バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートの値段・施工例!おすすめ品やメリット・デメリットはある?

加盟希望はこちら▶

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートの値段・施工例!おすすめ品やメリット・デメリットはある?

更新日:2022年10月25日

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートの値段・施工例!おすすめ品やメリット・デメリットはある?

カーポートの屋根の上に、バルコニーやウッドデッキがあると便利でしょう。2階建ての「バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポート」や「屋上デッキ仕様カーポート」は、さまざまな大きさや形に対応できます。そのため、限られたスペースをおしゃれに有効活用できます。しかし、気になるのは、やはり増築・設置時にかかる値段や、デメリットではないでしょうか。そこで、今回はバルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのリフォーム費用や施工事例をご紹介します。さらに、おすすめメーカー品、メリットや注意点までわかりやすく解説します!

(※記事内情報引用元:三協アルミホームページより)

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのリフォーム価格・値段

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのリフォーム価格・値段

バルコニー付きカーポートのリフォーム費用は、車1台分が入るサイズ約100~200万円、平均で150万円前後が相場です。

また、車2台分が駐車できるようにする場合には、50~100万円ほどが追加でかかると考えておきましょう。

ただし、カーポートやバルコニー、またはウッドデッキに使用されている素材によって価格は変わってきます。
また、ウッドデッキやバルコニーにて大人数で過ごしたいという場合には、重量に耐えるための補強工事も別途必要になることもあります。

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのリフォーム価格・値段

なお、具体的に必要となる工事内容や費用などで疑問点がある場合には、現地調査の際に施工会社に確認してみるとよいでしょう。

バルコニー・カーポートの設置が
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
外構エクステリア業者一括見積もり▶

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのリフォーム価格を抑えるための方法

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのリフォーム価格を抑えるための方法

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのリフォーム価格を抑えるための方法は、主に以下の3つです。

● 複数社から見積もりを出してもらう
● カーポートの本体価格を抑える
● 自社施工している業者に依頼する

それぞれの方法を詳しく解説していきますので、カーポートのリフォーム費用に不安をお持ちの方はぜひチェックしてみましょう。
取り入れられる方法があれば、ぜひ活用してみてください。

複数社から見積もりを出してもらう

複数社から見積もりを出してもらう

リフォームを業者に依頼する際は、相見積もりを行うことで費用を抑えられる場合があります。

相見積もりとは、複数社から見積もりを出してもらい、内容を比較してみることです。
施工価格は業者によって異なるので、複数社から見積もりを出してもらって比較してみるようにしましょう。
施工価格を抑えるためには工事費用が安い業者を選ぶとよいです。

しかし、工事費用が安いのは施工時に手抜きをされたり、後々高額な追加請求をされたりする可能性があります。
そのため、施工価格があまりにも安い業者は、理由を確認して納得ができれば依頼するようにしましょう。

カーポートの本体価格を抑えるようにする

カーポートの本体価格を抑えるようにする

カーポートを選ぶ際に、本体価格が安いタイプを選ぶと工事費用を抑えられます。
カーポートの素材や機能に合わせて本体価格は高くなるため、許容範囲の安いタイプを選ぶとよいでしょう。

ただし、あまりにも安いタイプを選んでデザインが気に入らなかったり、機能性が不十分だったりするとリフォームを後悔してしまいます。
最低限の優先したいポイントは押さえてから本体選びをするようにしましょう。

自社施工している業者に依頼する

自社施工している業者に依頼する

大手の業者ではなく、自社施工している会社に依頼すれば工事費用が抑えられる場合があります。
カーポートの施工を自社ですべて対応している業者に依頼すれば、中間マージンがかかりません。

少しでも工事費用を安くしたいという方は、業者選びの際は地元の工務店や自社で工事を行う業者を探しましょう。

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートはDIYで設置できないか?

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートはDIYで設置できないか?

DIYでのバルコニー付きカーポートの設置は難しいです。

カーポートの骨組みは鉄骨製で重さがあり、また、基礎もコンクリートでしっかりと固定しないといけません。
そのため、DIYでは施工不良が起きやすいです。

また、施工不良となると倒壊して事故につながる恐れもあります。
安全のためにも、バルコニー(ウッドデッキ)付きのカーポートを設置する際は専門業者に依頼するようにしましょう。

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートを設置したら固定資産税は増額されるのか?

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートを設置したら固定資産税は増額されるのか?

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートを新たに設置しても、固定資産税は増額されないので安心してください。
固定資産税は、一般的に建築物に対して課税されます。
ただし、課税対象となるのは以下の3つの条件を満たした建築物です。

● 土地に固定されている
● 屋根がある
● 3方以上が壁や建材で囲まれている

カーポートは3方以上が壁や建材で囲まれていないため、上記の条件を満たしていません。
そのため、固定資産税は非課税となるのです。

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートの施工事例

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートの施工事例

参考までに、当サービス『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者が手掛けた実例も見てみましょう。

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートの施工を検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。

【事例1】
駐車場の上の樹脂ウッドデッキリフォーム

リフォーム費用 150万円
工事期間 3日
築10年のお住いにて、駐車スペースの上のデッキが腐食している状態でした。
「デッキのお手入れが面倒」とのことだったので、新しいデッキ材にはメンテナンスフリーの樹脂製のものを採用しました。
グラグラしていた手すりはアルミ製の格子に交換して、あわせて鉄骨部分も塗装しています。

>> この事例の詳細を見る

【事例2】
車庫の上のスカイデッキを交換

リフォーム費用 210万円
工事期間 10日
スカイデッキが古くなって朽ちてきていたので、新しいデッキに交換しました。
割れにくく耐久力のあるイペ材のデッキを設置して、一緒に傷んでいたブロック塀の補修も行いました。

>> この事例の詳細を見る
バルコニー・カーポートの設置が
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
外構エクステリア業者一括見積もり▶

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのおすすめメーカー品

ここで、バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートの中でも一押しのメーカー品をご紹介します。
オプション機能も充実しているので、ぜひ参考になさってみてください。

グランフローア(三協アルミ)

ウッドデッキ付きカーポートを検討されている方には、建具やエクステリア商品の大手・三協アルミ社が提供する「グランフローア」が好評です。

ウッドデッキ付きカーポートでは、建具やエクステリア商品の大手・三協アルミ社が提供する「グランフローア」が好評です。

アルミデッキや塩ビデッキタイプもありますが、人工木デッキ材や木粉入り樹脂デッキ材も選択可能です。

デッキ部分のパネルの高さは、110cmのノーマルタイプか180cmのハイパータイプのいずれかを選べます。
さらに、下のカーポート側にも以下のような目隠し用の側面パネルをつけられます。

● 横太格子タイプ
● 細格子タイプ
● 半透明タイプ

自身やご家族が使いやすくお気に入りのスタイルにカスタマイズできるのが、この商品のおすすめポイントです。

バルコニー・カーポートの設置が
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
外構エクステリア業者一括見積もり▶

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのメリット・使い方

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのメリット・使い方

屋根上にバルコニーやウッドデッキがあるカーポートのメリットや、おすすめの使い方を紹介していきます。

バルコニー付きカーポートなら、庭のようなスペースも確保できるため空間を有効活用できます。

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのメリット・使い方

バルコニー・ウッドデッキ部分はアウトドアリビングとしての利用もおすすめです。

テーブルセットを置いたり、ガーデニングスペースとして楽しんだりすることも可能です。
仕事の合間の休憩場所やバーベキューを楽しむためのスポットなど、さまざまな使い方があるのが嬉しいポイントとなります。
また、フェンスのデザインによっては2階部分の目隠しをしてくれる効果もあります。

耐震性や耐久性にも優れている製品が多いため、メンテナンスがあまり必要ない点も魅力の一つと言えるでしょう。

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのデメリット・注意点

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのデメリット・注意点

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートを設置するデメリットも紹介していきましょう。

バルコニー付きカーポートの施工は、2階部分にバルコニーを行き来するためのドアや窓の増設工事も発生するケースが多いです。
そのため、住宅によっては工事費用が高額になったり、施工が難しかったりする場合もあります。

2階のドア・窓の増設が難しい場合は、1階からはしごや階段をかけてバルコニーへ移動できるようにリフォームすることも可能です。
しかし、バルコニーへののぼり降りがしんどく感じる場合があるでしょう。

一方で、車から降りてすぐに2階へ行けるように工夫して、リフォームされるご家庭もあります。
ご家族の生活スタイルに合わせて、使いやすいデザインを考えてみましょう。

ちなみに、幼いお子さんやペットがいる場合は、転落しないようにバルコニーのフェンスの高さにも気をつける必要があるでしょう。

バルコニー(ウッドデッキ)付きカーポートのデメリット・注意点

バルコニー付きカーポートはある程度は建物に合わせてリフォームできます。
まずはプロの業者に相談してみましょう。

業者に相談する際は、以下のようなポイントを確認しておきましょう。

● どんな工事が可能か
● 安全対策はどうしたらいいか
● 予算内で施工できるか

気になることがあれば、きちんと業者に質問しておくことも大切です。
信頼できそうな会社に工事を任せることで、納得のいくリフォームを実現できるでしょう。

バルコニー・カーポートの設置が
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
外構エクステリア業者一括見積もり▶

バルコニー(ウッドデッキ)付きのカーポートを施工する際の注意点

バルコニー(ウッドデッキ)付きのカーポートを施工する際の注意点

バルコニー(ウッドデッキ)付きのカーポートを施工する際の注意点には、以下の3つがあります。

● 排水機能を維持する
● 建ぺい率を確認する
● 建築確認申請を行う

それぞれの注意点の具体的な内容を解説していきます。
これからカーポートのリフォームを行うという方は、ぜひ確認しておきましょう。

バルコニー(ウッドデッキ)部分の排水機能を維持するようにする

バルコニー(ウッドデッキ)部分の排水機能を維持するようにする

雨が入り込むバルコニー(ウッドデッキ)の排水機能をきちんと維持できるようにしておきましょう。
排水機能を維持するためには、排水口の周辺に荷物を置かないことです。

また、排水口の内部にゴミが詰まっていないかも定期的に確認しておきましょう。
排水がうまくできなくなり、バルコニーやウッドデッキ上に雨水が長い時間溜まってしまうと、腐食の原因になります。

そのため、定期的にバルコニーやウッドデッキの排水機能が正常か確認しておきましょう。

建ぺい率を確認する

建ぺい率を確認する

カーポートを施工する際は、建物の建ぺい率を確認しておかなければいけません。

建ぺい率とは、敷地の広さに対して建築できる家の面積の割合のことです。
カーポートは建築基準法第2条において建築物と見なされているため、建ぺい率内で施工しなければいけません。

建ぺい率は50%だったり、60%だったりと地域によって異なります。
規定の建ぺい率を守らずにカーポートを設置してしまうと、罰則はないものの売却が難しくなる場合があるのです。

そのため、建ぺい率を守って工事を行うためにも、業者によく相談してから適切なサイズのカーポートを設置しましょう。

建築確認申請を行う

建築確認申請を行う

カーポートも建築物と見なされるため、設置する際は建築確認申請を行わなければいけません。

建築確認申請とは、建築物を建てる際に都道府県や市町村の担当課に届け出ることです。
建築物が建築法に違反していないかチェックを受けるために行います。

ただし、防火地域または準防火地域以外の地域で、床面積が10平方メートル以下の建築物の増築や改築、移転などの場合は不要です。

バルコニー・カーポートの設置が
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
外構エクステリア業者一括見積もり▶

【この記事のまとめ&ポイント!】

バルコニー(ウッドデッキ)付きのカーポートにリフォームする費用は、いくらでしょうか?
自動車1台が駐車できる大きさでリフォームを行うと、約100~200万円になることが多いです。
詳しくは、こちらからご確認ください。
バルコニー(ウッドデッキ)付きのカーポートをリフォームした例を見たいです。
当サービス『リショップナビ』の加盟業者が施工した例を、こちらに掲載していますので、ぜひご覧ください。
バルコニー(ウッドデッキ)付きのカーポートの、メリットやおすすめの使い方は何ですか?
車が風雨にさらされることを防ぎつつ、庭のような空間も確保できることです。詳しくは、こちらからご確認ください。
バルコニー・カーポートの設置が
\得意な施工業者を探したい!/
無料!
外構エクステリア業者一括見積もり▶
リフォーム費用は比較で安くなる! 最大50%DOWN 簡単30秒 サイト利用者数No.1 無料リフォーム会社一括見積もり依頼 カスタマーサポートがびったりの会社をご紹介
このエントリーをはてなブックマークに追加

カーポート・ガレージのおすすめ記事

  • 【カーポート・ガレージ・駐車場】車置き場はどのタイプにする?

    戸建てで車を持つ場合、駐車スペースをどのようにするのか検討する必要があります。現在の住宅事情では、あまり駐車スペースにこだわらないかもしれませんが、実用性を兼ねた、オシャレなデザインの駐車スペースは、住宅のイメージが上がるんですよ!それでは、様々なスタイルの駐車スペースをご紹介します。

  • 外構工事・エクステリアリフォームの費用相場!安くおしゃれにする方法もご紹介!

    外構工事やエクステリアリフォームの費用相場をご紹介しています。住宅周辺の門扉やフェンス、ウッドデッキなどの外構部分のリフォーム料金の相場がわかります。希望するスタイルや、こだわるポイントによって費用が変わりますので、事前に確認して適正価格でエクステリアリフォームをしましょう。

  • 樹脂・人工木のウッドデッキの魅力って?天然木との違いを比較!

    ナチュラルな雰囲気が魅力のウッドデッキ。天然木のイメージが強いですが、最近は樹脂や人工木で作られたウッドデッキも増えています。樹脂・人工木のウッドデッキって、どのような点が良いのでしょうか。”樹脂と天然木のウッドデッキは、どっちが良い?"、"おすすめメーカーは、リクシル? YKK AP?"そんな疑問にもお答えしていきます!

  • ウッドデッキのリフォームの価格と素材別施工例!

    ウッドデッキのリフォームを行い、ご家族がリラックスする場所や洗濯物を干しやすいスペースを確保したいというご家庭が増えています。ウッドデッキの材木には天然木と人工木(樹脂製)があるため、それぞれの特徴を把握しておきたいですね。リフォームの際のポイントや、参考にしたくなるおしゃれな施工例、費用相場、人気メーカーであるLIXILや三協アルミの製品についてチェックしておきましょう。

  • ベランダ・バルコニーリフォームの費用相場!10の事例も紹介!

    ベランダ・バルコニーリフォームの費用相場をご紹介しています。防水工事や塗装の塗り直しといった既存のベランダのメンテナンス費用や、床材交換や屋根取り付けなどの小規模リフォーム、ベランダの新設・交換・増築・拡張やウッドデッキ設置、サンルームへの変更工事といった大規模なリフォームまで、実例をもとにした料金を解説します。一般的な費用相場や、柵の高さの注意点なども事前に確認して、適正価格で安全なベランダ・バルコニーにリフォームしましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。