【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

加盟希望はこちら▶

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

戸建てで車を持つ場合、駐車スペースをどのようにするのか検討する必要があります。現在の住宅事情では、あまり駐車スペースにこだわらないかもしれませんが、実用性を兼ねた、オシャレなデザインの駐車スペースは、住宅のイメージが上がるんですよ!それでは、様々なスタイルの駐車スペースをご紹介します。

更新日:2020年12月09日

駐車場

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

駐車場とは、車を敷地内に安全に駐車するスペースです。
特に壁や屋根は設けておらず、設計する際には、門周り、アプローチ、庭とうまく行き来できるようにすることが大切です。

ガレージ・車庫

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

少数の車を収納できる建物のことをいいます。
独立した建物もあれば、住宅の一部を利用したものもあります。
屋内なので、車をきれいに保つことができ、工具などの道具類を置くスペースを設けることもできます。

ただし、ガレージは周囲を壁で囲まれた空間になっているので、固定資産税がかかる点に注意しましょう。

カーポート

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

15㎡までの広さの駐車スペースをカーポートといいます。
駐車スペースに屋根の柱だけをつけたもので、壁に囲まれていない簡易的な物を言います。

車1台用では、片側2本の支柱で屋根を支える片流れ屋根のタイプが主流です。
屋根の四隅を柱で支える両脚支持タイプや、2本柱を中心に、左右対称に片流れ屋根がつく2台用の合掌タイプなどもあります。

カーポートは、屋根はありますが壁部分がないので、家屋とみなされず、固定資産税はかかりません。

ビルトインガレージ

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

狭い敷地を有効に利用することから考えられた、車庫を住宅に組み込んだものをいいます。
車が趣味で常にリビングから眺められるようにするなど、最近では様々な工夫をするようになりました。

>> ビルトインガレージ増設リフォームの価格・特徴

駐車スペースの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

掘り込み式駐車場

【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

敷地の一部を掘り込み、コンクリートなどで囲った駐車場のことです。
ひな壇の造成地など、前面道路より1~3メートルくらい高くなっている宅地によくあるタイプです。

掘り込み式駐車場は、上部を住宅や庭にするなど、敷地を有効に活用できます。
また出入り口にシャッターなどを設置することにより、車を風雨などから守ることができます。

>> 掘り込み式車庫(ガレージ)にリフォームする費用・注意点

地下車庫

高低差のある土地に、その高低差を活かして地下に作った車庫のことです。
容積率の緩和措置によって、より広い有効スペースを確保することが可能です。

サイクルポート

自転車をやバイクを駐輪するためのスペースです。
自動車の車庫と同じく、屋根付きにする場合もあります。

駐車スペースは工夫次第で様々なスタイルで作ることができますね。
戸建てを購入する方、戸建てにお住まいでリフォームを検討している方は、こだわりのある駐車場を作ってみてはいかがでしょうか。

駐車スペースの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> ガレージ・カーポートリフォームの費用・施工例
>> 庭・ガーデニングリフォームの費用相場

このエントリーをはてなブックマークに追加

カーポート・ガレージのおすすめ記事

  • 外構の失敗例12選とその対策!

    外構は、新築住宅において非常に失敗例が多いです。家の外観が良く見えるかどうかは、外構の仕上がり次第と言えます。見た目がしっかりした家は、防犯性が向上します。家の顔とも呼べる、外構・エクステリア。よくある失敗とその対策について、今回はご紹介します。

  • バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートの値段・施工例!おすすめ品やメリット・デメリットはある?

    駐車場・車庫の屋根の上に、バルコニーやウッドデッキがあると、きっと便利ですよね。2階建てのような形状の「バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポート」や「屋上デッキ仕様カーポート」は、色々な大きさや形に対応できるので、限られたスペースをおしゃれに有効活用できますよ。しかし気になるのは、やはり増築・設置時にかかる値段や、デメリットではないでしょうか。そこで今回は、バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのリフォーム費用や施工事例、おすすめメーカー品、メリットや注意点まで、わかりやすく解説します!

  • 外構工事・エクステリアリフォームの費用相場

    外構工事・エクステリアリフォームの費用相場をご紹介しています。住宅のまわりの、門扉やフェンス、ウッドデッキ、テラスなどの外構部分のリフォーム料金の相場がわかります。スタイルや、どこまでエクステリアにこだわるかで費用が変わりますので、事前に確認して適正価格でエクステリアリフォームをしましょう。

  • 耐雪カーポートのリフォーム価格とおすすめ品をご紹介!積雪時の対応法は?

    毎年雪が降る季節になると、雪の重みでカーポートが破損、屋根から雪が落ちる、といった事故が多発します。カーポートの積雪対策は、雪国ではもちろん、その他の地域にお住まいの方もしっかり行っておきましょう。今回は、耐雪仕様のカーポートを交換・設置する際のリフォーム費用や設置事例、リクシル・YKK AP・三協アルミといったメーカーのおすすめカーポートを、50・100・150・200cmと耐積雪量ごとに分けてご紹介します。また、カーポートの屋根に雪が積もってしまったときの注意点についても、あわせてご説明していきます。

  • 雪対策でおすすめのリフォーム9選!費用相場も解説【駐車場/玄関/窓など】

    積雪の時期には、玄関ドアが開かなくなってしまったり、駐車場などの雪かきが大変になったりと、色々なトラブルが起きやすいもの。また、屋根から落雪したり、カーポート・サンルーム・雨樋などが破損したり……という例も珍しくなく、場合によっては危険な事故の原因にもなってしまうため、事前にきちんと予防しておきたいですよね。今回は、一軒家の屋根や外構でおすすめの、雪対策のリフォーム方法や費用相場についてご紹介します。雪囲いパネル(ハウスガード)・雪止めフェンスの設置料金など、詳しくチェックしておきましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。