ノーリツのキッチンは、本格料理にもリフォームにも最適♡

ノーリツのキッチンは、本格料理にもリフォームにも最適♡

ノーリツのキッチンは、「エコ・リラ・キレイ」がキャッチコピー。環境・リラックス・キレイさを大切にしているキッチンを展開しています。ノーリツと言えば、ガス給湯器。ガスに特化した同社だから、料理のしやすいガスコンロを積極的に開発しています。それだけではなく、オリジナリティ溢れるおしゃれなデザインも魅力的。ノーリツのキッチンについて、詳しくご紹介します。

(※記事内情報引用元:ノーリツホームページより)

※2020年6月30日に、ノーリツ社はシステムキッチンの製造販売を終了します。
同社の製品を検討されている方は、施工業者に早めに在庫の確認をされることをおすすめします。

ノーリツのキッチンの特徴

ノーリツのキッチンは、やはりガスの使用感と、リフォームの対応力に言及しないわけにはいきません。
ガスコンロやグリルの欠点を解消し、さまざまなご家庭のキッチンに取り入れやすい工夫をしています。

給湯器メーカーだからガスの達人

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia.html

ノーリツのキッチンには、上部バーナーと温度を細かく見張るセンサー付きの下火バーナーで、多様なメニューに合った火加減を自動調節する「マルチグリル」や、高機能のコンロが標準搭載されているので、簡単に美味しいご飯を作れるようになり、毎日料理が快適♪

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia/color02.html

マルチグリルは従来の焼き網ではなく、浅型タイプの「プレートパン」、深型タイプの「キャセロール」の2種が付属しています。
網ではないから汚れがこびりつきにくく、洗いやすいのが嬉しいですね。

リフォームに強い「ジャストリフォームキッチン」

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/justreform.html

ノーリツのキッチンでは、間口サイズをぴったりにしてスキマを作らず、キッチンをスペース内に収める事ができる「ジャストリフォームキッチン」というサービスがあります。
半端な広さのキッチンのリフォームも、1cm刻みでサイズ展開OK。
値段も通常のプランに追加料金+1万円~と、非常にリーズナブルです。

例えば、
I型キッチンの場合‥‥+1万円。165~300cmで1cm刻みで対応可能、
L型キッチンの場合‥‥+2万円。コンロ側165~210cmで1cm刻み/シンク側180~300cm(レシピアは255cm)で1cm刻みで対応可能です。

さらにワークトップの高さも、5段階から選べます。
基本仕様の80、85、90cmに加えて、82.5、87.5cmを選択することもできます。
微妙な高さの違いで、作業効率も疲れ具合も変わるので、使う人の視点に立ったサービスと言えるでしょう。

標準納期も2日と迅速対応。オーダーサイズでもすぐにリフォームできるのも嬉しいですね。

ノーリツ
キッチンにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

レシピア(recipia)

以上のような特徴に加えて、ノーリツのキッチンにはもっとすごい機能が各製品に装備されています。
ノーリツのキッチンのラインナップを詳しくチェックしていきましょう。

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/showroom/nagoya/nagoyablog/_5653.html

まずは、「レシピア(recipia)」からです。
レシピアは、ノーリツのキッチンの中でもお買い得なシリーズ。
鮮やかな扉カラーは28色から選べます。

パパっと調理

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia/color02.html

ノーリツならではのガスの技術を最大限に活かしたコンロ周りは、やはり使い勝手が抜群です。
左右のコンロどちらも使いたい火力を同時に使える「ダブル高火力」は、ありそうでなかった画期的な機能。

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia/color02.html

さらに流れの良いシンクの上には、水切りプレートやまな板を置けるので、食材の仮置きや下ごしらえ、切りくずを捨てる作業もラクラク。
手軽にスムーズに、美味しい料理を作ることが出来ます。

ピタッと収納

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia/color01.html

気になる収納面もしっかり配慮されています。
コンロ下に設置された大容量のキャビネットには、フライパンや調味料などを出し入れしやすい「早わざポケット」が付いています。
調理中も手を止めずに作業を続行できますよ。

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia/color01.html

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia/color01.html

下に軽く引くだけで、目の高さまで吊り戸棚を降ろせる「アイレベルラック」には、使用頻度が高いフキンやキッチンペーパーなどを入れると便利です。
大きなメッシュタイプなので、まな板を乾かしたいときにも活躍します。
また、かさばる電化製品をまとめてスッキリ置ける「家電収納」など、片づけやすいキッチンの形にもこだわっています。

ササッとお手入れ

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia/color02.html

「汚れにくい、汚れがたまりにくい」がモットーのキッチン・レシピア。
人工大理石のワークトップ、そして同じく人工大理石のシンク「アクリードEXシンク」は、なめらかな質感と手入れしやすいデザインが特徴的です。
汚れにくい素材と形状である上、万一汚れがついてもフキンでひと拭きするだけで大丈夫です。
シンクは、静音仕様のステンレス製のものを選ぶこともできます。

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia/color02.html

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/showroom/nagoya/nagoyablog/_5653.html

レンジフードには、約10年間も面倒なお掃除が不要になる「まわってきれいフード」を搭載。
フードの外側に付いたディスクが高速回転することにより、煙に含まれる90%の油をキャッチし、レンジフード内への侵入をブロック。
ディスクの油は遠心力で、オイルガードに回収されます。
普段のお手入れは、ディスクを水で流すだけでOKです。

【レシピア 対応レイアウト】

I型・L型(標準L型/ワークL型の2タイプ)・フラット対面型

【レシピア 対応間口】

(I型の場合) 165cm・180cm・195cm・210cm・225cm・240cm・255cm・270cm・285cm・300cm

ノーリツ
レシピアにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

レシピア プラス(recipia plus)

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia_plus/setplan.html

「レシピア プラス(recipia plus)」は、前述のレシピアに、さらに使いやすさが追加された上位機種です。
扉カラーは35色、シンクは2種全5色の人工大理石、もしくは3種のステンレスから選ぶことができます。

スクエアシンク

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia_plus/color02.html

「スクエアシンク」は、シンク上を効率的に使えるよう考え抜かれた構造です。
シンク内は大きなお鍋を入れても広く使えるサイズなので、下ごしらえも片づけ作業も快適です。

より贅沢な収納アイテム

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia_plus/color01.html

もちろん、収納面もより充実する工夫をプラスしています。
食器の一時置きや、お茶などの準備にと活用できる引き出しカウンター付きのダイニング収納棚「スライドカウンターユニット」や、ストックをたくさんしまえる「昇降ウォールユニット」は、キッチンに立つ時間が好きな方の強い味方です。

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/recipia_plus/color01.html

また配膳台としてもデスクとしても使える「フリーカウンター」、コンロ付属のダッチオーブンやキャセロールも収納できるキャビネットなど、キッチン空間をもっと充実させるためのアイデアも満載です。

【レシピア プラス 対応レイアウト】

I型・L型(標準L型/ワークL型の2タイプ)・対面型(フラット/ステップ/ハンディー/水切りの4タイプ)

【レシピア プラス 対応間口】

(I型の場合) 165cm・180cm・195cm・210cm・225cm・240cm・255cm・270cm・285cm・300cm

ノーリツ
レシピア プラスにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

ベステ(Beste)

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/beste/plan.html

最後にご紹介するキッチンは、「ベステ(Beste)」です。
ノーリツのキッチンの中ではシンプルタイプですが、安全性と利便性をしっかりカバーしています。
カラーバリエーションは6色です。

人工大理石の「アクリード・オーバルシンク」

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/beste/color04.html

ベステのシンクもレシピア同様、「アクリードEXシンク」を標準搭載。
水のためりやヌメりを防ぐ、新開発の人工大理石製シンクです。
いろいろな作業がしやすい広さも健在です。
お好みで静音性の高いステンレスシンクにすることも可能です。

安心・安全のSiセンサーコンロ

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/beste/color02.html

ベステのコンロは、すべてのバーナーに高感度セーフティセンサー「Siセンサー」を搭載しています。
センサーが鍋底の温度や地震の揺れを感知し、自動で消化します。
本格調理で使いたい「ダブル高火力」は、ベステでも使用可能です。

収納ポケット「らくポケ」

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/beste/color01.html

さらに使いやすくしたい方には、オプションの収納ポケット「らくポケ」がオススメです。
腰を屈めることなく、よく使う調理用具を取り出せるキャビネットの「収納ポケット」と、作業時の姿勢をラクにする天板側面に「ワークアシストバー」を組み合わせた、ノーリツ独自の形です。

奥行き34cmの薄型ダイニングユニット

画像引用:ノーリツホームページより
URL : http://www.noritz.co.jp/product/kitchen/beste/color01.html

また、ベステなら狭小住宅でも憧れのキッチン収納を実現できます。
動きやすい通路幅も確保しながら設置できる「薄型ダイニングユニット」は、奥行き34cmとコンパクトサイズ。
食器類やキッチン雑貨がたくさん入るだけでなく、パントリーのように活用することもできます。
キッチンのキャビネットと同じ扉が選べるため、空間に統一感が生まれます。

【ベステ 対応レイアウト】

I型(奥行き60cm/奥行き65cmの2タイプ)・L型・フラット対面型(奥行き77cm/奥行き90cmの2タイプ)

【ベステ 対応間口】

(I型・奥行き65cmの場合) 165cm・180cm・195cm・210cm・225cm・240cm・255cm・270cm・285cm・300cm

ノーリツ
ベステにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

【この記事のまとめ&ポイント!】

ノーリツのシステムキッチンの特徴は?
高機能なガスコンロやグリルを搭載している他、間口サイズを1cm刻みで調節可能なため、キッチンのリフォームでも採用しやすいという魅力があります(詳しくは、こちら)。
ノーリツのキッチン商品の、主なラインナップは?
レシピア 」「レシピア プラス」「ベステ」があります。
なおノーリツ社は、2020年6月30日にシステムキッチンの製造販売を終了しているため、同社製品を検討されている方は、早めに施工業者に在庫状況などを確認されることをおすすめします。

ノーリツのキッチンには、高性能のガス、そしてデザイン性や家族が毎日使いやすいアイデア散りばめられています。
狭小住宅でのリフォームもしやすいプランが用意されているので、ガスコンロタイプのキッチンに交換する際には、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

ノーリツ
キッチンにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> キッチンリフォームの費用相場

更新日:2020年6月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

キッチンのおすすめ記事

  • 【2021年版】人気のおすすめシステムキッチンメーカー10社比較!ランキング・リフォーム価格・事例

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・清掃性などの違いや評判をチェックしておきたいもの。そこで、口コミなどで好評の国内メーカー(リクシル・クリナップ・パナソニック・トクラス・TOTO・タカラ・サンワ・ウッドワン・トーヨーキッチン・ハウステック)の、特徴を比較してみましょう。当サービス『リショップナビ』で契約された方が選んだキッチンの人気ランキング(2018/2019/2020年/総合版)や、おしゃれなおすすめシステムキッチンのリフォーム価格(取り付け費用)の目安・施工事例もご紹介します!

  • 失敗しないキッチンガスコンロの選び方!

    キッチンのガスコンロは商品がたくさんあり、選び方がわからない、という悩みを抱えている方は多いはず。そこで、ビルトイン(備え付け)タイプのガスコンロの選び方や、3大メーカーであるリンナイ・ノーリツ(ハーマン)・パロマのおすすめ商品、リフォームの費用相場・価格についてご紹介します。欲しい機能やお手入れのしやすさ、予算などをおさえておくと楽しく商品選びができますよ!

  • 【徹底比較】IHとガスコンロどちらが便利?光熱費や交換費用は?

    IHとガスを比較したとき、結局どちらが良いのか迷ったことがある方は多いのではないでしょうか。いまだに意見が分かれるコンロの種類ですが、オール電化が流行ったり、停電時の心配でガスが一番という話になったり、いずれにしても不安要素が残る気がしますよね。今回は、IHとガス、それぞれの特性についてあらためて調べてみたいと思います。

  • 【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

  • 【事例でわかる】キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間!おすすめ業者の口コミもご紹介

    一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際には「費用はいくら?」「工事期間・日数はどの位?」といった不安があるものですよね。また「築何年位でリフォームしている家が多いの?」という疑問がある方もいらっしゃるでしょう。そこで、当サイト『リショップナビ』でご紹介しているリフォーム業者の施工事例を元に、キッチンリフォームの価格や工事期間の目安などをチェックしてみましょう。シンプルなキッチン交換や、壁付けキッチンを対面式に変更するリフォーム、おすすめのリフォーム会社の口コミなど、幅広く掲載しています。

リショップナビは3つの安心を提供しています!

  • ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • 見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

© ZIGExN Co., Ltd. All Rights Reserved.