人工(人造)大理石の浴槽って本当に良い?メリット・デメリットやリフォーム費用は?

現在、ユニットバスの浴槽はFRPが主流となっていますが、リフォームを機に「人工(人造)大理石」の浴槽に変えるケースも少なくありません。お風呂にこだわりがある方にとって、滑らかな手触りや高級感を持つ「人工(人造)大理石」は、非常に魅力的に感じられる素材です。では、FRP浴槽と比較した場合、人工(人造)大理石にはどのようなメリットがあるのでしょうか。設置後に必要なメンテナンスや、劣化・破損した場合の補修方法、さらにおすすめのユニットバスメーカーなどについてもあわせてご紹介しましょう。

(※記事内情報引用元:トクラスクリナップパナソニックTOTOLIXIL各ホームページより)

人工(人造)大理石浴槽の特徴とは

「人大」と略されることもある「人工(人造)大理石」。
「人工大理石」と「人造大理石」は、現在、住宅設備メーカーやリフォーム会社ではほぼ同じ特徴を持つ素材・同義語として扱われてはいますが、実際は異なる物です。

それぞれの違いについて、参考までに確認しておきましょう。

「人造大理石」と「人工大理石」の違い

画像引用:トクラスホームページより
URL : http://www.toclas.co.jp/bathroom/story/plan.html

「人造大理石」とは、粉砕した天然の大理石(水晶/クォーツ)に、樹脂やセメントを混ぜた物を指す名称です。
「テラゾー」とも呼ばれており、エクステリアや壁・床材などに多く使用されてきました。
樹脂で固めた「レジンテラゾー」か、セメントで固めた「セメントテラゾー」かによっても性質が違い、また使用される石によって、色調が左右されます。

画像引用:クリナップホームページより
URL : http://cleanup.jp/bath/aqulia_bath/plan.shtml

一方、「人工大理石」は、アクリルやポリエステルといった合成樹脂を主成分として作られた物で、天然の大理石は一切入っていません。
価格がリーズナブルで、耐水性に優れ、加工がしやすくカラーバリエーションも豊富のため、水まわりの建材で主流になりつつあります。

どちらの素材も、浴槽やキッチンのシンクなどによく利用されています。

人工大理石は、アクリル系とポリエステル系の2種がある

さらに人工大理石は、原材料とする合成樹脂の違いによって、「アクリル(アクリルウレタン)系」と、「ポリエステル系」の2種類に分けられます。

【アクリル(アクリルウレタン)系】

アクリル(アクリルウレタン)系の人工大理石は、透明感や光沢があり、見た目が美しいことが大きな魅力です。
また耐熱性が高く、表面が硬いため衝撃に強く、黄ばみなどの汚れが付きにくいというメリットがあります。

【ポリエステル系】

ポリエステル系は、価格が安いという良さがありますが、アクリル系に比べると質感や耐久性にやや劣ります。
また表面のコーティングが水を吸い込むと、膨れや剥がれなどの症状が表れて修復が難しくなります。
そのため、長時間お湯を溜めておく「24時間風呂」には不向きとされる傾向にあります。

このように、「人大の浴槽」にも、素材によって特性が変わってきます。
以下からは、人工(人造)大理石浴槽の特徴についてもう少し詳しくご説明していきますが、実際に商品を選ぶ際には、アクリル系かポリエステル系かなども意識してみると良いですね。

人工(人造)大理石浴槽のメリット

それでは、最も普及率が高いとされているFRP浴槽と比較した場合、人工(人造)大理石浴槽を選ぶメリットはどのような点にあるのか、具体的に見てみましょう。

FRPと比べると高級感がある

ショールームなどでFRP浴槽と比較してみると、人工(人造)大理石の美しさに感動する方が多いようです。
質感の良さや高級感は、人工(人造)大理石のほうが大きく勝っていると言えるでしょう。

汚れや傷が付きにくいため、掃除・手入れが楽

表面の硬度が高い人工(人造)大理石浴槽は、柔らかい素材のFRPと比べて、傷や汚れが付きにくいという魅力があります。
「FRPよりも掃除が楽」という理由から、浴室リフォームの際に人工(人造)大理石が選ばれることも少なくありません。

ただしポリエステル系の人工大理石は、アクリル系と比べると研磨剤や溶剤には弱いため、掃除の際にはご注意ください。
研磨剤やタワシで摩擦しすぎてしまうと、目に見えない細かい傷が表面に付き、かえって汚れが付着しやすくなるケースがあります。

人工(人造)大理石浴槽のデメリット

人工(人造)大理石の浴槽を設置したい場合には、デメリットもしっかり把握しておく必要があります。
長く使用することを考慮しながら、具体的な点をチェックしてみましょう。

追い焚き機能を後付けできない場合が多い

人工(人造)大理石は、表面が硬いという特性上「穴開け工事」を行うのが難しいため、「追い焚き機能」を後から追加できないケースが多く見られます。

今後、追い焚き機能が必要になるかどうか悩む場合は、浴槽の設置時に施工会社と相談し、あらかじめ追い焚き機能に対応する浴槽を選んだほうが良いかもしれません。
例えば表面が柔らかい「FRP浴槽」であれば、後から追い焚きを追加したくなった場合でも、施工しやすいというメリットがあります。

なお、追い焚き機能付きのお風呂にしたい場合には、浴槽だけではなく、対応する「給湯器」も設置している必要があるので、ご注意ください。

「入浴剤は使えない」という噂も?

「人大の浴槽には、入浴剤を使えない」という噂を聞き、不安に感じている方もいらっしゃるでしょう。
製品の成分により、人造大理石の光沢が失われたり変色したりする可能性は、確かにあります。

しかし入浴剤の製品によっては、浴槽の素材別に試験を行っており、「人工(人造)大理石への使用も可能」と明記している物もあるので、このような記載があるか確認してから商品を購入すればOKです。

FRPと比べると価格は高い

新築時や、浴室全体をリフォームする際には、たいていの場合、好みのユニットバス製品の中から浴槽の素材も選べます。

同じユニットバス製品で人工(人造)大理石を選択する場合、FRPを選ぶ時よりも5~12万円程度高くなる傾向があります。
予算の範囲内であればデメリットにはなりませんが、できるだけ費用を抑えたい場合は大きなネックに感じられるでしょう。

ただし、メーカーによっては、他社のFRPと同等の価格で、人工(人造)大理石浴槽にリフォームできる可能性もあります。
人工(人造)大理石はメーカーごとに、FRPとの性能差や特徴などが異なりますので、リフォーム費用と、優先したいこと(掃除のしやすさ、デザイン性、床材など浴槽以外の部分にもお金を掛けたいかどうか、など)のバランスを考えて、製品を選ぶようにしましょう。

価格も重視したい場合には、リフォーム会社に相談し、予算内で設置できる商品を提案してもらうと良いですね。

お風呂のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

人工(人造)大理石浴槽のメンテナンス・補修方法と費用

手入れの仕方が不安な方のために、今後必要となるメンテナンスや補修方法についても解説しておきましょう。
丈夫で汚れが付きにくい人工(人造)大理石浴槽も、使い続ける内に劣化や破損などの症状が表れます。

まず目立ち始めるのは、塗装や光沢の剥がれ、染み込みによる変色といった表面的な経年劣化でしょう。
このような場合は、表面を薄く研磨し、コーティングを施すことで新品同様に生まれ変わります。
また、多少の亀裂・ひび割れ・欠けなども、補修を行ってから塗装する方法で再生が可能です。

補修内容ごとのおおよその価格は、以下の通りです。

補修内容 費用相場
研磨作業 3~8万円
保護コーティング 2万〜3万3千円
再生塗装 7~20万円

浴槽の研磨作業

浴槽を研磨する場合の費用は、3~8万円です。
サイズが大きい場合や、劣化症状が進行しているほど高額になります。

なお浴槽を研磨した後には、コーティング・塗装も行うのが一般的で、この場合は総額10万円を超えることがほとんどでしょう。

浴槽を保護するためのコーティング塗装

表面に保護用コーティングを施すことで、浴槽をカビなどの汚れから防ぎ、より長持ちさせることができます。
コーティングにかかる費用は、2万〜3万3千円位です。

浴槽の再生塗装

浴槽にひび割れなどがある場合には、傷の部分を修復・再生させるための塗装を行います。
再生塗装の費用は、7~20万円前後です。

どのようなメンテナンス・補修の仕方であっても、劣化や破損の状態が軽い内に対処することが肝心です。
人工(人造)大理石の補修や塗装が得意なリフォーム業者に、早めに依頼しましょう。

お風呂のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

人工(人造)大理石浴槽を選べる、主なユニットバスメーカー品

先述した通り、各メーカーが取り扱うユニットバスには、人工(人造)大理石浴槽を選択できるシリーズもたくさんあります。

ここでは、ユニットバスのリフォームで特に人気が高いメーカー品の一部をご紹介します。

クリナップ『アクリアバス』

画像引用:クリナップホームページより
URL : http://cleanup.jp/bath/aqulia_bath/plan.shtml

クリナップ社の『アクリアバス』は、一戸建て、マンションともに対応可能なユニットバスです。
冬も快適な、高断熱浴槽が標準装備。素材はアクリル人工大理石製の「アクリストンクォーツ」を選択できます。

さらに数種類のデザインがあり、シンプル形状な「スムーズ浴槽」、全身浴と半身浴どちらも楽しめる「スマート浴槽」、ゆったりとソファのように腰掛けられる「ラウンジ浴槽」の中から選べます。

【クリナップ アクリアバス 対応サイズ】
1616/1618/1621/1717

>> クリナップのユニットバスの詳細はこちら

パナソニック『リフォムス』

画像引用:パナソニックホームページより
URL : http://sumai.panasonic.jp/bathroom/unit/

パナソニックの『リフォムス』は、一戸建てやマンションの浴室リフォーム用に作られた、ユニットバスのシリーズです。
標準搭載されている高級感たっぷりの「スゴピカ浴槽」は、パナソニック社独自の有機ガラス系人造大理石で作られており、水滴や汚れを弾くため、掃除が簡単です。

また、同じく有機ガラス系の素材を使用した「スゴピカ水栓」や、オプションで浴槽に設置できる「オイルヴェール酸素美泡湯」も美容効果が期待できるため、人気です。

【パナソニック リフォムス 対応サイズ】
〔一戸建て〕1217/1317/1717
〔集合住宅〕1116/1216/1218/1317/1416/1418/1620

>> パナソニックのユニットバスの詳細はこちら

TOTO『サザナ』

画像引用:TOTOホームページより
URL : https://jp.toto.com/products/bath/sazana/index.htm

TOTOの一戸建て向けユニットバス『サザナ』では、アクリルウレタン系樹脂の人工大理石浴槽「お掃除ラクラク人大浴槽」を選択できます。

浴槽を断熱材でくるみ、高断熱の風呂ふたを用いる「サンジュウマル 魔法びん浴槽」や、断熱クッションで柔らかさを追求した「ほっカラリ床」なども設置できることから、ファンが多いシリーズです。

【TOTO サザナ 対応サイズ】
1216/1220/1317/1616/1618/1620/1624/1717/1818

>> TOTOのユニットバスの詳細はこちら

LIXIL(リクシル)『リノビオV』

画像引用:LIXILホームページより
URL : https://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/renobio/default.htm

マンションリフォーム向けのシステムバスLIXIL『リノビオV』は、ポリエステル系樹脂の人造大理石の浴槽「ルフレトーン」を標準搭載しています。

幅広い世代に対応した「ユニバーサルデザイン」なので安心・安全に入浴でき、「アクアジェット」などのシンプルなオプション機能の選択肢も充実しています。
狭い浴室にも対応可能な『リノビオFit』では、1014・1115サイズも用意されているので、さまざまな集合住宅の浴室リフォームに適しています。

【LIXIL リノビオV 対応サイズ】
1014(リノビオFitのみ)/1115(リノビオFitのみ)/1116/1216/1218/1316/1317/1416/1418/1616/1620、他

>> LIXIL(リクシル)のユニットバスの詳細はこちら

人工(人造)大理石浴槽のリフォーム事例と費用

当サイト・リショップナビで、人造大理石や人工大理石の浴槽付きのユニットバスへリフォームした実例もチェックしておきましょう。
浴室全体をリフォームする場合の費用の参考にしてみてくださいね。

事例1
手入れしやすく暖かいLIXILの浴室

工事費用 90万円
住宅の種類 一戸建て
築年数 築20年

元はタイル張りで、冬場は寒く、目地の手入れも大変だったお風呂を、LIXILの戸建て住宅用ユニットバス『アライズ』へリフォームし、水垢が付きにくい人造大理石の浴槽を採用しました。
断熱性のある床材を施工し、脱衣所・浴室・浴槽の高さもバリアフリー化して、どの世代の家族も使いやすい浴室に生まれ変わりました。

事例2
TOTOのお風呂で、清掃性とデザイン性を両立

工事費用 80万円
住宅の種類 マンション
築年数 築30年

TOTOのマンション用バスルーム『WG Tタイプ』へリフォームし、浴槽は撥水性があり汚れも付着しにくい人工大理石の物に交換しました。
黒のカウンターと、壁にはアクセントパネルを採用し、モダンで清潔感のある浴室になりました。

浴室リフォームが得意な業者の意見も参考に

今回は、人工(人造)大理石浴槽の特徴や魅力、代表的なメーカー品について解説しましたが、もちろん人大以外の浴槽や、この他のメーカーにも、それぞれの良さがあります。

浴槽の素材やメーカー選びに迷ったら、気軽にリフォーム業者に相談してみましょう。
実際に浴槽交換をしたご家庭から「人大にして良かった」、あるいは「FRPでも十分」といった感想が寄せられているかどうかも聞かせてもらえるはずです。
また、「掃除のしやすさや保温性重視なら、このメーカーが良い」など、具体的なアドバイスをしてもらうのも良いでしょう。

家族全員が納得できる浴槽を選択し、快適なお風呂にリフォームできると良いですね。

お風呂のリフォームが得意な
施工会社を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> FRP浴槽の特徴・価格・主なメーカーは?
>> ホーロー浴槽の特徴・価格・主なメーカーは?

更新日:2018年10月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 風呂・浴室リフォームの記事

  • A

    ユニットバスのメーカー8社を比較!それぞれの特長・性能を紹介します!

    最近は様々なメーカーから、掃除のしやすさ・機能・デザインに優れたユニットバスが販売されており、浴室リフォームの際に迷ってしまう方は多いです。そこで今回は、人気のTOTO・LIXIL(リクシル)・タカラスタンダード・パナソニック・トクラス(ヤマハ)・クリナップ・ハウステック・ノーリツ社のお風呂の特徴や、おすすめ品のサイズなど、わかりやすく比較・紹介します!

  • Pixta_13567341_s

    ユニットバスのサイズと選び方!リフォームできる条件は?

    ユニットバスは色々なメーカーから、お手入れがしやすく入り心地の良い製品が数多く販売されています。しかしながら、交換できるサイズや選び方が分からない、そもそもご家庭の浴室をユニットバスにリフォームできるか判断できない、という方も少なくないと思います。そこで、ユニットバスのサイズや選び方、リフォームできる条件、そしておすすめのメーカーについて詳しく解説します!

  • Pop_photo21

    ライフスタイルに合わせて選ぶ!浴槽の形・素材の種類知っていますか?

    浴槽には、「ストレート浴槽」や「ワイド浴槽」といった形や、「FRP」「人工(人造)大理石」などの素材が色々あります。一人でのんびり長湯をしたい方、あるいはお子さんと一緒に入る方。それぞれのライフスタイルに合わせて浴槽を選ばなければ、バスタイムを心地よく過ごすことはできません。浴槽の形や材質の特徴・選び方についてご紹介します。

  • ________5_

    お風呂・浴室・ユニットバスリフォームの費用相場

    浴室を設置してから10年以上経過すると、そろそろリフォームを検討したいと考え始めますよね。本記事では、一戸建て・マンション・団地における、お風呂・浴室・ユニットバスリフォームの、工事内容別の費用相場・事例を掲載しています。古くなったユニットバスから新しいユニットバスへの交換や、在来工法からユニットバスへ変更する工事などの価格相場の他、ユニットバスの選び方、追い焚き・浴室暖房乾燥機・手すり・テレビなどのオプション機能を追加する場合の料金なども、あわせてご紹介します。

  • Photo05_over

    トクラスのユニットバスは高機能!「20年先も使いやすく」を追求

    トクラスのユニットバスは、使うときの快適さ、掃除のしやすさという、ユニットバスを選ぶときに基準となる2つのポイントをしっかり押さえた機能性の高さが自慢です。さっそく、トクラスのユニットバスの特徴や人気のシリーズについてご紹介しましょう!

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop