ハーフユニットバスのメリットとリフォーム費用

「ハーフユニットバス」という言葉をご存じでしょうか。ハーフユニットバスは、現在リフォームや新築で主流な「ユニットバス」と、かつては日本のお風呂で一般的だった「在来工法」と、それぞれの利点を活用したものです。狭い浴室でもリフォームしやすいため、近年注目されています。ハーフユニットバスの特徴やメリット・デメリット、費用相場について解説します。

(※記事内情報引用元:TOTOホームページより)

ハーフユニットバスとは

まず「ユニットバス」は基本的に、壁上部や天井まで1セットになった既製品で、箱のような状態に設計されています。
工場で各パーツを作り、現場で組み立てます。

一方、「在来工法」は、壁や床がタイル貼りのものが多く、周囲に防水加工をした上で、コンクリートなどで壁・床を造り、浴室の空間や形状に合わせて、自由に施工することができます。

そして、「ハーフユニットバス」は、バスタブと洗い場、壁の下部分だけが、ユニットバスのようにセットになっています。
壁の上部分と天井については、後付けで在来工法のように施工していきます。

防水性が何より大切である浴槽・洗い場を確保でき、バスルームの上半分のデザインについては、好みの素材を選んで組み合わせることが可能です。

メーカーによっては、扉や照明、水栓金具や手すりといったオプション品を付けることも可能です。

2階にバスルームを新設する場合や、天井高が取れないとき、壁の一部が出っ張っていてユニットバスへのリフォームが向かない場合などに、ハーフユニットバスは活躍します。

>> ユニットバスのサイズと選び方!リフォームできる条件は?

ハーフユニットバスのメリット・デメリット

ハーフユニットバスのメリット

ハーフユニットバスの広さは、1坪や1.25坪が基本ですが、広さを指定できるオーダーメイドタイプもあります。
天井に傾斜があるなどの理由でユニットバスが入らない浴室であっても、ハーフユニットバスでならリフォーム可能です。

通常、ユニットバスへ交換できない浴室の場合、在来工法で施工していましたが、工事費が高くなりがちで工期もかかるという難点がありました。

しかしハーフユニットバスなら、在来工法でリフォームするときに比べて床や浴槽の防水性もあり、壁・天井をある程度自由に作れるため、ヒノキやタイルの壁、天窓やコーナー窓の設置などでデザインにこだわることも可能です。

広さ全体の設計が決まっているユニットバスと違い、浴槽やドアの位置を工夫することもできるので、介護しやすい配置にしたいというご家庭にもおすすめです。

ハーフユニットバスのデメリット

ハーフユニットバスは、ユニットバスと比較すると、取扱メーカーや商品が少なく、選択肢は限定されます。
さらに浴室の下部に、水の受け皿となる防水パンを使わずコーキングで防水処理を行うケースが多いので、ユニットバスよりは防水性が劣ります。

また、壁や天井のデザインにこだわりすぎるとかえってリフォーム費用が高額になってしまったり、浴室の状態によっては予想外の追加工事が発生したりということもあります。
予算について、必ず施工会社と相談しておきましょう。

とは言え、原則としてハーフユニットバスは、在来工法でリフォームするときよりも工事費や工事期間を抑えられるパターンが多いので、今後も需要が増えていくことが期待できます。

ハーフユニットバスリフォームの費用相場

ハーフユニットバスでリフォームする際にかかる費用は、全体で55~200万円位と考えておきましょう。

具体的には、以下のコストがかかります。
・ハーフユニット本体代
・ハーフユニット設置工事費
・浴室のドア設置費
・壁パネル施工費
・シャワー、水栓取付工事費
・その他の雑工事費

なお、本体価格や、壁材などのグレードで大きく価格が変動します。
おすすめのメーカーは、TOTO、リクシル、サンワカンパニー、日比野化学工業株式会社です。

画像引用:TOTOホームページより
URL : http://www.toto.co.jp/products/bath/halfbath/index.htm

オリジナル性やリフォームのしやすさが魅力のハーフユニットバスですが、予算、工事期間、使いやすさ、デザインなどの優先順位をしっかり決めてから、リフォーム会社と打ち合わせをしていきましょう。

できればハーフユニットバスの施工経験が豊富な施工業者に見積もりを依頼し、アドバイスしてもらうのが最良策です。

ハーフユニットバスの施工が
\得意な業者を探したい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> 風呂・浴室リフォームの費用相場
>> ユニットバスのメーカー8社を比較!

更新日:2017年5月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles 風呂・浴室リフォームの記事

  • ________5_

    お風呂・浴室・ユニットバスリフォームの費用相場

    浴室を設置してから10年以上経過すると、そろそろリフォームを検討したいと考え始めますよね。本記事では、一戸建て・マンション・団地における、お風呂・浴室・ユニットバスリフォームの、工事内容別の費用相場・事例を掲載しています。古くなったユニットバスから新しいユニットバスへの交換や、在来工法からユニットバスへ変更する工事などの価格相場の他、ユニットバスの選び方、追い焚き・浴室暖房乾燥機・手すり・テレビなどのオプション機能を追加する場合の料金なども、あわせてご紹介します。

  • Pixta_13567341_s

    ユニットバスのサイズと選び方!リフォームできる条件は?

    ユニットバスは色々なメーカーから、お手入れがしやすく入り心地の良い製品が数多く販売されています。しかしながら、交換できるサイズや選び方が分からない、そもそもご家庭の浴室をユニットバスにリフォームできるか判断できない、という方も少なくないと思います。そこで、ユニットバスのサイズや選び方、リフォームできる条件、そしておすすめのメーカーについて詳しく解説します!

  • A

    ユニットバスのメーカー8社を比較!それぞれの特長・性能を紹介します!

    最近は様々なメーカーから、掃除のしやすさ・機能・デザインに優れたユニットバスが販売されており、浴室リフォームの際に迷ってしまう方は多いです。そこで今回は、人気のTOTO・LIXIL(リクシル)・タカラスタンダード・パナソニック・トクラス(ヤマハ)・クリナップ・ハウステック・ノーリツ社のお風呂の特徴や、おすすめ品のサイズなど、わかりやすく比較・紹介します!

  • Pht_mv_neo_01

    TOTOの浴室は高品質!ユニットバスもここまで来た!

    TOTOの浴室のリフォームは、費用もリーズナブルで、戸建てでもマンションでも人気です。水回り設備メーカーの代表格と呼べるTOTOの浴室において、何といっても注目したいのは、計算し尽くされたこだわりの機能性です。思わず欲しくなる、高機能なTOTOのユニットバスの魅力を詳しくご紹介します。どうぞご覧ください。

  • Pixta_7560916_s

    お風呂・浴室リフォームを格安・激安で行う8つの方法とポイント

    お風呂・浴室は、毎日使う場所なので、家の中でもよくリフォームされる場所です。できる限り、格安な値段で使いやすい浴室に交換したいものですよね。お風呂・浴室のリフォームを格安・激安で行うためには工事費用の構成を理解して、節約するためのポイントを絞り込んでいきましょう。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop