赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

小さい子供やヨチヨチ歩きの赤ちゃんがいるご家庭にとって、キッチンは危険な物が多い要注意スペース。包丁に触ってケガをしたり、炊飯器の熱でやけどをしたりなど、事故が起こる可能性がとても高いですよね。イタズラをしに入ってくる子供を守るために、DIYやリフォームで工夫できることはたくさんあります。引き出しにロックをかけるなどの簡単な方法から、リフォーム業者に頼んで収納場所やキッチンを新しくしてもらうといった本格的なものまで、キッチンの安全対策に有効なアイデアをご紹介しましょう。

(※記事内情報引用元:LIXILリンナイトクラスパナソニック各ホームページより)

今すぐに自分でできる対策3選

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

まだ言葉を理解できないくらい小さいお子さんは、何度言ってもキッチンへ入ってきてしまうもの。
早急な対策が必要と感じた時は、市販品で対応できる以下のような方法がおすすめです。

収納扉に、市販のストッパー・ロックを付ける

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

包丁など、危険な物が収納してある場所の扉や引き出しは、市販のストッパーやロックを設置して開けられないようにしておきましょう。
粘着テープで簡単に貼り付けられる物も多くありますが、キッチンの塗装がはがれる心配がなければ、どこにでも使用できます。

一番下など、引き出しの一部は「開けてOK」にする

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

あまり使っていないキッチン用品をあえて届く場所に置き、おもちゃ代わりに遊ばせるというのも一つの方法です。

好きに開けて物を触ってよい場所があれば、お子さんの遊びたい気持ちを満足させてあげられますよ。
触ってもケガの心配がない物、口に入れても安全な物を選ぶのがポイントです。

ベビーゲート・柵・サークルで侵入防止

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

キッチンの入り口にベビーゲートや柵を設置する、あるいはお子さんをベビーサークルの中で遊ばせて、キッチンに入れないようにするという方法もあります。

ただし、これらのグッズが効果を発揮するのは、お子さんが本当に小さい時期に限られます。
また「通せんぼするのではなく、きちんとしつけをしたほうがよい」という見方もあり、この方法は賛否両論分かれるところです。

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

一方で、炊飯器の蒸気・魚焼きグリル・オーブン・包丁などによる、やけどやケガのリスクを考えると「設置したほうがよい」という意見も多く見られます。

お子さんの行動パターンや性格なども考慮しながら、設置の有無を検討するとよいでしょう。

DIYで解決しない場合におすすめの、簡易なリフォーム3選

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

上記でご紹介したような対策はすでに実施したけれど、お子さんが自力で開けてしまう、または毎回ロックや元栓の施錠・解錠をするのが面倒という場合には、業者に頼んで簡単なリフォームを行ってみてはいかがでしょう。

賃貸にお住まいの方は難しいかもしれませんが、持ち家でリフォームが可能であれば、以下のような対策がおすすめです。

業者に、間仕切りやベビーゲートを取り付けてもらう

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

壁付けタイプのキッチンや、最近の住宅に多いオープンキッチンなどの場合は、柵で囲えないのが大きな弱点。
通路幅が広い場合は、規格サイズのベビーゲートでは幅が足りないこともありますよね。

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

また、市販のベビーゲートを設置できたとしても、お子さんが成長すると自分で開けてしまったり、倒してしまったりするケースも。

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

このような場合は、業者に間仕切りドアやベビーゲートを取り付けてもらうと安心です。
「キッチンにぴったりのサイズに仕上げてほしい」「しっかり固定してほしい」といった具体的な要望に応えてもらえます。

>> 間仕切りリフォームの種類・費用

子供が届かない位置に、収納・吊り戸棚を設置

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

子供にイタズラされたくない物は、手が届かない場所に移動することが多いはず。
そのための収納が足りなければ、吊り戸棚などの新たな収納スペースを設置するのもよいでしょう。

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

ただし、中身が見えると子供はどうしてもイタズラしたくなるもの。
吊り戸棚の中が見えないようにする、落下防止のロックを付けるなどの工夫も必要です。

>> キッチン吊り戸棚リフォームのポイント

ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換する

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

子供がキッチンに入り込んでいる時に、頭上でガスコンロを使うのは危険がいっぱい。
そこで最近は、IHクッキングヒーターが子育て世代に高く評価されています。

火事の心配がなくなるため、お子さんが成長した後もメリットは継続します。
長い目で見ても無駄のないリフォームになるはずですよ。

>> IHとガスコンロ、どちらが便利?

安全対策のためのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

最新のシステムキッチンに交換するのもおすすめ

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

ちなみに最新のシステムキッチンなら、基本的に安全に設計されているため、事故のリスクも少なくなります。

家を建ててから築年数が経っている、あるいは今のキッチンが狭くて不便、などの理由で「そろそろリフォームしてもよいかも」とお考えの方は、キッチンの交換を検討してみてはいかがでしょうか。

安全面では、以下のようなメリットがあります。

「チャイルドロック機能」を付けられる

画像引用:LIXILホームページより
URL : https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/alesta/parts/parts09.htm

製品の種類によっては、包丁などをしまう収納スペースやコンロなどにチャイルドロックが設置されています。

DIYで後付けする必要がないため、子育て世代におすすめの機能です。

ガスコンロを使う場合も、Siセンサー機能付きで安心

画像引用:リンナイホームページより
URL : http://rinnai.jp/products/kitchen/gas_table/gt_lakucie/gt_lakucie_safety

キッチンの交換を機に、ガスからIHへ変更する方法もありますが「できれば使い慣れたガスコンロがいい」という方もいらっしゃいますよね。

最新のガスコンロには、基本的に「Siセンサー」が付いています。
温度の上がり過ぎや消し忘れを感知して、自動でガスを止めてくれるなどの機能があるので、不安が軽減されますよ。

カウンターにコンセントがあると便利

画像引用:トクラスホームページより
URL : https://www.toclas.co.jp/kitchen/kurashi/idea/018/

やけどの心配がある炊飯器やポットは、なるべく子供の手の届かない位置に置きたいもの。
そんな時、キッチンのカウンターにコンセントがあると、とても便利です。

キッチンに標準装備されているタイプの他に、オプションで設置できるタイプもあるので、キッチンを選ぶ際に確認しておきましょう。

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/kitchen/concept/detail.php?id=Plug

コンセントの位置は、メーカーによっても異なりますが、カウンターの上か下、いずれかに設置できます。
使い勝手に合わせて選ぶとよいですが、お子さんの手が届く位置だとイタズラでコードを抜かれてしまう可能性もあるので、注意して見てあげてくださいね。

食洗機を付けるなら、やけど対策されている機種もあり

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

食洗機の排気口は子供の頭や顔の高さになることが多く、高温の排気に触れるとやけどする可能性があります。
このため、ビルトイン食洗機を設置したい場合には、やけど対策に配慮された物を選びましょう。

画像引用:リンナイホームページより
URL : https://rinnai.jp/products/kitchen/kitchen_dryer/function

おすすめは、排気の温度を約35〜40℃まで下げてから排出するタイプです。
また、排気口が上部に設置されている機種もあります。

壁付け(背面式)のキッチンを、対面式に変更するご家庭も

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

壁付けのキッチンをお使いの方は、お子さんに背を向けている間に何かあると心配ですよね。
作業中にお子さんの様子が見えないと、「うっかり魚焼きグリルに触れてしまわないか」「揚げ物をする時の油ハネが怖い」「ゴミ箱で遊んでしまうかも」などと不安になることも多いでしょう。

そこで、思い切ったリフォーム方法ではありますが、壁付けキッチンを対面式キッチンに換えるという選択肢も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

対面式はベビーゲートを設置しやすく、お子さんが小さい内はもちろん、大きくなってからもリビングやダイニングの様子を見守れるのが大きなメリット。
子育て世代に人気のリフォーム方法ですよ。

>> 対面式キッチンのメリット・デメリット・リフォーム費用

赤ちゃん・子供がキッチンに入ってきて危ない!安全対策のためのDIY・リフォーム方法は?

