ユニットバスのサイズと選び方!リフォームできる条件は?

ユニットバスは色々なメーカーから、お手入れがしやすく入り心地の良い製品が数多く販売されています。しかしながら、交換できるサイズや選び方が分からない、そもそもご家庭の浴室をユニットバスにリフォームできるか判断できない、という方も少なくないと思います。そこで、ユニットバスのサイズや選び方、リフォームできる条件、そしておすすめのメーカーについて詳しく解説します!

(※記事内情報引用元:タカラスタンダードノーリツハウステック各ホームページより)

ユニットバスとは?

ユニットバスとは、あらかじめ工場でパーツ(浴槽、壁、床、天井など)を作成しておき、現場で直接組み立てて造られるバスルームのことを言います。
各パーツやオプションを選択できるので、システムバスとも呼ばれます。

そのためユニットバスからユニットバスのリフォームであれば、たいてい壁を壊さずに済み、工事の際にコストや期間が短縮できる、浴槽や床の色を自分で選べるなどといったメリットがあります。

ユニットバスの一般的なサイズ

ユニットバスのサイズは10cm単位で表示され、1216、1616、1620などと言われます。
これは浴室の内径の幅、奥行きを略したもので、全メーカーで共通している表記の仕方です。

たとえば、120cm×160cmの場合は1216と表現されます。
内径の寸法なので、浴室内から測ることが可能です。
ユニットバスのリフォームの際は、まずは浴室内径の奥行き・幅の2辺の長さを測りましょう。
浴室内の、向かい合わせになった壁から壁までの長さを、縦横ともに測るだけでOKです。

ちなみに浴室のサイズは、0.75坪、1坪などと一般的には床面積で表されます。
1坪の大きさは約2畳、182cm×182cm=約3.3㎡です。
この空間の中にユニットバスの本体を設置するわけですが、実際には壁の厚さがあります。
そのため、1坪用のユニットバスは、182cm×182cmよりも少し小さいサイズになるということですね。

参考までに、ユニットバスの一般的なサイズの例を以下にご紹介します。

サイズ 坪タイプ 浴室内寸
(奥行き/幅)
1216サイズ 0.75坪 120cm×160cm
1317サイズ 0.75坪 130cm×170cm
1616サイズ 1坪 160cm×160cm
1717サイズ 1坪 170cm×170cm
1618サイズ 1.25坪 160cm×180cm
1620サイズ 1.25坪 160cm×200cm
1624サイズ 1.5坪 160cm×240cm
1818サイズ 1.5坪 180cm×180cm

ここで注意しておきたいのが、表記自体は全メーカー共通ではあるものの、商品によって合う浴室の外寸は異なるということです。
つまり、同じサイズ表記のユニットバスなら、必ずご自宅の浴室に入るというわけではありません。

また、壁を解体すれば別サイズの浴槽を入れられることも多いですが、知識と経験がある業者でないと対応してもらえないことがほとんどです。
そして、この場合は当然、壁の解体・補修のための費用も別にかかります。

なお、1坪タイプより1.25坪タイプの方が洗い場が広くなります。
配管の仕方や出窓の設置などによって、浴室内が広くなるように工夫して施工してくれるメーカー商品も多いので、「間取り変更はできないけど浴室内を広くしたい」という方は、ぜひリフォーム会社と相談してみましょう。

浴槽やドアなどの浴室付近のサイズも測っておくと、リフォームの打ち合わせを始める時に役立ちます。

ユニットバスの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ユニットバスにできる条件

ユニットバスは前述のとおり、あらかじめ各パーツを造ってあるもの、つまりは規格品です。
ユニットバスからユニットバスへ交換できるのはもちろんのこと、以前は主流だったタイル張りの在来工法の浴室からユニットバスへリフォームすることも可能です。

ユニットバスは交換の際、分解した状態で搬入します。
そのため、間口が65cm、廊下などの曲がり角が75cm以上あれば、たいていは家の玄関から搬入できます。
玄関から浴室までの、通路として使うことが考えられるスペースを一度測ってみると良いでしょう。

ただし、住まいによってはユニットバスの設置が困難だったり、設置できたとしても費用が高額になってしまうこともあります。

代表的な例で言えば、柱などによる浴槽の角の飛び出しや、屋根の傾斜がある浴室の場合、別途間取り変更などの工事が発生することもあります。
また、今の住まいの浴室の床下が劣化している場合、追加費用がかかってしまうパターンも考えられます。

最終的にはコスト削減のために、現在の浴槽よりも小さなサイズのユニットバスを取り入れるケースもありますが、まずは諦めたりせず、特殊な構造の浴室の工事にも慣れている業者を探しましょう。
提案上手なリフォーム会社に出会えたら、理想の浴室を実現できるはずです。

ユニットバスの選び方

ユニットバスを選ぶ際には、家族構成から考えてみましょう。
お子さんと一緒に入られる場合や介護している方がいる場合などは、洗い場が広い方が楽ですよね。

スペースのほかにも、入りやすい浴槽の高さ、出入口の広さや、段差の有無、手すりの設置、すべりにくく冷えにくい床など、考えられる素材はいくらでもあります。
出っ張りのない水栓金具やチャイルドロック付の出入口など、工夫されているパーツも増えています。

浴槽自体の素材は人造大理石が主流で、肌ざわりが良く、カラーの選択肢が多いため人気があります。
中性洗剤とスポンジで洗えば簡単に汚れを落とせるのも魅力です。

>> 浴槽の形・素材の種類の違いって?

