給湯器が凍結!対処法と原因・今後の防止対策

加盟希望はこちら▶

給湯器が凍結!対処法と原因・今後の防止対策

寒さの厳しい地域では、給湯器が凍結して動かなくなってしまうケースが珍しくありません。また、水道管が破裂するなど、大きなトラブルになる可能性もあるので注意が必要です。ここでは、給湯器が凍結したときの対処法と、原因・対策についてご紹介しましょう。

更新日:2020年07月30日

給湯器が凍結してしまったら

日常生活に欠かせない給湯器、凍結してしまったら困りますよね。
どうしたら直せるのか、確認してみましょう。

給湯器が凍結!対処法と原因・今後の防止対策

自然解凍する

給湯器の凍結は、気温が上昇することによって自然に解凍されます。
多少時間はかかりますが、これが一番手間のかからない方法だと言えるでしょう。

給水元栓を暖める

どうしてもすぐにお湯を使いたい場合は、給水元栓にタオルを当て、ぬるま湯をかけて温めます。
その際は、配管が破裂する可能性があるため、絶対に熱湯を使ってはいけません。
また、ガス管や電源プラグにお湯がかからないように注意しましょう。

凍結した給湯器直してほしい
\という方は……/
完全無料!
給湯器の業者紹介を依頼 ▶

給湯器が凍結する原因

給湯器の凍結は解決しましたでしょうか。
こちらでは、そもそもなぜ給湯器が凍結してしまったのか、よくある原因3つをご紹介しています。

給湯器が凍結!対処法と原因・今後の防止対策

気温が0℃を下回り、極端に低い

凍結の一番の原因は、当然ながら気温の低さです。
特に0℃を下回るような極端な低温のときには、凍結する可能性も高まります。

給湯器が北側に設置されている

多くのご家庭では、家の裏手に給湯器が設置されています。
それが北側に位置する場合は、日中も日が当たることがないため、凍結しやすくなります。

給湯器を長期間使用しなかった

しばらくの間給湯器が使われないと、給湯器の内部に同じ水がたまり続けるため、凍結しやすくなってしまいます。
旅行や出張などで家を空ける場合は、注意が必要です。

給湯器の凍結防止対策

以上、給湯器凍結について3つの原因をご紹介しました。
それでは、実際に給湯器の凍結を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?
以下に対策をご紹介しています。
今後、給湯器が凍結しないように、頭に入れておきましょう。

給湯器が凍結!対処法と原因・今後の防止対策

給湯栓からお湯を流す

蛇口からお湯を4mmくらいの幅で流し続けます。
水量が変化しないよう、途中で様子を見るようにしましょう。

給湯器の水抜きをする

①給湯器のスイッチを切り、ガス栓・給水元栓を閉めます。電源プラグは抜かずに、そのまま入れておきます。
②キッチン、浴室、洗面台などの蛇口を全開にします。
③水抜き栓を回して完全に外し、水を抜きます。
④ここで一度、電源プラグを抜きます。
⑤水抜き栓と、室内全ての給湯の蛇口を閉めます。
⑥給水元栓を全開にして、すべての蛇口から水が出たらOK。
⑦ガスの元栓を開け、電源プラグを差し直し、使用してください。

凍結予防ヒーターや自動ポンプ運転の活用

給湯器の種類によっては、凍結予防ヒーターや自動ポンプ運転の機能が使える場合があります。
このような機能を使うときには、電源プラグを差し込んだままにしておくこと、浴槽内の循環金具よりも5cmほど上までお湯を残しておくことがポイントです。
節電を気にされる方もいるかもしれませんが、基本は電源プラグを抜かないようにするだけでも、かなりの凍結予防になりますよ。

毛布や凍結防止テープを巻く

給湯器に接続されている水道管の凍結を防ぐために、水道管に古い毛布や凍結防止テープを巻きつけます。
根元からしっかり巻きましょう。

給湯器が凍結!対処法と原因・今後の防止対策

日々の生活に欠かせない給湯器、まずは凍結防止対策をしっかりとしましょう。
もし凍結してしまっても、慌てずにしっかりと対処できると良いですね。
特に、寒い季節になった時や、寒い地域に住んでいる方はご注意ください。

凍結した給湯器直してほしい
\という方は……/
完全無料!
給湯器の業者紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 給湯器交換の費用相場!修理・交換の目安は?
>> エコキュートの故障かも?寿命、修理や交換にかかる費用・時間は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

風呂・浴室のおすすめ記事

  • エコキュートの故障かも?寿命、修理や交換にかかる費用・時間はどのくらい?

    高価で性能の良いエコキュートでも、使い続ければ当然ながら寿命を迎えます。修理を依頼すべきか判断するためにも、エコキュートの耐用年数の目安や、よくある故障の症状についてチェックしてみましょう。また、修理や部品の交換から本体の買い替えまで、故障部位によって費用にかなりの差が生じますので、大体の相場を知っておくと安心です。そして無事に修理・交換が完了したら、長持ちするような使い方を心がけましょう。故障の原因になりやすい注意点についても、あわせてご紹介します。

  • 給湯器の種類・メーカー比較!家庭に合う給湯器は?

    給湯器には、ガス・電気・石油を燃料とする一般的なものから、近年注目されつつあるエコ給湯器など、実にさまざまな種類があります。今回は、給湯器の種類やメーカーについて、またエコキュートとエコジョーズについて、しっかり比較してみたいと思います。

  • 給湯器の故障かも!修理費用相場と修理がいる場合・いらない場合

    「キッチンやお風呂で蛇口をひねっても、冷たいお水しか出ない!」いつものようにお湯を使おうと思ったときに、こんなアクシデントが起こったら慌ててしまいますよね。給湯器が故障すると何かと不便です。この記事では、給湯器修理の費用相場と、修理や交換がいる場合・いらない場合を掲載しています。故障かと思いきや、自分で簡単に直せるケースもあるので、確認してみましょう。

  • エコキュートの価格・選び方!口コミや評判は?メリット・デメリット・注意点も解説

    省エネ効果が高いと評判の『エコキュート』。給湯器を買い換えるリフォームの際に、候補として考える方も多いことでしょう。しかし「本当にエコキュートは得なのか」「導入費用はどのくらい?」「タンク内のお湯の量に限りがあるから、管理が大変と聞いたけど……」 といった不安や疑問もありますよね。そこで今回は、エコキュートの設置にかかる値段・金額の目安や、施工事例・工事期間、製品の種類や選び方、メリットとデメリット、さらに使用に関する注意点などについて、幅広くご紹介しましょう。

  • 「お風呂の床が冷たい」は床だけリフォームで解決!かかる費用や床材の種類による特徴は?

    「浴室の床が冷たい」「滑りやすい」「汚れやすくて掃除が大変」などの悩みがあっても、お風呂全体をリフォームするのは大変だし高い……と思っている方へ、浴室の床だけを張り替えるリフォームで解決する場合があります。この記事では、リフォームの際に使用する、シート・タイル・樹脂床材など床材別の特徴や費用相場、介護保険が活用できる場合などについてご紹介します。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.

© ZIGExN Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

安心への取り組み:アルバイトEXを運営する株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。 安心への取り組み
株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。