外壁重ね張り(カバー工法)リフォームの費用相場とメリット・デメリット

外壁材の寿命を過ぎて、塗装だけでは補修が難しくなったら、外壁の張り替えや、新たな外壁材を上から張りつける重ね張り(カバー工法)リフォームが必要です。この記事では、どのような場合に重ね張り(カバー工法)が必要なのか、メリットとデメリット、リフォームにかかる費用をまとめました。

外壁の重ね張り(カバー工法)リフォームとは?

重ね張り(カバー工法)とは、古い外壁の上から外壁材を張り、外壁を新しくする工法です。
既存の外壁材を取り除く必要がないので、家に住みながら施工が行えます。

外壁は、きちんと定期的に一部修繕や塗装のメンテナンスを行っていても、寿命が来たら、張り替えや重ね張りのリフォームが必要になります。

ただし、既存の外壁の劣化がひどい場合には、寿命よりも早く、外壁の重ね張りが必要になります。
具体的には、反りや割れ、クラックなどの不具合が複数箇所に及んでいるなら、補修や塗装リフォームよりも、重ね張り工事を検討したほうが良いでしょう。

>> 外壁の劣化はどんなものがある?メンテナンスが必要なサインを確認!

重ね張りのリフォームを行うには、外壁の下地に漏水が起こっていないことが条件です。
既存の外壁にひびが入っていると、侵入した雨水によりカビが発生していたり、構造材が腐食していたりすることもあります。
漏水以外にも、既存の外壁や下地の劣化により、外壁の強度が不足する場合には、重ね張りリフォームはできないため、外壁の張り替え工事を検討する必要があります。

>> 下地や構造まで傷んでいるなら外壁の張り替えも検討を!

外壁の重ね張りリフォームのメリット

では、外壁の重ね張りには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
外壁のメンテナンスや補修を検討している方は、次に挙げる2つのメリットを確認しておきましょう。
外壁を重ね張りすることで、外壁の機能を取り戻すだけでなく、意外な効果が得られることもあります。

費用と工事期間を抑えられる

重ね張りのリフォームでは、張り替えリフォームと違い、既存の外壁を取り除く必要がありません。
下地材の腐食を確認するため、土台や軒下に近いところを剥がすことはあるものの、基本的にはそのほかの大部分は残したまま、新しい外壁を張りつけます。

そのため、外壁の解体や撤去・処分にかかる手間や費用は発生せず、張り替えと比べれば、工事の期間・費用を削減することが可能です。

断熱性・防音性の向上が見込める

前述したように、重ね張りは、外壁の上にもう一枚の壁を張りつける工法です。
外壁材を重ねることで、壁と壁の間には空気の層がつくられます。
その空気の層が二重窓のように、水分を含む暖かい空気や冷たい空気などを遮断し、屋内の温度を一定に保ってくれるのです。

夏は涼しく、冬は暖かい室温をキープすることができるため、冷暖房にかかる光熱費の節約にもつながります。

また、重ね張りをすることで外壁は二重になり、遮音効果が高まります。
車両の走行音や動物の鳴き声といった屋外の音を、室内まで届きづらくすることが可能です。
リフォームする前と比較して騒音が減少すれば、より静かな生活を送ることが望めるでしょう。

外壁の重ね張りが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

外壁の重ね張りリフォームのデメリット

一方で、外壁の重ね張りには、いくつかデメリットも存在します。
重ね張りリフォームを考えている方は、メリット・デメリットの両方をしっかり把握した上で依頼するようにしましょう。

内部結露が発生する場合がある

外壁の重ね張りを行うと、壁の内側に結露が発生することがあります。
原因は、外壁の内と外に生じる気温差、そして既存の壁と重ね張りをした外壁の間の湿気です。

壁の間の空気と既存の外壁に温度差が生じるとき、空気中の水分が、結露という形で壁の中に発生してしまうのです。
ただし、この結露は、壁の中に空気の通り道をつくることで防ぐことができます。

施工する際に、外壁材を張りつけるための胴縁という部材を、間隔を空けて配置することで、空気の通り道ができあがります。
暖まった空気は上昇するという性質を利用し、屋根との間につくった隙間から外へ逃がせば、水分を含んだ空気が壁の間にこもらずに済むのです。

重ね張りをリフォーム業者に依頼するときは、結露が発生することを理解し、胴縁などの施工をしっかりとしてくれる業者を選びましょう。

建物の総重量が増加する

既存の外壁の上に新たに外壁材を施工するため、その分、建物全体の重量が増加します。

重量のある建物ほど地震で揺れやすいため、外壁の重ね張りリフォームを行う場合は、外壁材の重さも十分に検討したいポイントです。

一般的には、金属系や樹脂系のサイディングボードが軽量であるため、これらの外壁材を利用することが多いです。
重ね張り工法でよく使用される外壁材である、サイディングボードの種類を紹介するので、それぞれの特徴を見ながら、どの外壁材を採用するか、リフォーム会社ともよく相談しましょう。

外壁の重ね張りが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

外壁の重ね張りにかかる費用相場

一般的な一戸建ての住宅(外壁の面積:100〜200㎡)の外壁重ね張りリフォームを行うと、トータルでかかる費用は150~200万円が目安になります。
内訳は、サイディングボードなどの材料費、施工を行うための足場代、そのほかの工事費用などです。

重ね張り工法に使用するサイディングボードには、素材によっていくつかの種類があり、見た目や材質だけでなく、金額も異なります。
ここからは、それぞれの価格や特徴をご紹介するので、費用と特徴を知り、ご自身の家にふさわしいサイディングボードを選ぶ参考になさってみてください。

窯業系サイディングの特徴と価格

窯業系のサイディングとは、セメントや繊維質を原料とし、板上に形成したものです。
1㎡あたりの単価は4,000〜5,000円前後です。

窯業系サイディングの特徴はデザイン性に優れていることです。
レンガ・タイル・木目調などのラインナップがあり、また、防火性が高く、サイディング材の中では価格が安い点も魅力です。

金属系サイディングの特徴と価格

表に張られた金属板と、断熱性のある裏打ち材を合わせた外壁材で、1㎡あたりの単価は、4,000〜5,000円前後が想定されます。
ただし、金属の種類やサイディング材の厚さなどによって単価が大きく異なるため、3,000円弱から7,000円強までのものも存在しています。

材料には、ガルバリウム鋼板・アルミニウム・ステンレスなどの金属が用いられます。
金属系サイディングの特徴は耐久性があり、熱・凍結に強い点です。
断熱材を合わせているため、断熱性能が高い点や、軽量であることから、作業がスムーズに進められるのも利点といえます。

木製サイディングの特徴と価格

木材を板状に加工した外壁材です。天然木に塗装を施した製品や、細かい木を集めて圧縮したタイプなどがあります。
1㎡あたりの単価は、およそ6,000円が相場ですが、高価なものになると、10,000円を超える製品も売られています。

木製サイディングは、木特有の温かみのある風合いと、高い断熱性能が特徴です。
一方で、燃えやすく・腐りやすいというデメリットもあります。
これは、不燃処理を施した製品を選んだり、腐食を防ぐ塗料を塗ったりすることで、ある程度の対処が可能ですが、こまめなメンテナンスは必要です。

樹脂サイディングの特徴と価格

樹脂サイディングは、アメリカで製造が開始された外壁材で、材料に塩化ビニル樹脂を使用しています。
1㎡あたりの単価は8,000〜10,000円ほどです。

樹脂サイディングは、自然環境の厳しいアメリカやカナダなどで多く採用されており、その特徴は、凍結・衝撃・雨に強い点です。
さらに、軽い汚れなら、水をかけるだけできれいな状態に戻すことができます。
また、軽量の材質であることから、重ね張りをしても、建物への負担を抑えることが可能です。

>> サイディング材の特徴と塗装・補修にかかる費用相場

材料費以外にかかる費用

外壁の重ね張りを依頼するには、材料費以外にかかる費用も見込んでおかなければなりません。

工事の規模にもよりますが、サイディングや胴縁の張りつけにかかる施工費は120〜170万円前後から、足場の設置費用は15~20万円です。
こちらに諸経費や資材の運搬費が加わります。

リフォームの見積もりを依頼するときには、まず項目の詳細を作成してもらうのが大切です。
細かな内訳は記載されずに、「一式」とまとめられているケースもありますが、施工費や材料費などの単価を明らかにし、納得してから契約をしましょう。

今回は外壁の重ね張りリフォームに関してご紹介しましたが、重ね張り工事が必要かどうかは、家の状態によって異なります。
一部の補修や、塗装などで済む場合も多いので、どんなリフォームをすればいいのかわからないときには、まずリフォーム会社に相談してみましょう。
外壁のプロとして、適切な工事を提案してくれるでしょう。

外壁のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 外壁塗装・外壁リフォームの費用相場と注意点!

更新日:2018年8月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 外壁塗装・外壁リフォームの記事

  • ________1_

    【一級建築士 監修】外壁塗装・外壁リフォームの費用相場

    外壁塗装・外壁リフォームの費用相場や、リフォームで失敗しないためのポイント、外壁塗装のメンテナンス周期について解説しています。外壁と窓枠の間や外壁継ぎ目部分(シーリング)の打ち替え・クラック(ひび割れ)補修などの小規模な工事から、外壁の塗り替え、サイディングの重ね張りや張り替えといった大規模な工事まで、実際の外壁リフォーム事例とリフォーム料金の相場をご紹介します。事前に確認して、適正価格で外壁リフォームを実施しましょう。

  • 42676961_s__1___1_

    外壁劣化が激しい場合におすすめのリフォーム!外壁張り替えにかかる費用とは?

    家を建ててから15年以上が経過し、外壁のリフォームを検討されている方も多いのではないでしょうか。外壁のリフォームの一つに外壁の張り替えがあります。ここでは外壁の張り替えリフォームの相場や、張り替え費用を抑えるコツをご紹介します。

  • Pixta_18780745_s

    戸建ての外壁を補修・修理したい!費用・方法・業者の探し方は?

    住宅の外壁は、サイディング・ALC・モルタル・タイル、いずれの素材であっても、10年前後で劣化症状が見られます。目地(コーキング)の老朽化、鉄部のサビ、ひび割れ、カビやコケ、穴や傷、はがれ、チョーキング現象などを発見したら、悪化してしまう前に早めに修繕しましょう。外壁でよくある劣化症状の補修方法や、一般的な一戸建て住宅の外壁を修理する場合の費用相場、最適な業者の探し方について、ご紹介します。

  • A

    サイディングの外壁のリフォーム・塗装・補修にかかる費用と注意点

    近年、モルタルに代わって住宅の外壁材の主流となっている「サイディング」。10年前後の周期で塗装などのリフォームを行うことで、より長持ちさせることができます。今回は、サイディングの外壁のリフォームやメンテナンスを行う際に、確認しておきたいメリットやデメリット、塗装・重ね張り・張り替え・目地のコーキング(シーリング)補修といった工事にかかる費用相場について、ご紹介します。

  • 45297811_s__1___1_

    外壁塗装に適した季節や時期は?シーズンごとのメリット・デメリットを比較!

    「外壁が汚くなった」「ひび割れやカビが目立つ」「新築して10年ほど経つ」など、外壁の塗り替えを検討している方へ向けて、塗装が必要なタイミングや、外壁塗装に適した時期をご紹介します。 家の外壁が汚れてきたと感じても、実際にどのタイミングで塗り直しを行えばいいのか判断しづらい、と感じていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。 この記事では、外壁塗装を検討されている方、必要性を知りたいという方に向けて、塗り直しを行う時期や周期の目安と、チェック項目を詳しくご紹介します。 また、塗装工事には適したシーズンというものもあります。季節ごとの解説に加え、依頼前に確認しておきたいポイントなどもご紹介しますので、参考にしてください。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop