浴室タイルの補修・張り替えの費用相場は?

加盟希望はこちら▶

浴室タイルの補修・張り替えの費用相場は?

浴室のタイルの目地を補修したいとき、あるいはタイルを張り替えたいときの費用はどの位なのでしょうか。浴室内のタイルのひび割れを発見したときは、早めにリフォーム会社へ相談することをおすすめします。状態によってはDIYも可能ですが、水漏れなどのトラブルを防ぐためには、浴室リフォームのプロにぜひともまかせたいところ。タイルの補修・張り替えの方法や、浴室の壁・床のタイルを選ぶときのポイント・注意点について解説します。

更新日:2021年02月17日

浴室のタイルひび割れを放置してはだめ!

浴室タイルの補修・張り替えの費用相場は?

浴室のタイルが欠けていたりひび割れしていたりという状態を発見したときには、放置することは厳禁です。
浴槽と、床や壁のタイルとの間にすきまがあるときも、早めの対処が必要です。

タイルのひび割れや、浴槽との間のすきまをそのままにしてしまうと、壁や床の内部へ水漏れしてしまう危険性があります。

壁・床の下地が傷むだけではなく、柱・床下の根太といった建物の基礎部分を劣化させる原因にもなり得ます。

タイルの補修や張り替えの費用は、早急に対応すれば高額にはなりません。
浴室のタイルのトラブルを見つけたら、すみやかにリフォーム会社へ相談しましょう。

補修か張り替えかの判断

浴室タイルの補修・張り替えの費用相場は?

浴室のタイルのリフォーム方法としては、部分補修でOKな場合と、部分的な張り替え、もしくは全面を張り替えてしまった方が良い場合とがあります。

タイルの目地の汚れや劣化が気になる場合には、市販の目地補修材で処置できるでしょう。
壁・床のタイルと浴槽との間にすきまがある場合も、コーキングによる補修を行います。

また一部のタイルの表面のみが欠けている、ひび割れているという場合には、簡単な補修作業だけで済むこともあります。

タイルが浮いている状態が目立つ場合、やがてはタイルがはがれてしまう前兆です。
できるだけ早くタイルの張り替えを行うことをおすすめします。

タイルだけではなく、下地までひび割れしているときは、一時的な補修作業ではカバーできません。
先述した通り、壁や床の内部まで水が浸入してしまう可能性が高く、放置していた期間が長い場合、すでに下地まで劣化し始めている危険性さえあります。

壁材や床材を一度はがして、バスルーム全体をリフォームしなくてはいけないケースもあるため、必ず浴室のリフォームができる会社に修理を依頼しましょう。

タイル自体の劣化が気になる際にも、張り替えリフォームを検討しましょう。
なお、タイルの張り替え作業では既存のタイルをはがすことが必須であるため、水栓や浴槽なども全体的に交換するのが一般的です。

水廻りタイル
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

タイル補修の方法

ひび割れたタイルの補修には、タイルのカラーと合うエポキシ系の接着剤を使用します。

エポキシ系接着剤の主剤と硬化剤をよく混ぜた後にヘラですり込み、はみ出してしまった場合は接着剤が固まる前に拭き取ります。

ちなみに目地の割れ・浮きの状態があるときは、マイナスドライバーなどを使って該当箇所を一度かき取り、タイル用目地セメントを注入します。
この際にも、セメントがはみ出している部分は拭き取りましょう。

なお、タイルと浴槽との間のすきまを埋めたい場合は、コーキング剤で補填します。

タイル補修の費用相場

浴室タイルの補修・張り替えの費用相場は?

タイルを部分的に補修する際のリフォーム費用は、目地補修なら2万円以上、ひび割れの補修なら3万円以上はかかると考えておきましょう。

リフォーム会社に補修を依頼する場合、一部のみの施工であっても、材料費のほか人件費なども発生するため、それなりの金額は必要になります。

工期は劣化具合によって変わりますが、1、2日程度です。

タイル張り替えの方法

はがれてしまったタイルを部分的に張り替える場合には、該当部分の周囲のタイルと目地を一度はがして平らにする作業を行い、その上で接着剤を使用してタイルを張り直していきます。

注意点として、部分的に張り替えたい場合、同一のタイル材を探すのが難しいパターンが多く、また新しく張るタイル材よりも、周囲のタイルの方が当然劣化していることから色の差が気になってしまうという欠点があります。

そのため全面的に張り替えてしまった方が体裁も良く、長い目で見ればこのタイミングで全体をリフォームしてしまうのが効率的だと提案する施工会社が多いです。

タイル張り替えの費用相場

浴室タイルの補修・張り替えの費用相場は?

部分的、あるいは全面的なタイルの張り替えをリフォーム会社に依頼する際の費用は、実は大きな差はありません。

補修の項目で説明した通り、一部の張り替えであっても人件費がかかってしまうからです。
たとえば、タイル数枚を張り替える場合のコストは、3万円以上です。

一方、0.75坪(一般的な住宅の浴室の大きさ)のお風呂のタイルを全面張り替える場合、床のタイルであれば6万円位、壁のタイルだと10万円位の費用がかかります。
工事期間は2、3日程度です。

なお、使うタイル材や下地の劣化具合によって、金額は変動するのでご注意ください。

ちなみに、モザイクタイルであれば他のタイル材と比べると、材料費・施工費を数千円程度抑えることができます。

浴室のタイル張り替えはDIYでもできる?

浴室の床や壁のタイルを一部だけ補修したい場合、できればDIYで安く済ませたい方も少なくないと思います。

浴室の床のタイルの目地には汚れがたまりやすいので、目地の劣化が目立つ程度であれば、カビの防止対策のためにも市販の目地補修剤でメンテナンスすることが望ましいです。

ただし、補修剤のカラーをタイルと合わせるのが難しいため、見た目をきれいにしたい方は、お金をかけてでも専門業者に頼む方が無難です。

一方、タイルの張り替えを行う場合には、既存のタイルを割ってはがし、下地の表面をならすなどの下処理をしてから新しいタイル材を張る作業が不可欠です。

そして接着剤をつける前に、目地が均等になるようにタイルを一度並べ、問題なければタイルの裏に接着剤を塗り、押さえつけるようにしながら一枚ずつ貼っていき、最後に目地材を注入します。

以上のような工程は、DIY初心者では難易度が高く、また端の方のタイルも張り替えたい場合、サイズの調整が非常に難しいです。

浴室タイルの補修・張り替えの費用相場は?

さらに床のタイルを張り替える場合、既存のタイルをはがすときにうっかり防水加工された箇所を切ってしまうと、床下・階下へ水漏れが起きてしまいます。

タイルを割ってはがすこと自体も大変で、失敗して防水部分まで傷つけてしまう危険性を考えると、あまりDIYは推奨できません。

特に集合住宅の場合、下の階の居住者に迷惑がかかってしまうので、自身で直すのではなく、プロにまかせましょう。

タイルを選ぶポイント

浴室のタイルを張り替える際には、日々のお手入れや使い心地のことを考慮しながら選択しましょう。

浴室タイルの補修・張り替えの費用相場は?

浴室壁タイルを選ぶ場合

浴室の壁のタイルは、吸水性が低く、水垢やカビといった汚れが付着しにくい、掃除のしやすい素材を選びましょう。
特に、表面がツルッとしている釉薬を使ったタイルや、目地が少なくなる大判のタイルがおすすめです。

夜に水が凍ってしまうほど寒い地域の場合は、耐凍害仕様のタイルを採用すると、凍結対策になります。

浴室床タイルを選ぶ場合

浴室の床は素足で触れるため、冷えにくく、すべりにくい材質のものを慎重に選ぶ必要があります。

水に濡れてしまう浴室では、高齢者や幼いお子さんの転倒事故も多いです。
タイルには「適正表示」というものがあるので、浴室向きの床材であるかを事前に必ず確認しておきましょう。

とはいえ、表面がザラっとしていて、裸足で歩くと痛い素材は避けましょう。
また冬でも冷えにくいタイル材もあるので、特に高齢の方がお住まいの場合には、ヒートショック対策としても取り入れることを推奨します。

浴室の壁と床のカラーは、単色か同系色で統一すると落ち着いた空間になります。
壁と床に異なる色を使う場合には、床タイルを壁タイルよりも暗いトーンにしておくと、全体がまとまります。

浴室タイルの補修・張り替えの費用相場は?