子供の好奇心を満たしつつ、子育ては安全面もしっかり考慮しておきたいもの。
危険な物が多いキッチンは、特に対策を練っておきたい場所です。
DIYから本格的なリフォームまで、ご家庭に最適な方法を選んでみましょう。

もしもリフォームを実施される場合には、複数の会社に見積もりを依頼し、提案内容を比較してみることをおすすめします。
子育て経験のあるプランナーなど相性のよいスタッフに出会えれば、より具体的なアドバイスもしてもらえるかもしれません。

なお、当サイト『リショップナビ』では、おすすめのリフォーム会社をご紹介しています。
キッチンの改装や、安全対策のためのリフォームを検討されている方は、ぜひ気軽に活用してみてくださいね。

安全対策のためのリフォームが
\得意な施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 国内システムキッチンメーカー11社比較
>> キッチン通路幅は何cmが理想?失敗しないコツ

更新日:2019年3月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンのおすすめ記事

  • 壁付けキッチンのメリット・デメリット!目隠し・子供の安全対策は?リフォーム実例・費用もご紹介

    「壁付けキッチン(背面キッチン)」は、従来の日本の台所の一般的なレイアウト。しかし最近は、リビング側を向いて作業できる「対面式キッチン」が、赤ちゃん・子供の安全対策がしやすいなどの理由で人気を集めつつあります。実際、キッチンをリフォームする際「オープンタイプの壁付けキッチンが好きだけど、ベビーゲートを設置しにくい、目隠し対策もしづらい」と悩む方も多いでしょう。そこで今回は、壁付けキッチンのメリット・デメリットや、目隠し・安全対策の方法などをチェックしてみましょう。LIXIL(リクシル)・パナソニックなどのメーカーのシステムキッチンを使った、おしゃれな実例もご紹介します。

  • 【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

  • 憧れの対面式♪ペニンシュラ型キッチンのおしゃれな実例や、後悔しないためのコツをご紹介

    「ペニンシュラ(半島)型のキッチン」は、台所のリフォームの中でも人気の高いレイアウトです。一方で「油はね・水はね汚れがひどい」「きちんと掃除しないと、丸見えになる」という意見もあるため、ペニンシュラ型にすべきか、ためらう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、このようなデメリットの解決方法や、ペニンシュラ型のメリットについて、詳しく確認していきましょう。リフォームする際の価格帯や、LIXIL(リクシル)・パナソニックなどのメーカー品でリフォームした事例なども、あわせてご紹介します。

  • オーダーメイド(造作)キッチンの価格・業者の探し方!実例・おすすめメーカーもご紹介

    オーダーメイド・特注のキッチンは、理想的なサイズやデザインを実現しやすいことから、憧れる方は多いはず。一方で、「値段が高くなりそう」「よい業者に出会えるもの?」など、不安な点もありますよね。そこで、当サービス『リショップナビ』の加盟業者がオーダーキッチン・造作キッチンを施工した事例も参考にしながら、オリジナルキッチンリフォームの価格や注意点を解説します。また、おすすめのオーダーキッチンメーカーや、オーダーメイド感覚で頼めるシステムキッチンのメーカーについても、あわせてご紹介します。

  • ペットのためにリフォーム・リノベーションしたい方へ〜安全で快適に過ごすためのアイデア、事例をご紹介〜

    猫・犬などのペットと暮らす家では、リフォームやリノベーションで解決したいことが色々ありますよね。臭い対策や、壁紙クロスの保護、フローリング・床材の交換、扉・ドアのいたずら防止、遊び場作りや、庭・ベランダの安全対策など……。ペットも大切な家族の一員だからこそ、本当に快適に暮らせる環境にしてあげたいもの。そこで今回は、お悩みやご希望に合ったリフォーム方法・費用相場や、施工事例をご紹介します。工事の際に考えられるストレス・トラブル回避のポイントも解説するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.