ロフトのメリット・デメリットとつくるときの費用・注意点

ロフトのメリット・デメリットとつくるときの費用・注意点

ロフトのある家に憧れる方は多いのではないでしょうか。けれども、夏は暑い、住んでみたら全然使わない、などという話を聞くと、ためらってしまいますよね。ロフトならではのメリットとデメリット、そしてリフォームでロフトをつくる際の注意点について解説します。

ロフトとは

ロフトのメリット・デメリットとつくるときの費用・注意点

ロフトとは、床から天井までの高さがある部屋において、物置きとして利用できる、天井の近くにつくられた空間のことです。

屋根裏にある空間を活用してつくられた部屋のことも指すため、屋根裏部屋と同じ意味で使われることもあります。
しかし、採光・換気といった建築基準法上の基準を満たさないため、基本的には居室として扱われてはいません。

なお、1つの住宅において、上下に2つの部屋が連続した形で設計されている場合、上側にある部屋のことをロフトと呼ぶこともあります。

天井が低いことが多いロフトは、収納として利用されることが主流ですが、子供部屋や書斎として使う家庭もあります。

収納にするか部屋として使うか

ロフトのメリット・デメリットとつくるときの費用・注意点

リフォームや新築でロフトのある家にしたいときには、ロフトを収納スペースにするか、部屋として使うかをあらかじめ決めておきましょう。
ロフトの用途によって、リフォーム工事の仕方も変わってきます。

ロフトのリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

以下にご紹介するメリット・デメリットを参考に、ご自宅にどのようなロフトを作ると良いか、考えてみましょう。

ロフトのメリット

ロフトのメリット・デメリットとつくるときの費用・注意点

収納スペースが増える

主に天井が高い家で、収納スペースを増やしたいときには、ロフト収納をつくると効果的でしょう。
床に収納用の家具を増やすよりも、見た目がすっきりします。

リビングに繋げると使いやすい

ロフトをつくるときには、リビングから行き来できるようにすると効率的です。
来客時に、リビングにある物を一時的に置く場所としても、ロフトは活躍します。
リノベーションや新築においては、2階リビング+ロフトの組み合わせが好評です。

>> 2階リビングってどうですか?メリットとデメリット

スキップフロアや吹き抜けと好相性

ロフトは、スキップフロアや吹き抜けとも相性が良いです。
空間を広く使いやすく、ロフトに繋がる階段もスタイリッシュに見せることができます。

>>【狭小住宅にはおすすめ】知っておきたい"スキップフロア"のメリット・デメリット
>> 吹き抜けのある家のメリット・デメリット・注意点

子供には高さがちょうど良い

天井が低くなりがちなロフトは、大人にとっては狭いかもしれませんが、育ち盛りの子供にとってはちょうど良い高さです。
秘密基地のように遊べる場所として、お子さんがいるご家庭でもロフトは人気があります。

趣味の部屋として使っても◎

大人が趣味を楽しむための部屋としても、ロフトは利用できます。
個室を増設する必要はないけど、書斎などちょっとした自分だけのスペースが欲しいという方は、ロフトを検討してみても良いかもしれませんね。

>>書斎リフォームの費用相場・レイアウト実例

ロフトのリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ロフトのデメリット

ロフトのメリット・デメリットとつくるときの費用・注意点

はしごの昇り降りに注意が必要

ロフトへの移動のために、階段ではなくはしごを付ける場合には、昇降時の危険性に配慮しなくてはいけません。
特に収納として使う場合、重い物を出し入れすると危ないですよね。
また、ロフトを寝室として使うと、トイレへ行くときに寝ぼけて転落してしまうパターンも考えられます。

収納の場合、使わなくなることが多い

よくあるロフトの失敗例が、「結局使わなかった」というケースです。
重い物、背が高い物は収納しにくいため、ロフトに置きたい物を事前に決めておかないと、思っていたよりも使い勝手が悪く感じてしまいます。

また、ロフトから出し入れする物をどの部屋で使うかも重要です。
移動距離が長くなってしまうと、ロフトに収納すること自体が億劫になってしまいますよね。
このためロフトはリビングと繋がる場所にあると、頻繁に使う機会が増える傾向があります。

熱や空気がこもりやすい

ロフトの最たるデメリットは、熱や空気がたまりやすいことでしょう。
断熱・換気の工事をしっかり行わないと、部屋として使うのは難しくなります。
収納としてロフトを使用する場合でも、熱や湿気に弱い物を置かないように注意しなくてはいけません。

天井に頭をぶつけることがある

ご想像はできると思いますが、天井に高さを付けることが難しいロフトは、出入りの際に頭を天井にぶつけやすいです。
高さになれるまでは、大変に思うかもしれません。

掃除のときは面倒

また、掃除のたびに昇り降りするの手間になります。
掃除機の持ち運びや、拭き掃除の際にバケツに水を入れて何度も往復することになります。
はしごだと、さらに負担がかかってしまういます。

リフォームでロフトを新設するときの費用

ロフトのメリット・デメリットとつくるときの費用・注意点

居室扱いにならないロフトは、2階・3階を増築するよりも低コストでリフォームできます。
小部屋を1つ追加したい程度であれば、ロフトの新設でも充分かもしれませんね。

ロフトを新設するときのリフォーム費用は、施工面積によって金額は変わってきますが、だいたい50~100万円と考えておくと良いでしょう。

ただし、先述した通り、断熱工事や換気対策も必要になることがほとんどです。
また、床の増設なども行う大規模な工事になる場合は、費用が別途かかる可能性が高いので、まずはロフトの施工になれたリフォーム会社とよく相談してみると良いでしょう。

ロフトのリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ロフトをつくるときの注意点

それでは最後に、これまでの内容を踏まえて、ロフトを作る際に注意したい点について確認しておきましょう。

はしごは安全性を考えて

ロフトのメリット・デメリットとつくるときの費用・注意点

はしごは、使用しないときに片付けられるメリットがある一方、足をかけられる部分が細いため、階段に比べるとやはり不安定。

最も安全なのは、踏み板タイプの階段状のはしごです。
足場が比較的しっかりするので、バランスが取りやすいです。

暑さと風通しの対策を

ロフトをつくる際には、換気対策や、窓やエアコンの追加工事を行うことはほぼ必須です。
屋根の断熱化リフォームも必要になることがあるので、リフォーム会社のスタッフとよく相談し、ご自宅に最適なリフォームプランをアドバイスしてもらいましょう。

>> 窓・サッシリフォームの費用とポイント
>> 新築・リフォームの窓の失敗例12選と予防策!

天井の高さは1.4m以下が理想

ロフトのメリット・デメリットとつくるときの費用・注意点

天井は低すぎても使い勝手が悪くなってしまうため、ある程度の高さは確保したいところですよね。
しかし、建築基準法において、ロフトは「天井高1.4m以下」とされています。

たとえば、天井高が1.4m超で、階段で昇り降りするタイプのロフトをつくった場合、ロフト部分は居室扱いになり、増築と見なされてしまいます。
増築は、容積率がいっぱいの家の場合、建築基準法に違反することになってしまうため、くれぐれも注意が必要です。

自治体によって細かい基準が異なるため、お住まいの地域のロフトの定義に詳しい会社に施工を依頼するのが確実でしょう。

>> 場所別・増築リフォームにかかる費用と確認申請の注意点

個室とは少し違った、特別感のあるロフト。
一般的な部屋とは異なることから、安全性や通気性・断熱性に配慮して、つくらなくてはいけません。
快適に使える工夫をきちんと行えば、暮らしやすい住まいにできるはず。
今回のお話を参考にしながら、ロフトがご家庭に合うかどうか検討してみてくださいね。

【この記事のまとめ&ポイント!】

ロフトのメリットは、何ですか?
収納スペースが増えること、趣味の部屋として使えることなどです。
ロフトのデメリットは、何ですか?
はしごの昇り降りに注意が必要なこと、熱や空気がこもりやすいことなどです。
リフォームでロフトを新設するときの費用を教えてください。
施工面積によって金額は変わってきますが、だいたい50~100万円と考えておくと良いでしょう。

ロフトのリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 2階の増築リフォーム費用/事例
>> 天井リフォームの種類や注意点、費用とは?
>> 階段リフォームの費用相場

更新日:2020年3月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームのおすすめ記事

  • 秘密基地みたいでワクワクする♪屋根裏部屋の活用方法

    アルプスの少女ハイジが使っていた屋根裏のお部屋に憧れたことはありませんか?屋根裏のお部屋はちょっとワクワクした気持ちになれる場所ですよね。最近は収納スペースに屋根裏を使うことが多いようですが、欧米では子供部屋や書斎として屋根裏を活用することもあります。ここでは、屋根裏をつかった素敵な事例をご紹介します!

  • 階段リフォームの費用相場

    階段リフォームの費用相場をご紹介しています。階段のリフォーム内容で多い、手すりの設置・すべり止め対策などの小規模なリフォームから、階段の段数変更や位置移動などといった大規模なリフォームまで、実際のリフォーム事例をもとにリフォーム料金をご紹介しています。事前に相場を確認して、適正価格で安全な階段にリフォームをしましょう。

  • 天井リフォームの種類や注意点、費用とは?

    天井のリフォームをしたいとき、どの位の費用がかかって、どのようなことに注意したら良いのでしょうか。模様替えや天井の高さを変えたいとき、破損部分の補修や、断熱リフォームをしたいとき……一口に天井のリフォームといっても、工事内容はさまざまです。天井リフォームの主な種類・注意点と、それぞれにかかるリフォーム費用をご説明します。

  • リビング階段の間取りの考え方!メリット・デメリット・対策は?

    おしゃれなリビング階段は、憧れる方が多い一方で、寒さ対策が不安という声も多くあります。リビング階段のある家にしたいときは、全体の間取りを、メリット・デメリットを考察しながら確認することが重要です。

  • リノベーション/スケルトンリフォームの費用相場・事例!費用を抑えるコツもご紹介

    リノベーションやスケルトンリフォーム(フルリノベーション)を検討する際に「工事にはどの程度の費用がかかる?」「良い業者に出会えるか心配」といった不安を抱える方は多くいらっしゃると思います。そこで本記事では、一戸建てやマンション、賃貸住宅(ワンルーム・1Kのアパートなど)の、リノベーション/スケルトンリフォームの費用相場や坪単価の目安、当サービス『リショップナビ』の加盟業者が手がけた施工事例を公開しています。費用を安くするためのポイントについても、一緒にチェックしておきましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.