エコキュートの故障かも?寿命、修理や交換にかかる費用・時間はどのくらい?

エコキュートの故障かも?寿命、修理や交換にかかる費用・時間はどのくらい?

高価で性能の良いエコキュートでも、使い続ければ当然ながら寿命を迎えます。修理を依頼すべきか判断するためにも、エコキュートの耐用年数の目安や、よくある故障の症状についてチェックしてみましょう。また、修理や部品の交換から本体の買い替えまで、故障部位によって費用にかなりの差が生じますので、大体の相場を知っておくと安心です。そして無事に修理・交換が完了したら、長持ちするような使い方を心がけましょう。故障の原因になりやすい注意点についても、あわせてご紹介します。

エコキュートをおトクに設置するためには、
まずは優良業者相談することが重要です!

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼▶
エコキュートをおトクに設置するためには、
まずは優良業者相談することが重要です!

完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼▶
リフォームお祝い金キャンペーン

エコキュートの寿命・交換時期(耐用年数)の目安

エコキュートの故障かも?寿命、修理や交換にかかる費用・時間はどのくらい?

まずは、エコキュートの耐用年数について解説します。

エコキュートの本体は、お湯を沸かす「ヒートポンプユニット」と、作ったお湯を溜めておく「貯湯タンク」に分かれています。

「ヒートポンプユニット」は長く使い続けると電子回路に故障が出ることが多く、一般的に寿命は5~15年とされています。
一方、「貯湯タンク」はそれよりも少し長く、寿命は10~15年となっています。

ただし定期的にメンテナンスを行い、入浴剤の使い方などをきちんと守れば、それ以上長持ちさせることも十分可能です。

エコキュートの耐用年数は、まだ正確ではない

なお、大体の寿命の目安は示されているものの、エコキュートが初めて製品化されたのは2001年とまだ歴史が浅く、正確なデータが出揃っていないのが現状です。
使い方にもよりますが、購入から10年前後で故障の症状が現れると考えておきましょう。

エコキュートの修理・交換工事の費用相場

エコキュートの修理や交換にかかる料金は、故障している部位によって異なります。
ここでは、主な工事費用の相場をご紹介しましょう。

部分修理・部分交換 約0.8~7万円
ヒートポンプユニットの修理 約7.7〜22万円
機器全体の交換 約20~70万円

劣化した配管の交換や、不具合が生じた混合弁の修理、エラー表示された際の部品交換など、部分的な修理や交換には約0.8~7万円かかります。
保証の対象外となっている部位の場合は、修理費用も高くなります。

お湯が出ない、エラー表示が消えないといった場合は、ヒートポンプユニットの修理を必要とするケースが多く見られます。
電子回路などの部品を交換するのであれば、一般的には15万円前後かかると考えておくと良いでしょう。

エコキュートの修理・交換工事の費用相場

部品の交換や修理ではなく、エコキュート本体を買い替える場合にかかる費用は、工事費を含めて約20~70万円です。
サイズや種類・機能などにもよりますが、平均で30~50万円前後で済む例が多く見られます。
「大容量のハイグレードタイプ(550L以上のフルオートなど)への交換」や「ガス給湯器・電気温水器などから、エコキュートに入れ替える場合」などには、50万円を超える可能性があります。

なお交換の工事には、別途費用がかかるケースもあることを理解しておきましょう。
例えば、フルオートタイプへの買い替えでは、配管を増やす工事費がプラスされることもあります。
さらに、既存のエコキュートの撤去費用を別途請求される場合もあります。

具体的な総額は、施工業者からの見積書で確認するようにしましょう。

修理ではなく、交換を勧められる場合が多い

故障箇所にもよりますが、エコキュートの寿命目安である10年を超えると、部品がもう製造・販売されていないことも珍しくありません。
また、修理をするとかえって割高になるといった理由でも、交換を勧められることがあります。
購入から10年近く経っていたら、交換するほうが良い場合が多いため、業者と相談して決めましょう。

エコキュート修理・交換が得意な
\リフォーム業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォームお祝い金キャンペーン

交換工事にかかる時間は?当日はお風呂に入れる?

交換工事にかかる時間は?当日はお風呂に入れる?

エコキュートの交換が必要な際には、いつ入浴できるようになるか、不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

基本的に、業者に在庫があれば、エコキュートの交換工事は4時間から半日程度で済みます。
設置後に湧き上げ運転を行うと、お湯を使用できるまでにさらに4~5時間くらいかかりますが、当日中に入浴できることがほとんどです。

ただし、本体や部品の在庫がなく、取り寄せを必要とする場合は、2日~1週間程度かかることもあります。

エコキュートの修理・交換で火災保険は使える?

エコキュートの修理・交換で火災保険は使える?

契約している火災保険が、台風や落雷などの自然災害に適用できる/建物の付属物も補償の対象にしている、といった場合には、エコキュートの修理や交換費用を火災保険でまかなえる可能性があります。

ただし被害を証明するために、故障した部品の提示や撮影した写真を求められるケースが多いため、十分注意しましょう。
交換を済ませた後に申請しても、適用を拒否されたり、撤去した機器・部品を交換業者がすでに廃棄していて証拠写真を提出できなかったり、という例も多く見られます。

>> 火災保険でリフォームできる?修理対象や注意点

交換を依頼する業者が火災保険について知識があるようであれば、保険を活用できそうか相談すると安心です。
また工事の際には、エコキュートの破損箇所を証明できる写真を撮影しておくと良いでしょう。

火災保険もエコキュート修理
\対応できる業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォームお祝い金キャンペーン

よくあるエコキュートの故障や不具合の症状と対応策

「まだ業者に依頼するレベルではないかも……?」と思われる場合には、まずはご家庭内で確認してみましょう。
エコキュートに以下のような症状が出ているときは、ご自身でメンテナンスできる可能性があります。

それでも不具合が直らないようなら、故障の可能性が高いと考えられるため、業者に相談しましょう。

足し湯ができない・水しか出てこない

足し湯ができない・水しか出てこない

お風呂の足し湯ができない/蛇口から水しか出てこない、という時は、単純にお湯を使い切ったことによる「湯切れ」の可能性があるため、お湯の沸き上げ(沸き増し)を行ってみましょう。
また、温度調整をしている基盤が劣化している可能性がありますが、この場合はエコキュート本体を一旦リセットすると直ることもあります。

それでも問題が解消されない場合は、温度調整基盤がすでに老朽化しているか、温度検知器などの部品が故障しているパターンが考えられるため、業者に修理もしくは交換してもらう必要があります。

【水も出ない場合は、断水・凍結の可能性が高い】

水そのものが出ないという場合は、近隣で断水が行われていないか、または止水栓が閉まっていないかを確認しましょう。
気温が低い日であれば、凍結している可能性も考えられます。

いずれの場合も、断水や解凍が済むまで待つしかありません。
ただし凍結症状が自然に改善されない場合には、業者に対応を依頼しましょう。

>> 給湯器が凍結!対処法と原因・今後の防止対策

浴槽に張るお湯が止まらない

浴槽に張るお湯が止まらない

設定した水位でお湯はりが停止しない時は、まず水位の設定ミスがないかどうか確認しましょう。
この他に、お湯が止まらない原因として多いのが、入浴剤の汚れが浴槽の循環口に詰まっているケースです。

浴槽循環口を掃除しても直らない場合や、水位の設定が正常である場合には、循環口周りや水位センサーの故障が考えられます。

本体機器から水やお湯が漏れる

貯湯タンク内の水がお湯に変わると体積が増え、膨張した分がタンクの外に排水されて、水が漏れているように見えることがあります。
また、ヒートポンプユニットの周囲が低温になった際にも、外気との温度差で一時的に結露が発生し、水滴が垂れることがあります。

このような現象は故障ではありませんので、まずは様子を見て、水漏れがおさまるかどうか確認しましょう。

しかし、配管やエコキュート本体が劣化している場合や、貯湯タンクにひびが入っているような場合には、部品の交換が必要です。
特に電気代や水道代が急に上がった時などは、建物内部の配管に穴が開いており、そこから水漏れしている可能性があるため、水道トラブルに対処できる業者へ速やかに連絡し、確認してもらいましょう。

シャワーのお湯の温度が一定しない

シャワーのお湯の温度が一定しない

キッチンの給湯などに問題がなく、お風呂のシャワーのみ温度が安定しないのであれば、シャワーの温度を調節する「混合水栓(サーモスタット水栓)」に問題がある可能性 設定温度を少し上げて、ちょうど良いお湯が出るかどうか確認してみましょう。
この対処法で解決できない場合は、水栓の交換が必要かもしれません。

ただしお風呂やキッチンなど複数の場所で、お湯の温度が安定していない場合には、エコキュート自体に不具合が起きている可能性もあります。
水栓交換とエコキュート修理の、どちらにも対応できる業者に見てもらうと効率が良いでしょう。

エラーコードが表示される

リモコンにエラーコードが表示されている場合には、まずは説明書やメーカーのHPで確認しましょう。
エラーコードの内容は、メーカーによって異なります。
中には、タンク上部のノズルやファンに詰まった汚れが原因になっていて、掃除をすれば解決できる場合もあります。

説明書に沿った操作をしても、清掃しても解決しない場合には、修理か交換をする必要があるでしょう。

エコキュート修理・交換が得意な
\リフォーム業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォームお祝い金キャンペーン

エコキュートが故障する原因とは?寿命を延ばす5つのコツ!

新しいエコキュートを採用する際には、機種の選び方次第で寿命がある程度は変わってきます。
また無事に修理・交換が完了したら、以下の点に気を付けて使用し、エコキュートを長持ちさせましょう。

1. 環境に合った機種選びが大切

エコキュートを交換する際には、ご自宅の環境に合った機種を選択することが重要です。
メーカー側は基本的に、井戸水・温泉水・地下水を使った場合の耐用年数は保証していないため、故障の際にも無償の修理を依頼することはできません。

しかしエコキュートの機種には、井戸水や地下水に対応した製品があり、このタイプを使用していれば保証を受けることができます。
また、気候や環境の影響を受けることも多いため、寒冷地では寒冷地用の製品を、海沿いの地域では塩害に強い製品を選ぶと良いでしょう。

2. 物を吸込口周辺に置くのはNG

2. 物を吸込口周辺に置くのはNG

ヒートポンプユニットには側面と背面に吸込口が、正面に吹出口があります。
周辺に物を置くと、これらの口が塞がれて正常に稼動できなくなってしまうため、故障の原因につながる確率が高まります。

障害物となる物は作らず、エコキュートの周りはすっきりとさせておきましょう。

3. タンクやヒートポンプの掃除・手入れも重要

貯湯タンクやヒートポンプは、年に2、3回程度水抜きを行うことが推奨されています。
このメンテナンスを怠ると、タンクやヒートポンプ内に水道水の不純物が溜まり、お風呂のお湯が汚れたり、本体の故障につながったりしてしまいます。

長年汚れを溜めてしまうと、業者に依頼しないときれいになりませんので、ご自身で定期的に水抜きを行いましょう。

4. 入浴剤の使用は慎重に

4. 入浴剤の使用は慎重に

追い焚き機能がある「フルオートタイプ」のエコキュートは、入浴剤の使用に制限がある場合がほとんどです。
これは追い焚きや保温などでお湯を循環させるため、ポンプや配管に入浴剤が詰まり、腐食などを引き起こしてしまうためです。

特に濁り湯は使用を禁止している製品が多いため、必ずメーカーが推奨している入浴剤だけを使うようにしましょう。

5. 長期不在時は電源を切ると良い

冬以外の時期で、長期間の不在でお湯を使う予定がない場合は、エコキュートが無駄にお湯を沸かさないよう、電源を切ってから出かけましょう。
(冬季の場合は凍結してしまう可能性があるので、電源は切らないほうが無難です。)

また不在期間がひと月以上になるのであれば、貯湯タンクのお湯の水質が変化する恐れもあるため、排水しておくと安心です。

5. 長期不在時は電源を切ると良い

エコキュートを長く使用していくためには、適した製品を設置した上で、定期的なメンテナンスや早めの修理を行うことが肝心です。
異常を感じたら放置せず、早めに業者に点検依頼をし、最適な対処方法を提案してもらいましょう。

エコキュート修理・交換が得意な
\リフォーム業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶

【この記事のポイントまとめ◎】

エコキュートの寿命・交換時期(耐用年数)の目安は?
一般的に、お湯を沸かす「ヒートポンプユニット」は5~15年、作ったお湯を溜めておく「貯湯タンク」は10~15年とされています。
使い方によりますが、購入から10年前後で故障の症状が現れやすいです。
エコキュートの修理・交換工事の費用はいくら?
劣化具合や症状にもよりますが、目安としては「部分修理・部分交換」は約0.8~7万円、「ヒートポンプユニットの修理」は約7.7〜22万円(平均15万円前後)、「機器全体の交換」は約20~70万円(平均30〜50万円)を見込んでおくと良いでしょう。
エコキュートでよくある故障・不具合の症状には、どんなものがある?対応策は?
「足し湯ができない」「水しか出てこない」「浴槽に張るお湯が止まらない」「水漏れしている」「水温が一定しない」「エラーコードが表示される」といった症状が、特に多く見られます。
ご自身で掃除などをして解決できる場合もあれば、業者に修理・交換してもらわなくてはいけないケースもあります。
エコキュート修理・交換が得意な
\リフォーム業者を探したい!/
無料!
リフォーム会社一括見積もり依頼 ▶
リフォームお祝い金キャンペーン
このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂・浴室のおすすめ記事

  • 【2020年度版】エコキュートの5大メーカーを徹底比較!保証期間やおすすめ商品は?

    2001年に発売されて以来、各メーカーは様々なタイプのエコキュートを開発しています。「エコキュートを設置したい」「エコキュートを買い換えたい」と思っても、どのメーカーがどんな製品を手がけているのか、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。現在、人気のエコキュートを手掛けている主なメーカーは、パナソニック・三菱電機・ダイキン・コロナ・日立の5社です。各メーカーのエコキュートの特徴や、おすすめの機種をご紹介しましょう。

  • エコキュートの価格・選び方!口コミや評判は?メリット・デメリット・注意点も解説

    省エネ効果が高いと評判の『エコキュート』。給湯器を買い換えるリフォームの際に、候補として考える方も多いことでしょう。しかし「本当にエコキュートは得なのか」「導入費用はどのくらい?」「タンク内のお湯の量に限りがあるから、管理が大変と聞いたけど……」 といった不安や疑問もありますよね。そこで今回は、エコキュートの設置にかかる値段・金額の目安や、施工事例・工事期間、製品の種類や選び方、メリットとデメリット、さらに使用に関する注意点などについて、幅広くご紹介しましょう。

  • 給湯器の故障かも!修理費用相場と修理がいる場合・いらない場合

    「キッチンやお風呂で蛇口をひねっても、冷たいお水しか出ない!」いつものようにお湯を使おうと思ったときに、こんなアクシデントが起こったら慌ててしまいますよね。給湯器が故障すると何かと不便です。この記事では、給湯器修理の費用相場と、修理や交換がいる場合・いらない場合を掲載しています。故障かと思いきや、自分で簡単に直せるケースもあるので、確認してみましょう。

  • 給湯器交換の費用相場!号数・サイズ別の価格は?

    「給湯器を交換・修理したい」と思ったとき、価格や費用相場は気になるところですよね。また、何を基準にして選んだら良いか、どこの業者に頼んだら確実なのか、迷う方も多いのではないでしょうか。給湯器の選び方や費用、サイズの目安、交換すべきか修理すべきかの判断の仕方、業者の選び方について、詳しくご紹介しますので、ご家庭にあったものを選ぶ参考にしてくださいね。

  • 給湯器が凍結!対処法と原因・今後の防止対策

    寒さの厳しい地域では、給湯器が凍結して動かなくなってしまうケースが珍しくありません。また、水道管が破裂するなど、大きなトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。ここでは、給湯器が凍結したときの対処法と、原因・対策についてご紹介しましょう。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。