ユニットバスの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

狭い浴室におすすめのメーカー

最後に、「自宅の浴室ではユニットバスの交換が難しいかも……」という不安をお持ちの方にもおすすめの、リフォームしやすいユニットバスのメーカーについてもご説明しておきましょう。
長年にわたってお風呂づくりと向き合ってきた企業達が、様々なご家庭に合った浴室のリフォームを、それぞれのアイデアを活かして展開しています。

タカラスタンダード「ぴったりサイズシステムバス」

画像引用:タカラスタンダードホームページより
URL : http://www.takara-standard.co.jp/product/system_bath/hirobiro/index.html

タカラスタンダード社が開発した「ぴったりサイズシステムバス」は、狭くて規格サイズが入らない浴室でもリフォーム可能です。
全部で1400通りものサイズバリエーションがあり、内寸が間口約150cm×奥行き約100cm以上の浴室に対応します。

>> タカラスタンダードのユニットバスの詳細はこちら!

ノーリツ「ユパティオ ヒロイ ワイドタイプ」

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/bathroom/hiroy_w.html

ガスで有名なノーリツ社の「ユパティオ ヒロイ ワイドタイプ」では、間取り変更をすることなく、狭い浴室を広くすることが可能です。
同社独自の拡張モジュールを利用して、浴槽・浴室それぞれの内寸を+4cmずつ広げることに成功しています。

>> ノーリツのユニットバスの詳細はこちら!

ハウステック「ユニッテリア」

画像引用:ハウステックホームページより
URL : http://www.housetec.co.jp/products/bathroom/uniteria/about.html

ハウステック社の「ユニッテリア」は、騒音・振動が少ない工事で規格外の浴室をリフォームすることができます。
社内で知識・技術をしっかり習得した「ユニッテリア技能士」が施工をするので安心です。
近所に迷惑をほとんどかけずに済むため、集合住宅の浴室改修で特に人気があります。

>> ハウステックのユニットバスの詳細はこちら!

ユニットバスは機能性もインテリア性も兼ね備えた商品がたくさんあります。
規格品だからこそ、ショールームで実際に見たり触ったりできるのも、ユニットバスのメリットの一つです。
こだわりのお風呂タイムを過ごせるユニットバスにリフォームできると良いですね。

ユニットバスの施工が得意な
リフォーム会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 風呂・浴室リフォームの費用相場
>> ユニットバスのメーカー8社を比較!

更新日:2016年11月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 風呂・浴室リフォームの記事

  • ________5_

    お風呂・浴室・ユニットバスリフォームの費用相場

    浴室を設置してから10年以上経過すると、そろそろリフォームを検討したいと考え始めますよね。本記事では、一戸建て・マンション・団地における、お風呂・浴室・ユニットバスリフォームの、工事内容別の費用相場・事例を掲載しています。古くなったユニットバスから新しいユニットバスへの交換や、在来工法からユニットバスへ変更する工事などの価格相場の他、ユニットバスの選び方、追い焚き・浴室暖房乾燥機・手すり・テレビなどのオプション機能を追加する場合の料金なども、あわせてご紹介します。

  • ______

    ハーフユニットバスのメリットとリフォーム費用

    「ハーフユニットバス」という言葉をご存じでしょうか。ハーフユニットバスは、現在リフォームや新築で主流な「ユニットバス」と、かつては日本のお風呂で一般的だった「在来工法」と、それぞれの利点を活用したものです。狭い浴室でもリフォームしやすいため、近年注目されています。ハーフユニットバスの特徴やメリット・デメリット、費用相場について解説します。

  • Km1620_img_01

    LIXIL(リクシル)のお風呂の特徴をご紹介!キレイへのこだわりが満載です

    総合住宅設備メーカー・LIXIL(リクシル)のお風呂は、リフォームの際に最適な商品です。掃除のしやすさにこだわっているのが特徴で、清掃性と使いやすさに優れています。そんなLIXIL(リクシル)の浴室を、商品ごとにご紹介していきます。

  • Pixta_16211440_s

    家庭でジェットバス(ジャグジーバス)に入りたい!リフォーム費用はいくら?

    身体の疲れをゆっくりとれるジェットバス(ジャグジーバス)ですが、最近では家庭用のジェットバスも増えていることをご存じでしょうか?お風呂のリフォームを考えている方は、この機会にジェットバスを設置するのも一つのアイディアです。設置にはどれくらいの費用がかかるのか、人気のメーカーはどれか、一緒にチェックしてみましょう!

  • A

    ユニットバスのメーカー8社を比較!それぞれの特長・性能を紹介します!

    最近は様々なメーカーから、掃除のしやすさ・機能・デザインに優れたユニットバスが販売されており、浴室リフォームの際に迷ってしまう方は多いです。そこで今回は、人気のTOTO・LIXIL(リクシル)・タカラスタンダード・パナソニック・トクラス(ヤマハ)・クリナップ・ハウステック・ノーリツ社のお風呂の特徴や、おすすめ品のサイズなど、わかりやすく比較・紹介します!

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop