壁付けキッチンのメリット・デメリットとは?リフォーム事例と費用もご紹介!

壁付けキッチンは、従来の日本の台所の理想の形です。最近では、アイランドキッチンやペニンシュラキッチンのようなオープンタイプのキッチンが、新築やリフォームで人気を集めつつありますが、壁付けキッチンならではの良さを好む方もたくさんいますよね。壁付けキッチンのメリット・デメリット、オープンタイプとの違いを理解し、今後キッチンを新しくする際の参考にしてみてください。

壁付けキッチンとは

「壁付けキッチン」とは、キッチンの正面が壁に付いているタイプのもので、アイランドキッチンのようなオープンキッチン(対面キッチン)との対比として使われる言葉です。

壁に向かって作業をするキッチンで、最近では壁付けキッチンだったご家庭でも、家族とコミュニケーションを取れるオープンキッチンへリフォームする方が増えつつあります。

一方で、空間を有効活用しやすいことから、壁付けキッチンにこだわる方もまだまだ多いです。

壁付けキッチンのメリット

キッチン空間が広くなる

壁付けキッチンの最大のメリットは、キッチンスペースをほぼ無駄なく広く活用できることです。

オープンキッチンの場合、料理をするためのスペースしか確保できないことがほとんどで、収納スペースが不足してしまうケースも少なくありません。

一方、壁付けキッチンの場合はデッドスペースができにくいため、収納場所をキープしやすいです。
また、部屋の端に位置する壁付けキッチンは、オープンキッチンよりも部屋の中を広く見せる効果も持っています。

ワンルームの部屋のようにあまり広くない家でも、広々としたスペースを得られるのが、壁付けキッチンの最大の特徴の一つと言えるでしょう。

>> アイランドキッチンのメリット・デメリット
>> 憧れの対面式♪ペニンシュラキッチンの特徴

窓があるキッチンにしたいときにおすすめ

窓のあるキッチンに憧れる方にも、壁付けキッチンはおすすめです。
キッチンの作業スペースの前に窓があれば、外の景色を眺めながら料理ができますね。

窓際でハーブや野菜を育てながら、摘み立ての食材で料理をしたい方にも楽しいでしょう。

換気をしたいときにも、すぐに窓を開閉できて便利です。
なお、水に濡れた物を窓枠に置くことが多いようでしたら、劣化しないように窓枠の下部分をステンレスやタイルで仕上げておきましょう。

>> 出窓のリフォームの費用と失敗を防ぐためのコツ

集中力が高まる可能性がある

なお人によっては、窓を眺めながら料理したい方と同様で、壁に向かって料理をすると集中できて効率的と考える方も多いです。

むしろ壁が正面にあると落ち着くという理由で、壁付けキッチンにこだわる方が大半です。
オープンキッチンだと、調理中にテレビが気になってつい作業を中断してしまう方もいますよね。

L型のキッチンにしたい方にとっても、壁付けキッチンは非常に効率的で、無駄なスペースができにくく、収納も調理場所も充分にとれます。
さらに言うと、料理が好きな方こそ、L型キッチンを採用する傾向があります。

また、コンロの周囲に汚れが飛び散りやすいのが、オープンキッチンの欠点でもあります。
壁付けキッチンなら、汚れは壁にほぼ集中するため、掃除のこともあまり気にせず料理ができます。

>> L型キッチンの特徴とコーナー活用アイデア7選!

ダイニングテーブルを活用しやすい

またキッチンの背面にダイニングテーブルを置くレイアウトにできることが多いため、オープンキッチンのように一度キッチンを出てからダイニングテーブルへ料理を運ぶ手間がありません。
家事動線が短くなり、配膳や片付けを手早く行えます。

料理以外の作業をしたいときも効率的に使えるでしょう。
ダイニングテーブルにパソコンや料理の本を置いて、レシピを確認しながら調理する方にも良いですね。

安全で使いやすい
キッチンにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

壁付けキッチンのデメリット

テレビ鑑賞や家族との対話がしにくい

壁付けキッチンを対面式のキッチンにリフォームする方のほとんどが、「家族の様子を見守りたい」「料理をしながらテレビを観たい」という希望を持っています。
壁に向かって作業をしたい方とは対称的な話になりますね。

リビングで遊ぶペットを眺めながら料理をしたい方や、夕食の準備をしながらダイニングテーブルで勉強している子供と会話をしたいという方は、壁付けのキッチンではなく、オープンキッチンを選んでいます。

ライフスタイルに合わせて、キッチンのタイプを選択したいですね。

>> 家族みんなで料理がしやすいキッチンづくりのポイントとは?

後ろを人が行き来しやすい場合は危険

ダイニングスペースとしても使える壁付けキッチンは、対面キッチンと違って、料理をしている人の後ろを家族が行き来しやすい面があります。

キッチンの位置によっては、包丁を使っているときや熱い鍋を持っているときなどに、家族が後ろを通る可能性があります。
走り回るのが好きなお子さんや、足腰が弱っている高齢の方が通行すると、大変危険です。

壁付けキッチンは、できる限り部屋の奥の方に配置し、料理をしている人の後ろを家族が通らないよう、工夫しておきましょう。

家電・食器棚の配置に工夫が必要

キッチンの後ろにダイニングテーブル以外のものは置きにくい点も、壁付けキッチンのデメリットです。

食器棚や、冷蔵庫・炊飯器などの家電は、オープンキッチンの場合は背面に収納をつくるのが主流ですが、壁付けキッチンでは物を置ける場所がキッチンの横くらいしかありません。

壁付キッチンで作業効率を上げるためには、カウンターやキッチンワゴンをうまく活用したり、リフォームでキッチンのすぐ側にパントリー(食品庫)を設置したりという対策が必要になります。

>> 使いやすい理想的なキッチンレイアウト「ワークトライアングル」をご存じですか?
>> リフォーム後のファン続出!キッチンパントリー(食品庫)の魅力とは?

キッチンの中が丸見えになりがち

壁付けキッチンで盲点になりがちなのが、キッチンの中が丸見えになってしまうことです。

アイランドキッチンのようにオープンタイプのキッチンの方が、キッチン全体が周囲から見えてしまうというイメージがありますが、実は壁付けキッチンも、リビングやダイニングから内側が見えてしまいがちです。

キッチンの中が散らからないよう配慮することも忘れないようにしましょう。

片付けたい物はなるべくカウンター下の収納スペースを利用し、しまう場所がない場合には並べ方に気を付けてみると良いですね。

カウンターの下に、よく使う食器や家電製品を置いておけば、キッチンでの作業が楽になる上、中が丸見えになりがちな壁付けキッチンの目隠しができます。

特にゴミ箱は目立ちやすいので、ダストボックス付きのカウンターなども検討してみると良いでしょう。

>>「キッチンのゴミ箱ってどうしてる?」収納アイデア実例まとめ♪

オープンキッチンでも目隠しできる

以上のような壁付けキッチンのデメリットを考慮して、開放感があるオープンキッチンにしたいと思う方もいるでしょう。

とはいえ、「調理場やシンクも丸見えになってしまうし、掃除がその分大変そう……」とオープンキッチンへのリフォームをためらっている方も多いのではないでしょうか。

しかし、周囲から見えやすいアイランドキッチンやⅡ型キッチンなどでも、コンロ前に油はね防止用の立ち上がりをつけたり、足元の収納をまな板や包丁をすっきりしまえるポケット付きのタイプにしたり、シンク内に洗剤・スポンジ用のカゴを設置したりというアイデアを凝らすことで、解決できます。

壁付けキッチンでも対面型のキッチンでも、それぞれのメリットとデメリットを知っておけば、ご家庭に適したキッチン空間を実現できるはずです。

安全で使いやすい
キッチンにしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

壁付けキッチンのリフォーム事例・費用

それでは最後に、リショップナビの加盟店が、実際に使いやすい壁付けキッチンにリフォームした実例をご紹介します!
施工日数やリフォーム費用も記載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

事例1
清掃性・収納力抜群の壁付けキッチン

住宅の種類 マンション
築年数 30年
リフォーム費用 43万円
施工日数 0日
元々、ご自身でガステーブルを用意するタイプだったキッチンを、ガスコンロ付きのシステムキッチンへと交換しました。キッチンの下の収納はすべてスライド式の引き出しなので、出し入れが簡単です。壁面にはキッチンパネルを施工し、油汚れの掃除も楽になりました。

事例2
クリナップのキッチンでカウンターを15cm拡張

住宅の種類 一戸建て
築年数 38年
リフォーム費用 50万円
施工日数 5日
窮屈だったコンパクトキッチンから、耐久性の高いステンレスを採用したクリナップのキッチンへリフォームしました。カウンターの間口を15cm広くし、窓の上にあった収納棚を撤去。こちらのように袖壁があると、目隠ししやすくなりますね。窓から採光もしやすい、広々としたキッチンに生まれ変わりました。

事例3
マンションでノーリツのL字型キッチンに

住宅の種類 マンション
築年数 12年
リフォーム費用 68万円
施工日数 2日
ノーリツ(NORITZ)の人気商品「レシピア」を採用し、効率良く作業できるL字型のキッチンへリフォーム。交換前のキッチンのキャビネットは開き扉でしたが、小物も大きな鍋も整理しやすいよう引き出しタイプを採用しました。ワークトップ(天板)部分は、美しい人工大理石です。壁も、タイルからキッチンパネルに張り替えました。

事例4
IHコンロの壁付けキッチンを新設リフォーム

住宅の種類 一戸建て
築年数 10年
リフォーム費用 80万円
施工日数 2日
一戸建てで、新しく部屋割りしたダイニングキッチンスペースに、壁付けキッチンを新設しました。給排水も引き直す工事を行いましたが、施工日数はたったの2日で、合計費用は80万円とリーズナブル価格を実現しています。既存の小窓もワンポイントになっていて良いですね。

事例5
可愛いカラーの壁付けキッチン

住宅の種類 一戸建て
築年数 25年
リフォーム費用 98万円
施工日数 30日
賃貸に出していた一軒家を、今後ご家族と一緒に暮らせるようにしたいというご要望をいただき、1ヶ月かけて全面リフォームを行いました。キッチンは、ポップなカラーのパールグリーンの機種を選択し、ダイニングから見ても可愛らしく映える空間に仕上がっています。

リフォームや新築でキッチンを選ぶときには、キッチンの施工が得意な業者と相談しながらじっくり考えていきましょう。

できれば複数のリフォーム会社に見積もりを依頼し、理想的なキッチンの形を提案してくれる業者にまかせることが、失敗なく好みのキッチンをつくる近道です。

使いやすい壁付けキッチン
\リフォームしたい!/
完全無料!
リフォーム会社紹介を依頼 ▶

こちらの記事もおすすめ♪
>> キッチン・台所リフォームの費用相場

更新日:2017年12月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ico_articles キッチンリフォームの記事

  • Pixta_10810820_s

    【保存版】よくあるキッチンリフォームの失敗17選!!

    キッチンリフォームの失敗事例は、実は皆さんが想像している以上に多いものなんです。キッチンをリフォームする時、どんなデザインにしようか、どんな素材にするか、レイアウトはどうするか、考え始めるとワクワクしますよね。「理想のキッチンができたと思ったのに、使い始めたら失敗だった……」そんな後悔のないよう、キッチンリフォームによくある失敗例をチェックしておきましょう!

  • ________1___2_

    キッチン・台所リフォームの費用相場【価格・予算別に工事費を解説】

    一戸建て・マンションのキッチンリフォームの費用相場をご紹介しています。キッチンリフォームの中で最も多いシステムキッチンの交換のほか、レンジフード交換や食洗器の後付けといった小規模なリフォーム、l型キッチンを対面式アイランドキッチンに変更するリフォーム、キッチンの場所変更を含む大規模なものまで、具体的な事例をもとにした料金の相場がわかります!リフォーム費用変動の要素といった基本的なポイントも事前に確認して、適正価格でリフォームをしましょう。

  • Suiji

    【2018年版】口コミで人気の国内システムキッチンメーカー11社を比較!ランキングトップ3は?

    キッチンをリフォームする際には、各メーカー品の収納力・掃除のしやすさ・耐久性などの違いや評判をチェックしておきたいですよね。そこで、リクシル・パナソニック・タカラ・クリナップ・トクラス・TOTO・ウッドワン・サンワ・ハウステック・ノーリツ・トーヨーキッチン各メーカーの、おしゃれなおすすめシステムキッチンを、比較したいと思います。リショップナビでキッチンリフォームの契約をした方が選んだ、人気ランキングもご紹介しています!

  • Pixta_12798271_s

    要チェック!使いやすいキッチンのサイズ・寸法とは?

    キッチンを最適なサイズのものに交換することで、体の負担軽減や家事の効率アップに繋がります。具体的には、キッチン本体と吊り戸棚の高さ・奥行き・幅、そして作業動線と通路幅のバランスが重要です。使いやすいキッチンを選ぶためには、一般的なキッチンの寸法・規格サイズをきちんと確認した上で、自分の身長に合ったタイプを選択することが何よりも大切です。では、実際どれ位のサイズのキッチンが最も使いやすいと言えるのでしょうか?詳しく学んでみましょう。

  • 16

    キッチンは何色にする?選び方7ポイント&色別コーディネート事例まとめ

    みなさんは、キッチンの色やインテリアに満足できていますか?キッチンは忙しい作業場でもありますから、デザインだけでなく、使い勝手も大切。でも、コーディネートと機能性を両立させるのは、難しいですよね。そんなときは、テーマカラーを決めてみましょう。素材やテイストにバラつきがあっても、同系色ならまとまって見えるもの。そこで、様々な色のキッチンの選び方と実例をまとめました。

Ico_heartリショップナビは3つの安心を提供しています!

  • Img-safety1

    ご希望にあった会社をご紹介!

    お住まいの地域に近く・ご希望のリフォーム箇所に対応が可能という基準を元に、厳選した会社をご紹介。可能な限り、ご要望にお応えできるように対応致します。

  • Img-safety2

    しつこい営業電話はありません!

    紹介する会社は、最大で5社まで。また、連絡を希望する時間帯をお伝え頂ければ、しつこい営業電話をすることはありません。

  • Img-safety3

    見積もり後のフォローも致します

    ご紹介後にご不明点や依頼を断りたい会社がある場合も、お気軽にご連絡ください。弊社から各会社へのご連絡も可能となっております。

Guide_book_donwload_banner

© 2013 I AND C-Cruise Co.Ltd. All rights reserved.

Img_pagetop