【この記事の要点まとめ◎】

浴室のタイルの汚れや劣化が目立つ場合は「補修」か「張り替え」か、どちらの方法が最適?
「タイルの目地の汚れや劣化が気になる場合」や「壁・床のタイルと浴槽との間にすきまがある場合」などは補修作業だけで済む可能性があります。

「タイルが浮いている状態が目立つ場合」や「タイル自体の劣化が気になる際」は、早めに張り替えることをおすすめします。

「下地まで劣化しているとき」は、壁材や床材を一度はがして浴室全体をリフォームしなくてはいけないケースもあります。
詳しくは、こちら
浴室のタイルを補修する際にかかる費用は?
タイルを部分的に補修する際は、2〜3万円以上かかると考えておきましょう。
浴室のタイルを張り替える際にかかる費用は?
タイル数枚を張り替える場合のコストは、3万円以上です。
0.75坪(一般的な住宅の浴室の大きさ)のお風呂のタイルを全面張り替える場合は、床のタイルであれば6万円位、壁のタイルですと10万円位の費用がかかります。

なお、使うタイル材や下地の劣化具合によって、金額は変動します。
詳細は、こちら

タイルを適切な補修やリフォームで直すことで、浴室全体の耐久性が大きく変わります。
また張り替えの際には、せっかくの機会なので使いやすい素材を採用したいですね。

浴室のタイルを直したいときには、タイルの施工に慣れている複数のリフォーム会社に相談し、適切な工法や材質を提案してくれる業者に依頼するのが一番です。

水廻りタイル
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 風呂・浴室リフォームの費用相場
>> 在来工法の浴室リフォームの種類・特徴・費用を比較
>> 在来工法の浴室からユニットバスにリフォーム!費用・事例・注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂・浴室のおすすめ記事

  • 【2021年版】ユニットバスのメーカー7社を比較!おすすめ商品の価格やリフォーム事例をご紹介!

    ユニットバス(システムバス)のリフォームの際には、どのメーカーがよいのか、迷ってしまうもの。各メーカーにどういった魅力があるのか、どの商品が売れ筋なのかなど、チェックしておきたいですよね。そこで、当サービス『リショップナビ』におけるユニットバスのランキングや、人気の「TOTO・リクシル・パナソニック・タカラスタンダード・トクラス(ヤマハ)・クリナップ・ハウステック」社のお風呂の特徴やおすすめ品をご紹介します!施工事例や、各おすすめ商品の工事費込みの価格も掲載しているので、参考にしてください!

  • 浴室・お風呂の壁(壁紙)リフォームの費用相場と注意点

    浴室は家の中で一番湿気の多い場所です。壁にもカビが発生しやすく、長く使い続けるうちに変色やひび割れなどが起こることもあります。壁の劣化が気になり始めたら、リフォームを検討しませんか?見た目がきれいになるのはもちろん、防カビや保温性アップなども期待できますよ。お風呂の壁の主な種類と、素材ごとのリフォーム費用相場、そしてLIXIL(リクシル)などのおしゃれなメーカーについて、ご紹介します。

  • サブウェイタイルのコーディネート例!憧れのN.Yスタイルに♪

    「サブウェイタイル」は、欧風のキッチンや洗面所を演出できて、お手入れもしやすい素敵なアイテムです。水回りに強く、カラーバリエーションが豊かなので、毎日使うトイレや浴室を好みのスタイルにすることが可能です。真似したくなるコーディネート例をチェックして、リフォームの参考にしてみましょう♪

  • ユニットバスのサイズと選び方!リフォームできる条件/価格/施工例/おすすめメーカー品もチェック

    ユニットバス(システムバス)には、1216・1616などの規格サイズがありますが「寸法の測り方がわからない」と思われる方は多いのではないでしょうか。また一戸建てでもマンションでも、ユニットバスのリフォームをする際に「どんな大きさのユニットバスなら入るのか分からない」「サイズ変更できるか知りたい」という方もいらっしゃいますよね。そこで、ユニットバスの一般的なサイズや測り方・選び方や、リフォームできる条件、おすすめのメーカー品、リフォーム費用相場や工事期間の目安、施工事例について、ご紹介します!

  • おしゃれなお風呂・浴室にリフォームするコツ9選&参考にしたい施工事例もご紹介

    「お風呂をリフォームするなら、せっかくだからおしゃれにしたい」。漠然とそう思ってはいても、実際にリフォームするとなるとデザインや素材選びなどで悩んでしまうことが多いですよね。見た目はもちろん、入り心地や清潔感も大切な浴室では、快適さ・掃除のしやすさなども重視したいもの。スタイリッシュで、リラックスできて、お手入れもしやすい……そんな浴室を実現するためのポイントをご紹介します。おしゃれなメーカーのユニットバス(システムバス)などでリフォームした事例も掲載しているので、チェックしてくださいね。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。