、ご自身で高圧洗浄することは控えましょう。
非常に薄い素材であるため、傷・凹みなどのトラブルが発生するリスクがあります。

【木質系】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法

【木質系】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法

【木質系】サイディング外壁の特徴

「木質系」サイディングは、天然木に塗装が施されている物で、木の質感を活かした温もりのあるデザインが最大の魅力です。
ただ、天然木の特質上、防火性や防水性が低く、再塗装などのメンテナンスをこまめに行う必要があります。

そのようなデメリットを考慮した上で、何よりもデザイン性を優先させたいという場合に適した素材だと言えるでしょう。
ただし、取り扱える業者が少なく、探すのが大変という欠点もあります。

>> "木質系"サイディングと"木目調"サイディング、どちらがよい?

【木質系】サイディング外壁のメンテナンス方法・耐用年数

木質系は、耐用年数が約15〜40年と、他のサイディングと比べて劣化スピードがやや速い傾向があります。
採用したい場合には、こまめなメンテナンスが苦にならないかどうか、熟慮するほうがよいでしょう。

木という性質上、腐食を防ぐために3~10年ほどの頻度で、塗装を行うことが大切になってきます。
塗装の仕方としては、木目を活かせるクリア(クリヤー)塗料を用いるのが主流です。
劣化具合により、コーキングの補修を行うこともあります。

なお、ご自身で高圧洗浄することは避けましょう。

【樹脂系】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法

【樹脂系】サイディング外壁の特徴・メンテナンス方法

【樹脂系】サイディング外壁の特徴

「樹脂系」サイディングは、耐久性を重視する北米で考案された、樹脂製の外壁材です。
アメリカでは40%、カナダでは60%もの普及率を占めており、日本でも北海道や東北地方などの寒冷地域を中心に少しずつ取り入れられています。

塩害や冷害などに強く、他の素材に比べると非常に耐候性に優れています。
施工の際にコーキング材をほぼ使用しないため、他のサイディング材と比べると補修などのメンテナンスがほぼ不要なのも大きなメリットです。
また軽量なので、重ね張りリフォームにも適しています。

ただし、現状日本においてシェア率が1%と低いため、対応できる業者を探しにくいという難点があります。

>> 樹脂系サイディングの特徴/価格/メーカー

【樹脂系】サイディング外壁のメンテナンス方法・耐用年数

樹脂系サイディングの寿命は、20〜50年程度と比較的長いです。

メンテナンスも10~30年は不要とされており、工法の特性上、コーキングの補修工事は原則不要です。 素材自体に顔料(色)が練り込まれているため退色することがなく、基本的には再塗装のメンテナンスも不要です。
(ただし紫外線によって弾性が失われていく性質上、保護のための塗装を行うケースはあります。)

表面に軽いホコリが付着しても雨で洗い流されるため、お手入れが簡単な点も魅力です。
万一コケが発生した場合などにも、高圧洗浄機で洗えます。

外壁の選び方・工法について
リフォーム業者と相談したい/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

サイディングのリフォームでは業者選びに注意

サイディングのリフォーム方法の判断基準は、実はとても複雑で、既存の外壁の状態によって変わってきます。

例えば、新築時のサイディングの施工の仕方には主に「直張り工法」と「通気工法」の2パターンがありますが、それぞれの工法に合わせて、リフォームの仕方が変わってきます。
また外壁の塗装はできる業者であっても「重ね張り・張り替えの工事は請け負っていない」というケースも多いです。

サイディングのリフォームでは業者選びに注意

信頼できる業者を選ぶためには、サイディングのリフォーム実績が多い施工業者を探すのが一番だと言えるでしょう。
できれば複数の業者に見積もり・現地調査を依頼し、提案される内容を比較してみることをおすすめします。

見た目や耐久性なども考慮しながら、ぜひ納得のいく外壁材でリフォームしたいですね!

外壁のリフォームが得意な
施工業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

外壁塗装・外壁のおすすめ記事

  • 外壁の色をツートンカラーにする際のコツ・注意点!おしゃれな施工事例もご紹介

    家の外壁リフォームにおいて、塗装や、サイディングの重ね張り・張り替えなどを検討する際に「せっかくの機会だから、色をツートン(ツートーン)カラーにしてみたい」と考える方は、多くいらっしゃいますよね。けれども「組み合わせ方を間違えると、ダサい外観になるかも?」という不安がある方も少なくないはず。そこで今回は、おしゃれなツートンカラーの外壁にリフォームするための色分けのコツや、失敗しないための注意点、参考にしたい施工例まで、わかりやすくご紹介します!

  • 外壁の色の選び方&失敗しないコツ!汚れが目立たない色は?おしゃれなカラーの外壁リフォーム事例もご紹介

    外壁の色を選ぶとき、どのようなことを基準にしたら良いでしょうか。家全体のバランスも大切ですが、最近では風水を気にしたり、「虫がつきやすくなる色があるのでは?」と不安になったりする方も多いようです。家を新築のように生まれ変わらせることができる外壁のリフォームですが、外壁は住宅の顔なので、何色にするかでガラッとイメージが変わります。「こんなはずじゃなかった」とならないように、失敗しない色の選び方について、さまざまな実例も参考にしながら理解していきましょう!

  • サイディング外壁材メーカー7選&おすすめ品(ニチハ/ケイミュー他)!リフォーム施工例もご紹介

    外壁の「張り替え」や「重ね張り(カバー工法)」のリフォームを検討する際や、新築を購入する時には、どのようなサイディング材を採用するか悩む方は多いはず。できれば木目調やタイル風などのおしゃれなデザインや、安心感のあるメーカー製品を選びたいですよね。そこで本記事では、窯業・金属・樹脂・木質系サイディング材の主なメーカー&おすすめ品を解説します。ニチハの「モエンエクセラード16」や旭トステム外装「Danサイディング」などの施工例もご紹介するので、あわせてチェックしてくださいね。

  • サイディングの外壁にはクリア塗装が良い?単価・特徴・商品・事例を解説!

    築10年くらいを迎えて「そろそろ外壁塗装を」とお考えの方の中には、「クリア塗装」を視野に入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか?元のデザインや風合いを維持することができるクリア塗装は、最近人気が出てきている塗装方法です。ただし、外壁によって向いている場合と不向きな場合があるため、注意が必要です。そこで今回は、外壁のクリア塗装について、特徴・メリット/デメリット・価格相場・施工事例などについてご紹介します。

  • 戸建ての外壁を補修・修理する費用は?DIYは危険?業者の探し方・修繕が必要な症状・施工例もご紹介

    住宅の外壁は、サイディング・ALC・モルタル・タイル、いずれの素材であっても、10年前後で劣化症状が見られます。目地(コーキング)の老朽化、鉄部のサビ、ひび割れ、カビやコケ、穴や傷、はがれ、チョーキング現象などを発見したら、悪化してしまう前に早めに修繕しましょう。外壁でよくある劣化症状の補修方法や、DIYによる外壁補修のデメリット、一般的な一戸建て住宅の外壁を修理する場合の費用相場と施工事例、最適な業者の探し方について、ご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。